カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

カテゴリ:旅行 > 神奈川

7/15日以来のブログ更新になります。
どうも最近は夏の猛暑にやられてぐったりしてる日々です。

天体写真も狙っているのですがどうもここ最近は湿度が高く、あまり透明感ある星空が見えなくて寂しいです。まあ、夏なんで仕方ないですけどね…。

さて、今回は夏を楽しむため毎年恒例「第30回神奈川新聞花火大会」に行ってきました。

夏と言えば花火、花火と言えば夏やはり一度は行っておかなければならない一応撮影もしておこうってなスタイルで今回撮影してきました。

IMG_4731

花火の写真は場所取りが重要ですが今回は遅い時間に行ってしまったので残念ながら目の前に木々が生い茂る中、比較的高い位置にあがる花火しか撮影出来ませんでした。

IMG_4696
花火といえば三尺玉などの大きな花火は好まれますが自分はこのような何個も炸裂してカラフルな花火が好きですね。撮影した時の見栄えがいいんですよこのタイプ
ちなみに上の写真と下の写真は、長時間露光してる際にピントを無限遠から最短撮影距離付近までいじっています。最近ではわりと花火を撮る際に使われている手法ですね。普段と違った花火写真が撮れるのおすすめですね。

IMG_4645

 
IMG_4625

なお、第30回神奈川新聞花火大会はJR京浜東北線の架線断線トラブルに巻き込まれ散々な目に遭いました…。花火大会見て楽しむ、撮って楽しむはいいんですが帰りの混雑とかね…ほんとどうにか…仕方ないけど…

今回使用した機材
5DMarkⅢ
タムロン28-75mmF2.8

タムロン28-75mmF2.8を比較的安く購入でき、最近再び使っているのですが中古価格が2万切ってなおかつF2.8まで使える標準レンズとしては非常に重宝しています。広角側は弱いですが大きさも小さく持ち歩きやすいのでフルサイズ初心者の方にはおすすめのレンズですね。




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

二週間ぶりのブログ更新となりましたお久しぶりです。
ここ最近は嵌りだしたランニング(体重ヤバいのでダイエット)などをしながら過ごしていたのでめっきり写真の方を撮っていませんでした。

さて、今回は前から行きたかった城ヶ島についてです。バスや電車を乗り継げばいつでも行けるのですがいかんせん時間がかかりすぎるので忌避してしまってた場所です。
この日は車を出してもらい城ヶ島の方へ向かいました。

城ヶ島に入るとき車だと橋を渡る時に100円かかるみたいです。まあ、そこまで高くはないですが小銭は用意しといた方がいいかもしれませんね。

最初は江ノ島あたりでぶらぶらと撮影したあと城ヶ島に向かいました。城ヶ島についたのは夕方の15:30過ぎで、夕景撮影前に遅めの食事を城ヶ島内の食事処で食べました。
IMG_9345
エビ天とマグロのお汁のセットで1400円ほど。結構ボリューム感あって美味しかったです。
お昼を取った後は駐車場に一旦戻りカメラなどを持って出陣し、徒歩3分ほど歩いた場所にこんな風景がありました。
江ノ島などと違って観光客よりか釣り人は多く静かな場所でしたので非常にのんびりとした時間が流れている感じでした。
また、この日は本当に天気が良く空気は澄んでいて富士山がしっかりと見えていました。
IMG_0173

IMG_0182
「釣り人と富士山」
IMG_0200
しばらく歩くと開けた景色が出てきてあたり一面に洗濯岩?の海岸線が広がっています。
この場所からはまだ富士山は見えませんが洗濯岩をしばらく歩いて行くと
(結構でこぼこしてるので転ばないように注意…)

IMG_0210
富士山が見えてきます。
この時の風景は肉眼でもめちゃくちゃ綺麗でした…。
IMG_0227
望遠で富士山を切り取る。
城ヶ島からの夕景と富士山はいっぺん撮ってみたいなぁと思っていた所なので撮影に行けてよかった…。
江ノ島からの富士山も好きだけど城ヶ島からの方が落ち着いて撮影出来るのがええです。
IMG_9365
(EOS M+EF-M 11-22mmF4.5-5.6ISSTM )
城ヶ島を調べてた所どうやらここから夏場の新月期に天の川も撮影出来るという事で下調べも兼ねて行ってきました。
灯台もあり星×灯台も撮る事が出来そうなのであと数ヶ月したらまた星空の方の撮影で行ってみようかなと計画中
IMG_9388
(EOS M+EF-M 11-22mmF4.5-5.6ISSTM )
使用機材
○Canon 5DMarkⅢ
○EF70-200mmF2.8LISUSM
○EF24-105mmF4LISUSM
○EF17-40mmF4LUSM
○EOS M
○EF-M 11-22mmF4.5-5.6ISSTM

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

横浜近辺でどこか紅葉の綺麗な場所ないかなーとネットで検索かけていたら三渓園というところがなかなか良さそうなので紅葉を見に行ってきました。

丁度新しいカメラであるEOS MとEF-M11-22mmF4-5.6ISSTMを購入しましたのでそれのテストも兼ねての撮影になりました。

○三渓園とは?
パンフレットからの引用ですが、三渓園とは明治時代末から対象時代にかけて製糸•生糸貿易で財をなした横浜の実業家原三渓が、東京湾に面した三之谷と飛ばれる谷あいの地に造り上げた日本庭園で、17棟の歴史的建造物と四季折々の自然が調和した景観が見所

○アクセス
横浜駅の東口から二番乗り場市バス8•148系統で約35分「本牧三渓園前」で下車して徒歩5分ほどでいけます。(自分は横浜駅から行ったのでこちらを一応紹介という形で)
他にも桜木町や根岸駅からでも行けます。
詳しくは三渓園のHPで→http://www.sankeien.or.jp/access/index.html 

入園料は大人500円とワンコインで入れます。

三渓園はかなり広大で、全部回るとしたら一日がかりかかってもおかしくない敷地面積でした。

入園するとすぐに猫がお迎えしてくれました。
子猫から親猫までいて癒されましたね。
IMG_8511

IMG_8509
(EOS M×EF-M11-22mmF4-5.6 IS STM) 
 EF-M11-22mmF4-5.6ISSTMは最新のレンズでもあって逆光耐性がかなりある印象ですね。
そういえば、EOS MはAFが遅いという評判を聞いていましたが実際の所そこまで不便さがあるほどのAFの遅さではありませんでしたね。(アップデートのおかげ…?)

 
IMG_7750
                       (5DMarkⅢ+AFAi135mmf/2DC) 
 紅葉のピークは少しすぎていましたが12月7日時点ではまだまだ紅葉狩りが楽しめる程度には紅葉してました。
IMG_7768
        (5DMarkⅢ+AFAi135mmf/2DC) 
 庭園内には様々な種類の紅葉があり色とりどりな風景になっていました
IMG_7816
 (5DMarkⅢ+AFAi135mmf/2DC) 
IMG_8534

旧矢篦原家住宅
こちらは元々飛騨•白川郷にあったの合掌造りの家みたいです。
中は9:00から16:00まで見学できます。 
IMG_8579
 このようにいろりがにつねに薪がくべられており、昔の生活がどんなものだったかを見学することが出来ます。
個人的にはこの合掌造りが結構気に入ってます。
白川郷の方も行った事があるのですが向こうは観光地化されているので少し雰囲気が違いますがこちらはまんま昔の生活ぶりを見る事が出来非常によかったです。

IMG_8591
(EOS M×EF-M11-22mmF4-5.6 IS STM) 
この紅葉の場所は、多種多様なもみじが植えられており緑、オレンジ、赤、黄色とそろっていました。
観光してる人も少なくゆったり見られました。

IMG_8650
(EOS M×EF-M11-22mmF4-5.6 IS STM) 
また、ここからしばらく歩くと大きなイチョウの木がありその下が一面の黄色絨毯となっていました。

IMG_8691
(EOS M×EF-M11-22mmF4-5.6 IS STM) 
 庭園内にある大池。
ここでカワセミ発見スキルを生かしてカワセミを見つけました。残念ながら超望遠レンズを持ってなくて撮影はできませんでした…。

 三渓園のレポートしてはこのぐらいに

行ってみた感想としては、横浜から少し離れてる事や庭園が広いこともあり人の多さとかを感じなくゆったり庭園内を回ることが出来ました。
また、見所も結構あり日本庭園や古い日本建造物を見る人はかなり楽しめると思います。
また、行きたい所でした。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

朝起きたら家から遠くの方の丹沢山脈と富士山がよく見えていたのでこれは富士夕景を狙えるという事で横浜のランドマークタワーに行ってきました。

実は夜景撮影初めてある程度の展望台で撮影して来たのですが意外と横浜のランドマークタワーには行った事ないんですよね…。まあ、その一つの理由としては横浜まで出るのが結構お金がかかるのとランドマークタワー展望台の入場料が大人1000円もかかるということですね。要するにお金の面であまり行かなかったのが本音です笑(大桟橋や赤レンガ倉庫での夜景撮影は結構やっているんですけどね…)

ただ今回は、CP+がパシフィコ横浜でやっていたのでそれついでに行ってきました。

ランドマークタワーの行き方は「桜木町駅」から徒歩5分ほどでいけます。
といっても途中に歩く歩道があるのでそれに乗りながらのんびり行けば勝手につきます。
みなとみらい線は「みなとみらい駅」から徒歩3分で行けます。

入場チケットは券売機で購入してあとは日本一早いエレベータに乗ればすぐに展望台に付きます。
展望台ではおしゃれなカフェ?バー?があり夜景や夕景を楽しみながら食事が出来るスペースも用意してあるのでカップルは非常に多かったです。

そして、日曜日だったので人が本当に多かった…撮影でいくなら平日の空いてる時がオススメですね。

富士夕景を狙っていたので富士山が見える側の展望台に
20140216-IMG_4158

20140216-IMG_4184

 実はもうちょっとスカッとした天気を期待していたのですが霞が出ていて思ったより透明感のある写真にならなかったのが残念でした…夕景、夜景写真の難しいところですね…。ただ富士山が見えていたので曇り男の自分に取ってはまだましかな…?
ちなみにこの時が混雑ピークで本当に大変でした。

20140216-IMG_4212
この写真は実は暮れてから30分ほど経っています。実は、夕景と夜景の組み合わせを狙うなら日没からだいたい30分後の肉眼では暗いと感じるあたりになって長時間露光するとこのような写真が撮れますね。絞りはf8でSSは4秒ぐらいISOは100ですね。

さて上の写真を撮りたかったので一応目的は達成
他の方角の展望台からも撮影してみました。
20140216-IMG_4227
まず定番構図の夜景。シグマ12-24/4.5-5.6を使って何とか撮りました。
ランドマークタワーは窓ガラスの写り込みが激しく映り込み防止の道具は必要だと感じました。
まあ、手で隠したりすれば意外と防止出来るんですがめんどうです (・ω・ ;)
20140216-IMG_4228
そして対角魚眼レンズ(EF8-15mF4LUSM)の15mmになると流石に窓枠も入ってきますね…
これはこれで好きなのですが

あとは適当に夜景をHDR処理してそのあとLightroom5で現像しました.

20140216-IMG_4240

20140216-IMG_4242
 
個人的にはランドマークの撮影は結構楽しめましたね。では

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて新年早々初詣を兼ねて鎌倉の七福神に行って参りました。
そもそも七福神とは 浄智寺のほてい様、鶴岡八幡宮の弁天様、宝戒寺のびしゃもんてん様、 妙隆寺のじゅろうじん様、本覚寺のえびす様、長谷寺のだいこく様、御霊神社のふくろくじゅ様の七体のことです。

最初はJR横須賀線北鎌倉駅を降りて5分位歩くと
浄智寺のほてい様があります。

IMG_1888

IMG_1894
ほてい様は家庭円満の神様として知られております。

浄智寺の拝観料は大人200円

他の七福神はわりとまとまって近くにあるのですがこの浄智寺だけがなぜか離れたところにあるという不思議。

そして次は芸の神、財運を招く神の弁天様がいる鶴岡八幡宮へ。
浄智寺からは徒歩だいたい20分ほどでした。移動距離としてはここが一番長かった。

IMG_1950
はい新年早々初詣皆鶴岡八幡宮に殺到。一時間以上並びそうですね…千葉にある某遊園地並みの混雑。
 弁天様はこの写真の右側にある道に入っていくとあります。今回は七福神巡りが中心だったので鶴岡八幡宮はスルー気味…
IMG_1953
意外と弁天様の方は混んでなかった…?

はいどんどん行きます3つ目は鶴岡八幡宮から徒歩7分ぐらいにある病魔退散、財宝富貴の神様毘沙門天様がいる
宝戒寺
IMG_1955

IMG_1957

IMG_1961
 4体目は長寿の神様じょろうじん様
IMG_1968
 ここは意外とこじんまりしてるので見落とさないように気をつけてください。

5体目は本覚寺のえびす様恐らく七福神の中でもっとも有名な神様です。
IMG_1976
 ご利益は商売繁盛、五穀豊穣の神様なのでここは色んな人でにぎわっていました。
ちなみに七福神巡りでは
IMG_2081
 こういった七福神の旗が出ているので見つけやすいとかと思います。
さて次は長谷寺の大黒様です。大黒様は出世の神様です。

○長谷寺は拝観料が大人300円かかりますのでご注意を

IMG_2108

IMG_2106
出世したいかたはこちらにどうぞw

さて次は7体目最後の知恵の神様 ふくろくじゅ様は御霊神社に
IMG_2093

長谷寺から5分ぐらいでいけます。
さて七福神全部まわるのに必要な時間は11時から始まって終わったのが16時。なお途中お昼休憩や江の電撮影があったのでそれを考慮すると3,4時間ほどですべてまわる事は可能だと思います。
休日などで機会があればまわってみてください。

 
 



七福神巡りMapサイト
鎌倉ぶらぶらー鎌倉七福神めぐり散策
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ