カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

2013年07月

少し気になった話。深夜のテンションのまま綴る

噂とかではなく特許に関係する。
Canon 50mm F1.8 ISの特許が出ている情報があったので気になっていた
エンジニアの嗜みさんという所で出てた特許公開は以下のURL内に詳しく載っているので
エンジニアの嗜みさん:http://egami.blog.so-net.ne.jp/2013-07-24 
 
 さてEF50mmF1.8についてはCanonの撒き餌さレンズ、沼への入り口などとあだ名が非常に多いレンズである。値段が相当チープなわりにはしっかり写る良いレンズでもある.フルサイズにも対応尚かつ軽いのでkissなどのエントリー機との組み合わせも良く合うレンズだ.


価格コムでも売り筋ランキングとしてはかなり高い。
しかし発売年が2003年9月とかれこれ10年は経ってるのでそろそろリニューアルされる時期かもしれない。
Canonの戦略としては現在最新の単焦点35/2や28/2.8などにはすべてISを付けている。なのでEF50F1.8にIS(手ぶれ補正機能)がついても何らおかしくないだろう。
しかし、問題としては価格の高騰最新のレンズは光学性能や手ぶれ補正性能は非常に優秀であるがコストパフォーマンスなどを考えるとレンズが安いシグマなどのサードパーティー製でもいいんじゃないかというコスト面の問題がある。

仮に発売されたとしても実勢で安くて4万ほどになるだろう。なので現行のEF50mm F1.8 はそのまま併売される差別化は行なわれると個人的に勝手に思っている.

そして新EF50mmF1.8ISに手ぶれ補正も付けるのもいいが今の50mmが最短撮影距離が0.45mと寄れるレンズとは言えないので寄れるレンズを作って欲しいと切に願う。
まあそれなら、EF50mmF2.8マクロを買えばいいじゃないかと言われそうだが…

また、現行はプラマウントなので金属マウントに変更なども行なわれるだろう。
EF50mmF1.8の一型は金属マウントだったが、プラでも強度が確保出来るためコストを抑える為にプラマウントになったという話だ.

何やかんだ言っても出たら出たで楽しみなレンズの一つでもある

そしてEF50mmF1.4ISはいつ出るのかな?Canonさん


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

夏の暑い日々、入道雲の浮かぶ空
今年は暑い夏と呼ばれてますが、個人的には久々に本当の夏が来たなと感じています。

さて近況報告としては、EF40F2.8STMを手放しました。そしてとあるレンズを購入!
そのレンズとは…まだ公開致しませんが画角50mmレンズをIYHしてしまいました。
EF40F2.8STMのLレンズに匹敵するほどの解像力や軽さなどは非常に便利でしたがどうも自分は画角40mmは合わなかったようでここ最近使用頻度が下がっていた。

使わないのはもったいないのでこれを資金にして別の欲しかったレンズを購入しようかなと思い購入。
しかしまあ、EF40F2.8STMは、買っては売って買っては売っての繰り返しなんでお金あれば多分買い戻しそうですがまあ、安いレンズがあればIYHして貯金を減らす性格をどうにかしないと…
 購入したらまたレビューとかもしていきます(反省してない)

さて他のレンズも売ってしまい今あるレンズは5本
50mm単焦点一本から始まり
キヤノン純正レンズは
EF8-15mmF4USM
EF24-105mmF4L IS USM
EF70-200mm F2.8L IS USM
EF400mmF5.6L USM 
のLレンズ四本。
レンズとボディはプロ級、腕は三流なので今後の方針は腕を鍛えて行くこと。
写真はロケーションや時間帯とかをきちんと考えて撮って行かなければならないので奥が深い。

もちろん形から入るのも大事ですが形から入って多くの物を失いました。お金とかお金とか

それと気になってるのがこのレンズシステムだとマクロレンズと広角レンズがない(まだ買うのかというツッコミはなしで…)

実は、マクロレンズは100mmマクロプラナーかEF100mmF2.8Lを候補として考えてます。
マクロプラナーはMFレンズそして値段が阿呆に高いので多分EF100mmF2.8Lになりそうです。
もちろん今年は恐らく買えないので来年あたりに

そして問題なのは広角レンズ…
キヤノンの広角レンズはニコンに比べてどれもぱっとしない例えば

EF-S10-22mmF3.5-4.5USM :青の出方が非常に素晴らしい。解像力もある。昔使っていましたがお気に入りのレンズの一本。しかしフルサイズでは使えないのががが。

EF17-40mmF4L USM:このレンズも実は使った事があります。しかしどうもハズレ玉を引いたのか自分の腕が悪かったのかぱっとした写りが出ず更に周辺流れも酷い…。そして値段もそこそこするので候補からハズレる

EF16-35mmF2.8L USM:大三元の一つ。まず高いそしてどうも写りがニコン14-24f2.8とか遥かに良いという訳でもなく買っても感動が得られないという意見が多かったので候補からは除外


じゃあどうするんだ!
そうだ!35/1.4や18-35/1.8で最近話題になってるシグマさんでいいじゃないか!
シグマさん広角レンズも多種多様に出しておりまあ安いしそこそこシャープなのもある。
というわけで気になったのが12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMです。
レビューを見てみると旧型よりか光学性能がよくなったのと逆光に強くなったみたいですね。
そして外観が新モデルに!かっこいい

12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM
(シグマ:12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM
フルサイズで12mmスタートの超広角レンズそして24mmだと24-105でそのままつなげられる!
広角レンズは、EF8-15mmF4Lを使えば良いじゃないかって話もあるんですがやはり魚眼と広角レンズでは使いどころが違ってきます。夕焼けとかを撮るなら超広角レンズの方が、ダイナミックに撮影できますので。どうも魚眼レンズだと切り取るのが難しい

さて新品はamazonだと
6万円前半になっていますね。中古は多分5万ぐらい?Lレンズに比べるとまあ安く買える。レンズはよっぽどの物じゃなきゃ最新の設計のレンズがいいです。コーティングも日々進化してゴーストやフレアなどが発生しにくくなっています。
シグマさんの最近のレンズはほとんど当たりかつ値段も純正の半額、純正にこだわらないのであればシグマレンズを候補に入れた方が良いかもしれません。


すみませんただの欲しい欲しい病でブログ更新をしてしまいました (・ω・ ;)(; ・ω・)


そして、新レンズで撮影した写真を二枚ほどUPして締めます。


IMG_3626

IMG_3748



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

梅雨も早く空け毎日気温が35℃を超える暑い夏に
最近ブログの更新が少し少なめになっているのですがお金がなく新しく機材もIYHer出来なくレビューも掛けない状況です。まあ財布には良い事ですが(笑)

そして今回は聖蹟桜ヶ丘に訪れてみました。
聖蹟桜ヶ丘は金曜ロードshowで公開された「耳をすませば」のロケになった場所でもあります。
目的はロケ巡りと聖蹟桜ヶ丘にある桜ヶ丘公園のゆうひが丘での夜景撮影。
この日も35℃を超えた日に暑い中のロケ巡りでした。

IMG_3142

京王線沿いに「聖蹟桜ヶ丘駅」があるので新宿から電車で一本で訪れる事が出来ます。
この駅から猫を追っかけてスタートしたかったのですが、流石にいなかったです。ええ物語が始まる予感が全くしません()

IMG_3144
主人公の雫が駅から降りて出た改札口入り口。構図的にはもう少し近づいて斜めに撮るべきだったかもしれません。
この駅からまっすぐに進んで行けば小高い丘があります。目印はこの橋
IMG_3151

IMG_3153
ここの坂道を登って行くと階段があります。
IMG_3163
聖司が雫のお弁当を持って下った坂になります。いろは坂ここを自転車で登るのは大変そうです
 
IMG_3157


IMG_3169
小高い丘ならではかはわかりませんが、階段が多いです。眺めは良いです生活するには少し不便かも
階段が多くある街は嫌いではないですが
この階段を駆け下りれば雫の気持ちがわかるかも?
 
そして丘の頂上あたりについて少し歩くと階段と夜景写真で有名なスポットに
この場所は聖蹟桜ヶ丘から歩いて15分ぐらいで着きます。
IMG_3179

丘陵ならではの景色なので結構お気に入りです。
IMG_3176

 全速力で駆け下りたい!ちなみに「耳をすませば」の聖地巡り平日にも関わらずちらほらいました。

さてこの場所から少し歩いてみると作中に登場した「地球屋」があるロータリーにつきます。
実際にはロータリーに「地球屋」は存在していないのですがモデルとなったお店は「桜ヶ丘 邪宗門」のカフェでしたが現在は閉店になってしまっています。昨年の2月に閉店してしまったのでもう少し早く訪れていれば…
IMG_3196
少しそれてレンズの話「EF8-15F4L」を使用しましたがこれまた逆光に強いフレアやゴーストが全く出ませんでした。最新のレンズなのでコーティングなどは素晴らしい。まあキヤノン版ナノクリスタルの「SWC(Sub wavelength Strucuture Coating)」が使われてるおかげだと思います。


ここから一気に雫の住んでるモデルとなった団地に。目印は給水塔
IMG_3226

IMG_3221
恐らくここかなと…詳しくは聖地巡礼マップなどで確認してみてください。
といっても一般住宅なので写真を上げていいのか心配です。
IMG_3215
途中にはひまわりがもうすっかり夏に
そうそうヒグラシも鳴いていましたね。ヒグラシって八月後半に出現するんじゃなかったっけと思いましたが…。

そして今回の目的の一つである桜ヶ丘公園 夕日の丘からの夜景撮影を
しかし、まさかの靄により景色が悪すぎました…
とりあえず撮影してまともな写真を二枚…
IMG_3301
奥の方に行くに連れもやもやがぁソフトフィルターを掛けたみたいに…
IMG_3306 お気に入り
うーん今回はいまいちです…。
冬の晴れた日に訪れてみたい所でしたね。夜景スポットとしてはオススメですが天候次第なので

さて今回はここまでです。それではまた



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4/30にキヤノンがデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark III」のファームウェアVer.1.2.1を公開した。
それからはや二ヶ月ファーアップしようしようと思っていまいしたが何やかんだで全くせずに使用していました。
まあ特に目立った問題点など無かったのでまあいいかなと思いつつ現在まで…。(だってコアな部分のファームアップ無かったもん)
そして今日やっとファームアップに至りました。
今回のファームウェアのメインはエクステンダーを利用しても開放F8中央1点クロス測距が可能になったこと。
これによりEF400mmF5.6Lにエクステンダー×1.4などを付けても使用可能に
今まで1DXなどの特権だったのが使えるようになった事ですね。しかしこの後6Dも開放F8を使えるようなファームアップがされたので最新機種のフルサイズはすべて対応したことになりますね。


IMG_1749


今のメイン機5DMarkⅢ。購入してからはや半年近く。シャッター回数は一万超えたのであと14万回ぐらいでシャッターの耐久限界に達するのかな?

さて本命ファームアップの方を
まずキヤノンさんのHPから5DMarkⅢの頁に飛んで  ファームウェア更新の頁を開けばダウンロード出来る
そこから自分はMacなのでそのまま自然に解凍されるのであとは初期化したSDカードにデータをコピーしてカメラのファームアップすればいい。まあここらへんは詳しい解説書があるので省略

あ、ちなみに改善された点は
  1. HDMI出力に対応しました。
    HDMI端子から高画質な非圧縮映像を出力します。
  2. エクステンダーを装着して開放F値がF8になるレンズで、中央測距点でのAFができるようになりました。 (従来は、F5.6 までの対応)
  3. ストロボのAF補助光が投光された時のAFスピードを向上しました。
  4. ライブビュー撮影または動画撮影時に静止画を撮影した場合に液晶モニターの画面表示がフリーズし、その後にErr70 または Err 80 となることがある現象を修正しました。
  5. 多重露出撮影の連続撮影優先で撮影した場合に6枚目で連続撮影の速度が遅くなる現象を修正しました。
  6. AEB撮影時にファインダー内表示が誤って表示する現象を修正しました。
  7. ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-E7 との通信の信頼性を向上しました。
  8. ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-E7 を使用したFTP転送後に “○X” の送信結果の表示を出す様にしました。
  9. Eye-Fi カードを使用した場合にカメラが正常に動作しないことがある現象を修正しました。
  10. EF 24-70mm F4L IS USM の画像において、撮影情報 (Exif) の焦点距離情報が正しく表示されない現象を修正しました。
  11. レンズのファームアップデートが正常に行えない場合があることを修正しました。
  12. メニュー画面に表示する “アラビア語” の誤記を修正しました。 (日本向け製品ではアラビア語は表示できません。)
  13. AFマイクロアジャストメントの値が “-8” などに変わってしまう現象を修正しました。
  14. メニュー画面に表示する “ISOオート時の自動設定範囲を設定する” の際のISO上限設定のガイダンス説明文が最後まで表示されない現象を修正しました。 (日本語の表示は問題ありません。)
と結構あるけどそこまで大きな問題点はない。まあ4.めのErr70,Err80の修正は必要だと思うが…

IMG_1751
 ファームウェアVer.1.1.3を押し
IMG_1753
あとは1.2.1のOKボタンを押すだけで終了と

まあもの凄い簡単に終わります(何故今までやらなかったかが疑問)


とりあえずこれで最新版に…

そういえばDPPとEOS Utilityもアップデートしなくては行けないそうなのでご注意を

そして本日関東甲信で梅雨明けましたね!やっと夏本番!
何かを撮りに行こう


________________________________________

EOS 5D Mark III ファームウエア Version 1.2.1
 キヤノンHP

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

Canonさん遂にEOS 70Dを発表しましたね。
60Dが発売されてからもうはや二年様々な新機能が付け加えられて正統進化の70Dに
今回はスペック等を簡単に見て行こうかなということで記事にしました。

「APS-Cサイズ・約2,020万画素の新開発CMOSセンサーと、高速な画像処理を可能にする映像エンジンDIGIC 5+の搭載により、高画質と最高約7コマ/秒の高速連写を両立しています。さらに、最高ISO12800(拡張ISO25600)の常用ISO感度により、暗所でもノイズを抑えた撮影が可能です。また、ファインダー撮影時には、19点の全測距点がクロスセンサーとなるAFセンサーの採用により、さまざまな構図への対応力や動く被写体の捕捉力に優れています。 」

今までミドル機は1800万画素で統一していたのですが新開発CMOSセンサ により20.2MP=2020万画素になったのが今回のまず一つのポイント。
またDIGIC5+を搭載したことによるISO12800まで上げられるようになったのは当然の事ですが60Dからの乗り換えの人にとっては魅力的だと思います。
視野率98%が気になる人もいる思いますが気になるなら上位スペック購入しろというキヤノンさんの戦略が見えない気もしなくはない
今回の70Dでは、恐らくCanonが狙ってる購買層はkissなどのエントリー機から上がってくる人とかなのでなるべく価格は抑えたかったのでしょう…。
出来れば100%が良いですがまあスペックにこだわりすぎても仕方ない



さて EOS 60DとEOS70Dとの違いは?

○EOS60Dは測距点が9点だったのは70Dでは19点になりEOS 7Dと同等になりました。

○連写速度が5.3コマ/秒から7.0コマ/秒になった。
 これはある意味7DMakrⅡが出るまでのつなぎとして70Dを導入する事も選択肢として浮かびますね。


○画素数が1800万画素から2020万画素ににそして映像エンジンが4から5+になり高感度を更に上げる事が可能に


重さは755gで60Dと変わらずに。重さ的にエンプラだとマグネシウム合金使ってない可能性が高いですね

あとバリアングルがついてくる事はやはり大きい。尚かつkissX6iで搭載されたタッチスクリーンも搭載されており撮影の補助としては非常に約に立つだろう

そして今回は

○革新的なAF技術「デュアルピクセルCMOS AF」をEOSシリーズで初めて採用


新AF技術「デュアルピクセルCMOS AF」の採用により、ライブビュー撮影時に撮像画面の縦横それぞれ約80%の広い測距エリアで、ファインダー撮影時と同様に最終合焦まで位相差AF※1が可能です。これにより、従来のキヤノンの撮像面位相差AFに比べ、より短い合焦時間と動く被写体に対する優れた追従性を実現しています。さらに、動画撮影時には動画サーボAFの追従性も向上しているため、動きの速い被写体に対して滑らかにピントを合わせ続けながら撮影することができます。
 

デュアルピクセルCMOS AFはライブビューに撮影時にAFが早くなるという技術これによりライブビューで動画撮影する際に非常に役立ってくる。
またキットレンズはEF-S18-55mmF3.5-5.6 IS STMこのレンズも新設計で好評なレンズなのでおすすめしたい。


○Wi-Fi対応の無線LAN機能を内蔵

Wi-Fi対応のスマートフォンから、静止画の撮影や、カメラ内のメモリーカードに記録された静止画(JPEG画像)の取り込みなど、遠隔操作が行えます。 

これは6Dで搭載されたWi-Fi機能専用アプリを使いスマホ経由でSNSにup出来る優れもの。人によってはいらないという人もいますが現在のカメラブームの中の需要のニーズとしてはあるのであっても良いかと。

今回の主な変更点はこのような感じですね。
色々目新しいものが入ってます。 APS-C機のサブ機としてはわりと欲しい機体です。7Dの後継機としても個人的には悪くなくまあ妥当な線になっていますね。まあボタンの配置が違うのでそこに戸惑う可能性は否定出来ませんが…

そしてもし7D購入を考えてる人はEOS 70Dの方をおすすめします。やはり新設計なおかつ新CMOSセンサを導入してるので出る画も綺麗でそしてスペック的にはほぼ似た様な感じに…。値段も恐らくほとんど変わらなくなるかと


そして相互リンクさせてもらってるE.P.BLOGさんは早速EOS 70Dを見てブログを更新していたのでこちらもまた

それでは



P.S Amazonで発売価格が公開されましたね。
70D


この価格を見るとまあ予想通り。
ニコン D7100の対抗馬になりそうですね。是非とも購入したいのですが一応来年?あたりに発表されるだろう7D2の方を本命としてるので今回は見送り

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ