今日も咲の連載日が来た。
続きから感想へ。
残りあと2局から。

南三局。

ダヴァンが灼にデュエルを仕掛けるが銃弾がボウリングの玉に弾かれて玉砕。
一体どういう図式なんだよこれは・・・w
この局は親の灼がダヴァンから5800の和了り。

南三局一本場。

ダヴァンは果敢に親番を終わらせに行く。
だが、ここも灼の筒子ツモで4100オール。

南三局二本場。

躍起になって攻めるダヴァンはついにここで灼を捉える。
灼から1900の和了りでついに戦いはオーラスへ。

南四局。

ダヴァンはあと一局で終わりだと一息つくが……。

和「ツモ…4000オールです」

親の和の和了り。ダヴァンの顔芸が際立つ。

南四局一本場。

ここも和が先制リーチを掛けに行く。
が、そこに待ったを掛ける灼。
現状安手なので和のリーチを見逃すという戦略もあったが……。

灼(これは団体戦だ しずちゃんに託そ…)

灼はそう考えて和から2900ロン。
これで副将戦が終了。

現在の点数状況。
インターハイ決勝副将戦終了時
清澄・原村和:74500(+7000)
白糸台・亦野誠子:94000(+500)
臨海・ダヴァン:147000(-9700)
阿知賀・鷺森灼:84500(+2200)

いや〜、この臨海の点数よ。
ダヴァンの失点も結局この程度で収まってしまった。
和は意気込んでた割にはあっさり終わってしまった。
収支は副将戦トップとは言え物足りない結果ではある。
亦野はまさかのプラスで終了。ポテンシャルの高さをまざまざと見せつけたな。

副将戦が終わり、大将戦のメンツが見開きでそれぞれ描写。
でっか…と呟かざるを得ない淡。
そして主人公のはずなのに一番コマが小さい咲w
この漫画を知らない人にこのページだけ見て「誰が主人公でしょうか?」って聞いたら十中八九シズか淡って答えるだろ・・・。
まあ、咲のコマが小さいのはその次のページに顔面ドアップが来るからという理由なんだろうけど。

大将線が始まろうとしている、というアナウンサーのセリフと共に今回は〆。

次号以降長く休載で次は5/17連載予定。
え?って思ったけどもう単行本作業の時期だった。
ここで2ヶ月待ちは辛い・・・。

しかし、ついに大将戦か。
まあ、今の点数状況だと臨海の優勝が固すぎる。
ここから臨海が負けるとしたらネリーの戦犯度が凄まじく高くなる。
最終の収支で最低3万ぐらいは削られてないと負けるのが難しいし。
あとは能力の支配力バトル次第ではある。
相性差を考えるとシズが一番有利で咲が一番不利なんじゃないかと思ってるが、どうなるやら。

では、この辺でノシ