カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:フルサイズ

シグマ Art 30mm F1.4 DC HSM
シグマ Art 30mm F1.4 DC HSMは元々シグマから発売されていた「30mm F1.4 EX DC HSM」のリニューアル版になっています。また、シグマの「あらゆる設計要素を最高の光学性能と豊かな表現力に集中して開発、高水準の芸術的表現をかなえる」という思想の元生まれたArtラインシリーズの一つであり、高解像力など非常に優れている点があります。
性能も優れていながら価格も純正よりも安く設定されていて、ここ最近では人気なレンズとなっています。Aps-cフォーマットで使用するため35mm判換算で45mm相当前後の画角となり標準域のレンズとして使用できます。

シグマ 30mm F1.4 DC HSMはAPS-Cフォーマット専用のレンズですが、イメージサークルが大きいため実はフルサイズでも使用する事ができます。
これと似た様なレンズとしては、NikonのAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gがあります。こちらのレンズもフルサイズで使用出来るみたいです。

今回はフルサイズカメラであるEOS 6Dに
 Art 30mm F1.4 DC HSMを付けて撮影してみました。
IMG_5391
レンズは通常と同じく何もいじらないで使用でき、またカメラを構えた時の重量バランスも良く非常に安定して構えることが出来るなと感じました。

F値 1.4
IMG_9241
絞りをF1.4にしたところ四隅がケラレるというよりかは、周辺減光が激しくなる感じです。この周辺減光をよしとするかしないかは撮影者次第になりそうですね…。

F値 2.8
IMG_9244
 F値2.8だと周辺減光は改善されます。ここからさらに絞っても特にケラレる事なく撮影出来ました。

周辺減光を生かすとしたらやはり日の丸構図ですかね…?中心に被写体を持ってきて撮るのは個人的には好みですが…。
IMG_9257

IMG_9268


IMG_9271

開放時のボケは少しうるさく感じた。また、絞ればシャープに写るレンズだと思います。

ここらへんは他の人のレビューが参考になるので特に語らず…(というかあまり語れない…)

IMG_9284
ちなみに逆光についてはフレア、ゴーストは多少出るぐらいで盛大に発生はしない。 

IMG_9335
 そう言えば適当にビルと空の写真を撮っていたら少し四隅が気になる写真になった。絞り値はF5.6
空を入れた写真の場合は周辺減光を気にした方が良さそうだ…。

また、フルサイズだと30mm画角と普段使わない画角になる。
確かペンタックスのレンズでSMC PENTAX 30mmf/2.8という30mm画角のレンズがあるぐらい?
なので、中途半端ということで扱いがやや難しいかもしれない。

というわけでフルサイズでも多少の周辺減光などの弊害があるが Art  30mm F1.4 DC HSMは使用出来る事がわかった。
 Art  35mm F1.4 DG HSMの方は、値段が非常に高いのであえてこっちの Art  30mm F1.4 DC HSMを購入してフルサイズで使用するのもありかもしれない。
ただし、四隅の周辺減光や解像度を気にしてはいけない…。
また、EOS 6Dに付けた際の重量バランスは本当にいいのでいっぺん試してみるのもありかもしれない。

そして、 Art  30mm F1.4 DC HSMをすでに持っていて今後Aps-cからフルサイズへと移行する方はこのレンズを売らずにしばらく持っているのもありだと思いました。

まあ以上です。

そう言えば今年は秋の訪れが早かったですね。気温も丁度いい感じに涼しくなっていて非常に過ごしやすいです。その反面季節の変わり目なので皆さんお体に気をつけてください。

もうすぐ待ちに待った紅葉の時期何とか暇を見つけて撮影に行きたいです。

それでは、また 
 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

タイトル長いですが今回はEF40mmF2.8STMにES-62フードをフルサイズに装着するとケラれか否かを試してみました。
まずES-62フードは本来EF50mmF1.8専用のフードですがフィルターはめ込み式なので径が52mmのレンズであれば何でもつきます。しかしフレアやゴーストの防止効果があるとは言えないですけどね(笑)
前回の記事(パンケーキレンズ EF40mmF2.8 STMのレビュー) ではAPS-C機でES-62フードを取り付けた写真を載せましたが今回は5DMarkⅢのフルサイズ機によるEF40mmF2.8STMをつけた際の写真を載せます。 

IMG_1518


IMG_1520
5DMarkⅢに装着してみると少しくらいですがこのように5Dだとコンパクトさはなくなるけれども
レンズの圧迫感は少なくなりますね。
ではまずフードなしでの作例を
IMG_6547

IMG_6573
開放で撮ると少しながらですが周辺減光がある気がします。
絞れば改善するので特に気にせず使えると
フルサイズだとAPS-C機みたいなごまかしが効かないのでEF40mmF2.8STMでも
なかなか良い一枚が撮れない…(腕がないだけ)

ではタイトル通りの本題!
ES-62を付けてみた
IMG_6595
 ケラレルかと思いきや…?
ケラレない!普通にフルサイズに装着してもいけます!
F5.6で絞ってるの周辺減光もなくなりました。
というわけでES-62フードでも効果はいかほどかはまだ検証してない(検証し忘れていた)
ですが使えます。まあEF40mmF2.8STM用のフードもいくつかあるんですけどね(笑)
EF50mmF1.8のフードを持ってる方はそのままフルサイズ機でも流用しても問題ないってことが
言いたかったのです!
フードも結構お高いですからね…。


EF40mmF2.8STMは5月5日までキャッシュバックで実勢のお値段が1万ちょいになってるので
買い時です。
写りも良いしレンズキャップの変わりとしても使える新たなる撒き餌さ
まあデメリットとしてはAFが若干遅い位ですかね…。
それ以外は非常に良いレンズだと思います。
パンケーキシリーズはもっと出して欲しいですね




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ