A&D 全てが混在するブログ

このブログは何をやっても中途半端な管理人が色々ぶちまけるブログです。 興味があるという奇特な方は是非ともご覧になってください。
ブログ整理完了。

艦隊これくしょん

艦隊これくしょん出撃録・食料奪還屋編その2

俺提督「帰ってきたぞ」
大淀「提督、何やってるんですか!! あなたがいない間に食料奪還任務の期間は終わってしまいますよ!?」
赤城「テイトク・・・ゴハン・・・タベル・・・」
俺提督「ヒエッ」
大淀「赤城さんも壊れてしまいました。任務達成を急いで下さい!!」

なんとなくやる気もなく、序盤数日触ったっきりだった食料奪還任務。
ついに最後のフィーバータイムになってしまったので、これはいかんと再開している。

まずは現在の状態を確認(せっかくなのでリアルタイムで進捗更新していく)
1.【おにぎりを作る!】 済

2.【高級おにぎりを作る!】 済

3.【お茶漬けを作る!】 済

4.【おにぎりを振る舞おう!】&【和定食膳を作って完食!】 済

5.【差し入れ!高級おにぎり】 済

6.【お茶漬け、夜食にどうぞ!】 済

7.【海苔巻きを作ろう!】 済

ラスト.【日の丸弁当、量産!】 済

クソめんどかったが終わった。
総出撃回数278回、米149梅干し35海苔30茶29ドロップ。
以下内訳。
1-4:20出撃、米10梅干し3
1-5:40出撃、米21梅干し6
2-3:18出撃、米6梅干し5茶3
2-4:3出撃
2-5:12出撃、米4海苔3
3-5:34出撃、米16梅干し6茶16
4-2:45出撃、米22海苔8茶7
5-2:21出撃、米8梅干し12
5-4:62出撃、米55海苔19
6-2:10出撃、米2梅干し3
6-3:13出撃、米5茶3
まとめると、梅干し集めの主力は5-2、海苔集めの主力は5-4、茶集めの主力は3-5だったことがわかる。
他に被害なく回れる1-5やバランスよく集められる4-2を好んで回っていたようだ。
2-4と2-5は早々に見切りをつけた感じ。
しかしまあクソ面倒なイベントだった。
消費は大したことなかったが・・・。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・食料奪還屋編

春の収集、始めて見るか?
ということで春ミニイベ、食料奪還編がスタートしている。
秋刀魚や菱餅と同じく収集イベに該当するわけだが、収集しなければならないものが今回は4種類も存在している。
そして現状任務に必要な個数は以下のようになっている。
米:83個(任務同時達成しない場合+15)
梅干し:20個
海苔:30個
茶:19個
※拡張任務は米50、梅干し15、茶10という情報あり(上記には含んでいない)

一目瞭然だが、今までとは必要個数が桁違いに多い。
米なんて83個とかいう異常な必要個数。
ただ、米が最も多くドロップするのは間違いない。

とりあえず、備忘録がてらこれから周回する海域、いわゆるドロップに向いている海域をまとめておく。

・1-4
ボスドロップ:米、梅干し、松輪
敵がクソ雑魚、ボス到達率もまあまあの優秀な海域。

・1-5
ボスドロップ:米、梅干し
ボス固定可能、損害ほぼなしで秋刀魚のときから使われている優秀な海域。
今回とりあえず初っ端16回潜ったところで米8、梅干し1はドロップした。
流石に出にくくなっているので今は放置している。

・2-5
ボスドロップ:米、海苔
EOがてらにやるぐらいか。
すでにゲージ破壊までの4回を行って米1、海苔1ドロップはした。

・3-3
ボスドロップ:米、海苔
やはり収集では定番の海域。
家具箱と同時狙いできる。
まあ秋刀魚に比べたら優先度は低そうな海域。

・3-5
ほっぽマスドロップ:米、茶
ボスドロップ:米、梅干し、択捉、占守、国後
若干損害が大きくなるが、おそらく茶を手に入れるには最適の場所。
ほっぽマスで損害が少なければそのままボスに向かうことも出来る。

・4-2
逸れマスドロップ:米
ボスドロップ:米、海苔、対馬、佐渡
逸れても米ドロや輸送撃破を狙えるので精神衛生上は良い。
ウィークリー任務とか普段やらない人でもやる気が出てくる仕組みにはなっている。

・5-4
装甲空母鬼マスドロップ:米、海苔
ボスドロップ:米、海苔
全提督が愛する海域で、今回はドロップも見込める。

・6-3
ボスドロップ:米、茶、福江
消費は軽いが中大破率はかなり高く、バケツの消費が激しい。
福江のドロップ狙いという意味では羅針盤がゴミの2-4よりマシではある。
とはいえ、福江以外の目的でほいほい行くような海域ではない。

・6-5
下ルートボス前ドロップ:米
ボスドロップ:米、茶
あえて狙うような海域でもないが、序盤数回はそこまで強くない。
A勝利でドロップ狙いとか器用なことができるなら候補に入らないこともない。

あとその他海防艦狙いなら日振が2-4、大東が5-5だがどっちもゴミ海域なので、お勧めはできない。
収集アイテムのおすすめ海域逆引き。
米:全海域
梅干し:1-4、1-5、3-5
海苔:2-5、3-3、4-2、5-4
茶:3-56-3、6-5
※太字は海防艦ドロップも見込める場所
茶はそれなりに厳しい海域が多い。
他は消費少なく抑えられそうな場所が多いが。
といっても茶の任務必要数はそこまで多くないのでそこが救いではあるか。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018冬イベントオーバーラン

俺提督「アイオワを掘るぞ!!」ガチャ
大淀「いきなりですね・・・」

このイベントではついにアイオワの2隻目の所持が解禁された。
とはいえ、ドロップ場所は最終海域のボスであり、ましてや甲となるとことさらに厳しい。
しかし、アイオワの入手はE7甲を周回する苦労を補って余りある。
なにせ傑作16インチ砲が入手できるからな。
その火力と命中の高水準から全ての戦艦に対して最高レベルの相性の良さを持つこの砲はぜひとも増やしておきたい所。
オイゲンのFuMOレーダーに続いて装備のために掘るという行為になる。

戦果です。なんなりとお使いください。
1回目:ボスS勝利 日向
2回目:ボスA勝利 三隈
3回目:ボスA勝利 霧島
4回目:空母BBA撤退(鳥海・瑞鶴)
5回目:空母BBA撤退(時雨)
6回目:空母BBA撤退(ビスマルク・翔鶴)
7回目:ボスS勝利 榛名
8回目:ボスS勝利 巻雲
9回目:ボスS勝利 春雨
10回目:ボスA勝利 千代田
11回目:ボスA勝利 金剛
12回目:ボスS勝利 霧島
13回目:ボスA勝利 飛龍
14回目:ボスS勝利 伊勢
15回目:ボスA勝利 龍田
16回目:初戦撤退(朝潮)
17回目:初戦撤退(霞)
18回目:ボスA勝利 球磨
19回目:空襲撤退(霞)
20回目:空母BBA撤退(ビスマルク)
21回目:ボスA勝利 妙高
22回目:ボスA勝利 日向
23回目:ボスA勝利 瑞鳳
24回目:ボスA勝利 赤城
25回目:ボスA勝利 利根
26回目:ボスA勝利 千歳
27回目:ボスA勝利 球磨
28回目:ボスS勝利 榛名
29回目:ボスA勝利 鳥海
30回目:ボスA勝利 鳥海
31回目:初戦撤退(摩耶・時雨)
32回目:初戦撤退(朝潮)
33回目:ボスA勝利 衣笠
34回目:ボスS勝利 霧島
35回目:ボスA勝利 妙高

きつすぎるんだよなあ(白目)
ここまでで使ったバケツ222個。
まあバケツなんてどうせ使い切れるものでもないから多少減ろうが問題にはならないが。

そして36回目。
第一に中破2隻(ボスと随伴ヌ改)、第二に3隻とかいう訳の分からん残り方を見せるが、能代率いる艦隊によって第二全てと第一の随伴を討ち取る好プレー。
我が艦隊は残ったボスをリンチしてS勝利。
ドロップは・・・。
2018冬イベアイオワドロップ
バリショーエスパシーバ!!(高らかに)
ぶっちゃけ、出ないと思ってました。
だってSで1.4%、Aで0.4%とか言われてるドロップ率なんだぞ・・・こんな36回で出るなんて思わないじゃん?
これもまた一種の物欲センサーか。
いやあ嬉しいね。

現在の資源状況。
2018冬アイオワ掘り終了後資源
イベントクリア時に比べると燃料弾薬はかなり多い。
鋼材は微減、ボーキとバケツはかなり減った感じか。
燃料弾薬は最優先で遠征増加させてたからな・・・。

なんにせよ、これで冬イベに心残しはない。
そして、艦これ第一期でのイベントもこれにて終了だ。
結果的には13夏からここに至るまで全てクリアしてきたわけだ。
難易度が追加されてからは全甲で。
まあ感慨深いな。
最近の理不尽&鬼畜さを思い返すと余計に。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018冬E7その2

E7第一ゲージを突破して二日と少し。
我が鎮守府は終わりのない戦いを続けていた。

最初から振り返っていこう。

第一ゲージを破壊した我々は勢いに乗ってギミック解除に着手。
以下、出撃内容。

1回目:LマスS勝利、HマスS勝利
2回目:DマスS勝利、GマスS勝利、Iマス制空権確保
ルート解放

3回目:QマスA勝利
4回目:MマスA勝利、WマスS勝利
母港帰投時SE確認

順調に条件を満たし、4回目ですべて終わった。
この時の資源状況。
2018冬E7ギミック全解除後資源
これだけでも水雷戦隊を使う海域ぐらいの資源を消費してたりする。
要求が厳しすぎる。
編成の連合艦隊も、支援も、航空隊も、手を抜ける要素がどこにもない。

で、5日の昼過ぎあたりから挑んだボスとの戦いは凄惨を極めた。
以下、削りの内容。
1回目:逸れ
2回目:支援欧米3 ボスA勝利 33/800 千歳 767
3回目:支援栗田艦隊 ボスS勝利 0/800 リシュリュー 1567
4回目:支援欧米1 ボスA勝利 129/800 夕雲 2238
5回目:支援栗田艦隊 ボスS勝利 0/800 榛名 3038
6回目:支援二水戦 ボスA勝利 17/800 秋雲 3821

結構簡単に削れているじゃないか。
・・・ここからが本当の地獄だ。

あまりに長い戦いになったので、ラスダンの途中経過は続きに載せる。
と思ったんだけど、書いてる途中でPCトラブルで再起動かかってメモが消失した。
買ったばっかなのに大丈夫かこれ・・・。
とにかく俺提督のcond値が赤やオレンジを行ったり来たりするほどに疲弊していた。

出撃39回目。

時雨のみ中破という絶好機。
そして、この状況で昼で敵を2隻まで減らすという超大戦果。
3隻でも割と勝ち筋が見える中で、残り2隻はあまりにも大きい。
ここで決めなければ絶望が広がる。
運命は友軍艦隊のセレクトにかかっていた。

2018冬E7撃破2突破時友軍艦隊
満を持して来る栗田艦隊。
ここに来る友軍艦隊としては満場一致の最強艦隊。
ここでこれを引けるのは超幸運と言わざるを得ない。

そして始まる栗田艦隊の猛攻。
2018冬E7突破
強い・・・あまりにも強き栗田艦隊。
我が艦隊へ攻撃機会を与える前に最後尾の初霜のカットインによって深海瑞鶴は沈黙した。

2018冬E7オーバーラン
我々はわずかに残ったダイソン改を始末して終わった。
ここでアイオワが出てくれれば大団円だったのだが、現実は非情である。

長かった辛い戦いがここに終結した。
もはや安堵しかない。

報酬はネジとか勲章とか甲種勲章とか、
紫電改343空戦闘301飛行隊配備
紫電改343空戦闘301飛行隊・・・通称剣部隊。
撃墜王菅野直が率いた部隊で局地戦闘機としては破格の強さをしている。

51連装砲配備
そして、51冢∩砲。
試製に比べてさらに火力が高く、+32という高火力。

エセックス級航空母艦イントレピッド着任
そしてエセックス級航空母艦イントレピッド。
改造前の時点で37-36-19-4とかいう化け物じみた搭載量を誇る。
まあその分運用するには割合撃墜がかなり多くなりそうではあるが。
しばふアメリカ艦はいろいろ物議をかもしたみたいだが、個人的にはいいんじゃないかとは思う。
今までのしばふ艦にはまったくいないタイプではあるね。
由良さんとは違う意味で近所のお姉さんみたいな見た目してる。

2018冬E7クリア
かくして苦闘続きのE7が終わりを告げた。
過去最凶と言われる海域になんとか勝てたな・・・。

2018冬イベント完全クリア
これで2018冬イベ、レイテ前後編の後編も完全クリアと相成った。
武蔵、翔鶴、瑞鶴による限定ボイスも聞くことができた。
さらに月夜海の2番も。
曲の終わりには瑞鶴から愛してるなんていう爆弾発言も飛び出した。
いやあ、突破できてよかったね。

現在の資源状況。
2018冬イベ完全クリア後資源
驚異の燃料8万減。
これでも過去の沼に比べたらマシなんだよなあ。
中枢の時とか。

武蔵ではないが、今はただ休みたい。
本当に疲れた・・・。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018冬E7その1

そんな訳で最終海域。
ギミック無しでは史上最悪の強さを誇るダブルゲージが待ち構えている。

まずは軽く第一ゲージ出現ギミック。
1回目:Qマス敗北
2回目:QマスA勝利
3回目:空襲航空優勢・被害なし
4回目:空襲航空優勢・被害なし

軽くとか言いつつ、初回Qマスでボッコボコの返り討ちにあった。
2回目は支援も入れて航空隊も届かせてぶっ潰した(A勝利)
基地空襲は水上打撃ルートを軽い編成でスイスイ進んで達成し、ボスマス出現。

最初のボスは戦艦水鬼改。あのネオダイソンの改良型。
削りの段階で装甲285とかいうやべーやつ。

5回目:支援二水戦 ボスS勝利 0/800 800
6回目:支援二水戦 ボスS勝利 0/800 1600

ネオダイソン改? なにそれおいしいの?
削りはスルスルッとストレートで削り、ここからラスト。
ここからが最悪で、戦艦棲姫2体が加わり、迫撃!トリプルダイソンが展開される。
しかもボスは戦艦水鬼改-壊とかいう意味不明な名称で装甲305とかいう全深海棲艦最硬。
道中も割りと狂った敵だらけで、友軍艦隊が追加実装される前ではとてもじゃないが手が出せなかった。
いやあ、友軍艦隊実装前にここ突破した人は凄いわ。素直にそう思う。

以下、ラスト。
7回目:3戦目撤退
8回目:支援十戦隊 ボス敗北
9回目:ボス敗北
10回目:3戦目撤退
11回目:3戦目撤退
12回目:支援二水戦 ボス失敗
13回目:支援十戦隊 ボス敗北
14回目:3戦目撤退

嘔吐AAでも貼りそうになるぐらいきつい。
ラストは余裕ないから艦隊司令部外したが、とたんにダブル空母BBAの猛威が襲いかかってくる。
空母BBAとは調教されたり逆に無双したりと今までにボコりボコられて愛憎渦巻く仲だが、今回も新しい艦載機を引っさげて立ちふさがってきた。
如何に大和、武蔵でも制空権が取れない状況で空母BBAを無力化するのは難しく、何度も大破艦を出す憂き目にあった。

そして、ボスにたどり着いてもこちらに運味方すること少なく、12回目以外はT字不利だったり支援が仕事しなかったりで壊滅的な敗北を食らってきた。
12回目も肝心の夜戦カットインが中破妙高以外発動されずに終わったのだった。

およそ5割でのダブル空母BBAによるシャットアウト、そしてボスの強靭さ。
彼奴らの前に我が鎮守府の資源は見る間に溶かされ、ふと気づいた時には燃料が20万を切っていた。
それでも出撃しなければ始まらない。

運命の15回目。

無事にボスにたどり着き、航空隊でダイソンの片割れを討ち取る大戦果。
この好機を逃してはならないとばかりに猛攻を加える。
が、ネオダイソンが585も残り、もう一隻のダイソンも健在という状況。
戦いの行方は夜戦に託された。

2018冬E7撃破1突破時友軍艦隊
駆けつける第十戦隊。
矢矧率いる艦隊の攻撃でダイソンを倒せないものの無力化。

続く我が艦隊の攻撃でダイソンを撃破。
残るネオダイソン相手に北上、妙高、瑞鳳のカットイン部隊が立ち向かう。
すでに380ほどまで減っていたネオダイソンに北上のカットインが炸裂。
150ほど削って妙高。

2018冬E7撃破1突破
決めたああああああああ!11!!1!
妙高姉さんがやってくれた。
結局、瑞鳳は役に立たずに終わったがまあよかろう。
この戦いも我が艦隊の勝利である(大本営発表)

2018冬最終ボス出現
ようやくこのイベントも最終ボスと相まみえることができそうだ。
待ってろよ、アイオワ(2隻目)!!・・・とイントレピッド!!

現在の資源状況。
2018冬E7撃破1突破後資源
前回から1万しか減ってないじゃないかって感じだけど、前回から突貫で1万増やしてこれだからな。
さほど沼ってないにも関わらずこれだから場合によってはFXで有り金全部溶かした人の顔になりかねなかった。

さて、次の戦いに入る前にヤングガンガンを買いに行こう。
これ以上記事書くの遅れたくない。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018冬E7構想

じゃあそろそろ最終海域の構想でも練っていくか。
昨日から第一ゲージにも友軍艦隊が来るようになり、飛躍的に突破確率は増えているといえよう。
これは待った甲斐があった。

さて、E7はダブルゲージ海域で、ギミックも複数存在している。

・第一ボス出現条件
基地空襲航空優勢以上2回
QマスA勝利以上1回

・第二ボス出現条件
第一ボス撃破

・ルート追加
D・G・L・HマスA勝利以上1回ずつ
Iマス航空優勢1回

・第二ボス装甲破砕
Q・M・WマスA勝利以上1回ずつ(水上打撃部隊)

これを順々にやっていく必要がある。
あとは各編成を見ていくわけだが、ギミックは適当にやりゃいいので割愛。
ボス編成だけ見ていく。
ボス編成だが、有能な友軍艦隊を引けるように入れていく必要があるだろうな。
19駆逐の綾波・敷波・磯波・浦波はどれも該当しない時用の友軍艦隊で完全に外れ。
1つか2つは他の友軍艦隊の条件を満たしたいところだ。

・第一ボス
まずは友軍艦隊を確認。19駆逐は除く。
二水戦:能代・島風・長波・清霜・早霜・初霜
十戦隊:矢矧・磯風・浜風・浦風・雪風
鈴木艦隊1:金剛・榛名・利根・筑摩
鈴木艦隊2:金剛・榛名・鈴谷・熊野・利根・筑摩

ボス条件は高速統一+索敵なので、鈴木艦隊に該当する艦は出撃艦隊に加えたい所。
となると、上2つの艦は使わない方針で行くことになるかな。
島風・長波・雪風あたりが封じられるのは結構きっついな。
特効艦改二だと霞・潮ぐらいしか残らんか。

第一:高速武蔵・高速大和・金剛・榛名・鈴谷・熊野
第二:阿武隈・霞・潮・北上・妙高・瑞鳳or鳥海

こんなところじゃないかね。
不足があればまた考える。


・第二ボス
友軍艦隊確認。19駆除く。
欧米艦隊1:アイオワ・サラトガ・アークロイヤル・リシュリュー・グラーフ・ウォースパイト・ビスマルク
欧米艦隊2:アイオワ・サラトガ・アークロイヤル・グラーフ・ビスマルク
欧米艦隊3:リシュリュー・アイオワ・ビスマルク
四戦隊:高雄・愛宕・鳥海・摩耶
西村艦隊:時雨・最上・朝雲・満潮・山雲
挺身艦隊:霧島・比叡・雪風・天津風・春雨・夕立
栗田艦隊:大和・長門・妙高・羽黒・長波・初霜
二水戦:能代・島風・長波・藤波・沖波・初霜

一番来てほしいのは大和率いる栗田艦隊だろうな。
欧米艦隊はアイオワを入れれば全部スルーできるから一考の余地はある。
他は鳥海or摩耶、時雨、雪風を入れることで阻止可能。

ボス条件は高速統一+索敵。

第一:武蔵・金剛・翔鶴・瑞鶴・大鳳・加賀
第二:矢矧・摩耶・時雨・雪風・北上・瑞鳳

まあこんなもんか?
制空値次第では大鳳・加賀ではなく、鈴谷・熊野でもいいか。

とりあえず、当面はこういう編成でやってみようと思う。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018冬E6その4

まさか一時間で続きの記事を書くことになろうとは・・・。
まあ言うまでもないことではあるが。

2018冬E6撃破3突破時友軍艦隊
独露友軍艦隊からの〜?

2018冬E6完全突破
ドーン!!!!1!!
勝ったッ!! 第六海域、完ッ!!

いやあ、ここまで狙い通りに戦いが推移するとウキウキしてくるわ。
まさか一発で行けるとも思ってなかったが。
そして肝心の報酬。
前回、5回以内にクリアしたらタシュケント出るまで掘ると公言していたが・・・?

ロシア嚮導駆逐・タシュケント着任
ヘブン状態!!
このタイミングでドロップするとは話の分かるやつだ。
俺のおごりでウォッカ飲んでいいぞ。
一発突破、そして同タイミングで新艦娘ドロップとかたまにこういうことがあるからやめらんねーよなあ。

突破報酬は勲章とか女神とか補強増設とか紫電改四とかと、
SKSGレーダー配備
SK+SGレーダー。
FuMOレーダーと比べると対空や索敵、回避に優れる。
その分火力や命中が低いから攻撃のFumo、防御のSKSGといった感じか。

2018冬E6クリア
長かったE6にもこれで決着がついた。
タシュケントも掘れたし、二度と来ることはないだろう。

2018冬E7へ
そして控える最終海域。
ついにここまで来たか・・・。
できればアイオワを掘りたいが、甲でのクリアが優先かな。
E7に関してはまだ構想を練っていないので、また情報を集めて記事を書く。

現在の資源状況。
2018冬E6突破後資源
なんとか燃料20万切る前に攻略できたか。
それにしてもE5掘り終了時から考えるとかなり減ってる。
トリプルゲージはやりすぎだ。
E7挑戦前に多少は増やしておきたいところだな。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018冬E6その3

まだE6第三は割っていない。
が、ラスダンまでは来たので、そこまでの記事。

編成は第一と変わらず。
以下、戦果。
4回目:逸れ
5回目:2戦目撤退
6回目:5戦目撤退
7回目:逸れ
8回目:4戦目撤退
9回目:4戦目撤退
10回目:支援独露艦隊 ボスS勝利 0/390 榛名 390
11回目:支援独露艦隊 ボスS勝利 0/390 鈴谷 780
12回目:2戦目撤退
13回目:支援西村艦隊 ボスS勝利 0/390 筑摩 1170

第一ゲージより索敵要求が厳しいのかもしれんボス前で退避して逸れることがあった。
7回目は完全に水偵積み忘れだけど、4回目はなんで索敵足りなかったのかもわからない。

で、ボス戦では100%伊14が同行してるぐらい神回避を続けてくれている。
今のところ、ボスにたどり着けばS勝利を取ってきてはいるが、削りだからそれなりに楽にやれているようなものだろう。
ボス本番では敵第一艦隊の駆逐がダイソンとエリヌ改に変わるという糞仕様。
当然制空権は取れない。
航空隊ガチャでどれだけやれるか、といったところか。

削りでのE6第三編成だが、
攻略艦隊:那智・足柄・三隈・涼月・霞・阿武隈・伊14
道中支援:砲撃支援
ボス支援:砲撃支援
航空隊:ボス(第一・第二)、潜水(第三)
とまあこんな感じになっている。

そして現状考えているラスト構成。
攻略艦隊:那智・足柄・涼月・ビスマルク・アイオワ・霞・大井
道中支援:航空支援(主に対潜重視)
ボス支援:砲撃支援
航空隊:ボス(全て)
こんな感じか。

とにかくボスというか、ダイソンに航空隊の攻撃をぶち込めなければ勝ち目が薄い。
全航空隊をボスに派遣するというのは当然の判断。
すると潜水マスでの事故が懸念されるが、そこは道中支援に対潜を任せる構え。
どうせその後の水雷は戦艦二巡でぶち殺せばいいし、Oマスは警戒陣で行くしかない。
警戒陣でも後ろ側にビスマルクとアイオワを置くことで敵の撃滅を狙っていく。
空襲は今までと変わらず気合で何とかする。
まあ出来る限りの対空装備を満載していく。
足柄、涼月、霞、大井に対空砲を装備させて固定撃墜をできるだけ増やす。

ボスはとにかく航空隊の攻撃に賭ける。
駄目だったら出来る限り昼で敵を倒しつつ攻撃を回避。
夜戦につなげる。
クリティカルすれば割と誰でもぶち抜けるとは思えるが、どうなるかね。

ここで宣言しておくが、5回以内にぶち抜いてE6クリアしたとして、その時にタシュケントいなかったらE7行かずに掘る気なんて皆無のタシュケント掘りをしてやろうw
5回以内に終わらずにタシュケントも出なかったら・・・タシュケント、ダスビダーニャ。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018冬E6その2

第一ゲージに続いて第二ゲージへ。
第二のボスはダイソン改で装甲は装備含めて260。
夜戦での攻撃の通りにくさはこの海域随一だろう。
これに立ち向かうのは栗田艦隊札がついた艦なのだが、ここに多号作戦艦がいると特効があるらしい。
候補の中で実際に有用といえるのは島風と長波あたりか。

そんな訳で編成は利根・筑摩・島風・榛名・金剛・長波・北上になった。
フィニッシャー候補としては長波か北上。
長波は運30で若干カットイン率に不安が残るが島風に比べたらはるかにマシ。
それに連撃でダイソン改の装甲を抜くのは特効があっても難しいので、結局カットインに頼らざるを得ない。

以下、出撃内容。
3回目:ボスA勝利 186/700 514
4回目:ボスA勝利 25/700 1189
5回目:ボスS勝利 0/700 1889

ここでラスト突入(1〜2回目はルート開放出撃)
3回目はまだ上述の編成じゃなくて北上ではなく矢矧がいた。
でも、ここで矢矧がいても何も意味がないことに気づいたので北上に代わった。
4回目からは勝ち筋を感じつつ戦えた。

そしてラスト。
フィニッシャー候補の長波が中破という状況ながらボスにたどり着く。
が、ここで北上が大破してしまい、一気に暗雲がたちこめた。
とはいえ、敵はダイソン改のみ。しかも大破状態でタコ殴りできる状況。
ここでどうにかしたい。

そして夜戦。
なんだかんだいって、この状況においてもダイソン改の装甲を破りうるは中破してる長波だけ。
長波の前の5人で削っていき、長波へ。
2018冬E6撃破2突破
ぎりっぎり足りた。
よくやってくれたと褒める他に言葉がない。

2018冬E6第三ルートギミック解除
勢いのままに防空3回をこなし、ルート開放へ。

これで残すは第三ゲージのみ。
道中難度は第一とほぼ同等。
ボス難度はいざターゲットにできた時はまだしも、総合的には第二よりも上。

これは厳しい戦いになりそうだなあ・・・。
また伊14に頼らざるを得んか。

現在の資源状況。
2018冬E6第三出現時資源
数千で済んでるからまだマシではあるんだろうが・・・。
20万切ってしまうかどうかは第三ゲージでの戦い如何というわけか。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018冬E6その1

戦いはE6へ。
トリプルゲージ、さらにキチガイ道中と鬼畜のオンパレード。
まずはその第一段階へ挑んでいく。

編成は考えに考えた結果、以下のようになった。
那智・足柄・三隈・涼月・霞・阿武隈・伊14

潜水艦でほぼ全ての敵の攻撃を吸引し、然るべきところまで耐えた後に単艦退避。
残った6隻でボスへ突撃。

この前段階には那智・足柄・潮・初霜・霞・阿武隈・伊8という亜種があったんだが、機能しなかったので変更した。

以下、出撃録。
1回目:3戦目撤退
2回目:4戦目撤退
3回目:3戦目撤退
4回目:支援独露艦隊 ボスS勝利 0/350 350
5回目:支援露艦隊 ボスS勝利 0/350 700

ボスは最低3回なのでこの時点でラスト突入。
目論見としては4戦目、Oマスまで潜水艦で吸引してほしい。
Oのフラヌ改が道中としては危険な相手だからこその潜水艦。
ちなみに、Oで大破せずにボスまで行くと削りでは全員、ラストではフラタ以外全ての攻撃を吸うのでボスまで一緒に行けると非常に心強い。

で、ラスト1回目はOマスでやられて撤退。
そして2回目。ここできっちりキラ付けを施したことが功を奏した。
伊14が超絶神回避を見せ、中破までに抑えてボスまで同行。
そのままボスでも回避を続けながら艦隊の援護。
むしろ航空戦であっさりやられる駆逐艦の方がもろく見える始末。

敵をボス+1まで追い詰めて夜戦開始。
2018冬E6撃破1突破時友軍艦隊
第四戦隊が駆けつけてくる。
第四戦隊に続き、我が艦隊の攻撃。

2018冬E6撃破1突破
ようやく第一ゲージ突破か・・・。
第一でこんなきついとかやってられんな。
振り返ってみると7回しか出撃してないといえばそうだけどさ。

これに続いて栗田艦隊によりKマスA勝利、IマスS勝利を達成。
2018冬E6第二ルートギミック解除
第二ルートの
出現を確認。
次はダイソン改か・・・。
厳しい戦いになりそうだが、空襲などの敵航空戦力がないのが救いか。
にしても栗田艦隊のがよっぽど戦力高いのになんで志摩艦隊に厳しい敵を押し付けるのか。

現在の資源状況。
2018冬E6第二出現時資源
きつい戦いよのう・・・。
第二第三は第一よりも厳しいというもっぱらの評判だし、気が滅入ってくる。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018冬E5甲掘り

E5を攻略したが浜波が出なかったので延長戦が開始された。
編成はそのまま。

以下、戦果。
1回目:撤退
2回目:撤退
3回目:A勝利 島風 S4A3
4回目:撤退
5回目:S勝利 松風 S5A3
6回目:A勝利 龍田 S5A4
7回目:撤退
8回目:S勝利 沖波 S6A4

一番右はここまでのS勝利とA勝利の回数。
poiによれば浜波は7%ぐらいでドロップ率計上されていたので、平運であればおよそドロップ20回以内には出るだろうと思って一応計算してた。攻略の時のも加算している。
なんていうか、突破率が半分ぐらいだしさっさと出てほしいのだがなかなか出ない。
龍田が出てきたときには半ギレして帰投と同時に解体に走ってた。

で、出撃9回目。
夕雲型駆逐艦・浜波着任
やっと会えた!
あーもう辛すぎ。
それにしてもこのそこはかとない陰キャ感。
昔の自分を見ているようで心がざわつく。
無条件でやさしくしてしまいそうだ。

現在の資源状況。
浜波掘り終了後資源
これ確実にE6攻略時に燃料20万切るな・・・。
まだタシュケントとかいうドロップ艦が残ってるし、過去最凶の海域も待っている。
この先に不安しか感じんぞ・・・。
なんとかなるといいが。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018冬E5その2

輸送に続いてボス撃破ゲージが出現。
これを叩くのが今回の使命。

以下、さっそく戦果。
1回目:ボスA勝利 183/350 球磨 167
2回目:1戦目撤退
3回目:3戦目撤退
4回目:ボスS勝利 0/350 野分 517
5回目:ボスS勝利 0/350 谷風 867
6回目:ボスS勝利 0/350 松風 1217

ここでラスダン突入。
支援はボスのみ、航空隊はボスに一部隊とボス前に一部隊。
警戒陣でごり押し。

そしてラスト突入一回目も同じ構成でボスに挑む。
が、これがまれにみる大敗北に終わる。
見てるとわかるんだが、ナのエリートがあまりにもしぶとく強い。
ラストだとこれが第二艦隊に4もいるのでうまくやらないとぼこぼこにされる。
そんな訳で、ボス前に送っていた航空隊もボスに回して火力補助。

それから数回苦戦を強いられるが・・・。
2018冬E5撃破突破
なんとか突破。
こっちが5隻ぐらい健在で相手が2隻ぐらいなら問題なくS勝利で終わることは可能。

なお、ここまでに浜波は出なかったのでこのまま続けて掘ることが決定した瞬間である。

報酬は大して変わり映えしない。
戦闘詳報だの洋上補給だのソ連駆逐砲だのと、
ソ連魚雷配備
ソ連魚雷。
さほど強くはない。
そりゃあ駆逐雷撃の真骨頂は日本なんだからさ・・・。

D型砲配備
D型砲もゲット。
ぶっちゃけ、これが一番うれしいまである。

2018冬E5クリア
こうしてE5は終わりを告げた。
ああ、次は浜波掘りだ。

2018冬E6へ
E6も開放。
クソのようなトリプルゲージが待ち構えているが、まだ挑戦はしない。

現在の資源状況。
2018冬E5突破後資源
まだ余裕はあるが、今後を考えるとどこまで続くかという問題。
とにかく掘りをどうにかしないといけない。
残り2隻、どちらもさっさと出てくれないと困る。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018冬E5その1

大東掘りも終わって、いよいよ後段の甲に挑んでいく。
まずは輸送作戦でTP800を削っていく。
その前に、ギミックの解除から。
ここは二個目のルートとゲージを出すためにDマスと空襲で航空優勢以上を出す必要がある。
基地航空隊の防空仕様とあきつ丸、コマンダン・テストを用いてまずはそこの達成から。

1回目:空襲航空優勢・被害なし
2回目:Dマス航空優勢

ここまではつつがなく終了。
続いて輸送の本番。
編成は構想通り。

以下、戦果。
3回目:ボスA勝利 60 60
4回目:ボスA勝利 51 111
5回目:ボス敗北
6回目:ボスA勝利 60 171
7回目:ボスA勝利 60 231
8回目:ボスS勝利 76 307
9回目:ボスS勝利 86 393
10回目:ボスS勝利 86 479
11回目:ボスA勝利 53 532
12回目:ボスS勝利 86 618
13回目:ボスS勝利 86 704
14回目:ボスS勝利 86 790
15回目:ボスA勝利 突破

2018冬E5輸送突破
厳しい戦いだったが、なんとか突破。

2018冬E5ギミック解除
ギミックの解除条件も先んじて達成してあったので、即座にルートが解放された。

現在の資源状況。
2018冬E5輸送突破後資源
輸送だけでここまで資源を使用することになるとは・・・。
まだまだ先は長いから資源は大切にしなければ。

運営の呟きによると3月からまた友軍艦隊の編成が増えるらしい。
E7は第一ゲージの方が目下の壁となっているんだが、そっちへの救済はないのかね・・・。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018冬E5丙掘り

戦いの舞台は後段作戦へ。
だが、本格的に後段へ突入する前にやることが残っていた。
前段で入手できなかった海防艦大東の入手である。
この大東はE4ボスかE5輸送ボスもしくは撃破ルート道中でしかドロップしない。
E4で掘るのは論外、E5は甲でもそれ以下の難易度でも結構低めのドロップ率。
となれば、ここはE5丙掘りだろうと。ちなみに丁ではドロップ率が低すぎるため考慮外。

戦果です。なんなりとお使いください。
1回目:ボスS勝利 なし
2回目:ボスS勝利 なし
3回目:ボスS勝利 なし
4回目:ボスS勝利 なし
5回目:ボスS勝利 藤波
6回目:ボスS勝利 なし
7回目:ボスS勝利 阿武隈
8回目:ボスS勝利 那智
9回目:ボスS勝利 なし
10回目:ボスS勝利 五十鈴
11回目:ボスS勝利 なし
12回目:ボスS勝利 なし
13回目:ボスS勝利 荒潮
14回目:撤退
15回目:ボスS勝利 なし
16回目:ボスS勝利 朝風
17回目:ボスS勝利 長波
18回目:ボスS勝利 島風
19回目:ボスS勝利 満潮
20回目:撤退
21回目:ボスS勝利 沖波
22回目:ボスS勝利 なし
23回目:ボスS勝利 なし
24回目:ボスS勝利 早霜
25回目:ボスS勝利 神通

昨日はここまで。
ドロップなしが最高に胃に悪い。
丙程度で撤退してるのもあれだが。
乱数が悪い方に出たんだろうな・・・。

そして今日。
26回目:ボスS勝利 なし
27回目:ボスS勝利 なし
28回目:ボスS勝利 神通
29回目:ボスS勝利 大潮
30回目:ボスS勝利 大東

日振型海防艦・大東着任
やれやれだぜ・・・。
終わってみれば出撃回数30回、ドロップ数15回で入手出来てるんだから普通に運いいんだろうな、これ。
風雲の悲劇を繰り返してはいけない(戒め)
しかし、まだドロップ艦は2隻も残っている。
気は抜けん。

現在の資源状況。
21018冬E5丙掘り後資源
鋼材以外がじりじりと減っている。
だが、まだまだ余裕はある。
あとは一気に駆け抜けよう。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018冬構想その2

前段を突破したので次は後段の構想を練っていくことにする。

後段の札は以下の通り。
E5:志摩艦隊
E6:志摩艦隊・栗田艦隊
E7:全艦娘

後段で志摩艦隊札が追加され全体で5個目。
名前付きで分かれているからさほど選定に苦労はしないだろうが。

・E5
志摩艦隊を使用する。
流れとしては左ルートで輸送ゲージを破壊したのち、右ルートで撃破ゲージ。
甲だと右ルートを出すのにDマスと空襲で航空優勢が必要。

現状の編成としては、
那智・足柄・鬼怒・霞・潮・初霜・涼月
を考えている。
涼月には特効がないみたいなので、戦力側で不足があったら涼月の代わりに初春でも入れる。
軽巡は虎の子と化した阿武隈には特効がないようなので鬼怒を輸送から戦力まで使用していく。
Dマスの航空優勢にはあきつ丸とコマンダン・テストを使用する。

掘りとしては輸送で大東、撃破で浜波。
通常艦隊で大型艦も使用しないので、どちらもここで掘る。
大東は丙で掘り、甲で攻略し、その間に浜波が出なかったらそのまま掘る感じで。


・E6
まさかのトリプルゲージ。
新艦娘のタシュケントは第三ボスオンリーなので、低難易度で掘るには手順が多すぎて無駄。
最初から甲で攻略するのが妥当だろう。

第一は志摩艦隊、第二は栗田艦隊、第三は志摩艦隊を使用する。

第一のボス到達条件は駆逐2以上+索敵。
そしてまた志摩艦隊特効あり。

編成はビスマルク・イタリア・那智・足柄・阿武隈・霞・初霜で行く。

第二のボスマス出現には第一撃破の他にKでA勝利、IでS勝利が必要。
Kは志摩艦隊で駆逐単艦退避で逸れた時に行くか、そうでなければ駆逐1にして向かう。
Iは栗田艦隊で索敵条件を満たせば到達。

第二ボス到達条件は高速統一+駆逐2以上+索敵。

編成は金剛・榛名・利根・筑摩・矢矧・雪風・長波かな。

第三のボスマス出現には第二撃破の他に空襲の航空優勢3回が必要。

第三のボス到達条件は駆逐2以上+索敵。
志摩艦隊特効あり。

編成は第一と同じで。
不足があればその時また考える。

・E7
ギミックが発見されるまで誰もクリアできなかったという最凶の海域。
形式はダブルゲージ。
今ではむしろギミックによる大幅火力増加が望める第二の方が勝ち筋があるらしく、壁となるのは第一ゲージボス。

ここに関してはもうちょっと情報が集まってから構想を練ろうと思うので今は割愛する。
第一で最も重要となる艦娘が瑞鳳であることは決まっているようだが。
如何に瑞鳳をボスにぶち当てるかという戦いになりそう。
小破未満で瑞鳳をそこまで持っていくのがまず難題だけど。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018冬E4

ついに前段最終にして高難度海域、E4への挑戦が始まる。
ギミックは最近にしては単純で、南の西村艦隊ルートで最奥部A勝利するだけ。

2018冬E4ギミック解除
サクッと倒してボスマス出現。

あとは栗田艦隊でひたすらボスを倒すだけ。
編成はこんな感じ。
第一:武蔵・大和・長門・金剛・鈴谷・熊野
第二:能代・長波・島風・摩耶・北上・鳥海

史実艦特効が存在するので重巡の価値がかなり高い。
鳥海レベルになると北上とほぼ遜色ない火力を発揮できる。

この編成で出撃開始。
1回目:支援英国艦隊 ボスA勝利 2/650 鳥海 648
2回目:支援19駆逐 ボスA勝利 374/650 白露 924
3回目:支援西村艦隊 ボスA勝利 86/650 伊勢 1488
4回目:O撤退
5回目:I撤退
6回目:E撤退
7回目:A撤退

この4連続撤退の時点で一度心が折れて一日間をおいている。
翌日気を取り直して再開。
8回目:支援挺身部隊 ボスS勝利 0/650 ジャーヴィス 2138
9回目:ボス前撤退
10回目:支援英国艦隊 ボスS勝利 0/650 愛宕 2788
11回目:支援西村艦隊 ボスS勝利 0/650 島風 3438
12回目:Q撤退
13回目:支援西村艦隊 ボスA勝利 116/650 摩耶 3972

J級駆逐艦ジャーヴィス着任
まさかの再開一発目でジャーヴィスドロップ。
幸先の良さにまずは満足。
その後も調子よく削って13回目でラスト圏内に突入。

この時点で編成を変更。
第一:武蔵・大和・長門・摩耶・鈴谷・熊野
第二:能代・長波・島風・北上・鳥海・妙高

金剛を外し、摩耶をスライドさせて空いた枠に妙高を投入。
狙いとしては歴然だが、夜戦火力の強化。
妙高には魚雷3見張員を装備させたが、キャップ越え+特効で北上を遥かに上回るダメージ期待値となった。

敵艦載機対策は依然として欲しかったので第一にスライドさせた。
どうせ低速3人がいて火力面ではわりとどうにかなってるし。
この部隊全員にキラ付けを施して挑んだ1回目。
早くも最深部に到達し、ボスを追い立てる。

そして迎えた夜戦。
西村艦隊決戦支援
ここで別ルートを進んできた西村艦隊の援護を受ける。
これは熱い。空気が読めてる。

西村艦隊の助力を加え、さらに猛攻を続ける。
2018冬E4突破
辛いE4ラスダンをなんと一発突破。
これは嬉しい。
しばらくガッツポーズしてた。

報酬は戦闘詳報とか補強増設とかと、
夜間要員
夜間航空要員。
空母が夜戦をするのに必要なわけだが、どうやらE7で瑞鳳に使わせるとよさそうだ。
まあすでに1個持ってるけど。

ソ駆逐主砲配備
かの国の駆逐艦主砲も来た。
タシュケントは果たして掘れるかね・・・。

そして。
護衛空母ガンビア・ベイ着任
護衛空母のガンビア・ベイ着任。
いきってた敵時代と違ってクソ雑魚メンタルの様子。
それにしても、サラトガの時も思ったけど胸にポケットついたシャツだかジャケットだかを来た巨乳の女の子ってなんかエロイな・・・。

2018冬E4クリア
ガチで説明通りなんだが、装甲278もある護衛空母ってなんやねんって突っ込みたくなる。

2018冬前段作戦クリア
これでようやく前段作戦終わりか・・・。
あと3海域もあるのか。

2018冬E5へ
次はE5.
話を聞く分にはE4よりは極めて楽なようだ。
大東は出なかったので、ここの輸送ゲージで出ることに期待したい。

現在の資源状況。
2018冬E4突破後資源
大和型込み連合艦隊とか減るに決まってんだよなあ・・・。
それでもかなり短期で終わったからそこまで減らなくてよかった。
いつもはこういう沼る海域って大体沼るんだけどそうでもなくてよかった。

では、この辺でノシ


艦隊これくしょん出撃録・2018冬E3

西村艦隊がスリガオへ、栗田艦隊がサマールを越えたころ、瑞鶴率いる小沢艦隊によるE3が始まる。

まずは軽くギミック解除から。

1回目:航空優勢・被害なし、Hマス到達
2回目:Sマス到達 ボスA勝利 301/350 49

左は予備潜水3隻支援なし、航空隊防空極振りでなんとか突破。
右は普通に攻略艦隊で進むが、途中で護衛退避したこともあってルートがグダグダになるなど散々になりながら一応ボスに挑んだ形。
ここからは本腰を入れて攻略へ。
ちなみに攻略艦隊は
第一:瑞鶴・瑞鳳・伊勢・日向・千歳・千代田
第二:多摩・暁・初月・秋月・衣笠・木曾
構想と(ry

3回目:ボスS勝利 0/350 龍驤 399
4回目:ボスS勝利 0/350 高雄 749
5回目:ボスS勝利 0/350 伊勢 1099
6回目:ボスS勝利 0/350 高雄 1449
7回目:ボス前撤退
8回目:ボスA勝利 33/350 古鷹 1766

きついのはきついが、なんとかなっているといった感じ。
ゲージは2100らしいので、ここからラスト突入。
と同時にここで翔鶴を千代田と交代して投入。
さながらキャプ翼2のコインブラのような登場。

ラストに入って1回目。
2018冬E3突破
さらばだ、空母BBA。
なんとか上手いこと倒してくれた。
翔鶴の艦載機が全部撃ち落されるとかいう起用した意味がなくなる出来事もあったりしたが倒せれば問題ない。

報酬は新しいものはなかった。
戦闘詳報とか設計図とか航空資材とか疾風とか洋上補給とか甲板カタパルトとか。

2018冬E3クリア
かくして小沢艦隊による敵機動部隊の誘引に成功。
ついにレイテ突入が始まる。

2018冬E4へ
E4ボスは新しい敵。
かなり難しい海域という話もあり、いやな感じだ。
どっちにしろ、ジャーヴィスがここでしか出ないのならここで掘るしかない。
ここを甲で掘るなんて考えられないから久々に低難度掘りするか。
・・・とか思いつつ改めて確認したらE5で大東もジャーヴィスも出るらしい。
E5は大して難しい海域ではないらしいので、E4は掘らずにさっさと攻略に入ろうかね。

現在の資源状況。
2018冬E3突破後資源

それなりにガチの編成だからやっぱ減るなあ。
これでも2桁出撃してないんだが。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018冬E2

E1をさっさと突破してE2へ。
E2は西村艦隊、栗田艦隊を運用しての戦い。
まずはギミックの解除。

1回目:GマスS勝利、SマスA勝利、XマスA勝利、YマスS勝利

西村艦隊の堂々たる活躍ぶり。
最深部に航空隊を送ろうとして距離が足りずに手持ち無沙汰になって頭を抱えたが、普通に全滅させていた。

次はTマス到達。
これは予備潜水艦を使うことにした。
一旦この先使う栗田連合艦隊の一部に潜水艦を組み込んで札をつけ、潜水艦隊で敵潜蠢く海路を突破する。

2018冬E2ギミック解除

ここからはボス撃破艦隊を運用する。
編成は以下の通り。
第一:利根・金剛・榛名・筑摩・鈴谷・熊野
第二:矢矧・浜風・浦風・磯風・北上・摩耶

まーた、構想とずれてんな。
いいんだよ、戦術は水物なんだ。

ここからラストまでの出撃内容。
3回目:ボスS勝利 0/118 夕雲 118
4回目:ボスA勝利 0/118 鬼怒 236
5回目:ボスS勝利 0/118 鬼怒 354
6回目:ボスS勝利 0/118 龍驤 472
7回目:ボスS勝利 0/118 国後 590

圧倒的じゃないか我が軍は・・・。
とかいいつつA勝利あるけど、T字不利で第二艦隊が残ってしまったからしょうがない。
支援も航空隊も使わずにここまでできれば上々だろう。

ゲージHP予想は6回フルの708なので、ここからラスト。
ラストになると道中が結構やっかいになるので、さすがに支援を導入する。

そして。

2018冬E2突破
やりました。
楽すぎて誰にでもクリアできるのではないか?と錯覚してしまう。

報酬は間宮とか女神とか砲資材とか設計図とか爆雷とかと・・・
日振型海防艦・日振着任
日振型海防艦の日振が着任。
大分ロリっぽいタッチだ・・・。
今イベントの新艦娘第一号だ。
残り6人・・・先は長いな・・・。

2018冬E2クリア
栗田艦隊は無事サマール沖の通過に成功。
南を進む西村艦隊もすでにスリガオ海峡の突破は運命づけられている。
あとはレイテに突入するだけだ。

2018冬E3へ
が、その前に敵機動部隊誘引のため、総大将瑞鶴が出陣する。
空母BBAがなんぼのもんじゃい!!

現在の資源状況。
2018冬E2突破後資源
連合だからやっぱ多少は減るか。
この程度ならまだまだ全然って感じではあるが。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018冬E1

後段も札情報が出てきたことで問題なく使えそうな艦をチョイスして早速E1へ向かう。

・・・と、その前に、するべきことは済ませていく。
大和型大戦艦・武蔵改二爆誕
前段開始とともに実装された武蔵改二。

伝説の5スロット
伝説の5スロット持ち艦娘。
スロットはあればあるほど便利なのは軽巡でも潜水でも多スロット持ちの需要を見れば明らか。
この武蔵も5スロット目に様々な装備運用ができる。

武蔵とケッコンカッコカリ
いいからケッコンカッコカリだ!!
運は+3しかしなかった。無念。

で、後段開始とともに実装されたあの艦娘も。
瑞鳳改二参戦
瑞鳳改二乙参戦
ユーザーからは大分多く予想されていて、全くその通りのド本命だった。

改装も一通り終わり、出撃していく。
E1で使うメンツはすでに構想済み。
以下一覧。
駆逐:吹雪・村雨・リベッチオ
海防:択捉・松輪
軽巡:那珂
軽空母:龍鳳
戦艦:ローマ

前回の記事と違うやないかーい。
村雨の錬成が間に合ったのと、この先使う予定のなさそうな駆逐艦なら使ってもいいやって感じで駆逐の層を厚くした。
戦艦はE6でガングートやらタシュケントやらロシア系の印象が強まってきているので、一応ガングートを残しておきたいという考えからローマを起用。

この辺をやりくりしてまずはボスマスを出現させに向かう。

1回目:BマスS勝利
2回目:FマスS勝利
3回目:KマスS勝利、NマスA勝利

NはS勝利きつい。
駆逐コキとかいうイカレたアレがいるからな。
夜戦せずに帰った。

2018冬E1ギミック解除
これでボスマスは出現した。

そこからはひたすらボスへ向かっていく。
4回目:ボスS勝利 0/277 山城 277
5回目:ボスS勝利 0/277 夕雲 554
6回目:ボスS勝利 0/277 伊勢 831
7回目:ボスS勝利 0/277 祥鳳 1108
8回目:ボスS勝利 0/277 大淀 1385
弱すぎて話になりませんわー。
潜水クソガキは夏にさんざんやらかしてくれやがったから容赦はしない。
ゲージHPは1500ぐらいらしいので、次でラスト。

2018冬E1突破
まあ、特に言うこともなく終わり。

報酬は伊良湖とかおにぎりとか設計図とか家具職人とか砲資材とか、
試製東海2個目
試製東海。
もう画像一回撮ってる気がするけど。
まあ基地航空隊の潜水用装備が充実するのはありがたいことだ。

2018冬E1クリア
こうしてE1終了。

2018冬E2へ
次はE2.
ここからはずっとほにゃらら艦隊と札に固有名称がついていくので、ある意味誰を起用していくか考えやすい。

現在の資源状況。
2018冬E1突破後資源
こんなとこでそんな減るわけなかった。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018冬構想

冬イベが始まって1日半強ってところか。
ボチボチ構想練っていこうかね。
今回も溜まった任務からにしようかとも思ったが、めんどいから止めた。
7海域もあるし、余計に資源を使ってもいられないだろう。

それで、今のところは前段だけしか開放されていないこともあり、後段で何が必要になってくるかわからない。
志摩艦隊は残しておいた方がいいのは分かっている。
他に何かあるかもしれないが、そこはどうせ後段開放までまともに動く気はないのでおいおい考えればいい。
今は今の段階でどこで誰を使っていくか、考えていく必要がある。

まず考えたいのは何と言っても札。
前段の札は以下のようになっている。
E1:警戒部隊
E2:西村艦隊・栗田艦隊
E3:小沢艦隊
E4:西村艦隊・栗田艦隊
E1の警戒部隊以外はある意味わかりやすい。
これに後段で用いるであろう志摩艦隊が今回必要な編成となる。

・E1
ぶっちゃけ、考えるのはここだけでいいような気もする。
西村・栗田・小沢・志摩の艦隊に所属しない艦から使用すればいい。

で、攻略に当たって必要な行動だが・・・。
B・F・K・NマスでA勝利以上でボスマス開放。
Bはまあ軽巡入れずに駆逐海防オンリー。
Fは戦艦軽巡+駆逐海防。
K・Nは軽空母軽巡+駆逐海防。
こんな所だろうか。
まとめると戦艦1軽空母1軽巡1(駆逐+海防)5ぐらいいればよかろう。
戦艦は史実編成に入らず一番使いどころのないガングート。
軽空母は大鷹が第一候補、そうでなければ龍鳳。
軽巡は那珂。
駆逐はリベッチオ+海防艦から適当に4。
E1はできれば海防艦で対処したい。
ここでの対潜用駆逐候補は他だと村雨だろうか。
ただ、今の村雨とリベッチオのレベルだと四式ソナーが足りなくて両方の先制対潜はさせられない。
21日までちょっと短期的に演習に組み入れるか。
朝潮も史実編成に該当しないが、朝潮を入れるにはE1はちょっともったいない気がする。


・E2
札は栗田艦隊(連合艦隊)と西村艦隊(通常艦隊)。
位置前進ギミックは西村艦隊側でG・S・X・YマスA勝利以上と、栗田艦隊側でTマス到達。
西村艦隊はもう迷うことなく、山城・扶桑・最上・時雨・満潮・朝雲・山雲でいい。
ギミックのTマス到達は予備潜水艦にやらせる。
Tマスまでで水上艦が出るのはC・Iマスだけらしいので、Cに全力で航空隊と支援をぶち込み、ここを無傷で抜ける。
Iで大破しようがその先にダメージを喰らう場所がないんだから旗艦以外が大破でも進軍し、Tに到達して帰る。
位置前進したらいよいよ栗田艦隊の編成。
高速統一の栗田+鈴木艦隊9隻以上の水上打撃部隊が基準。
第一:金剛・榛名・利根・筑摩・鈴谷・熊野
第二:矢矧・雪風・磯風・浜風・浦風・妙高
こんな感じでいいだろう。


・E3
札は小沢艦隊。
ギミックは左ルートHマス到達、右ルートSマス到達、基地防空で航空優勢以上+損害警備で空襲マス1個短縮可能。
左ルートHマスはこれまた水上艦がBマスにしかいないらしいので、Bに全力で航空隊と支援を送って潜水艦で突破する。
ただし、高速でないとHにいけないみたいなので高速化した潜水艦を1隻から複数配備していく。
右ルートは小沢艦隊編成の機動部隊で最短。8隻必要とか。
第一:瑞鶴・翔鶴・千歳・千代田・伊勢・日向
第二:多摩・秋月・初月・暁・衣笠・大井

第二に自由枠3あるが、ここまで輸送マップが全く無いのが怪しいのでできれば大発とか積める艦は温存したい。
ということでそれ以外で火力の高い暁を持ってくる。
夕立でもいいが、大して難しくもないらしいのでやはり温存。
他には重巡からこれまた編成に影響しない衣笠、そしてフィニッシャーとして大井。


・E4
札は栗田艦隊(連合艦隊)と西村艦隊(通常艦隊)。
西村艦隊ルート終点のNマスでA勝利以上1回でボスマス開放。
西村艦隊はいつものメンツなので割愛。
栗田艦隊は低速(3隻まで)込み水上打撃部隊、史実艦10隻以上。
また、ここのボスマスのみ夜戦時にNPC友軍艦隊が来る。
西村艦隊:山城・扶桑・最上・朝雲・山雲・満潮・時雨
第四戦隊:高雄・愛宕・摩耶・鳥海
挺身部隊:比叡・霧島・夕立・春雨・雪風・天津風
第十九駆逐隊:綾波・敷波・磯波・浦波
英国艦隊:ウォースパイト・アークロイヤル・リシュリュー・ジャーヴィス
一番の当たりは西村艦隊、次いで挺身部隊。
他は4隻なのでできるだけ引きたくはない。
攻略編成にいるとその艦隊はこないらしいので、出したくないのはその中から編成する。
できれば西村艦隊を引きたいので、他に該当する艦を入れたい。
あえて入れるのであれば、摩耶or鳥海・雪風・綾波・ウォースパイトになるか。
しかし、非史実艦は2隻までしか入れられず、1隻は北上様を入れるのが妥当。
よって綾波かウォースパイトのどちらかは諦めなければならない。
まあどう考えてもこの2択ならウォースパイトを諦めるけど。
英国艦隊の友軍は非常にしょっぱいが、この際仕方ない。

第一:大和・武蔵・長門・金剛・鈴谷・熊野
第二:能代・雪風・綾波・妙高・摩耶or鳥海・北上

ちなみに、この海域のボスは弾薬32%で挑まなければならず、ダメージが64%になってしまう。
そのため、第二旗艦速吸という戦法もラスダンに限ってはある。
その場合は綾波と摩耶or鳥海を外して速吸と島風あたりを入れることになる。
あと、探照灯を積むと夜戦でボスが攻撃できるようになるため、積まないほうが良さげ。


とりあえず、現段階ではこんな感じだろうか。
あとは21日に後段が開放されてからまた考える。

では、この辺でノシ


第一:

艦これ多角的調査

前回の記事の派生。
前回はケッコン率とLVの関係を見ていたが、今回は総合とLVの関係を見ていく。
総合は国勢調査の記事を見れば分かるが、嫁率、ケッコン率、性的率の合計。

じゃあ早速見ていく。
・総合グループが2つ上(人気の割に育ててない)
浜風、初月、浦風、伊13、伊14、萩風、速吸、旗風、明石、春雨

・艦娘LVグループが2つ上(人気に比べたら育ててる)
初春、大潮、文月、初霜、日向、伊勢、江風、那智、リシュリュー、ガングート、山風

この結果から、自分自身のプレイスタイルが効率厨であるというのは簡単に想像がつく。
人気の割に育ててないのは改二のない駆逐艦だとか、潜水艦だとか、特殊艦だとか、戦力的に期待できない艦が中心。
その一方で、人気の割に育ててるのは改二のある艦だとか、戦艦が中心。
山風だけ例外なのは前回を見ても分かるように山風を特別視してる感があるので、山風が好みであるという部分に関しては嘘偽りが全くない。

で、前回の2つ上、2つ下データと照らし合わせて競合している艦娘をピックアップすると、
育成してない:伊13、伊14
育成してる:初霜、江風、山風
とこんな感じになる。

伊13、伊14は確かに育成すべき艦娘だよなあ、と反省しているところではある。
なんか潜水艦をわざわざ育成する気にならないというのがね・・・。
かといって前みたいに潜水艦をバリバリ出撃させようなんて気概もすでにないんだから演習で育てるしかない。
そんな訳で今は演習でフル稼働してもらってる所。

育成してる艦に関しては山風はもう置いておくとして、他二人の話だが。
江風がそこまで一般的に育成されていないというのは結構驚きではある。
大発が積めてなおかつ火力がある艦と言ったら長いこと江風か大潮ぐらいしかいなかったし、それなりに優先する艦だと思ってた。
まあ内火艇が積めないのが若干のマイナス要素だし、大潮がもうちょっと育てば同じような扱いになるのを考えると、輸送や陸上相手の駆逐艦というのはあまり重視されてないのかもな。
初霜に関しては、まあ際立って強いとはいえないからなあ・・・。
運の高さに関しても綾波や時雨、雪風で代替できるって言われるとそうだし。
改二がある駆逐艦というカテゴリだと初霜は上位に位置するぐらい好きだと思うからここでピックアップされるのはそうなっても不思議ではないか。

続いて1つ上を見ていく。
・総合グループが1つ上
鈴谷、呂500、照月、熊野、伊19、愛宕、涼月、ポーラ、矢矧、村雨、能代、鳳翔、阿賀野、神風、長波、神威、海風、夕雲、白露、親潮、曙、早霜、狭霧、清霜、嵐

艦娘LVグループが1つ上は例によって多すぎる。
ここが多すぎるというのは、それだけ育成を進めてるということなので悪いことではない。

それで、1つ上までの範囲で照らし合わせて前回と競合してるのは以下の通り。
初月、萩風、速吸、明石、春雨、鈴谷、呂500、熊野、伊19、ポーラ、矢矧、鳳翔、神威、海風

この辺がケッコンしてるし総合で見ても上位だけどうちではあまり育成されてないとみなされる艦。
といっても、この内の鈴谷、呂500、熊野、伊19、ポーラ、矢矧の6人は次のグループまであと僅かなんで除外。
初月、萩風、速吸、明石、春雨、鳳翔、神威、海風あたりが次期育成計画に組み込むべき艦になるだろうか。
やはり特殊艦中心になるな・・・。
特殊艦はルート固定とか補給とかやんごとなき理由がない限り採用の余地がないしな。
まあそれ故に必要となった時を考えて上げておくに越したことはないか。

では、この辺でノシ

艦これ育成方針検討

艦これも第一期が終わり、最後の大決戦イベントが待ち構えているということで、ここいらで今後の育成方針でも検討しようかなと。
といっても主力は大体育ちきっているので、戦力の補強の意味合いが強い。
どう検討するかというと、先に記事にも書いた国勢調査のケッコン率を利用する。
ケッコン率が高いということはそれだけの価値があると思っているプレイヤーが多いということでもある。
好きだからしてるって人もいるだろうが、上位が戦艦空母で占められているのを考えると戦力としてのケッコン艦の意味合いも多分にある。

今回はケッコン率の順位と自分の艦娘のLVをそれぞれグループ分けして、上、中の上、中の下、下とする。
ケッコン率順位と艦娘LVのグループで差異が生じればそれだけ一般的なプレイヤーに比べて育成してるかしてないかが明確になる。

グループの分け方は、現時点で艦娘は205人いるみたいなので、ケッコン率順位が1〜51、52〜102、103〜153、154〜205でグループ分けする。
艦娘LVは98以上、97〜88、87〜70、70未満でグループ分けする。
LV98で分けるのはカンストが嫌だからあえて98としている艦娘もいるため。
LV88は99までの経験値の折り返し。
LV70は大体このぐらいあればイベントにも普通に使えるだろうという意味での分け方。

・ケッコン率グループが2つ上(最優先育成対象)
伊13:ケッコン率68位(中の上)、艦娘LV54(下)
伊14:ケッコン率72位(中の上)、艦娘LV56(下)

・ケッコン率グループが1つ上(LVがグループ範囲の下の方なら優先育成)
呂500:ケッコン率22位(上)、艦娘LV97(中の上)
鈴谷:ケッコン率33位(上)、艦娘LV97(中の上)
伊8:ケッコン率41位(上)、艦娘LV97(中の上)
伊19:ケッコン率45位(上)、艦娘LV97(中の上)
熊野:ケッコン率46位(上)、艦娘LV96(中の上)
大鷹:ケッコン率76位(中の上)、艦娘LV87(中の下)
初月:ケッコン率78位(中の上)、艦娘LV72(中の下)
Pola:ケッコン率85位(中の上)、艦娘LV87(中の下)
鳳翔:ケッコン率90位(中の上)、艦娘LV78(中の下)
矢矧:ケッコン率91位(中の上)、艦娘LV86(中の下)
古鷹:ケッコン率96位(中の上)、艦娘LV71(中の下)
衣笠:ケッコン率97位(中の上)、艦娘LV72(中の下)
秋津洲:ケッコン率102位(中の上)、艦娘LV70(中の下)
速吸:ケッコン率113位(中の下)、艦娘LV65(下)
明石:ケッコン率115位(中の下)、艦娘LV39(下)
まるゆ:ケッコン率119位(中の下)、艦娘LV22(下)
朝霜:ケッコン率127位(中の下)、艦娘LV60(下)
あきつ丸:ケッコン率130位(中の下)、艦娘LV53(下)
海風:ケッコン率137位(中の下)、艦娘LV55(下)
萩風:ケッコン率138位(中の下)、艦娘LV55(下)
清霜:ケッコン率142位(中の下)、艦娘LV59(下)
春雨:ケッコン率144位(中の下)、艦娘LV63(下)
神威:ケッコン率147位(中の下)、艦娘LV60(下)
嵐:ケッコン率150位(中の下)、艦娘LV61(下)

以上。
一般的なプレイヤーに比べて著しく育成されてないと思われるのは伊13、伊14、明石、まるゆあたりになるのかね。
3スロ潜水艦は代わりが効かないから分かるけど、戦力に計上できない明石とまるゆ・・・。
いつか工作艦ルートがあるかもしれないから明石は育成してもいいけど、まるゆは放置でいいか。
あとは同グループ内でLVが低めな初月、鳳翔、古鷹、衣笠、秋津洲、あきつ丸、海風、萩風か。
まあ、普通の駆逐とか重巡とか軽空母なんて普通に飽和してるような気もするけど。
伊13、伊14、明石、初月、秋津洲、あきつ丸が比較的育成の優先度高い艦娘かな。

おまけで逆に艦娘LVグループが上の艦娘を調べた。
・艦娘LVグループが2つ上
江風:ケッコン率104位(中の下)、艦娘LV98(上)
初霜:ケッコン率106位(中の下)、艦娘LV99(上)
潮:ケッコン率109位(中の下)、艦娘LV98(上)
山風:ケッコン率122位(中の下)、艦娘LV98(上)

江風、初霜、潮は改二があるからまだ分かるが、山風は完全に好みで上げてるのバレバレなんだよなあ・・・。

1つ上は多すぎるので大雑把に語ると、
下位グループでは主に陽炎型や睦月型の改二なしを育成している。
睦月型は遠征だと思うが、陽炎型、特にyaggyは多分意識して上げてるか。
中の下グループでは改二なしだと雷、電、磯風、瑞穂が該当。
数少ない水上機母艦の瑞穂はともかく、雷電は初期から続いてる人気の高さにも影響されている。
磯風は単純に武勲艦としてかなり大きな期待を抱いている面が大きい。見た目も好みだし。
中の上グループでは改二なしだと戦艦勢が多数。
他で言うと、瑞鳳がかなり高い。
というか、ちょっと前に瑞鳳を演習艦隊に入れてたからそりゃそうだ。
エンガノも近いので瑞鳳は意識的に強化したという感じ。

とまあ、一般的なプレイヤーと自分の艦隊の練度の差異を比較してみた。
割と参考になる部分もあったし、意義はあったかな。

では、この辺でノシ

艦これ国勢調査とか

前にツイッターで言及したけど、先月艦これ国勢調査と称してアンケートが取られてたので自分でも参加した上で結果についてでもちょっと語っていこうかと思う。

長くなりそうなので続きから。
続きを読む

艦隊これくしょん出撃録・2017秋E4・その4

ついにE4最後の戦い、第二ゲージ破壊に着手。
第一ゲージ破壊時に比べれば敵の陣容は薄い。
普通に考えれば第一ゲージよりは楽に終わるはずだ。

削りをどうするか考えたが、西村艦隊のまま続けることにした。
遊撃部隊司令部があれば到達率もそう悪くないだろうし。

以下、削り戦果。
1回目:7戦目撤退
2回目:ボスA勝利 159/655 天津風 496
3回目:ボスS勝利 0/655 山雲 1151
4回目:3戦目撤退
5回目:1戦目撤退
6回目:退避4 お遊びでボス警戒陣 昼移行するも全く削れず
7回目:退避1 ボス 63/655 天津風 1743

そう思っていた時期が僕にもありましたと言わんばかりに結構途中で撤退している。
6回目なんかあまりに退避しすぎてボス警戒陣とか訳わからないことしてた。
ボスで警戒陣使ったのは効果が良くわからなかった頃に一回と、今回ぐらい。
最終的な結論として、ボスで警戒陣はありえない。
まあ当たり前といえばそうだけど。
にしても西村艦隊と天津風ばっかり出てるような気がする・・・。

情報やゲージの見た目からしてこの時点でラスダン突入を確信。
うちは純正西村艦隊以外での突破は全く考えていないので装備だけ破壊用に整えていく。
最上をどうするかという点においてはプレイヤーごとに様々だろうが、うちは水戦ガン積みで道中の安全を取った。
ついでにいうと航空隊もSに1部隊派遣というのも変わらない。
ぶっちゃけた話、前回の海峡姫にしろ、今回の防空姫にしろ、如何に昼の砲撃戦に健在の扶桑山城を送るかという一点が重要なのであって、他の要素は添え物でしかない。
ましてや防空姫の対空からして航空隊に大した戦果も期待できそうにない。
それなら道中の安全を取って回数を稼ぐほうが良かろう。
結果的に言うと、この先Sマスで大破撤退したことはないので正解ではあっただろう。

以下、ラスダン。
8回目:8戦目撤退
9回目:7戦目撤退
10回目:7戦目撤退
11回目:ボス突破できず
12回目:6戦目撤退
13回目:ボス突破できず
14回目:ボス突破できず
15回目:6戦目撤退

思ったよりもきつい。
削りで一回倒せたのは開幕夜戦でやられる前にやったからだが、大抵の場合はやる前にやられる。
特に奴らの中にはPTとかいうクソそのものの存在がいるので、扶桑や山城にそれを攻撃されると攻撃機会が一回失われるだけになってしまう。
ついでにいうと、警戒陣を持ってしても夜戦マスを4連続で抜けるのはきついというのもあって結構な苦戦を強いられた。

そんな状況で16回目。
サクサクとSマスまで被害無しで進み、夜戦マスで扶桑が中破するも無事にボスへ到達。
いい加減飽き飽きなボスとの開幕夜戦へ。
今回はなかなかいい状況で推移するが、山城も中破し扶桑型の火力が発揮できないという苦しい状況に。
昼に突入し、敵は防空姫のみ。
交戦形態は・・・T字有利!
これなら中破でもまだやれる。

既に300以下まで減った防空姫に対し、扶桑が渾身の弾着カットインで253ダメージ。
防空姫のHPを1桁まで削る。
そして2巡目、山城の攻撃。
2017秋E4ボス2撃破
長かった・・・ようやくこの戦いに終わりを告げられるのか・・・。
喜びよりも解放感が勝る。
いやまあ最近はいつもそんな感じなんだけど。
海峡姫の時はなんかもっと嬉しかったけどね。
しばらくニヤニヤしてたし。まあ厳しい場所だったからな。

ボスの戦果画面。
スリガオ海峡を越えて
時雨よ、ついに西村艦隊は生き残ったぞ。
姫撃破は扶桑型姉妹の功績だが、こうやってMVPを時雨が取ってるんだから夜戦で相当鬼神の働きをしたのだろうな。

で、報酬。
ネジとか戦闘詳報とか勲章とか甲勲章とかと。
紫電改四配備
紫電改四。
対空+10とその他諸々で烈風の上位互換に。
今時対空+10ではうーんってところもあるけど。

そして。
秋月型駆逐艦・涼月着任
あーもうホントやっと会えた!って感じだわ。
見た目はクールな感じの印象だが、ツンツンしてみたら健気な性格してる。
沈没もやむなしの被害を受けながら佐世保に単独帰投した艦だし、性格はうなずける部分も多い。

2017秋E4完全クリア
E3といい、E4といい、長い。長すぎた・・・。
これが4海域の労力かよ。
そのくせ報酬はどんなに長かろうが1海域は1海域分だし。
本気で勘弁してほしいわ。

2017秋イベント完全攻略
かくして我が艦隊はスリガオ海峡を越えた。
イベント終了時の特殊ボイスって初めてだな。
ミッドウェーでも欲しかったと思わなくもない。
にしても、レイテにおける作戦の全容を考えると、まだ突破しただけなんだよね・・・。
後半では突破した後の敵撃滅作戦が展開されるのかね。
コンプによるとパラワン、シブヤン、エンガノなんでしょ?
栗田艦隊と小沢艦隊が中心になりそうだな。

イベントクリア時の資源状況。
2017秋イベ終了後資源
次回も次回でやべーぞレイテだ!!は継続するんだから急ピッチで資源回復させていかないとままならないな。
警戒陣が存在している間に残っている単発任務をこなすべきかどうか思案のしどころではある。
何はともあれ、これで心安らかにイベント終了日を迎えられる。
時間切れを意識しながらプレイするのはやだね、本当に。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2017秋E4・その3

イベント終了の時が刻一刻と迫る現状、焦りがないとは言えない。
といっても気を逸らせてプレイしても良い結果になるわけもない。
ただ淡々と攻略を進めていくのみ。

という訳で、ダブルゲージの前半、海峡夜棲姫との戦いへ。
差し当たって必要となるのは潜水艦隊。
潜水削りは艦これ元年である13年の定番戦法。
かくいう私も13夏の最終海域は168と58を駆使してゲージを削ったものだ。
それを使えるとあってはやらざるを得まい。

そんなこんなで、新装備も用意した。
後期型艦首魚雷配備
後期型艦首魚雷。
これと潜水艦用の探知機で潜水艦専用カットインが出来るらしい。
あって困ることはないだろう。

以下、潜水削り戦果。
1回目:8戦目撤退
2回目:ボスA勝利 338/800 扶桑 462
3回目:3戦目撤退
4回目:ボスA勝利 264/800 山城 998
5回目:8戦目撤退
6回目:4戦目撤退
7回目:8戦目撤退
8回目:3戦目撤退
9回目:6戦目撤退
10回目:3戦目撤退
11回目:ボスA勝利 384/800 扶桑 1414
12回目:ボスB勝利 325/800 陽炎 1889
13回目:ボス昼行かず 800/800 卯月
14回目:9戦目撤退
15回目:ボスA勝利 206/800 扶桑 2483
16回目:8戦目撤退
17回目:3戦目撤退
18回目:ボス昼行かず 638/800 2645

潜水でのボス到達はおよそ4割前後。
Sマスのフラヌ改とか夜戦のPTなどが主な強敵。
四苦八苦しながらなんとかここまで削った。
WikiによるとゲージHPが3300〜3400、自分でもゲージの減少具合から計算してその程度と判断したので、この時点でラスダン確定。
ここからは我らが西村艦隊の出番。
今回はがっちりキラ付けを施していった。

以下、西村艦隊での出撃。
19回目:ボス突破できず
20回目:ボス突破できず
21回目:ボス突破できず
22回目:8戦目撤退
23回目:ボス突破できず
24回目:6戦目撤退
25回目:4戦目撤退
26回目:4戦目撤退

初っ端3回全てボスにたどり着くなどなかなかいい感じではあったが、それに対してボスでの戦いは苦戦を極めた。
毎度毎度大破までは追い込むものの後一手が足りない。
それというのもここまで100%扶桑か山城のどちらかが中大破しており、もう片方だけでも火力が足りなかった。
次第に道中撤退も増えていき、このまま苦戦を続けるかに思われた。

そして27回目。
道中で扶桑、山城、満潮以外が中破した状況でボスに到達。
といっても西村艦隊特効のおかげで中破してようが姫以外の敵を葬るのは問題なく可能。
着々と敵を葬り、またこちらも大破艦を出していくが、主力の扶桑山城への被害は免れた。

第一艦隊を海峡夜棲姫のみにして昼へ。
航空隊の猛攻で300以下にまで追いやる。
そのまま迎えた山城の一撃。
2017秋E4ボス1撃破
これまでにないダメージを叩き出して海峡夜棲姫-壊を撃破。
この海域でZ6と並んで最難関とされる戦いに打ち勝った。

・・・だが、まだ戦いは続く。
2017秋E4ボス2へ
海峡夜棲姫が消滅してなお立ちふさがるは防空埋護姫。
航空機を持たないため制空権の獲得は容易になるものの、代わりに対空が凄まじいので航空隊の攻撃に支障が出る可能性が高い。
といっても海峡夜棲姫-壊よりは耐久も装甲も低く、開幕夜戦で姫二人という状況でもなくなるので全体的に見ると簡単になるのは確かだろう。

現在の資源状況。
2017秋E4ボス1撃破後資源
ついに燃料が20万を切った。
まあZ6攻略に比べたら圧倒的に消費が少ないわけだが。
警戒陣が有能だから大破の危険はさほど大きくないし。
この警戒陣がイベント終わったらなくなるというのがアレだよな。
一応決定したわけではないが。
このイベントの間は通常海域でも使えます。みたいな文言から勝手に皆が推測してるだけであって、もしかしたら残るかもしれない。
・・・この文言的にはなくなるっぽいけど。
なんでユーザーに有利なこういう陣形はさっさと消してしまうのだろうか。
そこまでバランス崩壊しないだろうし、残しておいてくれよ。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2017秋E4・その2

Z6マスの死闘、S勝利
おらっしゃああああああああああい!1!1!!1!!!!

Z6マス、完ッ!!

・・・とまあ、前回の記事より5日、全く記事を更新せずに何をやっていたのかと言えば、まあこういうことになっていた。
Z6は強敵だった・・・いや、Z6への道中が強敵過ぎた・・・。
ということで、ここに至るまでを振り返っていく。

まずはZ6に挑むまでをサクッと恒例のやつで振り返っていく。
連合艦隊
1回目:3戦目撤退
2回目:3戦目撤退
3回目:3戦目撤退
4回目:3戦目撤退
5回目:2戦目撤退
6回目:基地空襲ノーダメージ、Z1マス航空優勢
7回目:1戦目撤退
8回目:1戦目撤退
9回目:3戦目撤退
10回目:1戦目撤退
11回目:Z2マス航空優勢
志摩艦隊
12回目:Z8マスA勝利
西村艦隊
13回目:Z9マスS勝利

もうこの時点で沼ってる感が半端ない。
最初に何をやってたのかと言うと、空母機動部隊でZ1とZ2の航空優勢なんだが、Gの潜水艦が異常に牙を剥いた。
今にして思えば、この時点で対潜航空隊を一部隊Gマスに送りこむべきではあっただろう。
なんだかんだで航空優勢をクリアし、通常艦隊の方はそれぞれ一発で突破。
あとはZ6マスのS勝利を目指すのみとなった。

Z6マスをS勝利にする上でまず重要視したのが制空値。
少なくとも3隻編成で航空優勢が取れなければダブルダイソンの毒牙にかかってしまう。
かといってこのルートは艦の制限も厳しく、補助に使える水上戦闘機も4個しかない。
そこで思い浮かんだのが第二艦隊夜戦軽空母編成。
空襲戦で役に立たないがその分温存できる。
空母の弱点である夜戦不参加も回避できる。
そんな訳で、残っていた夜間航空機の開発任務に手を付けた。

ヘルキャット3型夜間戦闘機配備
アヴェンジャー夜間攻撃機配備
ヘルキャットとアヴェンジャーの夜間型を手に入れて準備完了。
いざ攻略へ!!

やっぱりZ6(の道中)には勝てなかったよ・・・。
この戦い、何が問題かというと全てが問題。
G:潜水艦雷撃で大破
U:フラル改+フラヌ改の攻撃で大破
Z1&Z2:空襲で大破
Z3&Z4:夜戦カットインで大破
運ゲー運ゲーアンド運ゲーの嵐。

確かに1個1個を抜き出して対処すればそこはなんとかなる。
しかし、Z6でのS勝利を大前提とした上で全部をカバーすることはとてもじゃないが無理だ。
大破を続けながらも艦を変えたり方針を変えたりと色々やった。
結局、挑戦開始当初とはガラッと編成が変わってしまっている。

当初
第一:金剛・榛名・利根・筑摩・千歳・千代田
第二:阿武隈・龍驤・鳥海・島風・雪風・北上

突破時
第一:大和・武蔵・金剛・翔鶴・鈴谷・熊野
第二:阿武隈・千歳・鳥海・時雨・雪風・北上

第一艦隊に至ってはほぼ総とっかえという。
まあこの変更の多さこそが攻略に対しての苦悩の歴史というか。

撃破に至ったのは上述の回数から加算して、なんと52回目。
およそ40回近くもZ6攻略のために出陣している(その辺のは長すぎるので続きに貼っておく)

2017秋E4第二段階突破
こうしてようやくボスへのルートが開放された。
現時点でいっぱいいっぱいなんだが、本当に大丈夫なんだろうか・・・。

現在の資源状況。
2017秋E4第二段階突破後資源
ボスと戦ってるわけでもないのにこの消費量。
なんたる不格好、なんたる無様。
それでもまだ戦える。

・・・問題は時間かなー、なんて。
ボス攻略がトントン拍子に行けば何の問題もないんだけど、このZ6級にハマってしまうとおそらく時間が足りない。
時間切れ負けを意識するなんて、どんだけ今回のイベントがめんどくささと冗長さに満ち溢れているかって話だよ。

では、この辺でノシ
続きを読む

艦隊これくしょん出撃録・2017秋E4・その1

その1だのその2だのが当たり前のように付けられるようになって、如何に艦これのイベントが冗長化しているかというね。
まあ今はそんなことを語っている場合でもない。

順調に行くなら
その1:第一段階突破
その2:第二段階突破
その3:ボス1撃破
その4:ボス2撃破
で行く予定。

そんな訳で、まずは第1段階の記事。
・・・の前に、あの装備を入手することにした。
遊撃部隊用司令部配備
遊撃部隊用司令部。
有効に使っていけるかどうかはまだわからない。

さて、第一段階の条件はXマス到達、UマスS勝利、YマスA勝利、V・Nマス航空優勢、基地空襲ノーダメージ
・・・と、最初からクライマックス感のある何か。
早速潰していく。

1回目:UマスS勝利
2回目:Xマス到達、YマスS勝利
3回目:Vマス航空優勢

ここまではぶっちゃけ全く大したことない。
欲を言うなら3回目で完全防空を達成したかったのだが、Vマス空襲で2隻も大破して無理だった。
なんで航空優勢取ってフルボッコされにゃならんのか。
ここからがきついというか、Nマスは空母無しで航空優勢を取らなければならないという地獄。
制空値が一番低い敵編成の航空優勢でも234を要する。
つまり、水上戦闘機が4個しかないうちの鎮守府ではあまりにも分が悪いということ。
そこで登場するのがあきつ丸。
ただし、高速統一でないと逸れるので補強増設を使って高速あきつ丸を運用することに。
課金アイテムである補強増設をあきつ丸に使うのはなんとももったいない気がしてならないが、仕方ない。

4回目:2戦目撤退
5回目:Nマス制空権確保

制空権確保まで行けた。
敵が一番緩い編成で航空隊で撃墜しまくったおかげだろう。
これならあきつ丸なしでも行けたのでは?と思わなくもないが、まあよしとする。

2017秋E4第一段階突破
6回目の出撃で基地防空も達成、ルート解放と同時に出撃の途中で強制帰還。
他のとこでは強制帰還なんてなかったような気がするが、ここは敵編成とか変わったりするからかね。

ともあれ、これで第一段階は終了。
次はこの海域最難関との呼び声高いZ6マスS勝利などが待ち受けている。
我が艦隊の行く末や如何に。

現在の資源状況。
2017秋E4第一段階突破後資源
現状の消費は微々たる物に収まっている。
第二段階でどうなるか・・・。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2017秋構想その2

E3まで突破し、伊400と対馬も艦隊に加えた。
もはやE4を攻略する以外にやることはない。
という訳で、ついにE4の構想を練っていく。

E4の特徴は二段階のルート解放及びダブルゲージ。
字面だけで面倒なのが伝わってくる。
条件の整理からやっていこう。

・ルート解放第一段階
条件:Xマス到達、UマスS勝利、YマスA勝利、V・Nマス航空優勢、基地空襲ノーダメージ

のっけから6箇所条件とか気が狂ってる。
この海域は艦隊編成により3ルートあるが、条件も3ルートに別れる。
連合艦隊:UマスS勝利
志摩艦隊:Vマス航空優勢、Xマス通過、YマスA勝利
西村艦隊:Nマス航空優勢
共通:基地空襲ノーダメージ

連合艦隊は最短がCFDGLPUルート。
条件は水上打撃部隊かつ高速統一かつ栗田艦隊7隻以上、戦艦+軽空母が5隻以下
栗田艦隊対象艦は、
戦艦:大和、武蔵、長門、金剛、榛名
重巡系:高雄、愛宕、摩耶、鳥海、妙高、羽黒、鈴谷、熊野、利根、筑摩
軽巡:能代、矢矧
駆逐;島風、雪風、浦風、磯風、浜風、野分、藤波、沖波、早霜、清霜

戦闘はGマスの対潜水艦とUマスの敵連合艦隊だけ。
Uマスでル級改3隻パターンを引くと面倒だが、水上打撃+航空隊でまあなんとかなるだろう。
栗田艦隊以外で5隻まで入れられるので、その枠に軽空母2とハイパーズ2隻の計4隻はぶち込んでおきたい。

第一:高速長門・金剛・榛名・利根・千歳・千代田
第二:阿武隈・北上・大井・島風・雪風・鳥海
これで栗田艦隊7隻、高速統一、戦艦軽空母5隻で条件達成。


志摩艦隊は最短がQTVXYルート。
Tマス夜戦、Vマス空襲、Xマス通常戦闘、Yマス開幕夜戦敵連合と戦闘回数が多い。
しかも条件はVとYで2つ。
空母を入れるとYに行かないらしいが、Vには行くのでまずYでA勝利した後に空母満載してVで航空優勢取ればいいんじゃね?という結論。
できればその勢いで潜水艦マスまで進んでそこまでに空襲を防空仕様に特化した航空隊で撃ち落としたい。


西村艦隊は純正西村艦隊でEIMNルート。
西村艦隊に志摩札付けるとかいう戦法もあるらしいが、ぶっちゃけ空襲が1回多くなる程度の誤差でしかない。
ボスに挑む時に西村特効+潜水デコイができるって話だがそこまでしたくはないかな。
削りは志摩札潜水艦でやってみようかとは思ってるけどさ・・・。


・ルート解放第二段階
条件:Z6・Z9マスS勝利、Z4・Z8マスA勝利、Z1・Z2マス航空優勢、基地空襲ノーダメージ

頭がおかしくなりそうな多さだな・・・。
こちらも3ルートごとに分けていく。

連合艦隊:Z6マスS勝利、Z4マスA勝利、Z1・Z2マス航空優勢
志摩艦隊:Z8マスA勝利
西村艦隊:Z9マスS勝利
共通:基地空襲ノーダメージ


連合艦隊はまず初っ端に正規空母3隻の空母機動部隊でZ1・Z2の航空優勢を取りに行く。
航空隊は第1段階の防空仕様のまま基地航空隊ノーダメを取っていく。
あとは水上打撃に戻して第一段階と同じルートを通って最奥のZ6を目指す。
Z4はどうせZ6チャレンジ中に終わるので無視。
このZ6のS勝利がボス撃破よりも難しいという専らの評判で、ここだけで詰まりかねない最低の場所だそうだ。
確定ダブルダイソンの上に鬼のような制空値。
航空優勢を取ったら最後に回すのも手だな。
編成だけは考えるが、いよいよ大和型の出番かもしれん。

第一:高速大和・高速武蔵・金剛・利根・千歳・千代田
第二:阿武隈・北上・大井・島風・雪風・鳥海

戦艦は金剛型2隻か高速大和型2隻かは考えものではある。
なにせ大和型の資源消費量は半端ないし・・・。


志摩艦隊も第一段階と同じルートを通ってその後、Z7→Z8に向かう。
まあA勝利でいいんだし、支援と基地航空隊をぶち込めれば問題なくやれるだろう。


西村艦隊はEIMNSWYから索敵達成でZ9。
ここはS勝利が必要だが、こちらも支援と航空隊を叩き込めればなんとでもなるだろう。
問題は道中支援が道中にどれほど来てくれるかになるか。


ここまで達成でようやくボス出現。
ボスでは久しぶりに潜水削りが可能みたいなので、やってみようかなーと思っている。
志摩艦隊札を潜水艦全部に付けて7隻で吶喊する。
もちろん支援をガッチガチに入れなきゃ話にならんが。

潜水でやっていけそうなら潜水で削っていくし、無理そうなら西村艦隊で突撃するだけ。

とまあこんな感じか。
構想だけでどれだけ文章書いてんだよ・・・。
長丁場になりそうだしゆるゆるやっていく予定。
といってもあんまりのんびりやってるとタイムアップになりそうで怖いが・・・。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2017秋E2掘り

掘らんか進まんか・・・。
甲攻略提督が思い悩むであろういつ掘るか?という難題。
昨今は丙掘りがギミックの関係でクソ面倒になったこともあり、以前は丙掘りしていたうちも今は甲掘り専門になっている。
基本的にはどうせ甲で掘るなら攻略してから掘る方が建設的なのは分かってる。
が、個人的には攻略をしてしまうと一気にやる気がなくなってしまうので出来ることなら攻略前に全部掘っておきたいというのも実情。
そんな訳で、E3攻略中に伊400が出るかどうかで対馬を掘りに戻るかどうか行く末を占ったわけであるが、結果としては伊400は出た。
ならば、掘りに戻ろうということで、今回の記事となる。

前置きが長いが、要するにE2で対馬を掘る、ということ。
対馬を掘るに当たっていくつかのポイントがあるが、E2ボスが最良であろう。
E3一個目ボスなんてとてもじゃないが掘るような場所ではない。
防空棲姫とかいうアレな敵と戦わなければいけないのもあるし、なんといってもドロップ確率が低い。
甲S勝利でわずか1%。出るかそんなもん。
E2ボスではS勝利で6〜7%、なんだったらA勝利でも出る。
圧倒的にE2だろう。
E4でも出るらしいが、あんなとこにドロップを望むのが間違ってる。

という訳で、E2に戻って出撃。

1回目:ボスA勝利 浜風

濃厚な十七駆ドロップ海域なのを忘れていた。
攻略中にも浜風、浦風、谷風をドロップしてあとは磯風でコンプだなーとか思ってた。

2回目。S勝利。
択捉型海防艦「対馬」着任
御粗末!!
支援ありでも割りとボコられる海域だから早めに出てくれたのは助かる。
メモ帳には25回目まで先に枠を作っていたが、必要なくてよかった。

これで後はE4の攻略のみとなった。
wikiによるとここだけで通常の海域の3倍掛かるとか書いてあって辟易するが。
時間が掛かれば面白い訳じゃないぞと言ってやりたい。
まあまずは構想練っていくかね。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2017秋E3・その3

この海域での戦いの記事も3度目となる。
いい加減飽き飽きしてきているところではあるが・・・。

とはいえ、ルートは完全に分離された右ルートとなる。
ここからは小沢艦隊による固定ルートがあり、それを利用していく。
最短ではなく航空戦艦などが入れられる空襲ありルートで挑むというのは先述の通り。

戦果です。何なりとお使いください。
1回目:ボスS勝利 0/350 赤城 350
2回目:ボスS勝利 0/350 鈴谷 700
3回目:ボスS勝利 0/350 赤城 1050
4回目:ボスS勝利 0/350 長門 1400

ふははははっ…どうした!!
空母棲姫様ともあろうお方が! 動きが止まって見えるぞ!!

所詮はインフレに取り残された旧式。
随伴も雑魚とあっては話にならんな。
しかし、伊400は出ないなあ・・・。

そしてゲージ破壊圏内突入1回目。
急激に随伴が強くなり、一気に苦戦を強いられていく。
さながらザーボン変身後のように形勢が逆転。
辛くもA勝利で終わる。

潜特型潜水艦・伊400着任
しかし、ここで伊400を引くというまさに糾える縄。

勢いに乗った我が艦隊は再度海域へ突入。
2017秋E3撃破2突破
空母棲姫、何度でもかかってこい!
お前を倒していいのは俺だけだ!!

ようやくE3が終わる。
突破報酬は補強増設とか洋上補給と・・・
艦隊司令部配備
艦隊司令部。
1個しか持ってなかったから遊撃用の司令部どうするかと思ってたが、普通に配布だったか。
大淀自体はあと2隻いるからレベリングすりゃ司令部の確保自体はできたんだが、何分面倒だったから助かる。

戦闘詳報入手
戦闘詳報も2個手に入り、遊撃用司令部作成が出来るように。
ちゃっちゃと作りますかね。

四式戦疾風配備
四式戦疾風も配備。
正直かなり中途半端な性能ではある。
対空はある程度高いが、対爆と迎撃が低いので防空向きではない。
かといって戦闘半径が5なのでボスに向かわせる航空隊には使い難い。
こんなんどう使えばいいんや・・・。

東海(901空)配備
東海の901空仕様も配備。
試製東海の単純強化型なので対潜用に持って来い。

2017秋E3完全クリア
あー、もうここだけでどれだけ時間掛かったことか。
文章見る限り、右ルートはやはり小沢艦隊想定だったようだ。
左ルートも小マップの矢印の色を見る限り栗田艦隊なんだろうけど。

2017秋前段作戦クリア
ここまででようやく作戦の前段階が終わりというめちゃくちゃな戦い。

2017秋最終作戦へ
やべーぞ、レイテだ!!(なお、ここまでもレイテ)
本当の地獄はここからだ・・・。
まあ、その前に対馬掘りに行く予定だが。

現在の資源状況。
2017秋E3突破後資源
まあこんなもんかという感じ。毎度のことながら。
ボーキサイトの減りが激しい場所なので、伊400が早々に出てくれたのは助かった。

では、この辺でノシ
QRコード
QRコード
Profile

近衛@国士無双

ブログ立ち上げ日に18歳になった管理人・近衛または国士無双という者です。
このブログはまぁ色々適当な事を書きなぐるだけの場所です。
メルアドはphilosopher_konoe@hotmail.co.jp
何か問い合わせあればメール下さい。

Recent Comments
記事検索
Archives
Categories
はるみな応援バナー
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!