カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

2013年12月


天体撮影装備の強化のためビクセンのポータブル赤道儀「ポラリエ」を導入しました。

星は1時間あたち約15度移動する事は星を見ているとわかる、そのため通常ならカメラを固定し長時間撮影すると星は線のように流れてしまう。
赤道儀は星が動く日周運動を追いかけるためカメラを回す機材を示す。

元々赤道儀は大型な物が多く持ち運びには難儀するものでした。しかし、ビクセンさんが「星空雲台 ポラリエ」を出した事により天体撮影がより身近な物になったと感じられます。

そして今回注文したのは
「ポラリエと三脚」のセット
IMG_1777

三脚メーカのベルボンとのコラボ。これによりカメラしか持ってなくすぐに天体撮影を始めたい!というかたにはオススメなセットになります。(レンズは必要ですが…)


ではまず外観から
IMG_1780
こんな感じになっています。大きさ比較をするのを忘れてました (・ω・ ;)(; ・ω・)
ちょうど手のひらで持てるぐらいの大きさになっています。
重量が意外とあり重さは720gと一眼レフと同等ぐらいの重さになっています。
人によってはこれを重いと感じる部分もあると思いますが…。
そして左の穴は極軸合わせのさいに使うのぞき穴。
あとオモシロイのが北斗七星とカシオペア座に挟まれてるカメラ取り付けようのネジは丁度北極星の1になっているんですね。

IMG_1829

IMG_1830
裏面はこのように極軸合わせのための方位磁石が入っています。非常に便利ですね

IMG_1835
こちらは極軸合わせの傾斜計というもので各地方によって緯度が違うのでその場で合わせなければいけません

IMG_1832
ダイヤルボタン
ここは星景撮影モードなどの機能があります。
おってまた次の記事で書こうかと思っています。





IMG_1788
ベルボンの三脚。ベルボンの三脚は天体撮影の時に安定性を持たせるため重量は2kgと普通の三脚。
ロック式の四段伸縮式三脚となっている。こちらの三脚は個人的には扱いなれないと使いづらいと感じる部分が多少なりともあった…。また自由雲台に関しても小型なので操作上でもはやや問題あり?しかし軽さを求めるならこの雲台が一番だろう

IMG_1782
kissX5とシグマ12-24をポラリエに載っけてみた。二つの雲台によって極軸合わせなどの調整を行なえる。

まだ実戦には使っていませんが一回テスト動作をなるべく早い段階で行なっていきたいと思っています。そして対荷重は2kgとされていますがEF400mmF5.6Lと5D3載せた時にどのくらい追いかけられるかも検証していきたいと思っています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

livedoorのアクセス数カウンターが8万人を超えました。いつも当ブログを見てくださってありがとうございます。

2013年は様々な事がありました。特にカメラ、レンズの機材増強が進んだことには自分でも驚いています。まさかここまで沼にハマるとは…

では今年買ったカメラ、レンズのIYHリストをまとめると

○EOS 5DMarkⅢ
○EF8-15mmF4L USM
12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM
○EF24-105mmF4L IS USM
Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE 
○EF70-200mmF2.8LIS USM
○EF400mmF5.6LUSM
の合計六本。ただこの他手放したレンズが何本もあるので実質何本買ったのやら。
中古で格安購入やローン組んでの購入など色々ありますがそれでも新品価格に直すと100万は行ってますね…。
 

ただ当初予定してたシステムはほぼ完成したので恐らく2014年はほとんどIYHしないはずです(サンニッパ欲しいサンニッパ欲しいマクロプラナー欲しい) 

写真活動については今年は天体写真そして野鳥写真にハマっていますのでこれからこのジャンルを中心に進めて行こうかなと思っています。
旅行は恐らく研究室などで忙しくなり休みがあまりとれないことを考えると厳しいかも?
そしてブログ更新は出来る限り一週間に2,3回は目指したいですね。

Canonのレンズ、カメラ情報についての発信等も行なうことも考えてます。(ネタが無いときは)


さて今年もあと数時間で終わります。来年もこのブログをよろしくお願い致します。

それでは良いお年を! 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今年自分が買ったベストだと思うレンズを二つ紹介。

その二つは
IMG_1793
○EF8-15mmF4L USM
○EF400mmF5.6L USM
 
この二本になります。あくまで自分が買って使ってみたレンズの中でベストだと思った物です。
EF8-15mmF4L USM,EF400mmF5.6L USMなんて通常使わないじゃないかという意見があると思いますが天体撮影や夜景撮影ではEF8-15mmF4L USM、野鳥,戦闘機撮影ではEF400mmF5.6L USMがもの凄い使えます。

この二本は解像力が非常に高くかなり良いレンズだと思います。 

○EF8-15mmF4L USMを選んだ理由
フルサイズ機で円周魚眼レンズを使ってみたかったのが大きな理由です。
初期費用が10万越えで使える場所が限られる特殊レンズになりますが、八丈島の天体撮影では8mm の円周魚眼のおかげで赤道儀が無くても星を点像にとどめる事が出来ました。
(ISO3200 60秒 F4)
20130807-IMG_4536
 
また、解像力そしてSWC反射防止コーティングによるフレア、ゴーストの発生の少なさを考えると とてつもないレンズです。フルサイズを持ってる方にはオススメのLレンズだと思います。
個人的には購入してとても満足したレンズですね。

 
○EF400mmF5.6L USMを選んだ理由
これは元々カワセミなどの野鳥用に購入したもの。なお現在では戦闘機撮影などの超望遠にも使っ ています。レンズ枚数が少ないので超望遠のなかでかなり軽く持ち運びが非常に楽であり手持ちで も野鳥撮影が出来るのでこれから野鳥撮影しようと思ってる人は良いと思う。
個人的にはシグマ50-500買うなら間違いなくこちらのレンズにするだろう。ヌケ、解像力が使って てあまりにも違う。
20130929-IMG_7105
  トリミングありのカワセミ写真だが細部まで解像されている。

さて今年買ってよかったのはこの二本のレンズ。来年も買いたいレンズはあるが2013年ほどレンズを買う事は恐らくないだろう…。




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

少しばかり忙しかった日々も終わりCanonのカメラレンズのニュースを見る事が出来た。
Nikonも35mmF1.8を新たに出したりとCanon使ってる身としては羨ましいが来年はCanonレンズの年になりそうだ。
さて今週気になったのはこの二つ

Two Lenses Coming for CP
 :CP+で二本のレンズが発表される?
Lレンズと非Lレンズこの二つが発表されるかもしれないという事だ。
以前から噂されているEF35mmF1.4Lの2型そしてEF-SかEF-Mのレンズだと推測されている。
個人的にはEF100-400mmF4.5-5.6の新型も出てもおかしくない時期なので是非CP+に行って確かめてみたい。
また非LレンズはEF-Sの可能性もあるがリニューアル化されるEF50mmF1.4 ISかEF85F1.8 ISの可能性も捨てきれない。さらにEF50mmF1.8のIS化の噂もあるのでどれが来てもおかしくないので今から貯金するのも手だと思う。
まあ僕はお金ないのでこれら新型のレンズには手が出せそうにないです…

Canon 1D Xs rumours:Canon 1D Xsの噂?
 
次に気になるのはフォトキナで発表があるかもしれないCanon 1D Xsという高画素機。3Dじゃないのか?と思ったがもしかするとCanomはフラグシップ機にはどうしても1Dを付けたいのかもしれない。
まあこちらのカメラは一般には関係ないものになるだろう。恐らくスタジオ用カメラ並みの値段になるはずだ。
4000万画素は果たして超えるのか?買うか買わないかは別だけど
こちらも気になる話だ。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

デジカメinfoさんで「キヤノンEOS 7D Mark II は登場しない?」こんな記事を見ました。

以前から噂でEOS 7D MarkⅡは2014年の後半期に出るという話がありましたが急に登場しないという噂が出て少なからず驚いてます。
調べてみるといくつかの情報のソースでは2014年に確実に出るという話もありますのであまり信じてはいないですが、今年(2013年)に登場したEOS 70Dの7Dに近いスペックを考慮すると可能性としてはありますね。

Aps-cの旨味としてはセンサーがフルサイズよりも小さい事による望遠を稼げる事。フルサイズレンズの中心部を使えることでしょうか。

しかし、こうした旨味はありますがEOS 6Dなどの廉価版フルサイズの売れ行きが好調なので、もしかするとわざわざEOS 7DMarkⅡを20万近くで出して買ってくれる人がいるのかって考えもあるかもしれませんね。ただ、航空祭では未だに7Dを使ってる方(自分も含め)まだまだ現役な機種だと思います。
もし出さないなら5DMarkⅣなどにクロップを付けて欲しいですね。まあ特許関係で問題があるかもしれませんが。

個人的には購入を考えていたので仮に発売されないとしたら次期購入をEOS 6Dの方に変えていくしか無さそうですね…



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ