近所のツツジが綺麗に咲いていたので久々にAi AF DC-Nikkor 135mm f/2を持って撮影してきました。
個々最近ズームレンズばっか使っていて単焦点を使わなかったので久々の登場です。


IMG_1930
「赤いツツジ八重桜の花びら」
 EOS 5DMarkⅢ+Ai AF DC-Nikkor 135mm f/2(SS:1/125秒 f/2 ISO 1250 ) 
ツツジとはわかるんですが正式名称が調べてもわからなかったので取り合えず赤いツツジということに
赤いツツジの下には昨日の雨と風で散ってしまった八重桜の花びらが散らばっています。

撮影時間が18時で暗いのでSSを遅めにしたのとMFオンリーということで拡大するとピントズレ、ブレがあります。ともあれ赤とピンクの色の組み合わせはかなり気に入ってる写真です。

IMG_1944
「夕刻に浮かぶ藤の花」
 EOS 5DMarkⅢ+Ai AF DC-Nikkor 135mm f/2(SS:1/125秒 f/2 ISO 1250 ) 
藤の花、そう言えばこれまで撮影したことがなかった気がします。というより花はあまり撮らないので撮り方がいまいちわからないですね。少し撮り方を勉強してみたいと思います。
個人的にはマクロレンズ使っての撮影などが多いなーと印象を受けています。花を被写体に撮って行くのもまた、奥が深くて難しそうです。

IMG_1947
「著莪の花」
 EOS 5DMarkⅢ+
Ai AF DC-Nikkor 135mm f/2(SS:1/125秒 f/2 ISO 1250 ) 
これも初めて見ました。調べてみたら春の花で著莪(シャガ)と読むそうです。
 
今回Ai AF DC-Nikkor 135mm f/2でDC(ボケコントロール)を使わなかったのですがそれでも単焦点の独特のボケを久々に楽しめることが出来ました。ズーム出来ない分構図をしっかり考えるので単焦点レンズはその点において色々と勉強出来るレンズだと思いました。