強迫性障害の治し方!治療アドバイス

強迫性障害の治し方!治療アドバイス

強迫性障害の治し方を解説!強迫性障害の治療方法アドバイスをご紹介!

おすすめ!本田式 『強迫性障害の治し方』

強迫性障害の子供の治療方法!親ができる自宅療法

強迫性障害の子供


強迫性障害は大人だけでなく子供や青少年でもかかる病気です。
もし自分の子供が強迫性障害になってしまったら親ができることは?
強迫性障害 は引きこもりなどの症状を起こす入り口となることがあります。
重大なことになる前に、自宅療法を始めましょう。

子供でもかかる強迫性障害の原因


強迫性障害にかかってしまった子供を放って置くと、強迫行動がエスカレートし周りや家族などを巻き込んでしまったり、その結果人間関係が崩れてしまう事もあります。

特に、子供はナイーブで、こういった心の問題は誰にも相談できないことが多いです。
そこで、親であるあなたがしっかりと支えて助けてあげてください。

強迫性障害の「強迫観念」は子供でも大人でも同じ症状です。
それは「頭の中に不安があって、それをいつも考えてしまう」ということ。
これをいかに取り払ってケアしてあげられるかが治療の基本です。

子供の強迫性障害の原因は?


子供の場合、原因のひとつは、家庭に不安と恐怖を感じる環境です。

家庭環境に不安と恐怖があると、「無意識的」にいらない考えが浮かんできます。
親が仲が悪かったり、会話が極端に少なかったりしていませんか?
知らないうちに心にストレスがかかっていることが原因のひとつです。

また、子供に対して親が厳し過ぎていることも原因となりえます。
強い恐怖感や、怒られたり自信を無くすまで問い詰めたりしてませんか?

特に、子供の強迫行動に対しては起こったりしかってはいけません。
子供は、自分の想いと関係なく嫌な考えが次々に湧いて来るので、その度に儀式的行動を重ね戦っているので非常に疲れています。

治し方の基本は、いかにその強迫観念を忘れさせるかが鍵です。

では、具体的な治療法を見ていきましょう。

子供の強迫性障害の治し方


子供の強迫性障害の治し方としては、まずは焦らずゆっくり対応すること。
強迫性障害の治療にはある程度の時間が掛かります。

適切なケアをすることで、嫌な考えが起こる頻度も少なくなって来るので、焦らずゆっくり対応してあげて頂ければと思います。

心療内科を受診する方法もありますが、子供の心は大人よりナイーブです。
病院に行くことがより大きなストレスとなる事もあるようです。

では、親が自宅で強迫性障害のケアをするにはどうすればいいのでしょうか。
解決する方法としては、自宅療法プログラムを試す方法があります。

強迫性障害の子供 自宅療法

自宅で治せるプログラムを試してみましょう!


強迫性障害を自宅で治せるプログラムがあるのを知っていますか?

本田式・強迫性障害改善プログラム」では、1日20分の時間をコツコツと積み上げ、約6週間で強迫性障害の苦しみから抜け出し、治すための自宅療法プログラムです。

このプログラムの最大のメリットは薬に頼らずに解決できること。

本田式・強迫性障害改善プログラムは、SSRIなどの抗うつ薬や、暴露反応妨害法、催眠療法やカウンセリングといった治療は必要ありません。

週替わりで設定されているテーマを基に、空いた時間に20分程度で行える脳内エクササイズを行うことで、徐々に強迫性障害が緩和されていきます。

もともとは自分でできる治療法として開発されたものなので、子供に実践する場合は、親がであるあなたがこのプログラムを一緒に手伝ってあげるようにしてください。

生活環境が変わりストレス要因から離れることで徐々に症状は緩和されていきます。



◆本田式強迫性障害治療プログラムとは?

本田式強迫性障害改善プログラムは、メンタルトレーナーの本田雅人さんが、
潜在意識をコントロールする方法を誰でも実践できるように改良することで
強迫性障害を自力で解消できるようにした方法です。

早ければ、その日の内に効果が感じられる方もいる即効性の高いプログラムです。

プログラムを読むだけでなく、
1日20分の実践を6週間続けることで確実な効果を実感することが出来ます。

本田式・強迫性障害改善プログラムを開始して6週間後には、
強迫性障害を根本から改善でき、煩わしい強迫行為から解放される方が多いです。

本田式 強迫性障害改善プログラム
⇒ 「
本田式・強迫性障害改善プログラムの詳細はこちら
コメント:0Edit

強迫性皮膚摘み取り症の治し方

強迫性皮膚摘み取り症という言葉を知っていますか?
実は、この病気は誰にでも起こりうる身近な症状です。

皮膚摘み取り症とは、強迫性障害の一種で、自分の体(爪やニキビや白髪など)で、外見上気になる部分があった際に必要以上にいじったりしてしまう症状を指します。

 
一般には思春期~青年期の女性がなりやすいと言われ、患者のおよそ7割が女性です。

今回は、「強迫性皮膚摘み取り症」の原因と治し方について説明します。

i強迫性皮膚摘み取り症の治し方

どんな症状なの?


強迫性皮膚摘み取り症でよくみられる症状

・ニキビが気になってずっとつぶしてしまう
・爪がボロボロになるまで噛んでしまう
・かさぶたを剥がす行為を繰り返してしまう
・ささくれを剥く行為を繰り返してしまう


皮膚摘み取り症によくみられる心理

・皮膚をむしっている間はリラックスできる
・行為を繰り返した後には後悔の念に襲われる
・皮膚をむしり始めると夢中になってしまう

原因はストレスや欲求不満


強迫性皮膚摘み取り症は、自分の思った通りに物事が進まないことに対しての苛立ちや、欲求不満が原因と言われています。

その状況において自制心が利かない状態の情緒不安定さ、その心のサインです。
例えば、子供ですと親からの関心や愛情不足による欲求不満も挙げられます。

また、皮膚摘み取り症は心の問題にとどまらず、皮膚の傷が深くなって瘢痕が残りやすくなるという深刻な問題を伴うので、早く行為を止めて傷の悪化を防がなければなりません。

強迫性皮膚摘み取り症の治し方は?



皮膚摘み取り病は「強迫性障害(不安やストレスから同じ行動を何度もとってしまう病気)」と似ている症状です。

そのため、治す方法も「認知行動療法」などが有効です。

認知行動療法とは、癖が出そうになった時に意識して逆の行動をとり、癖をしなくても済むように慣らしていく治療法で、強迫性障害の治療にも使われています。


例えば、皮膚をむしりたくなったら、手を握りしめたり腕を組んだりして数分間固定し、皮膚に手が出ないようにします。


また、強迫性障害の治療法として、効果的であるこちらのプログラムも同様に試してみるといいかもしれません。

>>1日わずか20分!「本田式・強迫性障害改善プログラム」

本田式・強迫性障害改善プログラムを開始して6週間後には、
強迫性障害を根本から改善でき、煩わしい強迫行為から解放される方が多いです。

もちろん単に治療が早い方がいいというわけではなく、
人それぞれ日常や生活リズムなどペースというものがありますから、
あなたのペースを崩さず、確実に実践していかれるのが理想です。
スピードは違えど、誰もが同じゴールに辿り着きます。


kyouhakusei119.jpg 


コメント:0Edit

悩まされた強迫性障害が1ヶ月で治った!改善方法

akisakaさん (神奈川県 女性 32才)

はじめまして。
自分は、3年前ほどから強迫性障害に悩まされてきました。

はじめはただの心配性、潔癖症と思っていたのですが、
それが生活にも支障が出るようになり、病院での診察で強迫性障害だと分かりました。

shutterstock_220041373-20160425171740-500x330


強迫性障害は言葉くらいは知っていたのですが、
まさか自分が強迫性障害であるとは思ってもいなく、
自分が病気であるということが受け入れられませんでした。

それからは病院でカウンセリングを受けたり、
処方された薬を飲んだりして過ごしました。
でも、なかなか強迫性障害が治ることはありませんでした。


実は私は強迫性障害の症状が酷くなったことで、
仕事を続けるのも困難な程になってしまい、無職の状態も長くなっていました。

どうにか治したいと思い治療法をインターネットで探したところ、
『本田式強迫性障害改善プログラム』を見つけました。

このプログラムは、自宅で自分だけで行うことができ、
口コミでも「強迫性障害が治った」という感想も多く評判が良かったので、
自分も半信半疑で試してみることにしました。


本田式強迫性障害改善プログラムの内容は、
1日10~20分程で実践できて、毎日しっかり続けていくことができました。

改善プログラムは全部で6週間なのですが、
思ったよりも早く効果が現れたので正直驚きました。
1ヶ月続けた頃にはすっかり強迫性障害の症状も改善できました。

症状の強かった潔癖症も治り、強迫観念が浮かぶこともなくなり、
その後は強迫行為を繰り返すこともなくなりました。


私生活に問題が生じることもなくなり、
現在では新しく仕事を始めることもできました。


最初は半信半疑でしたが、内容はとても理にかなっているものです。
本当に本田式強迫性障害改善プログラムを実践して良かったと思いました。

まだあまり知られていない治療プログラムですが、
強迫性障害で悩む多くの人に知ってもらいたいです。


公式サイトには、レビューや口コミが書かれているので、
これから改善する方はぜひ一度読んでみてください。

>>1日わずか20分!「本田式・強迫性障害改善プログラム」


◆本田式強迫性障害治療プログラムとは?

本田式強迫性障害改善プログラムは、メンタルトレーナーの本田雅人さんが、
潜在意識をコントロールする方法を誰でも実践できるように改良することで
強迫性障害を自力で解消できるようにした方法です。

早ければ、その日の内に効果が感じられる方もいる即効性の高いプログラムです。

プログラムを読むだけでなく、
1日20分の実践を6週間続けることで確実な効果を実感することが出来ます。

本田式・強迫性障害改善プログラムを開始して6週間後には、
強迫性障害を根本から改善でき、煩わしい強迫行為から解放される方が多いです。


もちろん単に治療が早い方がいいというわけではなく、
人それぞれ日常や生活リズムなどペースというものがありますから、
あなたのペースを崩さず、確実に実践していかれるのが理想です。
スピードは違えど、誰もが同じゴールに辿り着きます。


kyouhakusei119.jpg 
コメント:0Edit
Copyright © 強迫性障害の治し方!治療アドバイス All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます