カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

2012年12月

2012年もあと僅かいやはや時間が経つのは早いですねぇ…

と、雑談ですが冬コミ初参戦してきました!いやぁ夏コミよりか混んでる混んでる (・ω・ ;)

社会人が年末休みだからその分増えてるみたい。しかし思ったのが小学生もいたので年齢制限をかけた方がいい気がしなくもない(流石に小学生はマズいだろ…それも朝早くに) 

とりあえずお目当ての物は半々ぐらいで抑えられましたね。

まあ2012年写真を初めてはや一年まあ昔に比べちゃ上手くなった?かな

いやなっていて欲しいよ笑

最近は写真UPよりかはレビュー多くなってるけど気にしないでください、ネタがなかなか無いのですよ ミ(ノ; _ _)ノ=3

あ、写真ブログは正式にはこっちに移行しました→撮り暮らしの日々

こっち来年の目標は自分らしい写真を目指したい。と、何か写真に関することをやってみたいと色々ありますね。 (´・ω・`)「院の勉強もね」

まだまだやりたいことは多いです。 

さてとそこまで書くことは無いのでここで

今年最後の写真を貼付けておしまい (゚ー゚)

皆さん良いお年を

IMG_3195

IMG_3207

IMG_3250

IMG_3267



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


あと一週間で今年2012年も終わりですねいやはや早いものです

今年は色々とありましたが(主にレンズが増えた) 

まあ楽しくやりましたよ。相変わらずお金が無くて貧乏状態でしたが…

そのわりに買ってるというツッコミはなしで (; ^ω^)

さてと今回連続4回のレビューになりますがお許しください
写真撮ってるんですがブログに載せるほどではないのでこのような形に (´・ω・`)

撮影ようのバックを買いましたまあお散歩用のカメラバックですね

アマゾンのベーシックで2000円ほどで売られていて
レビューも悪くなかったのでついポチってしましました。いやまあよくあるよね?

さてぽちってから二日後届きました
IMG_9787
中は目立つオレンジ色見やすいようにかな?
IMG_9791
さらに上部にポケットが!ここには小物(ブロアーなど)を入れるのが良さそうですね
IMG_9793
横には三脚用のスリング?がここに三脚取り付けて持ち運び可能ですね。
ただ小さいのであまり重たい三脚は取り付けられないですね
IMG_9795

この部分にはペットボトル水筒などが入りそうです

あ、写真は無いのですが他にもSDカード入れのポケットが内側にありそうですが落ちそうなので
入れてないですね

IMG_9789

というわけで主力を無理矢理突っ込んでみた
入ってるレンズは
EF70-200F2.8L

EF85F1.8USM

EF-S10-22 3.5-4.5

 ですねあと7Dも
これで限界ですが恐らく大三元、小三元は入りそうですね


さて使ってみて
片方肩にかけるタイプですがなで肩なのでどうしても下がってしまいます

しかしいちいち降ろさなくてもカメラを取り出すことが可能なので便利です。

近場の撮影、お散歩には安くていいですね〜流石に遠距離になるとポケット足りないとかが…

肩はそこまではこらなかったのでいいかな?

うん全体的に評価すると星4ぐらいかな?(個人的な勝手な評価←)

いやまあ安いのでおすすめです!別に外観はそこまでのチープさはないですからね

しかし何ヶ月で壊れるか…それが心配だな


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今回三回目のレンズレビュー
はい最近撮影行けてないからこのようなレビュー記事ばっかにもう勉強やだです (´・ω・`)

というわけで単焦点レンズEF40,50と紹介してきましたが今回はEF85F1.8
このレンズはポートレート (人物撮影)で有名なレンズお子さんとか彼女さんとか(両方いませんが…)
撮るには最適なレンズです。

85mmの焦点距離なので中望遠レンズとしても使用可能です

発売から20年は経過していますがそれでも未だに多大な人気を誇るレンズです。

理由は使ってみたらわかります正直言ってズームじゃ物足りなくなりますよ (; ^ω^)

レンズの使用はこのような感じに


発売年:   1992年
画角:     85mm
レンズ構成: 7群 9枚
絞り羽根枚数: 8枚
最小絞り:   22
撮影距離範囲 0.85m~∞
最大撮影倍率 0.13倍 (35mm時)
駆動系: リングUSM (フルタイムマニュアル機構内蔵)
フィルター径: 58mm
最大径×長さ: φ75mm×71.5mm
質量:     425g
 

MTF特性図

重さは425gと軽いのでこれも一応お散歩レンズで持って行けそうですね〜

フルサイズだと85mmそのままの焦点距離
しかしAPS-Cだと85×1.6=136mmうん望遠になってしまいますねw

また 線図を見ると悪くないですね。この線図軽くしかわからないのであまり深くは突っ込みません (; ^ω^)

デメリットとしては焦点距離が85mmなので寄れないのぐらいですかね

IMG_9708

IMG_9710

さてとレビューフードははめ込み式これはEF 50mmのフードと大きさは違いますが
付け方は一緒ですね。 
IMG_9711

IMG_9715
「MF」じゃなくて「M」になってるって言うことは
初期モデルかな?
中古で購入する場合はこういう所も気にした方がいいです。
場合によっては同じレンズでもコーティングや素材自体も変わってる場合があります。
多少ですが描写の違いがあると思いますが気になるレベルではないでしょう。
ただ故障の可能性が高くなるので古すぎるレンズは買わない様にw

IMG_9712

大口径レンズ

ちなみにフィルター系は58mmなのでキットレンズ持ってる方はそのままフィルターが使えたりします

さて次は実際に撮影した写真で
IMG_9614

IMG_9615

絞り値F1.8
ポトレレンズとも言いますが花を撮るにもなかなかボケが良いレンズです
解像力も素晴らしいですね個人的にはLレンズズームぐらいあるのではないかと思うぐらいです

IMG_9649
こちらはただの床ですw
IMG_9653

線路と電線
絞り値はF5.6
IMG_9658
フルサイズで一回使ってみたいレンズですよ…
IMG_9662

IMG_9698

F1.8の明るさなので夜の撮影にも向いてます。
写真は少し暗すぎますけどね (*´∀`*)

まとめ

メリット
○レンズが軽い(お散歩レンズとして最適)
○ 解像力がある
○明るいので夜の撮影に有利
デメリット
○花等に寄れない…
○手ぶれ補正が付いてないのでぶれやすい 


さて自分はこのまま単焦点レンズ郡を作って行こうかなと思っています

計画では
EF28F1.8 USM EF40 F2.8STM EF50 F1.8 EF85 F1.8 USM EF135F2L
あと二つで完成だ (*´∀`*)
しかし残りがお高いよ…

またレンズ購入したらレビュー行ないます

その他のレビュー→パンケーキレンズ EF40mmF2.8 STMのレビュー

      おもちゃレンズ「EF50mm F1.8 II」レビュー 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

前回に引き続き今回もレビューの記事になります。

最近はレンズを買いすぎなような気がしますが、、また新たに買ってしまいました (・ω・ ;)
IMG_2568
EF40mmF2.8STM!!

前の記事ではEF50mm F1.8 Ⅱはキヤノンの撒き餌さレンズとも言いましたが

今回紹介するEF40mmF2.8STMもCanonの新たな撒き餌さレンズと呼ばれてるほど低価格になっています。
【価格】 
価格は新品でも17000円ほどそしてゴールドラッシュなどのキャッシュバックキャンペーンの時度では5000円キャッシュバックされるので実質新品が12000円ほどで買う事ができるレンズにもなります。


【仕様や外観】
レンズ構成 :4群6枚 
絞り羽根枚数 7枚(円形絞り) 
最小絞り :22 
最短撮影距離 :0.3m
最大撮影倍率 :0.18倍 
フィルター径 :52mm 
最大径×長さ :φ68.2mm×22.8mm 
質量 :130g 

重さ130g!!
これはEF50mm F1.8と同じ重さになりますので軽い。

そして全長が22.8mmなのでもの凄い薄い事ができます。

ちなみにマウント部はEF50mmF1.8と違い金属マウントを採用してることで強度を確保しています。
ここをプラマウントにしたらもっと軽く出来たのではないかと思われますが実際のところ軽すぎるレンズとカメラのバランスが悪くなる金属マウントでよかったと自分は思っています。 
最短距離はEF50mmF1.8が0.45mに対し
EF40mm F2.8は0.3mこれはよりよれるレンズなので室内の小物撮影に向いていますね 
それと新たに採用されたSTM(スッテッピングモータ)これはUSM並みの静穏性がありますね
使ってみても全然気にならない程度の音でAF合わせをしてくれます。

Canon kissx5に付けたらうんもの凄いコンパクトになります。
ヨドバシカメラなどに行ってkissx7 につけるとこれもう一眼レフって感じになりましたね。 
お散歩レンズや持ち運びには最適です 
 IMG_2571
IMG_2566
これは本来EF50mmF1.8に取り付けるフードフィルター系が同じなので付いてしまうのですww

しかしこのままだとケラレそうですね (; ^ω^)IMG_2562
うーんこれじゃあコンパクトさが…IMG_2569

IMG_9360

 EF50mmF1.8との大きさ比較
こうみるといかにもパンケーキレンズが薄いのかがわかりますね! 

【写りと作例】
パンケーキレンズは小さくて写りも良く無いんじゃないかと思われる方もいますが開放からもシャープで解像力もあります。F値はF2.8となっていますがまあこれくらいあれば充分だと思います。
というよりパンケーキレンズでF2,8より明るく作る事は可能なのか? 
 

IMG_9368
撮影モード マニュアル露出
Tv(シャッター速度) 1/100
Av(絞り数値) 2.8
ISO感度 400
開放もシャープに写っていますね。後ろのボケ味もいい感じです。
パンケーキレンズでここもで写るとは思っても観なかったですね (・ω・ ;)
 
IMG_9370

IMG_9455
APS-C機だと周辺光量の落ち方はあまり気になりませんねフルサイズだとやはり気になる方は気にしてしまうのかな?
個人的には周辺光量あっても逆にいい味が出てると思ってしまいます笑

それにしても参考画像が少ない…ちょっと撮影に出掛けてまた追加しておきますね




【まとめ】
○メリット
○厚さ22.8mmしかないのでレンズキャップ変わりにカメラに取り付けて撮影出来る。
○小さいので女子受けしやすいかも?
○解像力は小さくてもかなりある。良く写るレンズ
○STM(ステッピングモータ)のおかげで駆動音が少なくAFも早い

○デメリット
○MFは非常にしにくいのでほとんどAFでの撮影を
○画角40mmはフルサイズだと少し難しい(個人的な意見) 

Canonのカメラを持ってる方、単焦点を使ってみたいという方にオススメな単焦点レンズです。
EF50mmf1.8とEF40mmf2.8STMで悩みますが前者は明るいレンズが欲しい場合、後者は軽くて毎日持ち歩きたい方に。自分としては使っていて楽しいレンズでした。

追記
EF40F2.8STM専用フードの記事→EF40mmF2.8 STM レンズフード紹介


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



今回は「EF50mm F1.8Ⅱ」のレビュー
 
【価格】
恐らく皆さんが一番気になるのは価格の面 
価格が安い (普通のレンズはだいたい安くても2万以上する)
しかも開放値がF1.8という明るさの中お値段が定価12000円で、さらにAmazonなどでは9000円を切っている。
また、中古価格では5000-7000円ほどになっているので手が出しやすいレンズとも言える。 

安いから描写が酷いとか甘いだろうと思う方もいるだろうが使ってみるとかなりの描写力があるためコスパに関しては非常にいい。キットレンズからの書い足しでEF50mm F1.8Ⅱを持つのが個人的な中でベストじゃないかと思っている。ただ、このレンズを買ってからレンズ沼に嵌った人が大勢いるので注意笑

ちなみにEFレンズなのでフルサイズにも対応しており、万が一、APS−CのkissシリーズやEOS 二桁機からフルサイズに乗り換える方でもそのままフルサイズでも使えるので買っておいてもそんはしないはずだ。現在では6Dなどのエントリーフルサイズも出ているのでそれと組み合わせても充分に力を発揮できると思う。
 
【利便性や重さ】
利便性としてはまず軽さの面で見てみるとレンズの重量はなんと130g
単焦点レンズとしても非常に軽い分類に入るので常にカメラなどに装着してお散歩に出掛けても苦にならないレンズだとも言える。
kissX5に付けると合計重量は何と515+130=645g

そしてつい先日発売されたEOS 6Dにも付けられる
重量は6Dが680gなので合計810g
1kg切ってるのでカメラを首からぶら下げても負担にならない 

フルサイズになると50mm画角なので標準レンズとして最適ですが、kissなどのAPS-C機だと35mm版換算で1.6×50=80mmの焦点距離つまり望遠になってしまいますがポートレート撮る時に丁度いい画角になります。

 
【仕様や外観】
仕様は以下のように

仕様
   画角(水平・垂直・対角線):40°・27°・46°
   レンズ構成:5群 6枚
   絞り羽根枚数:5枚
   最小絞り:22
   最短撮影距離:0.45m
   最大撮影倍率:0.15倍
   フィルター径:52mm
   最大径×長さ:φ68.2mm×41mm
   質量:130g
となっています。
IMG_9195
自分が持ってるのはフード付きの50mmF1.8の2型
 
ちなみにこのレンズは2型の他に1型もある。
Ⅰ型は既に生産中止になっており中古で見かける事はあるが2型より高い値段になっている。
描写に関しては2型より1型の方が写りがよいと言われている。
また1型と2型の違いはマウント部分がプラ製か金属製のどちらかになっておりマウント部の強度的に考えると1型の方が耐久が高いが少し重くなってしまう。
人によってはⅠ型の方が好きって人も多いが個人的にはそこまでの違いは感じられない


雑学だが中古購入する際に気をつけて欲しいのが「MF」とあるところ古いレンズだと「M」になっている。これは古いレンズという証でありコーティング劣化やレンズ内にバルサム切れなどの可能性があるので注意

IMG_9202

ちなみにフードはねじ込み式のアダプターを買って取り付ける
IMG_9198

IMG_9200

IMG_9208

フィルターの取り付け方と一緒でそのままネジに沿ってねじ込む。フードは、かぎ爪のボタンを押しながらはめる。意外とフードの付け方を書いてないサイトが多い気がしました。
フードがあると、多少フレアやゴーストが抑えられるのとレンズ保護にもなるので付けておいた方が無難かもしれない。

【AFについて】 
AFについては、正直にいうとUSMリング(AFを滑らかにさらに高速化する機構)がついていないのでAFは遅く感じられた。動物の撮影などにはそこまで向いていないレンズ
また、ジーコというAFを合わせる音がするがこれは仕様なので故障ではない。
(昔のレンズにはよくある)

別途MF撮影についてはMFのフォーカスリングが小さく非常に合わせづらい、そして軽いのでピント合わせは難しいと思った。


【描写力撮影サンプル】 
開放F1.8で撮ったときのサンプルなど
描写力については、絞ると非常にカリカリになる。自分も当時キットレンズからの買い増しの時はかなりの感動を覚えた。
もちろん開放からのボケ味なども個人的には気に入っている。しかし、絞り羽が5枚なので円形のボケを得れないの残念だ…。

撮影サンプルで逆光下においての写真があるがフレア、ゴーストが生じやすい。
これは仕方ないので考えを改めてフレア、ゴーストを生かした作品作りをするようにしていくしか無い。 
 

撮影サンプルをいくつか
IMG_9223

F1.8までの開放後ろのボケがいい味を出している
IMG_9229

IMG_9237

IMG_9242

IMG_9248

IMG_9256
腕が無いのですいません参考程度に…
IMG_9277

【まとめ】
○軽く、そして安いレンズを探してる方はオススメ。コストパフォーマンスはかなりいい。
○ボケ味、明るさなどの単焦点の魅力が詰まっているので初めて単焦点を使いたい方の練習用レンズにオススメしたい。
○絞るとキットレンズを上回る画質を得る事が出来るのでキットレンズからの買い増しレンズ
○F1.8の明るさは夕暮れの暗い時での撮影にも向いている。
○APS-Cサイズのカメラだと、画角が80mm相当になるのでポートレートレンズとしても有能。
(家族や恋人を撮影するレンズとしても)


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ