カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:アイソン彗星

1/7日はラブジョイ彗星が大接近の日、ここ最近のアイソン彗星、パンスターズ彗星に続く注目の彗星です。ちなみに昔のハレー彗星やら百武彗星などと違い4.5等星と暗いので街中では肉眼で見る事は難しいです。ただ、光害などがないところであれば肉眼でも見つける事は出来るかもしれません! 

○ラブジョイ彗星とは?
ラブジョイ彗星とはオーストラリアのテリー•ラブジョイ(ラヴジョイ)さんが見つけた五個の彗星の事です。
去年もラブジョイ彗星という名を多く耳にした人は多いのではないでしょうか?
実はラブジョイ彗星にはC/2007E2,C/2007K5,C/2011W3,C/2013R1,C2014Q2と五個の彗星にそれぞれ同じ名前がついています。
去年の11月,12月あたりで見れたのがラブジョイ彗星C/2013R1で今見えてるのがC2014Q2になります。
ほんと紛らわしいですよね…。

そんな事で今回はとりあえずカメラ使えば光害たっぷりの横浜からでもラブジョイ彗星が撮れるかもしれないということで挑戦しました。
結果を先に言うと月明かりやらにも負けずにエメラルドグリーンの彗星がぼんやりと写りました。
彗星の尾は写す事が出来ませんでしたが…。

装備は赤道儀ポラリエ、EOS 6D,AiAF135mmF2DCというコンビで挑戦。
そんなわけで撮れた写真をLRの力で適当にパパッと現像したらこうなりました。
意外と横浜の光害でも星が写せましたね。
 
ラブジョイ彗星-2
(6秒露光、ISO1250,F2)
写真の中心からちょい左側に写ってるのが多分ラブジョイ彗星です。
双眼鏡をのぞいても見つかりませんでしたが写真は撮る事が出来ました。

ちなみに Nikonの
AiAF135mmF2DCは古いので天使の羽の様なサジタルコマフレアが出てますね。
(サジタルコマフレアであってるよね…) 

ともあれミッションは一応クリアです撮れましたよかったです。
ちなみに昔撮影したアイソン彗星は尾まで写ってました。 
20131119-IMG_1281
こっちはEF400mmF5.6LUSMで撮った写真ですね。懐かしいです。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



アイソン彗星の生存がNASAより正式に発表されました


 上記のリンクはNASAからの発表を翻訳してわかりやすく説明しているサイトです。


soho_ison_c3_0.jpg
NASAの公式ページより:(http://www.nasa.gov/content/goddard/comet-ison-may-have-survived/index.html#.UpkvDxYTmEx


上記写真の通りアイソン彗星の核及び尾が確認できます。
ただ光量についての発表はないみたいなので今後どのように見えるかがまだわからない状態です。もしかすると肉眼確認出来るぐらいまでの光量になるかもしれない

消滅したと思われたアイソン彗星ですが生き残れて良かったです。

撮影に関しては情報次第で撮影して行こうかなと思っています


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 「アイソン彗星は11月29日午前4時9分(日本時間)、太陽に最も近い位置(近日点)を通過した。現在どのような状態にあるかは不明だが、米航空宇宙局(NASA)によると、近日点通過後に同彗星を確認できず、崩壊した可能性があるとしている。」


11/29太陽に近づいたアイソン彗星が崩壊した可能性があるそうです。

太陽の熱で分裂して核がばらばらになったのが観測されているという話も出ています。

残念ながら今後の観測は出来ないか、または相当厳しいものだと…。世紀の大彗星となるはずだったアイソン彗星しかたないとはいえ残念ですね。


しかし、ラブジョイ彗星などはまだかろうじて見えるのでそちらの観測もありかもしれません。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

アイソン彗星見つける事が出来ませんでしたぁあああああ…


11/23は彗星確認の報告が上がっていたみたいなのですが残念ながら寝過ごして撮影行けなかった…。

で、今朝は5:00からスタンバイ水星の右斜め方向をEF400mmF5.6で探しまわっていましたが確認出来ず。

恐らく高度が低すぎて彗星が確認出来なかったのでは無いかと思われる。しかし、等級が3等級までいってるはずなので核は確認出来るはずなのにわからなかった。
他の方の報告も見ると見られなかった人が多数。少し不安になる…


ちなみに今日以降は太陽に近づきすぎてもうほとんど見られないと思います。次は近日点過ぎた12/3.4日あたりに撮影に出る予定です。あとは蒸発しないことを祈るのみ… 

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

11/19 早朝5:00からの撮影。

今日は空気が澄んでいて人工衛星も横浜の郊外からも確認が出来た。唯一残念だったのが満月であったこと。新月であればこの上ない最高の天体撮影条件だったと思う。


20131119-IMG_1281
(時間は5:15分ほど 場所は横浜 カメラ5D3+EF400F5.6 赤道儀なし、トリミングあり)

双眼鏡なら見れるレベルの等
級。時間帯としては4:30-5:30の間がベスト。それを過ぎると日の出のせいで見えにくくなる。また、早すぎると地平線付近なので明るい所では光害のせいで見れない
11/17よりかは等級は低くなり尾もはっきり確認する事ができた。現在はスピカ左斜めしたにあり発見は一昨日よりかは楽に出来た。

これから等級が下がっていくにつれ肉眼での確認も可能になるはず
普通の星よりも青白いので見つけやすいっちゃ見つけやすい。

以上11/19のアイソン彗星報告でした。



今日の朝焼けは美しかった
20131119-IMG_1307
 

次の撮影は明後日あたりを予定してます。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ