カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:円周魚眼

国際宇宙ステーションと言ったら宇宙空間にあって肉眼では見る事が出来ないんじゃないか?と思う人は多いですが実際は宇宙空間ではなく地上から400kmの熱圏という位置に国際宇宙ステーション(以下ISSとする)がある。なので条件がよければ地上からの観察は可能だ。

今回は4/6の夕刻が迫る時間帯の国際宇宙ステーション(ISS)を魚眼レンズを使って撮影した。

場所は近所の公園、郊外で光害もかなりある地域だが観測は普通に出来た。この日は朝、昼に雨が降ってその後晴れて空気が澄んでいたので観測条件とはかなり最適だった。 
(ISSの写真を調べると東京タワーとISSという写真もあったので都内でも普通に観測は可能だと思う)

ISSがいつ現れるかはスマホのアプリで検索するといくつかあるのと個人的なオススメなのは

人工衛星観測ナビゲータ

ここのサイトはISSが来る日にち、時刻、高度、明るさを全部調べられるサイト。
ISSの明るさは−の数字になっているほど明るい。場合によっては一等星ぐらいの明るさに?

【使用機材】
○5DMarkⅢ
○EF8-15mmF4LUSMフィッシュアイ
○リモートコントローラ
○三脚

カメラに関してはバルブ操作が出来るものなら何でも大丈夫ですが出来れば高感度が強いカメラであればなお良いと思います。

今回は自分がCanonを使っているのでCanon機での説明でいきます!
まず、リモートスイッチはkissや60D,70Dの場合はこちらのスイッチが安くて便利です。




また、フルサイズの6Dや5DMarkⅢなどはこちらが少しお値段貼りますがインターバル撮影(微速度撮影)の設定も出来るのでオススメです。



三脚は長時間撮影の際になるべくブレないようにするために必要なので購入は必要です。


【撮影方法】

国際ステーション(ISS)が来る直前にカメラのセッティングをしていたら間に合わないのでだいたい20分前から撮影場所で準備をしておきましょう。

【カメラ】
カメラを三脚に設置してリモートコントローラを付けたらカメラ側の設定をB(バルブ撮影)にします。
これは各会社のカメラごとに設定の仕方が違うので説明書を確認してください。

その後はテスト撮影を何回か行なって露出時間を決めます。これはISSが来る前に必ず行なってください。いきなりの撮影はかなり厳しいです。


今回の自分の設定は
B(バルブ撮影)
ISO 1600
露光時間 6秒
F値 F5.6

で撮影しました。今回は、撮影開始が日没一時間後ぐらいだったので露出時間は短めです。

【レンズピント合わせ】
レンズはM(マニュアル)にして、もしライブビュー機能があれば一番明るい星にピントを合わせてテープなどで固定するのが一番いいです。今のカメラだと拡大機能があるので明るい星を拡大してピント合わせするのが正確ですね!

【インターバル撮影】
連続撮影はリモートスイッチを使ってできます。がkissや二桁機は手動での連続撮影になってしまうかもしれません…。

リモートスイッチ側にインターバル撮影機能が付いている場合はそれを使い連続撮影を行ないます。

【比較明合成】
Canonの場合はDPPに「多重合成ツール」があるのでそれを開きます。フォルダから写真を選べるので「比較明合成」でどんどん重ねて行くと以下のようになります。

20140406-国際ステーション撮影
左下の明るい光の軌跡になっているのが国際宇宙ステーション(ISS)今回は比較明で16枚重ねています。
この日は寒気が入って来て寒かったですが空気が澄んでいて綺麗に撮れました。ちなみに右下にはオリオン座が見えてます。

少し点線になっているのはインターバル間隔を一秒空けている為です。

このように撮れるので機会があれば是非ISS撮影を!



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3/1~3/5はバリ島に卒業旅行にそして3/7~8は紀伊半島に行ってきました。
なのでブログ更新が滞ってしまい申し訳ないです (・ω・ ;)(; ・ω・)

そして更新順序は紀伊半島→バリ島の順番で更新していこうかと思っています。

今回は紀伊半島からの天体撮影。
といってもホテルのドアが空いてる時間が僅かで日の出1時間前からという短い時間で撮ったため枚数が非常に少ない(前日は疲れて寝ていた)
でも目標の天の川の写真が撮れて満足ですです。


20140308-IMG_4367
(カメラ:5DMarkⅢレンズ:EF8-15mmF4LUSM ISO2000,露光時間50秒,f4)
日の出前という事で東の空が少し明るくなっています。と、ノイズが多いのは現像失敗していますね…あとで差し替えるかも?

あろ写真の右上に流れ星が写っています。実は円周魚眼レンズで4枚ほど撮影したなかなんと4枚中2枚に流星が写っていました。こんなの初めてだったので驚いてますね…。
これまでの撮影では一回も写らなかったので (・ω・ ;)(; ・ω・)
 
魚眼レンズでここまでの流星が写っているという事はとても大きかったのですね(見てなかった)
20140308-IMG_4369
       (カメラ:5DMarkⅢレンズ:EF8-15mmF4LUSM ISO2000,露光時間50秒,f4)

もう一枚!これはもう明け方間近の写真になります。ど真ん中に写っていますね…拡大してみたのですが間違いなく流星でした。しかしこれは大きい…

朝焼けと天の川と流れ星いっぺんに撮れた写真は初なので感動そもそも日の出前に撮影する事がほとんどないので…。

にしてもこの時の空の色は美しかった。 

20140308-IMG_2726
 (カメラ:6D,レンズ:AF12-24mm f/4.5-5.6 ISO320,SS1/250,f8)
最後に日の出と鯉のぼりの写真を




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

過去記事の新東京駅の夜景撮影に行って来た!の記事を以前書きましたが
この頃の機材はKissX5とEF-S10-22mF3.5-4.5で挑んでましたあれから半年。魚眼レンズ欲しいといていましたがまさかこんな機材になるとは、この頃考えていなかった。フルサイズ5DMarkⅢを持ちそして沼にはまりそしてEF8-15mmF4Lまで購入してしまうという結果になりました。まあ反省はしていません。
少しはレベルアップしたかというと機材の力によって上がった位です。まだまだ機材に振り回されてる写真の日々を送っています。

今回の記事は写真メインに行きたいと思っております。(前の記事での写真も含んでしまいます)

IMG_9834お気に入り


IMG_9896
東京駅街道
IMG_9858
夕暮れ世界に
IMG_9893お気に入り
夕暮れビー玉

IMG_9914
東京駅と光跡
IMG_9919
東京の空を仰いで
IMG_9921お気に入り
ある町の中で

東京駅の魚眼レンズを使った作風は個人的に好きです。魚眼レンズはTS-Eレンズとはまた違った形で建築を切り取る事が出来るので今後も使って行きたいと思っています。

それでは今回の記事は短いですがここらへんで

使用機材
5DMarkⅢ
EF8-15mmF4L
EF70-200mmF2.8LIS
EF24-105mmF4LIS

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今回フルサイズに変えてからずーと欲しかったレンズEF8-15mm F4LフィッシュアイUSMをやっと購入しました!

EF-S10-22mmF3.5-4.5を下取りに、そして三宝カメラさんで新品購入
本当はゴールドラッシュのキャンペーン中に買おうと思っていたんですが軍資金不足によりずるずると…まあ107800円で新品購入できたのでいいかなと。

EF8-15mm F4LフィッシュアイUSMはフルサイズ機で世界初の円周魚眼(180°撮影できる)レンズまた8-15mmという画角は円周から対角の範囲で変える事が出来る。
この一世代前に、前に紹介したEF15mmF2.8フィッシュアイのレンズがあったがそのレンズは対角魚眼レンズの単焦点なので凡用性はやや低い。しかし EF8-15mm F4LフィッシュアイUSMというズームレンズにする事により更なる表現の自由度差がました。

ちなみに中古での旧型と新型の値段の違いは
  • EF15mmF2.8フィッシュアイ:50000円
  • EF8-15mm F4LフィッシュアイUSM:100000円
と二倍ほどの値段の違いがある。
  • 非球面レンズ
  • UDレンズ
  • リングUSM
  • インナーフォーカス
  • フルタイムマニュアルフォーカス
  • 防塵・防滴
  • SWC(Subwavelength Structure Coating)
  • フッ素コーティング


Lらしい贅沢な仕様になっていて10万円ほどはある意味安いかもしれない。
このレンズは2010年発売なのでレンズ設計も新しくまたSWC採用によりフレアやゴーストなどにもかなり強くなっている。
またフッ素コーティングのおかげで指紋などの汚れがついても直ぐに落とす事が可能

重さは530gと非常に軽く持ち運びも楽である。

IMG_8246
というわけで届いて早速箱を空けてみた
IMG_8545
フロントキャップははめ込み式である。しかしはめ込み式なので鞄の中にそのまま津古んで空くと外れてレンズが傷がつくなどの問題点もあるので購入した後はかなり管理を気をつけて行なって行かないとショックな目に合いそうだ…。
IMG_8554
 フィルターを外すとこのような感じに。フードは対角14-15mmの時にだけ使用出来る。
それよりか広角側にしてしまうとフードのせいでけられが発生してしまう。      IMG_8558
 そしてフードを外すともうレンズが思いっきり出ている状態になるつまり出目金状態に…
 魚眼レンズという名称の由来は、魚が水面下から水面上を見上げた場合の歪んだ視点に似ているという事の為に付けられたそうです。
ボディにこの状態で付けているのですが傷を付けそうでかなり怖い

      IMG_8341

      IMG_8559
      そしてサイズはこのような感じになります。右は前に持ってたトキナー10-17で更にダンボー非常にコンパクトです。てかサイズ比較の対象を間違えた感が否めません…

      ではでは簡単な作例を交えての説明

        最近は夜景撮影メインなのでその時の写真を
          奥行きの表現がかなり凄い事に…
            IMG_8274
            魚眼レンズの特徴はまずこの円周魚眼として扱える事!

                IMG_8298お気に入り
                  線路などの線や建物を撮ると非常に面白い
                    対角はこのように周囲にケラレがなくなり対角魚眼としても扱える。
                       次に8-15mmまでの画角の違いについて
                        使用カメラはフルサイズに5D3

                        15mm
                          IMG_9818
                           14mm
                            IMG_9819

                             13mm
                              IMG_9820



                               この辺から周囲が少しケラレ始める
                              12mm
                              IMG_9821
                               11mm
                              IMG_9822

                                 だんだんと円周魚眼に。9-13mmはほとんど使わない中途半端な画角かもしれない
                                10mm
                                IMG_9823
                                 9mm
                                IMG_9824
                                 8mm
                                IMG_9825
                                 8mmで完全な円周魚眼に
                                この写真は新東京駅舎の天井部分
                                  キヤノンの広角レンズといえばあまりいい評判は聞かないがこのフィッシュアイレンズだけは少し違う
                                   写真を見てもらえればわかると思うがかなり解像力が高いのが伺える。
                                  IMG_9903お気に入り
                                    IMG_9914
                                                 
                                               フレア、ゴーストは多少は出ているがキヤノン版ナノクリスタルの「SWC(Sub wavelength Strucuture Coating)」でかなり抑えられているのがわかる。
                                              広角レンズとして使うのは扱いが難しいかもしれないので広角レンズの14-24とかの画角でキヤノンさんに出してもらいたいというのはまた別の話である。
                                                IMG_9919

                                                   
                                                 真上に向けて撮影すると180°切り取れるのでこのような世界観を表現できる。
                                                  では総評を
                                                    ○APS-Cでもフルサイズでも魚眼を楽しめる
                                                      ○静かで早いAF
                                                        ○中央の画質のレベルが高いまた周辺部も良好である
                                                          ○コンパクトで持ち運びが非常に楽
                                                            ○円周魚眼レンズから対角魚眼を楽しめる
                                                              ○ フレア、ゴーストなどに強い
                                                                ○フロントキャップが外れやすい…
                                                                  ○値段が少しお高め?
                                                                    ○出目金なのでレンズが傷つきやすい
                                                                      というわけで個人的にフルサイズ機を持ってる人をまた魚眼レンズが欲しい人にはもの凄くオススメしたいレンズ

                                                                          そんなわけで今回のレビューはここまで
                                                                            それはp.sで
                                                                              また少し書き直しもあるかもしれないので





                                                                                  ___________________________________________________________
                                                                                魚眼レンズ関係のその他の記事

                                                                                AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5を買ってみた


                                                                                Canon EF15mmF2.8 フィッシュアイレンズを買ってみた (レビュー)


                                                                                  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

                                                                                このページのトップヘ