005


さよなら尾瀬国立公園。

001


鳩待峠で帰りのバスを待っていると、すぐ近くでペリコプターがロープを垂らして、
ホバリングしながら荷物を下したり乗せたりしていました。

002


近くにいたバスの運転手のオジサンが言うには、
月に一度、ここから山小屋まで荷物を運んでいるとのこと。

荷物の重さは1トンまで。料金は1回10万円とのこと。
(一往復10万なのか一契約10万なのかは不明。まあ一往復10万ということはないと思いますが…)

山の上では何でも値段は高いですが、何となく納得できました。(*´ω`*)

003


帰りにはちょうど通り道にあった老神温泉というところの、
日帰り温泉の「湯元・華亭」へ。

004
by SONY DSC-RX100M3


料金は700円(3時間)と良心的。
老神温泉は車で通りがかっただけですが、ちょっとさびれた感じで、レトロ感溢れる、
こういうところが好きな人は散策するのも楽しそうな温泉街でした。

露天風呂もあります。(以下2枚の写真はホームページより)
山のなかで、露天風呂にはありがちですが、入っているとアブが飛んでくるのがどうにも。
まあこの時期は仕方ないといえば仕方ないですが…

老神温泉華亭01

歩き疲れた体には優しい温泉でした。(^ω^)

老神温泉華亭02


東京は猛暑続きで、尾瀬はさすがに涼しく感じましたが、
地元の人とちょっと話してみると、「例年よりも暑くて暑くて」と言っていました。

やはりそういうことか…(´-ω-`)


よかったら応援ポチ (^ω^)っにほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ m(_ _)m してね



コメントする

名前
 
  絵文字