カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:八丈島

ここからが八丈島を訪れた真の目的天の川撮影になります。

天の川は都心近郊では見る事が出来なく、離島や何処か山の奥の方に行かなければ見る事が出来ません。 

自分は写真などで天の川を見た事しか無く今回が初めて見ましたが最初うっすら雲がかかってる様な感じで気づきませんでした。

初めての天の川は感動するものでありまた天体撮影というものに魅せられました。

装備は
5DMarkⅢ
EF8-15mmF4LUSM
Canon リモートスイッチ
そして三脚

天の川を円周魚眼で撮影したいそんな意図で購入したEF8-15mmF4L USMの出番です。 

IMG_4526
(5DMarkⅢ+EF8-15mmF4LUSM 8mm ISO3200 開放時間 60秒)

そして、初天の川写真がこちらになります。中心に天の川がありましてそのまま海に落ちてる感じです。左の赤いライトは警告灯で存在感がありますがこれはまた味を出してると個人的に思っています。

 8mmそしてISO3200 開放時間60秒だと拡大しない限りは星の流れは見えません。
円周魚眼様々です。
本来は赤道儀はあるべきなのですが予算不足の為今回は見送りになっていました。

IMG_4528
(5DMarkⅢ+EF8-15mmF4LUSM 8mm ISO3200 開放時間 60秒)

 次は、15mm同じくISO感度3200で開放60秒 
こちらだと拡大しなくても星が流れています。15mmだとISO感度6400にして開放時間を40秒ぐらいにすればよかったのですが感度ノイズが気になるのでそのままに。
5DMarkⅢは高感度に強いのでまだましですが15mmだと赤道儀使って追尾しながら撮影した方が良さそうですね。

IMG_4530
 (5DMarkⅢ+EF8-15mmF4LUSM 15mm ISO3200 開放時間 60秒)

天の川と八丈富士右手の端に見えるのが八丈島市内の灯り、前に見えるのが恐らく街灯?の灯り

少し光害がありますが少なくとも地元よりかは全然見える(横浜)

この後、右に写ってる八丈小島より撮影をすることになり車で移動。
星を撮るなら高い所に登れとはよくいいます。

IMG_4554
(5DMarkⅢ+EF8-15mmF4LUSM 15mm ISO3200 開放時間 60秒)

 

星が流れてるのかそれともライブビューでのピントを外してしまったのかわかりにくい。
デジタルカメラマガジンにライブビュー確認時にルーペを用いてピントを合わせるという方法が載っていたが次回はそれを試してみようかな。

それにしても22時ごろに撮影したが八丈島市内はまだ明るい。道路の街灯などで恐らく夜もこんな感じだろう。




IMG_4551
 (5DMarkⅢ+EF8-15mmF4LUSM 8mm ISO3200 開放時間 60秒)


時間が経つにつれ天の川が天上に来ていた。
この日は8/7ペルセウス座流星群の近くであったため流れ星が見えていたが残念ながら流れ星×天の川
を撮影する事はできなかった…。
生の写真を上げていたが次はLightroomを使って調整した写真をいくつか

20130807-IMG_4536
 
はいここまで出来ました。
この写真はもう一つの写真ブログの方に上げている物です八丈島市内もわかりやすくかつ天の川もはっきりに。彩度も調整WBもかなりいじりました。 
20130807-IMG_4550-2
やりすぎるとノイズが逆に目立つように…

にしてもLightroomは凄いですね画質の劣化もあまり見られないし扱いやすいのも良いです。 


■今回の反省点と今後の予定
 赤道儀が無いため星が流れている天体写真になってしまった。

 魚眼レンズのみとなった為今後は超広角レンズを用いた星景写真にもまた挑戦したい。

 ルーペの導入によるピントの正確性を

■天体イベント
 オリオン座流星群
 そしてISON(アイソン)彗星が11/29にくるのでこの撮影の準備を始める
 

とまあ今後はさらにレベルの高い星景写真そして天体写真を撮って行きたいです。


 
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

八丈島旅行記3日目となります。今回も短め

天体撮影編はまたこれとは別に詳しく書きたいと思っているので、一旦分けます。


IMG_4400
朝目覚めると何やら不穏な雲が…相変わらず天気はぱっとしない
この日はレンタカー借りられるかが未定であったがレンタカー屋に電話した所余っていたので借りれた。借りれなかった場合を考えると恐ろしいのでやはり前々から予約はすべきだったと反省

レンタカー代は免責保証を付けて一日5000円。オンシーズンだった事もあり値段は高い

さて八丈島には三原山と八丈富士の二つの山があると述べたが。この日は、その二つの山の片方三原山には頂上付近まで車を使い林道登りました。 

IMG_4404
雲は出ていますが晴れて来たこの日夏空の中のドライブです。
林道は対向車が来るとすれ違えが出来ない位に狭くペーパードライバーの
自分としては恐怖

IMG_4423

 ひたすら蛇行した道を登って行く
IMG_4415
そしたらまさかの霧の中に!
標高800mほどしか無い山なのに雲が降りて来てますね。
涼しげで良かったのですが霧の中の林道走破は怖い。
IMG_4417
そして頂上付近に眺めは非常に良かったです。
頂上まで車で45分ほどかかったと思います。不慣れな運転で時間がかかったのもありますが
ここから末吉側に降りて温泉へと向かいます


IMG_4435
夏らしい写真(八丈島灯台)
 

八丈島の温泉は一日温泉周遊券なるものがありまして一日700円でサイト内に書いてある温泉に入る事が出来ます。
オススメは太平洋が見通せる見晴らしの湯、そして滝のそばに温泉がある裏見ヶ滝温泉(混浴の為に水着が必要です) 

裏見ヶ滝温泉の近くに中之郷漁港がありそこで泳ぐ事が出来そのまま温泉に行って帰れます。
IMG_4472
中之郷漁港
 

漁港内がプールみたいになっており安心して泳げます。水深は3mほど?水の透明度は高いのでシュノーケルを持って行けば楽しめるかと。
まあ今回撮影のみの旅行だったので海にはほんの少ししか入らずに帰ってしまいましたがね…

そういえば温泉は無色透明な温泉と白く濁った温泉の二種類がありました。

この後は早めに切り上げ夕焼け撮影の準備と天体撮影の準備をしていました。


夕暮れ撮影スポットとして大潟浦海水浴場から八丈小島との夕焼けシーンを

IMG_4509


 しかし丁度太陽が沈む位置に八丈小島そして傘雲がww
にしても魚眼レンズだと風景撮るには適していないですね…

てなわけで3日目の記事はこれでおしまい

次回は天体撮影にある意味これが本番

では

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

長らく間が空いてしまいました、八丈島旅行記二日目です。

といっても実は二日目はレンタカーを借りずにタクシーで三原山の方面に向かい山をうろついてただけの日になります。ええ、レンタカーをきちんと予約してなかった自分が悪いのですがね…


山の中と行っても今回は昆虫採集をまあ写真という本題と少し離れていますが八丈島は、ハチジョウコクワ、ノコギリ、ヒラタ、の本土にいない亜種が採集出来る事で有名な島でもある。

まあ結論から言うと思いっきり季節ハズレでほぼボウズ(何も採れない)で山の中を彷徨う形にw
発生時期は6月当たりが一番良いという話を聞きましたね。下調べなしのサブイベント?だったのでまあいいのですが…

そんなわけで二日目の旅行記は短めに
IMG_4307



タクシーに乗りだいた11:30頃に末吉付近につく近くにバス亭あったので時刻表を見るとうん予想通り少ない…でもまだ一時間に一本だからましか…いやましなのか?
(島民派だいたいタクシーか自家用車で移動なので意外とバスを使う人は少ない)

降りてまわりを見てみると夏空が広がる
IMG_4308
天気予報だと雨だったはずなのに思いっきり晴れてるやん…
地元の人に聞いてみたらスコール的に一時的に降ってすぐに止んで晴れるそうだ

そんなわけで
IMG_4319
島の風景を楽しみながらいざ登山?

IMG_4327
離島らしい石垣が左にあります。人は登ってる最中見ませんでしたね。一応ハイキングコースなのですがどうしてだ

IMG_4333
途中にトーチカらしきものが…?一応戦時中に建設されたものなのか全く関係ないものなのか…
 
IMG_4341

 道がじゃりみちになっても登るひたすら。昆虫採集しながら全く見つからないけど
IMG_4356

IMG_4328

IMG_4332
 キノコとカタツムリは見つけられた。それ以外はアオスジアゲハとカラスアゲハが飛んでるだけ。
むー本当に時期をミスってしまった…。

そしてこの後道を彷徨い林道に入り3時間ほどで全く何の成果も得られませんでしたぁぁぁ


いやうんハイキングを楽しんだだけです。あれ八丈島に来てるのになんで海じゃなくて山を登ってるんだろう…。

この後は、先きほどのバス停でバスを待つ。暑い暑い中で…近くに自動販売機が無ければ恐らく熱中症にでもなっていただろう
IMG_4360
青空と入道雲がいい雰囲気をだしていた。
この後はバスで帰ったんですけど運転手さんに何で山登ってんだって話になりましたね。
春や秋に山登る人はいるけど夏のくそ暑い時期に山登るとはみたいな。
皆さん八丈島行くときは山ではなく海に行きましょう!(普通はそうするが)

で宿に戻って買い出し。
その帰りに夕暮れが綺麗だったので写真を
IMG_4387

IMG_4375

八丈小島に傘雲がかかり空が赤く染まってました。いや綺麗でした恐らく三日間の中でこの日が一番夕焼けが綺麗だったのではないかと

ではでは二日目の旅行記はこれにて。
本当に短いですが…
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

8/5日-8/8日の三泊四日で計画していた八丈島旅行計画

八丈島は東京都にある離島であり伊豆諸島の中に含まれており沖縄より近く南国気分を味わえる場所なので人気がある島
また、ダイビングなども盛んでここでダイビングの免許を取ったり体験ダイビングも出来る島でもある。

交通手段は、航空便とフェリーによる定期運行が行なわれている。

今回はANAの朝一番の便にて八丈島へと向かった。
丁度オンシーズンだったこともあり朝の一便でもほぼ満席
IMG_4027


 機体はボーイング社ではなくエアバス320でした。八丈島の滑走路的に小型機系じゃないと厳しいみたいですね。

さて7:30の便に乗って離陸したのが7:45分頃そこから40分位のフライトで八丈島へ。
ベルト着用サインが 消えてる時間が僅か10分程度しかなかったのが驚きです。いやはやあっという間に…

あ、航空料金についてなのですが早めに予約すると片道13000円ほどで行けるので本当にお手軽です!

IMG_4032
八丈島空港!
気温は暑いと思いきや都内のコンクリートジャングルに比べ涼しかったです。
潮風?が心地よく歩いたら汗が出るのは当たり前ですが都内みたいなまとわりつく様な暑さではなかったです。
ただ日差しは強かったので長時間外にいると熱射病などになる事があるので充分注意を

IMG_4033
                                      ハイビスカス 

IMG_4051

IMG_4056
まさに常夏の島という感じ

実は到着した直後レンタカーを予約してない事に気づいてすぐに電話を掛けるがどこも満杯に…
何とかモービルレンタカーというところで空きがあったので軽自動車を借りていざ出発

※免許を持ってる方はレンタカーを借りた方がいいです…お一人なら原付を借りるのもあり!
思ってた以上に島は広かったです (・ω・ ;)(; ・ω・) 

八丈島には八丈富士と三原山という二つの山があります。どちらも1000mに満たない山です。
一日目は三原山方面を午前中、午後は八丈富士のほうをまわりました。

とりあえずまず三原山方面を一周してみようということになり樫立、中之郷、末吉らへんをまわりつつ(ここら辺は3日目に温泉巡りで再度まわったので紹介はあとに…)

そのまま三原山周辺を一周まわりつつ登龍峠に到着。ここで写真を撮ってる方がいたので一緒に風景写真を

IMG_4078

目の前に見えるのが八丈富士
左側にちょこんと見えるのが八丈小島になります。
IMG_4093

 ここでしか出番がなかったダンボー何やかんだで出すのが面倒かった←

IMG_4098
登竜峠の場所は八丈島全体を見通せて非常に良い場所でした。ここはオススメです。トイレもあるので休憩もできます。

そしてこの後はいったん宿にチェックインして少し休憩してからのお出かけになります。

目指すは上野山の八丈富士を!

八丈富士には牧場がいくつかありそこでソフトクリームや牛乳などを食べたり飲んだりして休憩出来ます.
IMG_4125

八丈富士からの眺めも非常に良く八丈島の町全体を見渡す事が出来る!
なのでアイスクリーム食べながらのんびりと過ごすのもありだと!

IMG_4137


 登ってる最中に丁度A320が着陸態勢に入ってたので俯瞰撮影。
IMG_4152

IMG_4159
(5D3+EF400mmF5.6L)

 400mmあっても足りない…

IMG_4173
関東ではもう枯れてしまってる紫陽花が何故か八丈島では今が旬でした。青空と紫陽花なかなか良い組み合わせです! 

IMG_4188
登る事一時間ちょっと頂上付近に到着
一時間で登れるのですが何ぶん急勾配になっていて足ががが

IMG_4213

山はカルデラ状になっていてお鉢巡り出来るのですが夏という事で草がぼうぼうと生えていまして全く道が封じられている状況でした。

IMG_4263
 お鉢巡りは50分
そして、ここから頂上までは15分ほどみたいです。 

少し開けた場所より山の上から撮影 

IMG_4197

IMG_4228

IMG_4243

離島の空は関東よりも透明度?霞がなく綺麗な青空に
都内は霞というよりも光化学スモッグのせいで視界が悪いのか…

まあともあれ八丈富士からの眺めは絶景でした (・∀・)

そしてお次は前の方で出てた登竜峠からの夕焼け撮影
八丈島の3日間スコールみたいな雨が降ったりと天候が安定してないなかの夕焼け撮影は、あまり良いのが撮れなく非常に残念な結果に。

ちょうど自分がいた3日間だけ天候が安定してなかったのでやはり雨男疑惑がw

 
20130805-IMG_4281

IMG_4277

IMG_4285


丁度太陽が落ちる方向に雲があるみたいで綺麗に焼けた空にはならなかった残念…

魚眼レンズを風景写真で用いたがどうだろう対角魚眼ならそれなりに面白い画は撮れるが円周だと少しみにくくなる。
うーんやはり普通の超広角レンズが欲しくなる…

というわけで一日目はこうして終了と

この日は夜から曇りで天体撮影は出来ませんでした (´・ω・`)

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

八丈島に天体撮影に行ってきました。

三日間のうち天体撮影出来たのは最後の日のみですが何とか目標の天の川撮影出来ました!
詳しい記事は明日以降に書く予定ですがとりあえず写真を一枚上げておきます。

なお、Lightroomで現像して宇宙ぽさをだしてるのでそこらへんはご了承を…

 
お気に入りの一枚

20130807-IMG_4536
                    天の川と八丈島


初天の川撮影何とか上手く行きました。一日目、二日目ともに撮影できずにいたので最終日晴れて良かった…。
ちなみに生で天の川も見る事ができ非常に感動しました。星空は美しい!
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ