カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

2016年02月

早くも2016年の2月が終わってしまう今日この頃。
ただ、今年はうるう年なので一日得した気分に浸れる。

今回は登山用カメラベルトホルダー b-grip EVOの記事になります。
b-grip EVOはパスタの国イタリアのCPtech社が開発した商品

この登山用カメラベルトホルダー  b-grip EVOは以前から気になっていた商品ですが1万円超える高価な物でなかなか手を伸ばせませんでしたが、つい二日前に屋久島の縄文杉を見に片道10kmのコースを首からカメラをぶら下げながら歩いていたせいで首をかなり痛めてしまい登山用リュックサックの肩ベルトの横に付けられる登山用カメラベルトホルダーの必要性を感じ購入しました。
(結果的には屋久島行く前に買っておけばよかったと後悔しています…)

屋久島の記事については3月中にでも上げたいかと。(天体写真は天気の問題で撮れませんでした…)

登山用リュックサックの肩ベルトの横に取り付ける際にはb-grip EVOともう一つトラベルキットというのが必要になります。b-grip EVO単体だと9000円ぐらいですがこのトラベルキット(2000円ほど)を購入すると1万円を超えてしまいます。
 
IMG_0195

説明書があるのでそれ通りにb-gripを取り付けて行きます。
IMG_0197
自分の好みの所に調整しながら取り付けます。取り付けるのは5分も掛からなかったです。

IMG_0203
上の写真の様にしっかりと肩ベルトに固定されていて背負って歩いてもぶらつくこともありませんでした。ただ、肩ベルトの部分に厚みがかなりあると取り付けられるかがわからないので購入前に自分のリュックに取り付けられそうか見ておいた方がいいかもしれません。
IMG_0198
カメラに取り付けるクイックリリースプレートはネジで仮止めした後に硬貨などを使ってきつく締めれます。また、ネジ止めも付いているので安全性はしっかりしています。
IMG_0205
5DMarkⅢとタムロン15-30mmF2.8を取り付けても重さは左肩に感じるがしっかりと固定されて落ちる心配はなさそうだ。

脱着が非常に簡単で登山途中で「撮りたい!」って思ったらすぐに撮影行動に移れるの良い所です。あと、首からぶら下げているとガレ場などでカメラをぶつける可能性がありますがそうした事もなくなるという利点も
IMG_0202
基本は三脚の雲台でよく使われるクイックリリース付きの雲台と同じ操作でカメラの取り外しが出来る。
また、カメラ脱着防止のために上の写真にある赤い物がロックスイッチとなっておりこれでクイックリリース部が動かないようにも出来る。これでも落ちるのが心配な方はカメラストラップを首に回しておけば万が一外れた場合でもカメラの落下は防げると思う。

実際に背負ってみて少し歩いてみましたが以前の首からぶら下げていた時より遥かに歩行が楽になった。
ただ、片側のみなのでバランスはそこまでよくないが、上手く荷物の調整をしてバランスを整えればいいだけなので特には気にならない。
両側にb-gripを取り付けてカメラ二台持ちとか、三脚座付いたレンズを付けるとかするのもありかもしれないけど流石に奇異の目で見られそうだ…。(機能的にはすごい便利そうだが)

また、街中でも使えそうですが視線が気になる気がしなくもない。

個人的には値段は結構お高めだけど買って満足出来るんじゃないかなと思いました。


 

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今回の撮影地はいすみ鉄道の第二五之町踏切からの写真になります。

この撮影地に行こうと思いついたのはいつも見ている天体撮影ブログの「星空のある風景写真BLOG~眠りたくない夜がある」でいすみ鉄道の踏切×天体の写真が紹介されおり、その写真が素晴らしく自分も撮影してみたいという事で行ってきました。

後、冬でスタッドレスタイヤを持っていないため長野方面に出かけられないという理由もあります…。

アクアラインを降りてから一般道に入り1時間ほどで第二五之町踏切に到着しました。
「いすみ鉄道•第二五之町踏切」は遮断機、警報機もない畑の中にある踏切で、いすみ線を撮影する鉄道ファンにも有名な撮影地です。

IMG_0667
現地に到着した時は雲の量があったので今日の撮影厳しいかなぁと思いながら夜になるのを待っていたのですがやがて雲が消えていき綺麗な星空が広がってきました。

千葉の星空は前回の【天体写真】 千葉県 外房からの天体写真

とは違い第二五之町踏切比較的町灯りが多い場所でしたがそれでも冬の天の川が見れるぐらいの暗さでした。改めて千葉の星空には感動しました。

IMG_0737-3
「踏切直上に浮かぶ冬の星座」
 
久しぶりに円周魚眼レンズで冬の天の川と星座、そして
第二五之町踏切で左の端に写っている明るい星は木星です。円周魚眼レンズは構図がどうしても似たようになってしまうので扱いずらいですがこういう時に実力を発揮してくれます。
冬の天の川が見えるという事はもしかすると夏の天の川×踏切も撮影できるかも?
IMG_0741
撮影中、オリオン座の中に流星が流れてくれました。
構図的には微妙なので惜しかったです…。
IMG_0712
踏切の上に浮かぶ北斗七星
丁度踏切の真上に北斗七星が来てくれました。
IMG_0748-2
今回の現像ではモノクロ写真風にも現像してみました。
北極星周りに回るカシオペア座と北斗七星、そして踏切
この写真は今回撮影した中でノスタルジーを感じるためかなりお気に入りです。 
あとは踏切に人がいれば完璧だったかもしれません…笑

IMG_0705-2
最後はいすみ鉄道×星空です。
中心に冬の大三角形を配置してその下にいすみ鉄道の光跡を入れてみました。
初めてカメラ内の多重露光を使ってみましたが何とか形にができました。
次は車両を撮影してそれと組み合わせもやってみたいですね。


以上今回撮影した写真でした。




 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ