カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

カテゴリ:写真 > 夜景写真

久々の夜景撮影ということで東京スカイツリー行ってきました。
丁度クリスマスカラーになっていて普段は青色のライトアップなのが今回はクリスマスーツリーをイメージとした緑色のライトアップとなっていました。

さて、今回の撮影スポットは逆さスカイツリーで有名な十間橋で撮影をしました。
撮影スポットには、すでに他の撮影者がいて混雑していました…まあ、日曜日ということもありますので…。
風も特になく水面が穏やかだったため写真の様な綺麗な逆さツリーが現れました。

IMG_9259
「夕焼けとスカイツリー(5D3+トキナー16-28mmF2.8)」

昨日のライトアップでは緑色ですが他にも赤い色のライトアップがあるみたいです。
それにしてもマジックアワーとスカイツリーのライトアップはかなり映えますね。

IMG_9267

IMG_9273
「スカイツリーと飛行機雲」
丁度スカイツリーの天辺に飛行機雲がかかったシーン。
空は刻々と色の表情を魅せます。ほんの数十分で綺麗なマジックアワーは見れなくなてしまいました…。

○久々のタイムスタック撮影
十間橋に行く前は久しぶりにタイムスタック撮影を行っていました。
タイムスタック撮影は、カメラを放置してインターバルでひたすら枚数を撮って行くため撮影中は暇になるので普段はあまり行っていません。
しかし、この日は雲の雲量も良く、また夕焼けも綺麗に染まっていたのでなかなか良い仕上がりになりそうということでやってみました。

タイムラプス東京スカイツリー-2
 
東京スカイツリー3タイムラプス-2

色合い的には青基調とした写真に仕上がりました。
二枚とも8-15mmF4LUSMを使用して円周魚眼と対角魚眼で撮影し、比較明合成で重ねた枚数は50枚前後、雲の流れが思った以上に早かったためあまり枚数を重ねなくて済みました。
タイムスタック写真は写真というよりかは本当にもう絵に近い感じになりますね。 

タイムスタック法については

巷で人気のタイムスタック法のやり方について」を参照にお願いします。

また、この前の月食撮影の時に気になっていた撮影ポイントに行きました。

IMG_9281

その場所はこのように東京スカイツリーラインと東京スカイツリーを撮る事が出来るポイントです。
しかし橋の上からの撮影のため、トラックなどが通ると橋が揺れるためタイミングよく撮影しないとぶれぶれの写真になってしまうのがデメリットな場所です…。

さて次はEOS Mで撮った写真の紹介
EOSMにはいつもEF-M11-22mmF4-5.6を付けて撮影しています。
ミラーレスと言っても積んでるセンサーはkissの物なので十分に写りますしEF-M11-22mmF4-5.6の解像度は評判通りかなり高く感じました。
IMG_8979_1

IMG_8976_1

IMG_8982_1

IMG_8989_1

スカイツリー撮影風景(EOS M+EF-M22mmF2を使用)
一眼レフと違い気軽に取り出して撮影出来るので機動性がアップしますしこういった記録写真も撮りやすいのでサブ機として非常に満足しています。

それではここまでで

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

サンシャイン60の丁度真下にある池袋のJCTここの撮影は以前手持ちでの撮影だけに終わってしまっていたので再度撮影しに行きました。

JCT名は実際に池袋JCTというわけではなく無名のJCTです(勝手に名付けました)
無名のJCTですがかなりかっこいいジャンクションです。真下には交差点が多く交差していて上は首都高が走ってる。まさにジャンクションを撮影している自分にとっては最高のポイントですね (*'-'*)


 池袋駅から徒歩5分程度サンシャイン60に向かって歩くと池袋JCTが見えてきます。
写真で撮るとこのような感じに!

20140419-IMG_7194
 左手に見えるのがサンシャイン60その丁度真横を通っています。
箱崎ジャンクションみたいに一点から四方八方に道が延びています。
20140419-IMG_7213
 その反対側の真下から撮影するとこんな感じに!
20140419-IMG_7218
さらに交差点側に向けて撮影すると車の光の軌跡そしてジャンクションを入れられます。
20140419-IMG_7210
ジャンクションを真横から撮影これだとちょっと物足りない感じになってしまうかな?
20140419-IMG_7197
今回円周魚眼レンズが最も活躍したのがこの構図になります。
180°カーブしている様な首都高が撮れました。

【今回の撮影方法】
街中の明るい環境化なので露出時間は4,5秒ほどで
ジャンクション写真はすべてHDR処理を行なってからLightroom5で調整しています。 

行き方や地図等→「【JCT撮影スポット】 池袋JCT(ジャンクション)l」

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

千鳥ヶ淵の夜桜を撮影してきました。

千鳥ヶ淵での桜の撮影は一昨年の「千鳥ヶ淵 桜」で一度昼間の桜を撮影して以来になります。

ここは、夜桜でも有名なスポットで平日の夜でも仕事帰りの花見客でかなり混雑します。

場所によっては足の踏み場もないくらいに…

しかし、穴場スポットとしては意外と堀の反対側にある武道館側からも桜を見る事が出来ここからは人が少なく撮影もしやすかったです。ただ結構歩いたり暗いので足場は悪かったですね。

20140331-IMG_6089


武道館側からの撮影。
この日は風が強かったため、長時間露光をしていると桜の花がぶれて幻想的な写真になりました。
(一応狙って撮ってます (・ω・ ;))

20140331-IMG_6091

こちらは円周魚眼レンズでの作例。
180°切り取るので三脚の足が写っていますね…。こういったところで使う円周魚眼は何を撮りたいのかわかりにくくなるので扱いに非常に困ります。じゃじゃ馬レンズですねオモシロイですが。
IMG_6106
「東京タワーと桜花」
こちらは東京タワーと桜の写真になります。HDR処理しているので少し色は濃いめに出ていますね。

20140331-IMG_6120
「首都高と桜」
右の奥に写ってるビルが桜の模様になっています!実は何種類か桜の模様があって何分か経つとまた別の模様に変わっていました。

20140331-IMG_6133
個人的にお気に入りの写真。
長時間露光なので風にゆられたボートが動いている雰囲気が好きです。

20140331-IMG_6138
魚眼レンズで桜を撮るのは難しい…どうしても桜という被写体が小さく写ってしまうので

とまあ写真はこんな感じです。学校帰りだったのでそこまで枚数は撮れていませんが個人的に満足なのがちらほらと。

千鳥ヶ淵のライトアップは22時には終わってしまうので注意です!
一瞬で真っ暗になるので足下にも気をつけないといけません…そして人が多いので三脚で撮っている方は倒されないように…。

以上千鳥ヶ淵撮影レポートでした。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

この前の記事で告知していたカワセミのつがいの撮影に行ってきました。
カワセミのつがいを撮ること自体初めてで、そして2匹のカワセミを同時に撮れるというのも今まで無かったので新鮮でした。

カワセミは3月の下旬からこのようなカップルが生まれて4,5月に掛けて子育てを行ないます。
なのでこの時期がカワセミ撮影してる身としては一番楽しみに季節です。
しかも桜の開花時期になってくるので桜×カワセミ撮影も出来るという楽しみも…!

ちなみに今回の撮影では画角が400mmで足りないところにいたので拡大すると若干ぼやけてます
こういう時に超望遠レンズの500mmや600mmが欲しくなってきますね…。

20140322-IMG_5943
実は昨日下見に行ったカワセミを同じく撮影している方に聞いた話だと給餌を3回位していたそうですが本日はたった一回しかしてくれませんでした…。

カワセミの給餌は、まず、雄が近くの池とかで魚を捕獲して巣の近くに行き餌を咥えてまま雄が鳴いて雌に「餌持って来たよ」と伝えます。

そうすると雌が巣穴から出て来て雄の近くまで来ます。
IMG_5949
そのあとは雄が雌に近づき餌を与えます。
雄は雌が魚を飲み込みやすいように魚の頭を前にして渡しています。
20140322-IMG_5964
雌は托卵、子育て中は自分から餌を取りにはいかずに雄に餌を取って来てもらいますのでしばらくはこの光景は撮影出来るみたいです。

今後もカワセミ子育てまで観察していきたいですね! 

それでは!


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

朝起きたら家から遠くの方の丹沢山脈と富士山がよく見えていたのでこれは富士夕景を狙えるという事で横浜のランドマークタワーに行ってきました。

実は夜景撮影初めてある程度の展望台で撮影して来たのですが意外と横浜のランドマークタワーには行った事ないんですよね…。まあ、その一つの理由としては横浜まで出るのが結構お金がかかるのとランドマークタワー展望台の入場料が大人1000円もかかるということですね。要するにお金の面であまり行かなかったのが本音です笑(大桟橋や赤レンガ倉庫での夜景撮影は結構やっているんですけどね…)

ただ今回は、CP+がパシフィコ横浜でやっていたのでそれついでに行ってきました。

ランドマークタワーの行き方は「桜木町駅」から徒歩5分ほどでいけます。
といっても途中に歩く歩道があるのでそれに乗りながらのんびり行けば勝手につきます。
みなとみらい線は「みなとみらい駅」から徒歩3分で行けます。

入場チケットは券売機で購入してあとは日本一早いエレベータに乗ればすぐに展望台に付きます。
展望台ではおしゃれなカフェ?バー?があり夜景や夕景を楽しみながら食事が出来るスペースも用意してあるのでカップルは非常に多かったです。

そして、日曜日だったので人が本当に多かった…撮影でいくなら平日の空いてる時がオススメですね。

富士夕景を狙っていたので富士山が見える側の展望台に
20140216-IMG_4158

20140216-IMG_4184

 実はもうちょっとスカッとした天気を期待していたのですが霞が出ていて思ったより透明感のある写真にならなかったのが残念でした…夕景、夜景写真の難しいところですね…。ただ富士山が見えていたので曇り男の自分に取ってはまだましかな…?
ちなみにこの時が混雑ピークで本当に大変でした。

20140216-IMG_4212
この写真は実は暮れてから30分ほど経っています。実は、夕景と夜景の組み合わせを狙うなら日没からだいたい30分後の肉眼では暗いと感じるあたりになって長時間露光するとこのような写真が撮れますね。絞りはf8でSSは4秒ぐらいISOは100ですね。

さて上の写真を撮りたかったので一応目的は達成
他の方角の展望台からも撮影してみました。
20140216-IMG_4227
まず定番構図の夜景。シグマ12-24/4.5-5.6を使って何とか撮りました。
ランドマークタワーは窓ガラスの写り込みが激しく映り込み防止の道具は必要だと感じました。
まあ、手で隠したりすれば意外と防止出来るんですがめんどうです (・ω・ ;)
20140216-IMG_4228
そして対角魚眼レンズ(EF8-15mF4LUSM)の15mmになると流石に窓枠も入ってきますね…
これはこれで好きなのですが

あとは適当に夜景をHDR処理してそのあとLightroom5で現像しました.

20140216-IMG_4240

20140216-IMG_4242
 
個人的にはランドマークの撮影は結構楽しめましたね。では

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ