長い単行本作業の時期を経て、ようやくまた連載が再開。
感想に移る前にちょっとした話を。
・・・と思ったけど、大分ネガティブな話なので改行して離した上で書くことに。

では、続きから感想へ。
副将戦が終わって大将戦に入るところから。

今回は出陣の様子だけ。
清澄は激励されて咲が返事するだけのオーソドックスなパターン。
白糸台では準決勝と同じように亦野と淡が会話。

淡「準決勝よりは少しはマシってぐらいでしたね」

少し? めちゃくちゃ健闘してるだろ。
なにせプラス収支で終わってるんだぞ。あの白糸台の炎上中継ぎなのに。
しかも準決勝ではメッタメタにボコられてたやつが。
これを褒めずに何を褒めるのか?というぐらい亦野は頑張っている。

淡「今度こそ私があいつら皆殺しにして優勝決めるから」

物騒なことを言うな。
準決勝の能力だけじゃ100%無理だと思うが、果たしてスーパーノヴァを称する決勝淡の実力は如何に。

そして阿知賀ではシズが憧にまた服装交換を迫る。

憧「まっ…まぁ…決勝の最後の大将戦くらいちゃんとしたいつもの制服でいないとね…うん」

赤面しながらなんか言い訳じみたセリフを吐き続ける憧。
普通はいつもちゃんとした制服でいるべきだと思うんだが・・・。
会場に来る前からそのつもりなら自分の制服持ってこいよってツッコミもあってしかるべきではある。
開会式とかもあったんだし、持ってきてないってことはないだろうし。

そしてシズは憧の制服に着替えて出陣。
その途中で灼と会ってハイタッチ。
対局場付近に来ると帰ろうとしている和と遭遇。

シズはここに来てようやく和と対等に会話できると言い出す。
まあ、なんとなくちゃらんぽらんに過ごしていた時期に和がインターミドル王者になるぐらいに活躍してたんだからそういう劣等感を持つのも当然といえば当然。
和は引け目なんて感じる必要はないしずっと友達だったと語るが、奈良から離れていった和からすればそういう認識にもなる。
とりあえず、これで友情のつながりの再認識ができたわけだ。

シズが和と別れると対局場へ。
先に入っていった淡の後ろ姿も移る中で今回は〆。
次号連載で6/7予定。

今回は大将戦前の溜め回。
臨海以外の描写は終わった。
あとは淡とシズの間でなにかしらやりとりがあるかな?程度か。
ようやく訪れた決勝の大将戦だ。
どうなるか楽しみだ。
そういや、公式の16/5/18に載せられてるネームはこの大将戦だと思うんだけど、そろそろ出るかな?
8年後のネームなんて書くものか?って思うけど描いてあるのはどう見ても大将戦面子の4人だしな・・・。

で、最初に書いた通り、ちょっとネガティブな話題を出すので改行しておきます。
内容は最近の胸の大きさについて。
戻る人はここで戻ってOKです。






























最近は単行本の特典のおかげで和の絵を描く人が増えているらしい。
・・・とだけ書くと聞こえは良いのだが、その全てに枕詞として「悪い意味で」と付く。
というのも、特典の和の胸があまりに逸脱した大きさであるため、そういう意味で描かれてるに過ぎないからだ。
これは咲界隈で感想を書き続けている数少ないブロガーとしての忠言なんだが、
りつべよ、いい加減に自分の絵を省みないか?
自分の作品のヒロインがまるでサーカス小屋の珍しい見世物みたいな、まともに人間として見られてないこの状況になんとも思わないのか?
たとえりつべがなんとも思ってなくても、シリーズのファンからしたら和がこんな扱いを受けるのは酷く心外だし心を痛めている現状だということを認識してもらいたい。
以前は胸を大きく描きすぎたから削るなんて判断もできたのに、なんで今はその時を遥かに超えてもアクセルを踏み続けるのか、これがわからない。
私としては全国に入った頃ぐらいまで戻ってほしい。
あの頃が一番ノッていたと思うんだよな。

まあ、私のような巨乳だからその特典が付いた店を買うみたいな巨乳好きがりつべに悪影響を与えた可能性もあるので、その点では私も慚愧に堪えない気持ちではある。
でもさ、そういう人間からしても昨今の咲の逸脱した巨乳キャラは美しくないんだよね。
特に嫌なのは薄っぺらな身体に取ってつけたように描かれた膨らみ。
服を着せてないカラー絵が特に顕著なんだけど、胸の大きさに比べて体つきが貧弱すぎる。
昔は胸の大きさが今のように異常な大きさではなかったからそう見えなかったんだろうけど、今の大きさだとどう考えても胸を支えきれるようには見えない。
胸の膨張に反して身体という土台はほとんど変わってないからこうなってる。
つまりバランスが悪いということに帰結する。
バランスが悪いから美しくない。
美しくないから悪い意味で話題になったりネタにされてしまう。
なんというか、胸を大きくするなら全体のバランスは殊更考えるべきなんだと思う。
18禁ゲームの炎の〜ってシリーズも最近の作品は私からすると顔が小さかったり首長に見える・・・いわゆるバランスが悪く見えるんだけど、胸の部分を隠してみると不思議とバランスが悪いようには思わなくなる。
胸を大きくしようとするほどに身体全体とのバランスの調和が図りづらくなるんだろう。
感じ方は人それぞれだと思うけど。

とにかく、本当にそろそろ胸の描き方について振り返ってみてくれないものだろうか。
というのが結論。本当に今のあの胸が描きたくて描いてるならもう何も言えないけどさ。
手癖で特徴が先鋭化されてるんだとしたら修正するのも難しいんだと思うが、あえてやってるなら喜ぶ人なんてそういないんだから考え直して欲しい所。