ヤンガン発売日。
特に描くこともないので早速続きから感想へ。
まこの回し打ちツモから。

東四局一本場。

まこ(よしっ 今度もかわして和了るッ!)
菫「ロン 16300」

即落ち2コマ(実際には3コマ)かな?
まこのギリギリの綱渡りみたいな打ち方ならいくらでも狙いようがあるとのこと。

南一局。親は菫。

この局はまこが先制リーチを掛ける。

菫「ロン 9600」

しかし、この局を制したのは菫。
しかもあの宥からついに直撃を取った。
・・・の割にはなんかあっさりしすぎなんだよな。
阿知賀編のためにわざと描写の余地を残してないか?って邪推してしまうぐらいに。
ともあれトップの白糸台が続けて高い手を和了って他3校を突き放していく。

南一局一本場。

ここはハオが跳満ツモ。
この時点で清澄が41600と臨海、阿知賀に続いて4万を下回ろうという所まで来た。

南二局。親は宥。

ここでついに予想されていた展開の一つが到来。

まこ「チーじゃっ!!」
まこ「ポンっ!!」

二副露してまで集めるは緑の牌。
菫によるとまこは元々少し染め手が少し多いらしい。
宥が赤い牌を集めるならその危険性が上がるというのは巷で予想されていた通り。

まこ(緑一色テンパイ……ッ!!)

ある可能性は考えてたけど、こんなタイミングで来るのか・・・。
そして、先に五索をツモってしまうが、それを拒否してフリテン二索待ち。

まこ「ツモっ!! 緑一色じゃ!!」

これでこの試合の清澄、かれこれ3回目の役満。
全体だとすでに5回も役満が出てる。
なんだこの頭のおかしい試合は・・・。

まこが緑一色を和了った・・・後の二局はどうなるんだ。

???「キング・クリムゾン!!」

福与アナ「次鋒戦終了――ッ!!」

ここに来てついにまこの能力(?)キング・クリムゾンが発動。
緑一色を和了ったからもういいということか。
過程がすっ飛ばされたが、残り二局で何が起きたかは推測できる。

まず、最後の点数(後述)は小さいながらも視認可能。
そしてキンクリの間のコマも今回は参考になる。
無言のコマとして宥→ハオ→渋い顔のまこの3コマが挿入されてるが、そのうち宥とハオがそれぞれ和了ったことを示している。

南三局(親:ハオ)は宥の跳満ツモ。
南四局(親:まこ)はハオの満貫ツモ。

こうすることで最終的な点数と一致する。

さて、次鋒戦最終的な点数状況。
インターハイ決勝次鋒戦終了時
清澄・染谷まこ:66000(+100)
白糸台・弘世菫:151100(-13200)
臨海・ハオ:103300(+8600)
阿知賀・松実宥:79000(+4500)

役満和了って+100か・・・。
まあタコスも親役満2回和了って-25300だからな・・・。
清澄としては想定の範囲内ってところではあるんだろうが。
白糸台はこの程度ならまあまあ及第点ってところだろうな。
誰かに大きく稼がれたわけでもないし。
白糸台の問題はもっと後にあるから現状なんとも言えないが。
臨海は今回で原点まで復帰。
どのポジションも隙がなく安定してるのは強すぎる。
阿知賀も個人成績プラスで、これで宥はインターハイ全試合プラス収支が確定。
能力にほぼ欠点がなくてしかも押し引きが強いとかいう謎設定も生えてくるし、まあ普通に強いな。

で、やってきた部長が左手でハイタッチして「取り返すわ」と凄んだところで今回は〆。
次回の連載は・・・。
19号〜22号休載で11/19予定。

お察しの通り単行本作業。
次の単行本発売は11/25。
今年は中堅戦が始まるかどうかぐらいで終わりか・・・。
マジであと5年ぐらい掛かりそう。

しかし、右腕を負傷した部長がどう戦うのか。
腕負傷なんてバトル漫画とか腕を使うスポーツ漫画ではよくありがちの展開だけど、まさか麻雀漫画でやるとは思わないからな。
運動系で不利になるのはもちろんだけど頭脳系でも痛みで頭が働くわけない。
あんな「折れたかも」みたいな負傷を痛み止めでどうにか出来るわけもないし。
逆に市販の薬でどうにかできたらやばい。
痛覚消し飛んでるレベル。違法薬物かよ。

そんな部長の戦いが始まるのも最短で二ヶ月半後からと。
毎度ながら長過ぎる。

では、この辺でノシ