12月11日、月曜日。晴れ。

千葉県は房総半島の南部、千葉県安房郡鋸南町と富津市の境に位置する鋸山へ。

地獄のぞき。
001


絶壁の上にちょこんと飛び出た岩の上に立つことができます。

002


地獄のぞきを下から見上げるとこんな感じです。

006


鋸山は江戸時代の谷文晁の日本名山図会では日本80の名山のうちに数えられましたが、
深田久弥が改めて日本百名山を選んだときには選から漏れてしまったかわいそうなお山。(><)

しかし眺望は素晴らしいです。

浦賀水道を挟んで富士山もきれいに見ることができます。

007


内陸よりも海に近く、というか眼下には内房の海がまじかに見えます。

008


国土地理院が発表している平均標高が一番低い都道府県は千葉県。

なるほどこうして見て見ると確かに高い山は見当たりませんね。
富津館山道路が良く見えます。

009


鋸山は良質石材の産地として、江戸時代から盛んに採石が行われ、その結果、
露出した山肌の岩が鋸の歯状に見えることからこの名で呼ばれるようになりました。

採取された石材は房州石とも呼ばれ、幕末から明治、大正、昭和にかけて、
主に横須賀軍港や横浜の港湾設備、東京湾要塞の資材として利用されました。
また、靖国神社や早稲田大学の構内にも利用されているとのことです。
自然保護規制の強化により1982年を最後に採石は終了しています。

010


千葉県のこのあたりには以前からよく遊びにきていて、
いつも鋸山の前の海沿いの国道127号はよく通っていましたが、
頂上までは来たのは初めてでした。

地獄のぞきに行くには鋸山ロープウェイ(往復930円)か駐車場料金(1000円)を払って
車で登っていくかになります。それとは別に拝観料600円が必要になります。
一見の価値あり。(・∀・)

ちなみに鋸山に行く前に朝食をとったのはこちらの道の駅・保田小学校。

003


名前の通り廃校になった小学校の建物をリノベーションしてつくられた道の駅。
体育館を利用した直売場兼土産物売り場は営業していましたが、
それ以外は11時からの営業が多いようでした。

ついたのは10時ごろで、唯一営業してた里山食堂というところで、

005


朝カレー(500円)なるものを(´〜`)モグモグ。
お値段も味も一般的。店内は教室風インテリア。
強いて言えば菜の花がちょこんと乗っているのが千葉っぽいですね。(*´ω`*)

004
by SONY DSC-RX100M3


鋸山は日本寺(にほんじ)というお寺の境内でもあり、
奈良の大仏よりも大きな、日本で一番大きい大仏様(石像)もあります。

次回はそちらをご紹介。


よかったら応援ポチ m(_ _)m してね にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ