カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

カテゴリ:レビュー > ガジェット

早くも2016年の2月が終わってしまう今日この頃。
ただ、今年はうるう年なので一日得した気分に浸れる。

今回は登山用カメラベルトホルダー b-grip EVOの記事になります。
b-grip EVOはパスタの国イタリアのCPtech社が開発した商品

この登山用カメラベルトホルダー  b-grip EVOは以前から気になっていた商品ですが1万円超える高価な物でなかなか手を伸ばせませんでしたが、つい二日前に屋久島の縄文杉を見に片道10kmのコースを首からカメラをぶら下げながら歩いていたせいで首をかなり痛めてしまい登山用リュックサックの肩ベルトの横に付けられる登山用カメラベルトホルダーの必要性を感じ購入しました。
(結果的には屋久島行く前に買っておけばよかったと後悔しています…)

屋久島の記事については3月中にでも上げたいかと。(天体写真は天気の問題で撮れませんでした…)

登山用リュックサックの肩ベルトの横に取り付ける際にはb-grip EVOともう一つトラベルキットというのが必要になります。b-grip EVO単体だと9000円ぐらいですがこのトラベルキット(2000円ほど)を購入すると1万円を超えてしまいます。
 
IMG_0195

説明書があるのでそれ通りにb-gripを取り付けて行きます。
IMG_0197
自分の好みの所に調整しながら取り付けます。取り付けるのは5分も掛からなかったです。

IMG_0203
上の写真の様にしっかりと肩ベルトに固定されていて背負って歩いてもぶらつくこともありませんでした。ただ、肩ベルトの部分に厚みがかなりあると取り付けられるかがわからないので購入前に自分のリュックに取り付けられそうか見ておいた方がいいかもしれません。
IMG_0198
カメラに取り付けるクイックリリースプレートはネジで仮止めした後に硬貨などを使ってきつく締めれます。また、ネジ止めも付いているので安全性はしっかりしています。
IMG_0205
5DMarkⅢとタムロン15-30mmF2.8を取り付けても重さは左肩に感じるがしっかりと固定されて落ちる心配はなさそうだ。

脱着が非常に簡単で登山途中で「撮りたい!」って思ったらすぐに撮影行動に移れるの良い所です。あと、首からぶら下げているとガレ場などでカメラをぶつける可能性がありますがそうした事もなくなるという利点も
IMG_0202
基本は三脚の雲台でよく使われるクイックリリース付きの雲台と同じ操作でカメラの取り外しが出来る。
また、カメラ脱着防止のために上の写真にある赤い物がロックスイッチとなっておりこれでクイックリリース部が動かないようにも出来る。これでも落ちるのが心配な方はカメラストラップを首に回しておけば万が一外れた場合でもカメラの落下は防げると思う。

実際に背負ってみて少し歩いてみましたが以前の首からぶら下げていた時より遥かに歩行が楽になった。
ただ、片側のみなのでバランスはそこまでよくないが、上手く荷物の調整をしてバランスを整えればいいだけなので特には気にならない。
両側にb-gripを取り付けてカメラ二台持ちとか、三脚座付いたレンズを付けるとかするのもありかもしれないけど流石に奇異の目で見られそうだ…。(機能的にはすごい便利そうだが)

また、街中でも使えそうですが視線が気になる気がしなくもない。

個人的には値段は結構お高めだけど買って満足出来るんじゃないかなと思いました。


 

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

先週の日帰り登山でロープロのカメラバック400AWとロープロのカメラポーチを付けて登山したのですがどうも容量とレンズ交換するときに一々レンズを取り出すのが面倒くさいということで、ロープロのレンズエクスチェンジケース200AWを購入しました。
実は以前から欲しいと思っていたのですが4,5千円と値段はそこそこするのでなかなか手を出せませんでしたが今回の件で必要だ!と思い購入しました。

IMG_9703
早速届いてケースを見てみると中はこんな感じです。
IMG_9704

IMG_9705
大きさはEF100-400mmF4.5-5.6LISUSMの2型が結構きつきつですが入りました。
先週の登山の時はEF100-400mmF4.5-5.6LISUSM2型も野鳥写真を取る為に持って行っていてわりと遠くの風景なども撮るのに使っていましたが、これさえあればカメラバックから取り出したり閉まったりしなくてすみそうです。

IMG_9706
レンズ交換を行なうときはこの用に外側のポケットのレンズを一旦いれて付け替えたいレンズを取り出すことが出来ます。なので、レンズ交換時レンズを落とす危険性がかなり低くなります。

IMG_9708
また、外側には両側にポケットがついていて予備バッテリー(普通は入れないけど…)やペットボトル、フィルターなども入れられます。

IMG_9709
というわけで400AWの腰回りに装着、少々山登りの際には邪魔になってしまうのがデメリットですが、しかし、レンズ一本分をすぐに取り出せる位置に出せるのいいですね。あと、レンズ交換もしやすくなりました。
カメラバックもレンズ一本分のスペースが空くため、雨具やその他非常食、登山道具も無理矢理詰め込まなくて済むようになりました。

ロープロのレンズエクスチェンジケース200AWはショルダータイプにも出来るので通常の撮影の際にもレンズポーチとして非常に使いやすいと思います。

では、簡単な感じの紹介でした。
以上








 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

これまでのカメラバックは、Lowepro カメラリュック フリップサイド 400 AW 17Lを使用していましたが機材が思った以上に入らないのとパソコンを入れれないという不満がありました。
そこで、今回は以前から気になっていたf.64 ショルダーバッグ TRM を購入しました。

○ 【カメラバック外観】
まず、気に入った部分はデザインです。カメラバックよりかはどちらかというと通勤用の鞄みたいな感じなので、学校や会社などに持って行っても特に回りから浮かないのがポイント高いです。
内寸は、奥行きが100×横幅380×高さ310mmとなっていて若干大きめです。製品重量は1.62kgなので機材が少ない人はこれのもう一回り小さいタイプがあるのでそちらの購入を考えてみるのもありだと思います。

IMG_1004

また、カメラリュックでは電車に乗車する時に周りの迷惑にならないようにいちいち降ろさなければならないですがショルダータイプのバックだと足下にただ「ぽん」と置くだけで済むので非常に便利です。
IMG_1006
また、撮影地に到着したショルダータイプからリュックタイプに変更する事も可能です。
これも、このバックを買った理由の一つです。本当に多機能なバックだと感じました。
IMG_0999
外の収納する所では13インチのノートPCがピッタリ入りますが15インチなどだと入れるのは厳しくなると思います。しかし、iPadなどタブレットなどは余裕で入るので撮影地に持って行きたい時はこのカメラバック一つでも十分足りそうです。

IMG_1000
外ポケットはボールペンを入れたり、SDカード、CFカードなどの小物を入れるポケットが装備されています。

 【カメラバック容量】
次にカメラバックの容量です。 いつも天体撮影や風景撮影で使う機材を一通り入れてみました。

IMG_0997
上の写真は
○EF8-15mmF4LUSM
○トキナー16-28mm F2.8
○EF100mmF2.8USMマクロ(EF24-105mmF4LISUSMの変わりに)
○EF70-200mmF2.8LISUSM
○エクステンダー1.4×
○ポラリエ
○5DMarkⅢ
○kissX5(EOS 6Dの変わりに)
が入っています。
魚眼レンズ〜望遠レンズ(エクステンダー含め)とボディ二台分を入れまだもう一カ所開いている所があるので単焦点一本は持てます。(鞄の重量はかなり凄い事になりますが…) 
これだけ入れば十分過ぎます…。

IMG_1008
また、カメラバック上部にはファスナーがついており開けるとこのようにカメラがすぐに取り出せるようになっていますので、何か撮りたい被写体があれば迅速に撮影に写る事が可能です。

【まとめ】


●メリット
 ○容量があり、カメラ、レンズともたくさん入る。
 ○ノートPCを入れられる。
 ○上部ファスナーがありカメラをすぐに取り出せる。
 ○ショルダータイプからリュックタイプに変更出来る。
 ○ポケット類が多いので小物を入れられる。

●デメリット
 デメリットは特にない…かな?

僕としてはこのカメラバックを最初に購入すれば良かったなぁって思う位気に入ってます。

なので僕としてはこのf.64 ショルダーバッグ TRMはおすすめしたいです!


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

○CanonバッテリーLP-E6

ブログに書くほどでもないのですがCanonの予備バッテリーを買いました。

5DMarkⅢを買ってもう一年半もの月日が流れました。バッテリーの劣化度を調べてみると劣化度が三段階中の二になっていました。

また、天体撮影では一晩撮影するので前から予備バッテリーが欲しいと思っていてやっと購入。購入がここまで伸びた理由としては純正バッテリー自体がまず高いこと…
Amazonだと Canon バッテリーパック LP-E6は 7000円超えるので手が出しにくいです。
中古で買うのもありなのですが劣化したものをつかませられる可能性がありますし、中古でも安いのはなかなかありません…。

あと純正以外のバッテリーは怖いのでこれも選択肢から除外です。
というわけで新品を購入しました、結構な痛手です。

IMG_4409
特にレビューとすることないですね。普通のバッテリーです。


○新宿ヨドバシカメラのセンサ清掃

さて、バッテリーは特にこれ以上言う事がないのでタイトルの続きヨドバシカメラのセンサ清掃の話です。

Canonでもセンサ清掃は行っていてデジタル一眼レフカメラ、ミラーレスカメラのセンサ清掃だと税別で1000円かかりますね。
(2014年現在だと消費税8パーセントなので1080円ですね) 

一方、友人に聞いた話ではヨドバシカメラの方もセンサ清掃をやっているみたいでお値段は1020円ほど。
ヨドバシポイントも付きますのでCanonさんでやるよりかは少し安くはなります。

自分がセンサ清掃してもらった場所は新宿のヨドバシカメラの修理店で、場所は新宿駅西口高速バスターミナルの建物の地下二階になります。丁度京王•JR改札から出て向かいます。
5DMarkⅢも買ってから一年半達絞るとセンサゴミが目立つようになってきました。


まず、センサ清掃についていくつか注意点を担当の人から話されます。
(正規店ではないのでゴミは完全に取れない場合もあることなどなど)

センサ清掃にかかる時間は自分の場合だと一時間と言われましたが、混み具合によっては30分程度で終わるみたいです。
新宿であれば、清掃に出している間はMapカメラやキタムラなどのカメラ屋巡りなど出来るので時間が潰せますのですぐに時間になりました。

引きと取りの際には、センサ清掃の作業前と作業後の比較写真を見せてもらえます。
(写真は貰えなかったけど欲しいと言えば貰えたかも…?)
作業前の写真を見るとあらこんなにゴミがあったの状態でした…いやぁやっぱ一年半もメンテしてないと酷かったですね。
作業後の写真ではそんなたくさんのゴミが奇麗にさっぱりなくなっていたので非常に満足。
出来れば半年に一回ぐらいはセンサ清掃した方がいいかもしれませんね。

ちなみにレンズの外観清掃は一本400円です。分解はせずに本当にレンズ表面を奇麗にするだけですのでご注意を!

ではでは!




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今回のレビューはどんな雲台にも付けられるVelbon クイックシューセット QRA-635LIIを購入しました。


自分の雲台にはクイックシューが付いてなく、いつもカメラを雲台からいちいち取り外して別のカメラをつけたり三脚座を付けたりと面倒でした…。

そこで今回購入したのが
Velbon クイックシューセット QRA-635LIIです。これは雲台のネジにクイックシュー付きのベースを取り付けることができシューが付いてない三脚の雲台でもシュー付きの雲台にすることが出来る画期的なものです。
 

IMG_3294

では、開封してみると
IMG_3298


IMG_3299
写真のようになっており、水平器も付いていて素晴らしいです。
IMG_3301
さて、自分の雲台に
Velbon クイックシューセット QRA-635LIIを付けてクイックシュー付きの雲台にしたいと思います。付け方はいたって簡単で
IMG_3302
三脚にあるオスネジをメスネジに入れるだけです。工具類は一切不要で取り付けられます。

IMG_3306
カメラ三脚雲台と付けてみるとこんな感じに。ちょっと雲台とクイックシューのバランスは悪いですが安定しており撮影にも支障は無さそうです。
ネジもしっかり締めていれば外れることがないのでこれからはクイックシュー付きの雲台をやっと使えますね。

でもクイックシューの予備を予算不足で購入出来てないというオチ付きですが…。


ちなみにこのクイックシュー付きベースのお値段はAmazonで6500円ぐらいですね。


【メリット】
○クイックシューが付けられない雲台にクイックシューが取り付けられるシステムを組むことが可能
○水平器も付いて来てるので水平合わせが楽。
○マグネシウム合金なのでかっこいい(個人的な意見)

【デメリット】
○少し大きめのクイックシュー付きのベースなのでバランスが悪くなる。
○お値段が少し高め…?


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ