カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

カテゴリ: ロケ巡り

梅雨も早く空け毎日気温が35℃を超える暑い夏に
最近ブログの更新が少し少なめになっているのですがお金がなく新しく機材もIYHer出来なくレビューも掛けない状況です。まあ財布には良い事ですが(笑)

そして今回は聖蹟桜ヶ丘に訪れてみました。
聖蹟桜ヶ丘は金曜ロードshowで公開された「耳をすませば」のロケになった場所でもあります。
目的はロケ巡りと聖蹟桜ヶ丘にある桜ヶ丘公園のゆうひが丘での夜景撮影。
この日も35℃を超えた日に暑い中のロケ巡りでした。

IMG_3142

京王線沿いに「聖蹟桜ヶ丘駅」があるので新宿から電車で一本で訪れる事が出来ます。
この駅から猫を追っかけてスタートしたかったのですが、流石にいなかったです。ええ物語が始まる予感が全くしません()

IMG_3144
主人公の雫が駅から降りて出た改札口入り口。構図的にはもう少し近づいて斜めに撮るべきだったかもしれません。
この駅からまっすぐに進んで行けば小高い丘があります。目印はこの橋
IMG_3151

IMG_3153
ここの坂道を登って行くと階段があります。
IMG_3163
聖司が雫のお弁当を持って下った坂になります。いろは坂ここを自転車で登るのは大変そうです
 
IMG_3157


IMG_3169
小高い丘ならではかはわかりませんが、階段が多いです。眺めは良いです生活するには少し不便かも
階段が多くある街は嫌いではないですが
この階段を駆け下りれば雫の気持ちがわかるかも?
 
そして丘の頂上あたりについて少し歩くと階段と夜景写真で有名なスポットに
この場所は聖蹟桜ヶ丘から歩いて15分ぐらいで着きます。
IMG_3179

丘陵ならではの景色なので結構お気に入りです。
IMG_3176

 全速力で駆け下りたい!ちなみに「耳をすませば」の聖地巡り平日にも関わらずちらほらいました。

さてこの場所から少し歩いてみると作中に登場した「地球屋」があるロータリーにつきます。
実際にはロータリーに「地球屋」は存在していないのですがモデルとなったお店は「桜ヶ丘 邪宗門」のカフェでしたが現在は閉店になってしまっています。昨年の2月に閉店してしまったのでもう少し早く訪れていれば…
IMG_3196
少しそれてレンズの話「EF8-15F4L」を使用しましたがこれまた逆光に強いフレアやゴーストが全く出ませんでした。最新のレンズなのでコーティングなどは素晴らしい。まあキヤノン版ナノクリスタルの「SWC(Sub wavelength Strucuture Coating)」が使われてるおかげだと思います。


ここから一気に雫の住んでるモデルとなった団地に。目印は給水塔
IMG_3226

IMG_3221
恐らくここかなと…詳しくは聖地巡礼マップなどで確認してみてください。
といっても一般住宅なので写真を上げていいのか心配です。
IMG_3215
途中にはひまわりがもうすっかり夏に
そうそうヒグラシも鳴いていましたね。ヒグラシって八月後半に出現するんじゃなかったっけと思いましたが…。

そして今回の目的の一つである桜ヶ丘公園 夕日の丘からの夜景撮影を
しかし、まさかの靄により景色が悪すぎました…
とりあえず撮影してまともな写真を二枚…
IMG_3301
奥の方に行くに連れもやもやがぁソフトフィルターを掛けたみたいに…
IMG_3306 お気に入り
うーん今回はいまいちです…。
冬の晴れた日に訪れてみたい所でしたね。夜景スポットとしてはオススメですが天候次第なので

さて今回はここまでです。それではまた



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

IMG_5750

今回は京都アニメーション製作TVアニメ「氷菓」の聖地巡礼日記
場所は岐阜県高山市

JR高山本線で行くことができJR線なので
青春18切符で行くことも可能です!

聖地巡礼という事で本当は全部回りたかったんですが時間の都合上一部しか回る事しか出来なかった…

それにしても聖地巡礼抜きにしても飛騨高山は良かった


IMG_2273
小京都の町並みお酒屋が多くお酒好きにはもってこいの地酒などもあるようです!

IMG_2276

( ^ω^) こうやって氷菓巡礼マップをわざわざ出してくれるなんてありがたいです
経済効果が確か21億円とかいうニュースを観たのでやはりアニメ効果は凄いものだと感じましたね
そして外人さん多分普通の観光客も多かった
IMG_2315


拡大判今回行った所は宮川近辺のみ高校とかは行きたかったんですが行けなかった…
また次回の機会にでも全部は回れないけど要所要所は回りたいかと

IMG_2282
高山市内を流れる宮川
IMG_2286

IMG_2289

20120701150407
ほーたろうと里志が歩いてた交差点

この交差点作中で頻繁に出てきますね

IMG_2306

IMG_2312
20120701142100
OPより朝訪れたので作中とは違い朝市が普通に開かれてました!
桃のアイスクリーム売ってたんですがおすすめですめちゃくちゃおいしかったです(笑)

IMG_2321
20120701160222
まったく同じ恐らく写真からそのままアニメーションにしたのかな?

バクパイプは氷菓でほーたろうとえるがお茶したところアニメ何話だっけ…

IMG_2324

IMG_2329

20120701161925



IMG_2327
喫茶店かつて ほーたろうとイリス先輩との密会じゃなくて対談?したとこのモデル



IMG_2310
20120501170408
ワンクール目のOP 前の木も再現されてるとは驚いた

そして宮川の水は綺麗すぎる…普通に泳げるレベル

暑かったので普通に泳ぎたかったぜ

氷菓18話えるとほーたろうもう夫婦でいいじゃん!

以上です!行った場所は少ないのでまた再チャレンジしたいものです高山市良い町でしたので是非とも訪れてください!
____________________________________
おすすめサイト
ikiMap - 氷菓 舞台聖地マップ

TVアニメ「氷菓」オフィシャルサイト

TVアニメ「氷菓」京アニサイト | 京都アニメーション

氷菓舞台探訪マップ - Google マップ


http://legwork.g.hatena.ne.jp/keyword/氷菓






 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今回はせっかくの休みで暇だったので秒速5センチメートルという

アニメのロケ巡り(聖地巡り)をしてきました。
秒速5センチメートル↓

秒速5センチメートルとは新海誠監督の作品で「雲の向こう、約束の場所」の次に公開された作品です。他にも「ほしのこえ」なども有名です!
最近の作品だと「星を追う子供」が一年前に公開されました。

秒速5センチメートルは、
「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」の三本の短編集で出来ており全部で一時間ぐらいの長さの作品です。


今回は時間などの都合により全部のロケ地は回れなかったので一部抜粋という事でいつかは全部回りたいと思ってる。

それと作中の岩船駅には予算の都合上行けなかった(´・ω・`)次こそは行きたいです! 

なお写真は撮ったんですが作中ときちんと合わせられてないですあしからず <(_ _)>

では今日行ったロケ地紹介です!
最初に行ったのは小田急線 豪徳寺駅  
 


IMG_9057

夜ではなく昼間ですが上の絵とほとんど同じでした
新海さんは写真を元に絵を書いているのでロケ巡りの場所はわかりやすい
だがフリーマーケットが開かれていて人が多かった…
 

出口逆側から
IMG_9061
ここはもうちょっと作品に合わせれば良かった
豪徳寺駅ホーム(新宿方面)

 IMG_9068
上は
2000系車両下は3000系だそうです電車詳しくないのであってるかはわかりません…

ここからすみませんアニメとの比較なしです…見つけ次第追記で載っけて行こうかなと
参宮橋から徒歩4分ぐらいの場所にあり
参宮橋1号踏切
スクリーンショット(2012-03-03 13.14.27)
IMG_9069
第1話のカットシーンで明里が「来年も一緒に桜、見れると良いね。」のところ
こちらも参宮橋から徒歩8分程度
参宮橋3号踏切
IMG_9084
第3話ラストシーン。の踏切ここで明里と貴樹がすれ違う。
閑静な住宅街の近くにあったので見つけるのががが…
IMG_9092
第1話の冒頭で、貴樹と明里が駆け下りていく坂道。

同踏切電車が二人を遮って…

次は 第一話で二人が下っていく坂道。第三話の貴樹が下って行く坂も同じ
 
スクリーンショット(2012-03-03 13.13.04)

IMG_9095
 
参宮橋公園前三叉路
スクリーンショット(2012-03-03 13.12.00)
IMG_9102
この上が参宮橋公園(桜の気が植えてあるので春になったらアニメと似たような構図が)
スクリーンショット(2012-03-03 13.46.05)
IMG_9111
明里が電話していた電話ボックス
参宮橋から眺めた新宿
IMG_9118
 
第1話、貴樹の乗った普通列車が新宿に向かって走り去って行くシーンより本来は5000系
今回ラスト新宿駅小田急線乗り場
IMG_9123
露出をミスってしまいあわわわ…

とまあ今回は巡る場所が多すぎたので

次回行けなかった所は時間が空いたら行ってきてまたブログを更新したいと思います。

参考元→http://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&oe=UTF8&msa=0&msid=204312333572553057527.000492de2604eb7e3fab8

画像は比較目的のために引用。作品の著作権(画像も含む)は©Makoto Shinkai/CoMix Waveにすべて帰属する。

それとアニメしか見てない人には小説がおすすめです。

アニメでは描かれなかった心情などの描写もありある意味救われる部分もありますのでアニメしか見ていない方はこちらも読んでみてください


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


IMG_7903

今回は三月下旬に行った半分の月がのぼる空のロケ巡りについての記事です!

と言っても自分はアニメの方は見てないので小説の舞台となった所しか回ってません (; ^ω^)

という訳で比較画像とかはないのであしからず

今回行ったルートとしては小田橋を通って砲台山の方に向かいそれからまんぷく亭でお昼ご飯を食べてから各々ロケ巡りをしました!

というわけでまずは小田橋から!
IMG_7647
ここから砲台山(作中では竜頭山しかし本当の名は虎尾山といいます。)に向かいましたがなんと地図にも乗ってない場所なので探すのに約30分近く自転車をこいで探しました (;´>ω<)

そして偶然公園で休もうと入ってったら
IMG_7654
登山道あった!!!いや何て言うか凄い運が良かったです。

ちなみに前調べてはしたんですが住宅街の中ということなのでなかなか見つかりませんでした。。
IMG_7656

 IMG_7657
登山道といっても低い山なので比較的楽にのぼれます!
地元民もよく登ったりしてるみたいです!
IMG_7658

ちなみに夜登山出来るようにライトが設置されていたので作品の雰囲気を味わうなら夜がおすすめ出来ます!(今回は夜はのぼらなかったです (; ^ω^)次に来た時は登りたい)

IMG_7662
頂上手前付近絵馬が結ばれてますねでもほとんどが雨風により文字が読めなくなっていました。。。

でも作品が愛されてるという事がよくわかる光景かな
IMG_7664

砲台山頂上

この中にはもちろんロケ巡り様の交換ノートなどが入ってました。

しかしもう箱自体は古かったので中のものはだいぶ劣化してましたね (´・ω・`)IMG_7666

頂上から眺めは良かったです!あとは晴れていれば
IMG_7669

そして交換ノートに記入した後はお腹がすいたのでまんぷく亭に向かいました

そして帰りに気づいたんですが小田橋から砲台山が見える! Σ( ̄□ ̄;)
IMG_7684
いやまあ普通は気づかないよね… 

というわけでまんぷく食堂 まんぷく食堂は蜻蛉の話等で出て来てますね。

近鉄宇治山田駅のすぐ近くにあります!
IMG_7685
こしょうのかかり具合がすばらしい.

そして何より値段が安い量もかなりあるのでお腹がすいたお昼時には最適
IMG_7689
ここにも交換ノートが!もちろん書いときましたw

あとまんぷく亭に入って食べていると半月のファンか
と聞かれましたが何でわかったのか理由を聞くと常連さんじゃないのでだいたいわかるそうです.

IMG_7690
このあとは裕一、里香、司の家があるとされる勢田川を通って
IMG_7694


夕方に撮影
IMG_7610

アニメので出て来たとされる商店街を行きつつ
IMG_7699

 舞台となったモデルの病院と高校に行ってきました。

とその前に司とみゆきが婚姻届を取に行く時の待ち合わせ場所の月夜見宮 
IMG_7701
境内は雰囲気があって良かった
IMG_7704
 宇治山田高校
裕一と里香が通った高校のモデル。いやー何て言うかここで写真撮るのは勇気がいりますw
IMG_7714

IMG_7717
また作中の病院のモデル慶友病院
IMG_7711

IMG_7712
原作よりかは小さいイメージ
次は伊勢市立図書館!裕一が里香にぱしられ本を借りに行った図書館
IMG_7718
別の日に撮影したもの伊勢名物赤福本店!
IMG_7576
赤福ぜんざいおいしかったなぁー作中にある赤福氷も食べてみたかった!
そして「雨」の最終シーンの五十鈴川の砂州
IMG_7557
と最後に里香が初バイトした猿田彦神社
IMG_7463
以上で今回いったロケ巡りの紹介は終わりです!

本当はまだいくつか残ってるんですけどね (; ^ω^)

それともし興味がある方は半分の月がのぼる空を是非とも読んでみてください!良い作品です!

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ