カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:オリオン座流星群

今年最大の目玉である10月8日の皆既月食イベントもついに終わってしまいました。
(アイソン彗星はながらでしたが…) 

さて今月の天体イベントは、オリオン座流星群があります。少し調べ見てまとめてみました。

○ オリオン座流星群

今月10月の天体イベントは、10月21日(火)~22日(水)明け方にかけてに極大期を迎えるオリオン座流星群が観測出来ます。

オリオン座流星群の元となったのは、ハレー彗星によって塵の粒などが宇宙に放出されます。
その塵は、彗星の軌道上に多く密集しているため、地球がその位置を通過すると地球の大気にぶつかり流星群となります。

10月24日に丁度新月なり、10月22日は月入りが15:59、月出が04:03となっており今年は、月の影響が非常に少なく流星群の観測がしやすいと言われています。

また、オリオン座は、夜に東の空に登って来ますので見る方角としては東の空を見るのがおすすめです。
流星群の中心の放射点は、オリオン座のペテルギウスの近くにあり、放射点を中心として流れ星が流れますが、あくまで中心というだけなので広く空を見渡してください。
オリオン座は、発見しやすい星座でもあるので是非見れる人は流星群を楽しんでください!
ただ、10月の夜と朝はかなり冷え込むのでしっかりと防寒対策を…!じゃないと風邪を引いてしまいます…。


オリオン座流星群の動画がyoutubeにも上がっています。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

(´・ω・`)「昨日だと思ってた…」

というわけで今回はオリオン座流星群について

オリオン座流星群は毎年10月20日前後に見られる流星群で

東の空で見られる。オリオン座の中でふたご座との境界付近に放射点がある

母天体はハレー彗星で約3000年前のハレー彗星の塵によるだそうです。3000年前って随分前のことですねそんな塵がまだ残ってるなんて驚きです Σ(・ω・o)!

ちなみに放射点はこんな感じ 引用元→http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2012/201210/1021b/index-j.shtml

(説明図)

オリオン座からではなく少し外れた所が放射点なのが特徴かな?

ちなみに昨日午前1時ぐらいに撮影したオリオン座!

IMG_8141
都会のど真ん中なのでほとんどオリオン座意外がみれない…一時間ぐらい粘ったんですが昨日は一つも見れませんでした…
 ( ^ω^) 「流星群を見るなら町灯りが無い所にですな」
都会だと恐らくピーク時で一時間に1,2個見られれば良い方だと辛抱強さが必要ですね

とりあえず自分もとっとと課題を終わらせてカメラ持って外に行きますか

ちなみに何かアクセスが増えてて解析したのですが皆10月流星群の方の記事みてましたね (´・ω・`)
すみません全く別物です…今回の記事が本物です (; ^ω^)






 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ