カメラと写真の日々 撮影場所紹介

ジャンクション紹介シリーズ第三弾になります。
久々の更新になってしまいました。

今回の紹介は天体撮影地紹介シリーズ第一弾になります。

場所は富士山が見える「田貫湖」です。
田貫湖の行き方や撮影の構図などを紹介します。

○田貫湖
田貫湖は、ダイヤモンド富士山や天体撮影出来る場所として有名です。
撮影地としては、湖のそばに駐車場があり、トイレも完備されていてベンチ、机などがあるので非常に撮影地としては良い所だと思います。
ちなみに、ダイヤモンド富士の時期などは駐車場はすぐに満車になってしまうので前日の夜から場所を撮っておくべきかもしれません。 


また、田貫湖は山中湖の丁度反対側にあり、山中湖の宿泊施設などからの光害が富士山で遮られるので光害の影響が比較的少ないと思います。(それでも光害はありますが…)

そのため富士山にかかる天の川も肉眼で確認する事が出来ます。

【撮影地までの行き方】
車の場合だと東名高速と新東名高速の「富士IC」と「新富士IC」を降りて国道139号〜県道414号線を40分で到着します。

グーグルマップ




【撮影構図作例】
5月の撮影では富士山の真上に丁度天の川がかかるように撮る事が出来ます。
富士山の方角的には丁度東なので満月などの撮影にも適してると思います。

20140503-IMG_3403

20140503-IMG_3396

20140503-IMG_3399

20140503-IMG_3389 のコピー

構図はある程度固定されてしまいますが、天体撮影の後の朝焼けなども撮れるのでおすすめの場所です。


 

ジャンクション紹介シリーズ第三弾になります。

ここではジャンクションの行き方また撮影の構図などを紹介します。

池袋ジャンクション正式には東池袋ジャンクションは池袋にあるサンシャイン60の下で撮影出来るという非常に利便性がいいJCTです。
特にサンシャイン水族館で魚の撮影をした後に夕方はサンシャイン60で夕景や夜景を撮影して最後にこのジャンクションを撮影するという写真三昧が出来ます。
 

【撮影地までの行き方】
JR「池袋駅」か ら徒歩5分ほどで到着することが出来ます。また都電荒川線の「東池袋四丁目」や東京メトロ有楽町線「東池袋」からも行くことが出来交通の便が非常に良いです。




【撮影の注意時点】
この場所は交差点が多いので車などに気をつけてください。また休日などはサンシャイン60からの帰る人が多いためここの真下の交差点はかなり混みます。周りに気を使っての撮影が大事です。

【撮影構図作例】

20140419-IMG_7213
サンシャイン60の真下の歩道から円周魚眼レンズを使って撮影。
魚眼レンズだと真下からだとかなり迫力ある画になります。

20140419-IMG_7218
真下から超広角レンズを使っての撮影。
車の軌跡を入れたり出来ます。
20140419-IMG_7194

次は横断歩道を渡るとサンシャイン60とジャンクションの組み合わせが撮れるスポットになります。
ここのスポットは色んな構図が出来て非常に楽しかったです。
上の写真はジャンクションとサンシャイン60

20140419-IMG_7197
対角魚眼レンズを持っている方はこちらの様な撮影がオススメ!
迫力がかなりあります。

 20140419-IMG_7210
最後は真横からのジャンクション。
この場所の構図決めがもっとも難しかったですね…。 


【使用機材】
EOS 5DMarkⅢ
EF8-15mmF4LUSMフィッシュアイ
AF12-24mmF4.5-5.6
Lightroom5

ジャンクション紹介シリーズ第二弾になります。

ここではジャンクションの行き方また撮影の構図などを紹介します。

西新宿ジャンクションは箱崎ジャンクションとは違い知名度的には少ないですが駅からも近く行きやすい立地にあるのでオススメのポイントです。また新宿の都庁での夜景撮影(今後書きます)を撮影後はしご出来る場所です。

【撮影地までの行き方】

西新宿JCTは都営新宿線の「初台駅」で下車後徒歩で3分ほどで到着出来ます。ちなみに九段下で半蔵門線に乗り換え「水天宮前駅」で下車すれば箱崎JCTはあるので両方撮影出来ますね。

そしてここも人通りが多いので三脚立てて撮影のさいは注意が必要です。

【撮影構図など】

撮影する場所は交差点4箇所あります。

4箇所それぞれジャンクションの見え方が違います。なので交差点を歩いて自分の好みにある場所を探し撮影するのがいいと思います。ちなみに自分は4箇所全部撮影しました。

20140118-IMG_2427

うねるジャンクション。

箱崎JCTよりかは形はシンプルですが魚眼レンズで撮影するとこのようになります。

また超広角レンズを使うと

20140118-IMG_2433このような構図になります。

歪ませるか直線で伸ばすかで見ると印象は本当に変わっていきますよね。

また道路を走る車の軌跡を入れるのもベストです。

20140118-IMG_2459

円周魚眼レンズ

ジャンクションの隙間に高層ビルが見えるようにしています。

この交差点では人が信号で止まるので長時間露光で約5秒ほど露光しても少しぶれますが人を写すことが出来ます。

こうした写真も撮れるのでジャンクション×人とかのジャンルもあったもいいかもしれないですね。

20140118-IMG_2440

以上新宿ジャンクションの紹介でした。


このページのトップヘ