さーて、ようやく連載再開だ。
2ヶ月半はやっぱ長い。

前置きは前回の記事で書いたからすぐ感想へ。
先鋒の前半戦終了から。

今回は見開きのカラー絵で清澄一年トリオ。
なんか和に若干違和感あるんだけど、なんだろう。
・・・ああ、リボンじゃなくてゴムで髪まとめてんのか。
これだと憧っぽさある。
その前後の松美姉妹のカラー絵もいいぞーこれ。
やっぱ正統派美少女感が凄いな、この姉妹。
タコスの表情も普段と違うシリアスな感じが割といいね。

で、福与アナの前半戦の総括。
天和を含む5回を和了(タコス)
三倍満を含む4回を和了(ガイトさん)
親っパネと倍満で35200を稼ぎ好調(玄)
その3人を相手に9回の連続和了とまさかの九蓮宝燈(照)

説明だけ聞くと全員やべー奴感がパないw
照が断トツなのは間違いないけど。

照以外が対局場を去ったところで、そこに淡が来る。
胸が躍っている・・・。
お届け物でーすのところの淡の表情すこ。

淡「前半戦の牌譜と監督とカイセとスタッフの皆さんとナツキとスミレが気づいたとことか」

誰だよ! なんか知らない単語が2個も入ってるよ!
カイセとナツキ?
スミレは菫だろうけど。
2年前の白糸台回想で監督の名前が貝瀬麗香って出てたけど、カイセっていうのは貝瀬でいいのか?
でも、監督とカイセとって言ってるんだよな。
監督下ろされてそれでもサポートしてるのか、監督はそのままだけどカイセは別の人物・・・例えば監督の娘って可能性はあるか。
ナツキは名字か名前かも微妙だしよくわからないんだよな。
一応回想で出てきた現OGの棚橋菜月が名前的に該当するけど貝瀬監督共々立ち位置が不明だ。
それにしても2年前の白糸台だとスタッフの皆さんとかいう感じじゃないけど、やっぱ連覇してるとスタッフとか入れてるんだな・・・。

ちなみに照が確認してる横で若干よそ見してる淡の表情もすこ。
こうやって澄ましてて黙ってれば深窓の令嬢みたいな雰囲気なのに、いざ喋ると完全にお子様だからな・・・w

その後、淡がなんだかミルキーウェイにいるみたいとかいう謎発言をすると、照が意味不明すぎて動揺していた。
あの照にこんな表情をさせるとはさすが淡・・・天災か・・・。
淡は昔の文学に花の菫とか星とか綺麗だとかそういうのあって読んでるのにロマンがないとふくれ顔に。

照「ああ…星菫派…」

星菫派・・・星やすみれに託して、恋愛や甘い感傷を詩歌にうたったロマン主義文学者

うーん、意味深。
星を淡、すみれを菫にたとえてみたりとか・・・。
まあそういうのはうちのやることではないな。他の人にお願いしよう。

ところ変わって清澄控室。
さすがに今回の働きは全員から褒められまくるタコス。
咲だけはなんか「私も和了ってみたいな」とか違う方向行ってるけど。

そして京太郎の特製タコスが登場。
なんでもハギヨシに教わってから毎日のようにタコスにタコスを食わせて味を調整しまくったタコス専用タコスらしい。
京太郎は「咲より俺のほうが料理うまいだろうからな」と豪語するまでに。
なんか漫画の京太郎ってアニメと別人だよな。
その辺がりつべと他人における作品世界観の違いなんじゃないかと感じている。

さらに場所は変わって臨海控室。
他のメンツが暴れまくるのでさすがにハオや明華が心配し始めていた。

ガイト「もう大丈夫などとは言えないが 漸く 間合いが見えてきた」

というところで今回〆。
次号連載で6/7予定。まこのスピンオフも始まるな。

今回は後半戦に向けての溜めの話だから特にそこまで語ることはないな。
淡のセリフで出てきたのがちょいと気になるが、その辺も前述なのでそれでよかろう。

では、この辺でノシ