カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

カテゴリ: 分解

Canon EF50mm f1.8 IIを中古で少し安めに購入して遊ぼうと思っていたら、まさかのジャンク品だったので今回初めて分解してみました。
まあ、分解といっても前玉外しただけですが…。

Canon EF50mm f1.8 IIは中古で6000円、新品でも安くて8000円位の値段なのに、写りはそこらへんのズームレンズよりも良く撒き餌さレンズとも呼ばれています。もちろん安さ故のコストダウンを図るため外観をすべてプラスチックそしてマウントですらプラになっているため使い捨てレンズになっています。

実際に今回分解してみてわかったことがこのレンズは修理で治すよりかは確実に買い直した方がいい。
しかも、Canonに分解修理頼むと技術料でこのレンズの新品が購入できる位の値段になるので
IMG_2940
【分解の手順】
MFにして前玉を少し手前に出す。そのあと前玉を強く掴み左右に揺らすとぽろりと外れる。
前玉は爪みたいなので止まっているのが、この爪は前玉を外す時に折れる可能性がかなり高く、実際に自分も折ってしまった。(折れても一応はめ直すことは可能)

IMG_2944
分解するとこのようにAF機構などを見る事が出来レンズの構造について勉強は出来るかもしれない。
中を見ると他のレンズに比べてやはりシンプルな構造になっている。

IMG_2945
特に前玉を止めるのがプラスチックの爪だけなのでフォーカス精度も通りで良く無いわけだ…
もし、後ろ玉を分解する時はプラマウントを外せばいいが、この方法については今回はやってないので説明は出来ないです…。


ちなみにこの後元に戻して使ってみたがAF,MFともに正常に動いたけど少しピントがあってない気がする…。一応は直せるが正直分解しない方が得策かもしれない。腕があれば別だけど…
ちなみに前玉の爪が折れてる状態で再度はめ直しているので前玉がいつ射出されてもおかしくはない笑
実際にAFで動かしたら前玉が飛んで行ったことが…。

分解は自己責任でお願いします。レンズの勉強にはなると思うのでジャンクレンズ持っていればやってみるのもありかもしれませんね。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回分解の記事を載せるのは初めてですが前から分解に興味がありジャンクレンズを購入しある程度分解の練習を行なっていました。


そこでEF28-135mmf/3.5-5.6 IS USMについての簡単な分解清掃について今回説明致します。

何処を分解すればいいかを理解して分解を行なっていますので他のレンズでは分解法が違うので注意してください。なお後ろ玉は廃線等もありここはジャンクレンズしかいじりたくないので今回は前玉のみとなります。
分解を行なうとキヤノンの保証が効かなくなってしまうのでそれを覚悟の上での分解をお願いします 

ではまず初めに天板の取り外しからです。 
IMG_1481
ここの引っ掛け部分に尖ったものを差し込み天板を外します。(爪楊枝やコンパスの針を使って)
このときレンズを傷付けないように注意してください。
IMG_1469
はずれたらこのようにネジが3本出てきます。
分解する時に使ったドライバーは精密ドライバーの+00になります。
普通のドライバーでは確実にネジ穴が潰れたりするのでおすすめ出来ません。

あとは外すだけですがそこでネジが何処に合ったかを記録しておいた方が良いです。
これには理由がありましてネジによってレンズの焦点距離を調整してる場合があるからです。
まあ恐らくキヤノンのレンズは大丈夫だと思いますが…。
レンズによってはそういうのあるので (´・ω・`)

そしてネジを外して後ろ向きにすると前玉がぽろりと落ちますのできちんと受け取ってください。
IMG_1472
 このような感じになります。今回は簡単な清掃なのでここにたまってるゴミや埃等を取りました。
もしカビ玉でここにカビがある場合は取り除けます。
ちなみにこの先からは壊してしまうのが怖かったのでやってません…。
使ってるレンズを壊すのは怖い。
戻す手順は以下逆の方法です。


これで分解は終わりです。意外と簡単でしたがやはり高いレンズを分解するのは度胸がいりますね

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ