カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:フィッシュアイ

国立競技場ラストイベントに都内を飛ぶブルーインパルスを今回は撮影しました。

航空祭ではよく飛んでるブルーインパルスですが都内上空を飛ぶというイベントはほとんどない機会
(ビル群の真上を飛ぶというシチュエーション的にもう最高です)

そして、Twitter「星空」 で写真を上げたところ5000RT,fav越えしました。fav、RTしてくださった方にこの場をお借りしてどうもありがとうございます m(_ _)m
自分自身あそこまで伸びるとは思っていなかったのである意味衝撃を受けました。

では撮影話を
何故渋谷で撮影したかというと前日にTwitterの方に上げられていた渋谷上空を飛行しているブルーインパルスを見てこれはいいなと思い撮影場所を渋谷にしました。

あと、イメージとしてはエースコンバットのビル群を飛ぶような感じを出したかったために円周魚眼レンズを選びました。(余談ですがエースコンバットインフィニティはダウンロード課金版ではなくパッケージで出して欲しかった…ストーリは面白そうなのに)

ブルーインパルスは17:35~17:45分の約10分間のみの展示飛行となっていました。実際の撮影出来るタイミングは僅か二回…しかも何処を飛ぶかの事前準備をしていなかったため行き当たりばったりでした。


最初の一枚
20140531-IMG_0523
この写真は一回目の飛行シーン。
前日とコースが違ったみたいですね。全く予想出来なかったです。
個人的には周りの見上げてる人、飛ぶ鳩、ブルーインパルスと結構気に入ってます。

20140531-IMG_0537
次は二回目。こちらも手前のビルから突然現れたので真上に向けて連写しました。

20140531-IMG_0546


そして、この写真が5000RT超えた写真です。
ブルーインパルスが豆粒の様に写ってしまい何がなんだかわからなくなっていますが非日常的な写真にはなりました。 
 
20140531-IMG_0549

20140531-IMG_0552
 
最後は飛行機雲のみを残し埼玉入間基地へ


それでは
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ちょっと最近忙しくて撮影が出来ない日々が続いてるので過去写真の記事を

この前、 箱崎JCT撮影の前に都庁に行って撮影したのでその記事になります。
今回もお気に入りのEF8-15F4L USMとシグマ12-24/4.5-5.6の二本を使い撮影しました。
普段撮れない世界が撮れるのが特徴的!つまり腕を誤摩化せるレンズ!(なんてね)

まずはシグマ12-24/4.5-5.6の作品
20131122-IMG_1355

神殿みたいにそびえ立つ都庁
歪曲が非常に少ないレンズそして12mmの超広角による写真は非常にオモシロイ
特に建物に対しては超広角レンズのパースを生かした撮影が出来る。
ただ、シグマの広角レンズは逆光に弱いのでそこの所の考慮も必要になってくる

20131122-IMG_1358

 EF8-15mmF4L USM
この上の写真はフィッシュアイレンズを真上に向けて撮影したもの上に向けると周囲180°を撮影出来る。ただ撮影者はしゃがまなければ写ってしまうので要注意
円周魚眼レンズは使いどころが非常に難しいが東京駅や都庁などの建物に使うと結構面白い写真が撮れる。しかし、魚眼レンズは風景にはあまり向いてないかもしれない


何かレンズ紹介みたいな感じになってしまいましたね…。
今後も恐らくこの二本中心に撮影していく予定です。ただ今月はしばらく撮影出来なさそうです (´・ω・`)


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

『ジャンクション撮影』とは通称JCT撮影と呼ばれて今一部の撮影者に人気があるジャンル

自分もにわか程度に撮影を行なっている程度であったが今回はJCT撮影で有名な箱崎JCTと呼ばれるところに撮影に出掛けた。

箱崎JCTは半蔵門線の「水天宮前駅」で降りて出口にすぐに現れるJCTである。また首都高では渋滞スポットも知られつねにここでは渋滞が発生していると言われている。


さて今回のレンズは『EF8-15mmF4L USM』とこの前購入した『12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM』の二本のみを使用しました。この二本は自分のお気に入りのレンズとなっており。建物やこういったJCT撮影では普通のレンズでは見えない世界観を作り出す事が出来ます。腕というよりレンズのおかげとも言えますが笑

 『EF8-15mmF4L USM』での箱崎JCTを撮影した時
なお今回はHDRでの撮影そしてLightroom5での現像を行なっています

20131122-IMG_1365
画角15mm

20131122-IMG_1372
 画角8mm

このように首都高が入り乱れ八岐大蛇みたいになっているのが有名なところです。
両方ともフィッシュアイを持ってる方の定番構図となっていますが今回はそれにHDR処理を施した形にしてみました。
このような構造物では、普段使わない 『EF8-15mmF4L USM』をフルで使えるので非常に面白いです。

12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM』での箱崎JCT撮影
20131122-IMG_1374
はいこちらはHDR処理してない状態です
広角12mmでの長時間露光を行なっています。さてフレアとゴーストそこそこ発生していますね。
しかし特に気になるほどではないかな?魚眼レンズと広角レンズを比べるとここまでの変化があります。

箱崎JCTは駅目の前という非常に撮影しやすい所ですが周りに帰宅中のサラリーマンがいて撮影途中は結構じろじろ見られるので注意してください笑

また、箱崎JCTを全部写したいなら16mm以下の魚眼レンズまたは広角レンズがあると良いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

前回の日光に続きの紅葉撮影となりました。今回は友人と埼玉県の秘境と呼ばれている中津峡、そして滝沢ダムのループ橋の撮影にいってまいりました。

今回秩父に行くのは初でしたので友人に案内してもらいました。
正直いって秩父の紅葉なめていました、日光より凄いと感じてしまった…。理由としてはまず山全体が紅葉していた(日光もそうである)そして日光みたいに余計な物があまりなく自然のままなので見ていて楽しい部分もあった。あと人が少なかったので観光しやすかった?

日光も凄いですが都心からのアクセスを考えると秩父の紅葉はありだと思います。

さて、その話はあとで。まず最初に向かったのは滝沢ダムにあるループ橋!その名の通り橋がループ状になっている。ここではもちろんいつもの「レンズEF8-15mmF4L USM」の登場である。

20131110-IMG_0985
円周魚眼8mmでやっと入るほどループしている。そして注目なのが天気!この日は雨予報だったが太陽が出て青空すら広がっているこれは雨男を返上出来るかもしれないw
右手に見えているのが滝沢ダム

20131110-IMG_0993
これは上からのループ橋の写真。実際は円周ではなく楕円形になっている
 

20131110-IMG_0999
円周魚眼を再び使うとこんな感じになる。夜間天体撮影したら面白そうな場所でもあったが残念ながら一人で行く勇気はあまりない…

滝沢ダムの撮影が終わり中津峡を目指す。

どこも美しい紅葉ばかりであったがこのあと曇って来たので撮影出来る時間は少なかった。
20131110-IMG_1036-2


20131110-IMG_1046
 「渓谷と紅葉」
この場所が非常に綺麗だった。渓谷の中の紅葉、水面に反射する紅葉。日光では撮影できなかった写真でもある。
20131110-IMG_1055-2

あなどれない秩父の紅葉。来年もまた訪れたいものだ
20131110-IMG_1092

20131110-IMG_1094
 最後に秩父銅山の写真をほんの少し
IMG_1130

20131110-IMG_1112

20131110-IMG_1118

20131110-IMG_1125
「渓谷と紅葉」


それでは今回はこのへんで
使用機材
EOS 5DMarkⅢ,EF8-15mmF4L USM,EF24-105mm F4L IS USM,プラナー50/1.4 

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

過去記事の新東京駅の夜景撮影に行って来た!の記事を以前書きましたが
この頃の機材はKissX5とEF-S10-22mF3.5-4.5で挑んでましたあれから半年。魚眼レンズ欲しいといていましたがまさかこんな機材になるとは、この頃考えていなかった。フルサイズ5DMarkⅢを持ちそして沼にはまりそしてEF8-15mmF4Lまで購入してしまうという結果になりました。まあ反省はしていません。
少しはレベルアップしたかというと機材の力によって上がった位です。まだまだ機材に振り回されてる写真の日々を送っています。

今回の記事は写真メインに行きたいと思っております。(前の記事での写真も含んでしまいます)

IMG_9834お気に入り


IMG_9896
東京駅街道
IMG_9858
夕暮れ世界に
IMG_9893お気に入り
夕暮れビー玉

IMG_9914
東京駅と光跡
IMG_9919
東京の空を仰いで
IMG_9921お気に入り
ある町の中で

東京駅の魚眼レンズを使った作風は個人的に好きです。魚眼レンズはTS-Eレンズとはまた違った形で建築を切り取る事が出来るので今後も使って行きたいと思っています。

それでは今回の記事は短いですがここらへんで

使用機材
5DMarkⅢ
EF8-15mmF4L
EF70-200mmF2.8LIS
EF24-105mmF4LIS

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ