越後風乃陣

新潟初のプロフェッショナル修斗公式戦。修斗/総合格闘技(MMA)、グラップリング、柔術、キックボクシングの試合です。

新潟発!プロフェッショナル修斗公式戦!修斗/総合格闘技、柔術、グラップリング

プロフェッショナル修斗公式戦 新潟大会開催決定!

[大会名]プロフェッショナル修斗公式戦「越後風神祭り6」
[開催日]2018年11月18日(日)
[会 場]新潟県新潟市/新潟LOTS(ニイガタロッツ)
[主 催]ピロクテテス新潟

試合結果

[大会名]越後春一番乃陣 2018

[主 催]ピロクテテス新潟

[日 時]2018311日(日)

[会 場]亀田総合体育館 武道場(〒950-0144 新潟市江南区茅野山 3-1-13


第1試合 アマチュア修斗ワンマッチ ライト級32R

×熊倉大樹(SLACK)

S 1R 2‘20“

〇宮澤和郎(飛翔塾コンドル)

チキンウィングアームロック


(中止)第2試合 越後風神グラップリングワンマッチ 67.5㎏以下 32

大滝北斗(総合格闘技ジムBATTLE)

後藤大介(SLACK)…ケガ


第3試合 アマチュア修斗ワンマッチ ライト2R

×中川祐一郎(ピロクテテス新潟)

S 2R 2‘29“

〇酒井章(ブレイブハート)

腕ひしぎ十字固め

A鎌田悠介1R 9-10

B横山朋彦1R 9-10

C草柳和宏1R 9‐10


第4試合 越後風神グラップリングワンマッチ 73.5㎏以下 32

〇山田悠(SLACK)

S 1R 2‘51“

×石井真人(SAI-GYM)

腕ひしぎ十字固め


第5試合 越後風神柔術ワンマッチ 76㎏以下 32

×大塚星弥(チームゼロス)

S 1R 2‘32“

〇岡村悠聖(総合格闘技ジムBATTLE)

送り襟絞め


第6試合 越後風神柔術ワンマッチ 70㎏以下 32

×加藤 裕彦(SAI-GYM) アブソ

判定0-3

〇大滝北斗(総合格闘技ジムBATTLE)

A鎌田悠介19-201R 9-10/2R 10-10

B大久保康史19-201R 9-10/2R 10-10

C草柳和宏18-201R 9-10/2R 9-10


第7試合 アマチュア修斗ワンマッチ フライ級32R

〇中村大介(SAI-GYM)

判定 3-0

×澁谷大輔(ブレイブハート)

A鎌田悠介20‐181R 10‐9/2R 10-9

B:藤石義和20‐181R 10‐9/2R 10-9

C:草柳和宏20‐171R 10‐9/2R 10‐8


第8試合 ビギナー修斗ワンマッチ ウェルター級22R

×伊藤丈皓(ピロクテテス新潟)

判定0-3

〇高野樹来(SLACK)

A横山朋彦18‐201R 9-10/2R 9-10

B:藤石義和16‐201R 8-10/2R 8-10

C:草柳和宏17‐201R 8-10/2R 9-10


第9試合 アマチュア修斗ワンマッチ ライト級32

×酒井 章(ブレイブハート)

TKO 1R 2‘38“

〇五十嵐壮平(ピロクテテス新潟)

レフリーストップ


第10試合 アマチュア修斗ワンマッチ ライト級32R

×南波貞之(総合格闘技ジムBATTLE)

S 2R 2‘36“

〇山田悠(SLACK)

スリーパーホールド

A鎌田悠介1R 9-10

B横山朋彦1R 9-10

C:草柳和宏1R 9‐10


第11試合 ビギナー修斗ワンマッチ バンタム級2R

×上東野翔平(ピロクテテス新潟)

KO 1R 0‘11“

〇大箭智弥(SAI-GYM)おおやともみ

パンチ


第12試合 越後風神柔術ワンマッチ 57.5㎏以下 32

木越めぐみ(SHOOTO GYM K`FACTORY)

判定1‐1

皆川杏佳(SAI-GYM)

A山田泰範20-191R 10‐9/2R 10-10

B大久保康史20-201R 10‐10/2R 10-10

C:草柳和宏19-201R 10‐9/2R 10‐10


第13試合 越後風神グラップリングワンマッチ 73.5㎏以下 32

×石井真人(SAI-GYM)

判定0-2

〇酒井 章(ブレイブハート)

A鎌田悠介19‐201R 10‐10/2R 9-10

B:藤石義和19-191R 10‐9/2R 9-10

C:草柳和宏19-201R 10‐10/2R 9‐10


第14試合 ビギナー修斗ワンマッチ バンタム級22R

〇澁谷大輔(ブレイブハート)

TS 2R 1‘37“

×青木耀汰 (ピロクテテス新潟)

A横山朋彦1R 10‐9

B:藤石義和1R 10-9

C:草柳和宏1R 10-9

チキンウィングアームロック


第15試合 アマチュア修斗ワンマッチ ミドル級32R

×忠 謙勝(ピロクテテス新潟)

判定 1-2

〇更科堅太(総合格闘技ジムBATTLE)

A横山朋彦19‐201R 10-10/2R 9-10

B鎌田悠介19‐201R 9-10/2R 10-10

C:草柳和宏20‐181R 10-9/2R 10-9



第16試合 越後風神柔術ワンマッチ 70㎏以下 32

×石井真人(SAI-GYM)

S 1R 2‘11“

〇大滝北斗(総合格闘技ジムBATTLE)

チキンウィングアームロック



第17試合 越後風神柔術ワンマッチ オープン 32

〇古谷あさみ(SHOOTO GYM K`FACTORY)

判定 2-0

×酒井 淳子(SAI-GYM)

A鎌田悠介20-191R 10‐10/2R 10-9

B大久保康史19-191R 9‐10/2R 10-9

C草柳和宏19-181R 9‐10/2R 10‐8


第18試合 越後風神グラップリングワンマッチ 61.5㎏以下 32

×木川慶匡(ピロクテテス新潟)

判定 0-3

〇中村大介(SAI-GYM)

A:藤石義和18‐201R 9-10/2R 9-10

B山田泰範18‐201R -10/2R 9-10

C:草柳和宏17‐201R 9-10/2R 8-10


第19試合 アマチュア修斗ワンマッチ フェザー級32R

〇石崎春陽(ピロクテテス新潟)

KO 1R 0‘07“

×佐藤裕介(SAI-GYM)

ハイキック


第20試合 越後風神グラップリングワンマッチ 67.5㎏以下 32

×高橋俊介(SLACK)

判定 0-3

〇大滝北斗(総合格闘技ジムBATTLE)

A横山朋彦18‐201R 9-10/2R 9-10

B:藤石義和18‐201R 9-10/2R 9-10

C:草柳和宏18-201R 9-10/2R 9-10


第21試合 越後風神柔術ワンマッチ オープン 32

〇宮澤和郎(飛翔塾コンドル)

S 1R 2‘47“

×阿部 浩(SAI-GYM)

スリーパーホールド

キッズグラップリング組み合わせ

Screenshot_20180310-065348

組み合わせ&試合順(大人)

3月11日 アマ修斗(一般・初級)ワンマッチ新潟大会 組合せ&試合順 決定

[大会名]越後春一番乃陣 2018
[主 催]ピロクテテス新潟
[日 程]2018年3月11日(日)
 12:00 選手集合計量・用具・道着チェック
 12:30 ルール・ミーティング
 13:00 試合開始予定 ※10:00から正午までキッズ大会
[会 場]亀田総合体育館武道場(〒950-0144新潟市江南区茅野山3-1-13)

第1試合 アマチュア修斗ワンマッチ ライト級3分2R
熊倉大樹(SLACK)
宮澤和郎(飛翔塾コンドル)

第2試合 越後風神グラップリングワンマッチ 67.5㎏以下 3分2R
大滝北斗(総合格闘技ジムBATTLE)
後藤大介(SLACK)

第3試合 アマチュア修斗ワンマッチ ライト級3分2R
中川祐一郎(ピロクテテス新潟)
酒井 章(ブレイブハート)

第4試合 越後風神グラップリングワンマッチ 73.5㎏以下 3分2R
山田悠暉(SLACK)
石井真人(SAI-GYM)

第5試合 越後風神柔術ワンマッチ 76㎏以下 3分2R
大塚星弥(チームゼロス)
岡村悠聖(総合格闘技ジムBATTLE)

第6試合 越後風神柔術ワンマッチ 70㎏以下 3分2R
加藤裕彦(SAI-GYM) アブソ
大滝北斗(総合格闘技ジムBATTLE)

第7試合 アマチュア修斗ワンマッチ フライ級3分2R
中村大介(SAI-GYM)
澁谷大輔(ブレイブハート)

第8試合 ビギナー修斗ワンマッチ ウェルター級2分2R
伊藤丈皓(ピロクテテス新潟)
高野樹来(SLACK)

第9試合 アマチュア修斗ワンマッチ ライト級3分2R
酒井 章(ブレイブハート)
五十嵐壮平(ピロクテテス新潟)

第10試合 アマチュア修斗ワンマッチ ライト級3分2R
南波貞之(総合格闘技ジムBATTLE)
山田悠暉(SLACK)

第11試合 ビギナー修斗ワンマッチ バンタム級2分2R
上東野翔平(ピロクテテス新潟)
大箭智弥(SAI-GYM)おおやともみ

第12試合 越後風神柔術ワンマッチ 57.5㎏以下 3分2R
木越めぐみ(SHOOTO GYM K’zFACTORY)
皆川杏佳(SAI-GYM)

第13試合 越後風神グラップリングワンマッチ 73.5㎏以下 3分2R
石井真人(SAI-GYM)
酒井 章(ブレイブハート)

第14試合 ビギナー修斗ワンマッチ バンタム級2分2R
澁谷大輔(ブレイブハート)
青木耀汰 (ピロクテテス新潟)

第15試合 アマチュア修斗ワンマッチ ミドル級3分2R
忠謙 勝(ピロクテテス新潟)
更科堅太(総合格闘技ジムBATTLE)

第16試合 越後風神柔術ワンマッチ 70㎏以下 3分2R
石井真人(SAI-GYM)
大滝北斗(総合格闘技ジムBATTLE)

第17試合 越後風神柔術ワンマッチ オープン 3分2R
古谷あさみ(SHOOTO GYM K’zFACTORY)
酒井淳子(SAI-GYM)

第18試合 越後風神グラップリングワンマッチ 61.5㎏以下 3分2R
上東野翔平(ピロクテテス新潟)
中村大介(SAI-GYM)

第19試合 アマチュア修斗ワンマッチ フェザー級3分2R
石崎春陽(ピロクテテス新潟)
佐藤裕介(SAI-GYM)

第20試合 越後風神グラップリングワンマッチ 67.5㎏以下 3分2R
高橋俊介(SLACK)
大滝北斗(総合格闘技ジムBATTLE)

第21試合 越後風神柔術ワンマッチ オープン 3分2R
宮澤和郎(飛翔塾コンドル)
阿部 浩(SAI-GYM)

新ルールについて[改定]

[越後風神グラップリングルール]

●試合ラウンド

ワンマッチ方式による試合のラウンド数は2ラウンド制(3分2R)、各ラウンドの間には1分間のインターバルを取る。

(2)トーナメント方式による試合のラウンド数は原則として4分間の1回戦とし、決勝戦のみ2ラウンド制(3分2R)



・グラップリング:着衣は、体にフィットした半袖ラッシュガード
・ボクシング・キックボクシングで着用されているパンツ類、スパッツ(ロング不可)
・その他、事前に主催者・レフェリーが承認したあらゆる種類の着衣
・選手は、顔、髪を含め身体のいかなる部分にも、オイル、ワセリン、グリース、痛み止めやマッサージ用のクリーム等を塗布してはならない。
ファールカップ、イヤーガード禁止。

1、勝敗
●ギブアップ
マットか相手の体を 3 回以上叩くか、口頭でギブアップの意思表示をした場合
●レフェリーストップ
レフェリーがこれ以上の試合続行は危険であると判断した場合
●ドクターストップ
リングドクターが負傷した選手の試合続行を不可能と判断した場合
a. 負傷の原因が相手の正当な攻撃、または負傷した選手自身にある場合、負傷した選手を敗者とする。
b. 負傷の原因が相手の反則による場合、負傷した選手を反則勝ちにする。
●試合放棄
セコンドがタオルを試合場内に投入した場合
●失格
4回目の反則で「失格」とする。
レフェリーは反則の回数に関わらず、悪質な反則行為(スラムなど重大、悪質な行為)は即失格とする

●装備品破損
コスチュームなどの装備品が破損し、試合を続けられない場合は、失格となる。
●判定
ラウンド終了時点で勝敗が決しない場合は、ジャッジ 3 名(レフェリーも含む)による判定に委ねられる。
a,判定  10ポイントマストシステム、2票以上獲得で勝者、2票未満の場合はドロー裁定、トーナメント方式での決勝戦は最終ラウンド終了時、採点の結果判定がドローの場合 延長ラウンド3分1Rを行い、延長ラウンドの内容のみを評価し、採点を行う。

b.判定基準
試合が判定となった場合、以下の内容を、全てを通して総合的に判定する。
①より一本勝ちに繋がるアクション(サブミッション)
②テイクダウン、パスガード、スイープ等を使い相手より有利なポジショニングを獲得する。

c.ジャッジは以上 2 点を考慮しどちらがフィニッシュに近かったのか?また時間内にどれだけ相手を制圧できたかを総合的に評価する。

●ノーコンテスト(無効試合)
偶発的な事故等により試合続行が不可能となった場合
試合続行が不可能となった場合、事故が起こるまでの判定により勝敗を決定する。

※外掛け関係なく足関節は解禁します。

2、反則

■ スラム(相手を持ち上げて地面に叩きつける行為)

■ その他、投げなどで頭から落とすこと

■ チョークではない頚椎を圧迫したり、圧力をかけて攻撃する技

■ 噛みつき

■ 目つぶし、及び目をえぐる行為

■ すべての打撃攻撃 7.

■ 肛門、口腔、鼻孔、眼球等の粘膜部に指を引っかけて相手をコント ロールする

■ 手足の指に対する関節技

■ 消極的姿勢及び有効的でない攻撃を続ける

■ 頭髪を掴む

■ 相手をリング外へ投げる、または押し出すこと

■ 喉を掴む攻撃

■ 自身または対戦競技者の着衣を掴み、それらを攻撃・防御に利用してはならない。





[越後風神柔術ルール]

●試合ラウンド

ワンマッチ方式による試合のラウンド数は2ラウンド制(3分2R)、各ラウンドの間には1分間のインターバルを取る。

(2)トーナメント方式による試合のラウンド数は原則として4分間の1回戦とし、決勝戦のみ2ラウンド制(3分2R)



●判定
ラウンド終了時点で勝敗が決しない場合は、ジャッジ 3 名(レフェリーも含む)による判定に委ねられる。
a,判定  10ポイントマストシステム、2票以上獲得で勝者、2票未満の場合はドロー裁定、トーナメント方式での決勝戦は最終ラウンド終了時、採点の結果判定がドローの場合 延長ラウンド3分1Rを行い、延長ラウンドの内容のみを評価し、採点を行う。



b.判定基準
試合が判定となった場合、以下の内容を、全てを通して総合的に判定する。
①より一本勝ちに繋がるアクション(サブミッション)
②テイクダウン、パスガード、スイープ等を使い相手より有利なポジショニングを獲得する。

c.ジャッジは以上 2 点を考慮しどちらがフィニッシュに近かったのか?また時間内にどれだけ相手を制圧できたかを総合的に評価する。

柔術ルールに準じるが足関節は紫帯以下でも足首固め、膝十字は有効にする。

※その他 柔術ルールに準じる。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
アクセスカウンター

プロフィール

philok_n

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ