今週もヤンガン発売日が来た。
早速続きから感想へ。
ガイトさんの居合ツモから。

タコスが調整したはずの東一局で和了られたことでガイトさんを警戒。

東二局、親は玄。
現在圧倒的最下位の玄はここでダブ東ドラ3で攻勢に転じる。
だが、間合いを見きったガイトさんがどんどん踏み込んでいき、6000・12000の三倍満ツモ。
ドラもリーチもなしで高い手を和了っていくガイトさんに視聴しているかじゅモモも戦慄。

東三局、親はガイトさん。
このガイトさんの攻勢にタコスが呑まれて東場なのに守りを考え始める。

タコス(東場で私が引く…?)

絶対的有利な環境だったはずなのにあのイケイケのタコスがここまで滅入っていくとか、さすがガイトさん。
伊達に多国籍連合でエース張ってないな。

この局、ガイトさんがタコスから18000のロン。
これでガイトさんは原点に復帰しタコスは2位に転落、照が棚ぼたでトップに返り咲く。

東三局一本場、照動く。
サクッと玄から1300を和了って連続和了開始。
ガイトさんが今回は出和了りするのかと煽ると、二度通じるとは思ってないとの返答。

東四局、そして一本場で親の照がサクサクと和了り、2位以下との点差を広げていく。
自分だけ3万点台とめっちゃくちゃやばい状況に立たされて弱気になる玄だが、ここで好機到来。
打点を上げるためにリーチを掛けた照にその牙が迫る。
当初玄から出る霧が穏乃のものかと思っていた照だが、これが玄固有のものだと確信。
玄が追っかけリーチから照にドラを掴ませロンしたところで今回は終了。
次号休載で8/2に連載予定。

防御力も極めて高い照にあっさり大物手をぶち当てていく玄は凄まじい。
まあリーチあってのものなんだろうけど、ここまで玄が成長してしまうと照にとってはかなり相性の悪い相手ではあるな。
そもそもドラが来ないから打点上がらないので連続和了しにくいし、リーチしたらしたでドラ掴まされて直撃とか。
照の連続和了は連携しないと止めるの難しいとか言われてるのに単独で止めてしまってるぐらいには相性悪そうだ。
ただ、今回の最後のあれはドラ能力をまた手放したってことなんだろうか?
そうなるとオーラスの照の親番止めるの苦労しそうだが・・・。

そういや途中で出てきた見慣れぬキャラは松実露子か?
こんなだったっけ?って感じもするけど。

現在の点数状況。
インターハイ決勝先鋒後半戦東四局二本場点数計算前
清澄・片岡優希:122700(+22700)
白糸台・宮永照:144900(+44900)
臨海・辻垣内智葉:100800(+800)
阿知賀・松実玄:31600(-68400)

最後の玄の和了りは点数が全くの不明なので次話にならないとわからない。
三倍満以上ならタコスがまたトップになるけど、どうせ南入だしやられる一方だろうな。
前述の通り、玄のドラ能力がまだ残ってるのかどうかが今後重要か。

では、この辺でノシ