今日は、管楽器のソロコンテストのピアノ伴奏をした。
初めてのホール。
ソロの伴奏というのも初めての経験。
初めてのピアノ。
と、いろいろと勝手の違うことばかりだった。

バンドや合唱など、大人数での演奏は多かったが
伴奏とはいえ、ステージに二人で出て行くなど、
ここ何年も
いや、もっとかな?
経験していなかったので、
結構緊張した。
ただし、本番はあっという間に終わってしまったけれど・・・

他の演奏者の演奏はとても客観的に聴けて
ピアノと管楽器の音量のバランスとか
ピアノが 管楽器の演奏をうまく引き立てているかどうかとか
とてもよくわかるのに
自分の演奏は果たしてどのように聴こえたのか
全くわからない状態だった

来年、またこのコンテストに出る機会があったら
事前の準備や練習、そして、ホールのコンディションを考えた工夫をしてこようと思った。