カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:写真

沖縄の泊港からフェリーで1時間半ほどで到着する渡名喜村

沖縄古来の家屋が並ぶ秘島を訪れました。
秘島というタイトルにしたのは沖縄の離島の中でもこの島を訪れる観光客がかなり少なく自分が訪れたときも観光客は自分らを含め7人程度しかいませんでした。(工事関係のおじさん方のほうが多かった)

そんなわけで今回は渡名喜島について紹介していきたいと思います。

◎渡名喜島について
渡名喜島は沖縄から58kmの位置にあり久米島、慶良間諸島、粟国島の三つの島を結ぶ三角形の中の丁度中央に位置する島です、面積は3.74k㎡しかありません。
渡名喜島は第二次世界大戦の沖縄戦でも渡名喜島の被害が軽微であったことで沖縄古来の伝統的な赤煉瓦の集落が未だに残されています。(赤煉瓦の家については後ほど紹介)
また、島自体も県立自然公園として指定されています。

渡名喜島を訪れる方法としては、沖縄県泊港から出港する久米島と渡名喜島と那覇(泊港)を往復するフェリーに乗り向かいます。直行便がなくオフシーズンは渡名喜島に行く船が一本のみ帰りの船は渡名喜島に向かってる途中ですれ違うため日帰りが出来ない島です。4月から10月のオンシーズンだと1日2便でいて村に5時間ほど滞在することができるみたいです。かなり小さな島なので5時間でも十分回ることができます。
ただし、天気が安定せず海が荒れているとすぐに渡名喜島に向かう船は欠航になります。
実際、自分も滞在予定期間+1日島に取り残されました。なので、この渡名喜島は小笠原諸島と同じくある程度旅行期間に余裕がある人しか訪れられない島でもあるかもしれません。

フェリーは久米商船株式会社で片道2700円(大人),往復で5130円になります。
久米商船株式会社HP:http://www.kumeline.com
ネット予約はできなく電話での予約のみとなっています。

◎渡名喜島旅行記
ここから渡名喜島旅行記になります。
那覇に一度一泊してか渡名喜島に向かいました。
なんたって朝8:30出港なのでどうしても羽田からの便だと那覇一泊しないと間に合わないんですよね…。
宿泊したところは船員会館ってところで一泊3000円ほどでした。
船員会館は泊港から徒歩3,4分圏内にあるので非常に便利。

IMG_8413
「泊港」
那覇を出発するときは曇り空でしたが渡名喜島に向かってる途中にだんだんと雲が減って行き青空が広がってきました。ただ、快晴とはならずずーっと雲がちょくちょく出てるような天気が旅行中続いてましたね。

IMG_8443
「フェリーから渡名喜島を望む」
だいたい1時間ちょいすぎてくると遠くの方に渡名喜島が見えてきます。
途中慶良間諸島なども見れますが渡名喜島はそれよりか遥かに小さいです。
IMG_8458
「久米島〜渡名喜島〜那覇を結ぶ帰りのフェリー」
道中で渡名喜島から那覇へ向かうフェリーとすれ違います。これが帰りのフェリーで本日最終便…。なのでオフシーズンの日帰りは出来ないってわけです…。

島が見えて来て30分後だいたい10:00過ぎに渡名喜島に到着しました。
IMG_8506
スカイブルーの色の海。The 沖縄って感じです。
やっぱり小笠原などの海とはまた違った色合いの海でした。
IMG_8509
港からちょっと目を凝らすと別の島も見えてきます。
上の写真の真っ正面に見える島は入砂島と呼ばれ朝ドラの「ちゅらさん」OPで撮影に使われた島です。
ただ、本来は米軍の射爆場になっていて立ち入りは制限されています。

そういえば
昔、高校の修学旅行で渡嘉敷を訪れたことがあり、夜間に火の玉みたいなものを海の方で見た事があります。当時は本当に人魂かと信じていたんですが渡名喜島の入砂島で照明弾を使って演習を行っているという話を聞いてやっと昔見た火の玉が=照明弾だという事実に気がつきました。方角も火の玉が動く速度も今考えてみると明らかに照明弾っぽかったですからね…。
実際に沖縄で変な光が海に見えるという話はかなりの確率で照明弾らしいですし。
IMG_8513 
「乗って来たフェリーであるニューくめしま」
IMG_8685
船着きターミナルも赤い屋根の建物で中には自動販売機類があります。
島内で最も自動販売機の種類が多いので飲み物類はここに買いにいくことが多かったですね。
また、となりに島内で数少ない食堂であるターミナル食堂があります。
メニューは自分らが行ったときは沖縄そばのみでした。
IMG_8681
村役場も赤い屋根でかなりかっこいい感じです。
IMG_8526
村内の道はすべて白砂の道で、ここを歩くだけでも楽しいです。
後ほど紹介しますが夜間にこの道はライトアップされ大変きれいな光景を見る事が出来ます。
IMG_8541
島内には猫も多数いますが人に慣れていないみたいなので近づくとすぐに逃げられます。
いやでも分自分は猫に避けられていた気がする…。

IMG_8973

IMG_8969

宿は「赤瓦の宿ふくぎ屋」という所に泊まりました。
写真は夜間撮影した物の方が雰囲気があるので使っています。写真は左右から
沖縄古来の家で廃屋になってる古民家を改装して宿にしているそうです。
3月の宿の料金は朝、夕方つきで一泊7000円とかなりお安め。家なので結構広くて家族づれカップル、合宿でも十分楽しめる広さです。
洗濯機や離れになりますがシャワー、トイレ、台所などもきちんと付いていて長期間泊まるには最高の場所でした。
この宿は縁側でのんびりしながら過ごすのが丁度いいところです。
周りのふくぎと一段掘り下げられている中の宿なので島内に強い風が吹いても宿の周りは静かです。

朝、夕はふくぎ食堂で食べる事が出来ます。あとは島内の売店があります。売店はお昼や夜のおとも(ビール)を買う時に寄りました。カップラーメンやお菓子類などが売ってます。

到着後は宿でのんびりした後歩いて島内一周しました。所要時間は写真を撮りながらで3時間ほどです。
島内は電気自動車や自転車、高いですがレンタカーも借りられます。
最初は港から真反対にあるあがり浜に立ち寄りました。
IMG_8611

IMG_8615

白い砂浜と青い海。この時観光客が自分らしかいなくほぼプライベートビーチの状態。
静かに波の音を聞きながら写真を撮っていました。
あがり浜から島尻展望台へと向かう途中に昔の歩道がありました。
IMG_8776
岸壁の下に道がありますがここが当時使われていた歩道でした。しばらく歩くと坂道がここを徒歩で登って行きます。自転車だと結構大変そうな坂道です。
IMG_8789

IMG_8806
しばらく登るとあがり浜、アンジェーラ浜を一望できます。
ここからまた息を「ぜいぜい」言わせながら登っていくと
IMG_8824
真っ正面に慶良間諸島が見える場所へ、目の前の小さな島みたいな所には海底洞窟があるらしくダイビングスポットになっているみたいです。
上の写真春なのにススキだらけになっていますが沖縄だとススキが広がる期間が春とかなんですかね?
この近くに屋根付き休憩所があります。意外と小さな島なのに観光施設はきちんと整備されていました。
もしかすると入砂島の米軍射爆場で使われているのでその借用地代が国から結構入っているせいかもしれませんね。
IMG_8838
ここから再び20分ほど歩くと第一目的地の展望台へ到着
IMG_8855

IMG_8840
「展望台からの眺め」
ここで少し休憩しました。展望台には無料の固定双眼鏡も置いていました。
そういえば道中結構な場所でハブに注意という看板がありましたが島の人に聞いてみるとハブはいるけどブッシュの中に入らない限りほとんど出会うことはないそうです。ただ、夜行性なので夜間歩くときは注意してねと言われました。一応ハブに噛まれた際の緊急連絡先もあるのでもし噛まれた際はそこに連絡しましょう。実際に自分が滞在していた間もハブは見かけませんでした。(ハブの活動時期は3月から10月ちょいまでなので時期的な事もあったかもしれない)
ただ、用心しておくにこした事無いので足下は注意しながら歩くのが一番です。

この後は下りながら渡名喜港へ戻り夕食の時間までゆったりと過ごしました。
夕食の時間が終わった後はいよいよ夜の渡名喜島の撮影です。
IMG_8526


IMG_8925
ふくぎ食堂近くの道から撮影。
写真はアングルが違いますが昼と夜の写真になります。
昼間と夜とじゃ雰囲気ががらっと変わりました。夜は圧倒されるぐらい綺麗です。だいたいこういう場所って観光客が多くて撮影すらままならないですが渡名喜島だと人が全くおらずほぼ独占状態で撮影出来ました。フットライトは村役場からあがり浜までの村道一号線に設置されています。暖かいオレンジの光なので歩いているだけで心地よい気分に慣れました。
夜間はこの道を散歩するだけでもこの島に来て良かったなぁと思うぐらい…。
IMG_9348
特にふくぎのトンネルの中にフットライトが照らされている場所は綺麗でした…。
別の日は日が沈んで少し経ったマジックアワーの時間帯に撮影。
IMG_9331
暮れる空とフットライトの明かりのマッチングが素晴らしい…
IMG_9342

翌日も天気が比較的よかったので前日行く事が出来なかった西森園地展望台へと赴きました。
西森園地展望台からは渡名喜島の集落の全体と渡名喜港を望む事が出来ます。
IMG_8985
遊歩道はきちんと整備されていて歩いている途中でも青く透き通った海を見れる。
西森園地展望台へは徒歩で20分ちょいで到着します。展望台からは360°のパノラマが見えますが下の写真のように展望台周りにススキが生い茂っているので集落の写真を撮るなら展望台前の階段から撮るのが一番綺麗だと思います。
IMG_8991
「展望台までの階段」
目の前があがり浜 
IMG_8989
「入砂島方面」
IMG_9049
 道中の階段より渡名喜島の集落と入港してくる久米島商船のフェリー
この日は船は動いていましたが翌日は…見事に欠航になりました…。
本当は翌日帰って座間味島に行く予定でしたがそのスケジュールはおじゃんに…今後どこからしら暇を見つけて沖縄の離島も制覇して行きたいですね。
IMG_9044
ズーミング、手前に見える少し大きい赤いレンガの屋根の建物は小学校と中学校。
変に観光地化がされておらず看板類もかなり少ないおかげで沖縄本来の雰囲気を味わえる。
その点料理屋やお土産屋もほとんどないので普段行く様な観光地とはまた別の楽しみ方を探さないといけない。(本当に何も無いので自分は村内を歩き回って楽しんでいた) 
IMG_9159
旅行先には円周魚眼も持って行っていたので島全体を撮影。

お昼はターミナル食堂で沖縄そばを頂きました。
IMG_9188

IMG_9190
沖縄そばは初めて食べたのですが思った以上に薄味でした。(普段濃いものばかり食べてるせいで舌が…)
ただ、肉の味付けは凄い好きで圧倒言う間に平らげてしまいました。
 
◎島から脱出出来ない…
IMG_9217

IMG_9233
「欠航案内」
IMG_9235
「2012年6月24日からめくられていないカレンダー」
タイトルの時が止まった島はここから来ています。
翌日は外洋が荒れてしまいフェリーが欠航し島に取り残されてしまいました。これまではこういったことがなかったのである意味初体験です。ただ、天候もそこまでよくなかったのでこの日は宿でゆっくりしていました。案外やる事がなさ過ぎるとそれはそれで辛いかもしれません…。

ただ、それでも自分の時は流れているのでなんやかんだで翌日に
流石に二日連続での欠航とはならずに迎えの船が到着
IMG_9410

そして、泊港まで無事に帰る事が出来ました。

渡名喜島の旅はこれでおしまいです。
普段なかなか行けない島を訪れることができ島から出れなくなったのも良い経験でした。
何回も行っていますがこの島は本当に静かでゆったり過ごすには最高だと思います。
島内の雰囲気も素晴らしいし夜間のライトアップは恋人と一生に歩いたら最高ですね間違いなく。

渡名喜島 旅行記 終



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

最後の更新となります。
 

今年の冬は暖冬でスカッとした冬晴れの日があまりないように感じます。

おかげでふたご座流星群の時は曇りやら冬場の天体撮影に出た時も曇ったりとここ最近は天体写真が全くというほど撮影出来ていないです…。
 

そんなわけで更新も鈍っていてネタがなかったですので今年一年で撮影した天体写真と撮影場所を振り返って紹介していきたいと思います。

まず、最初は今年一番目に訪れた

 伊豆半島のあいあい岬からの天体撮影です。

【写真 2015/3/21】 伊豆半島 あいあい岬からの星空


ここは駐車場にトイレや自動販売機などが近くにあったため非常に快適に過ごせました。
が、海沿いという事で風がかなり吹いており物が飛ばされる危険性がありますので撮影や観測の際には予報を見てどのくらい風が吹いているかを確かめた方がいいかもしれません…。

IMG_0901-3


海の方面からの光害は漁船の光以外無く天の川は綺麗に見る事が出来ました。
春頃の天体撮影は、冬の星座と深夜遅くに上がってくる天の川両方を撮影出来るので個人的には一番好きなん季節です。

2カ所目は
富士山五合目からの天体撮影
次は3月から3ヶ月ほど就活があったので時間が空いて6月末の梅雨の時期に撮影に行っています。
実はこの時撮影した写真は記事としてブログに上げていませんでした…。(すっかり忘れてた…)

IMG_3844

梅雨の時期だったため深夜12時までは五合目付近も雲に包まれていて何も見えていませんでしたがそこから急激に天気が回復し、上の写真のような雲海と天の川そして、月没を撮影することが出来ました。
この写真はフォトコンテストに出した所残念ながら入賞はできませんでしたが入選し、佳作でした。

富士山五合目からの天の川は思った以上に濃く見えていました。


3カ所目は長野県にある御射鹿池です。


【天体写真】 御射鹿池の天体写真

富士山五合目からの天体撮影から2週間後に訪れています。

IMG_4480

御射鹿池は昼に訪れると静かな水面に草木がうつ離婚で幻想的な雰囲気になっています。

また、夜間になると素面に写っていた草木が星空に変わります。

4カ所目は離島からの天体撮影です。
【天体写真】 伊豆諸島 新島からの天体写真

自分の中では伊豆諸島全てで天体撮影計画があります。
一昨年には八丈島からの天体撮影を、今年は式根島、新島に行きました。
あと伊豆大島も訪れていたのですがこちらはあいにくなことに曇り空で撮影は出来ませんでした…。
 

IMG_5364

新島にある羽伏浦展望台からの星景写真

新島からの天体撮影は海沿いの道には比較的街灯が多く撮影には適していないと感じました…。

その一方、羽伏浦展望台付近では右のキャンプ場からの光害が若干気になりますがそれでも他の場所に比べて自転車でも行けるかつ天の川が綺麗に見えました。

ただ、周りは本当に何も無いので夜に一人だと結構怖いです笑
 

同じく5カ所目は離島の式根島からの撮影になります。
 

【天体写真】 伊豆諸島 式根島からの天体写真 

新島から式根島へと渡りこちらからも天体撮影を行いました。


IMG_5505

こちらは神引展望台という式根島で最も高い展望台から撮影しています。
左下の光はトイレにある街灯で夜の21時ぐらいには消灯していました。
丁度この時期にペルセウス座流星群が活動しており時たま空に流れる流星群を観測出来ました。

6カ所目は三重県からの天体撮影
【天体写真】 紀伊半島 南伊勢町からの天体写真 

紀伊半島での撮影は二回目でしたが相変わらず紀伊半島の空はとてつもなく暗く感じます。
自分が撮影に行った中ではかなり上位に入るぐらいの空の暗さだと思います。

IMG_5597
撮影地はベンチなどが備え付けられていて街灯とかもほとんどなく撮影地としては完璧な場所でした。
夏場の撮影でしたが意外と風が冷たく、朝方に外で寝るには辛く車に戻って寝ていました。
ともあれ、この場所は再度訪れてみたい場所の一つです。

7カ所目は千葉県の外房からの天体撮影になります。
【天体写真】 千葉県 外房からの天体写真 

首都圏で光害も多く星があまり見られないと思われがちですが千葉県の外房の方まで行くと光害が少なくなり天の川も綺麗に見えます。
といっても下の写真のように千葉でここまで綺麗な天の川の写真が撮影出来るとは思いませんでした…。 
IMG_5803

8カ所目で今年最後の撮影地 山中湖パノラマ台からの天体撮影です。

【天体写真】 山中湖パノラマ台からの月入り風景

富士の麓にある山中湖パノラマ台は10台ぐらい入れる駐車場とトイレも完備されていてこちらも撮影地としては良かったです。
また、10月末に訪れると手前にはススキ野原が広がっていてとても綺麗でした。
IMG_7346
上の写真は月焼けと星空になります。
月が沈んだ直後でも夜空はかなり明るいです。
まるで、夕日が沈んだ後みたいになります。

今年は合計8カ所で天体撮影をしてきました。
11月,12月も撮影には行ったり行こうとしていたんですが天気が今年は本当に悪くいけませんでした…。

これからも天体撮影を続けていこうと思っていますので来年もどうぞよろしくお願いします。



 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

10月上旬秋雨前線が日本列島から消え、秋晴れが遂に来ました。
今年最後となる日帰り登山!
前回は谷川岳(ブログの方では何故か記事にしていない…)
その前は日光白根山に行きました→
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

どうもお久しぶりです。

またもや久々の更新になってしまいました。ちなみに先月は二回しか更新してないという…。忙しいわけではないのですが特に撮影ネタなどが無く更新も滞ってただけです…。

というわけで最近近所にオナガが良く来ているのに気がつき(というか朝早くから鳴き声が凄い)
早起きして撮影しました。

オナガを撮影するのは初めてでしたが結構大きいので撮影は楽に出来ました。
(小鳥だと動きが速いので撮るのが難しい…)
IMG_1995

wiki先生によると

○オナガ
オナガ(尾長、学名:Cyanopica cyana)はスズメ目カラス科に分類される鳥類の一種である。

全長は 34-39cm で、キジバトより一回り大きい程度。ただし尾羽が 20-23cm と長く、頭と体の大きさはムクドリ大。 名前の由来は、尾羽が長いことによる。

黒色に見える頭部の羽毛は濃紺、喉元から後頭部と背の境界部分が白色、胸、腹が灰色、背は濃い灰色、腹の羽毛をかき分けると黒灰色の層が見える。 翼は畳んだ状態では青灰色で隠れた部分は黒色に白い縁取りが有る。 尾羽根は青灰色(2枚×5)で扇状に開いた際に中央の2枚が最も長く先端が白い。雌雄同色である。

平地から低山地の比較的明るい森林林を好み、森林に近接する市街地などでも見られる。

食性は雑食で、昆虫、果実、種子等を常食し一部は貯食する。

樹上に枯れ枝などを使って皿状の巣を作り、1腹6-9個の卵を産む。抱卵期間は17-20日で、雌が抱卵する。雛は約18日で巣立ちする。カッコウの托卵先になることがある。

いつも高いところにおり、群れで行動し、カラスの仲間とあって学習能力は高い。警戒心が強く、また敵に対するモビング(疑攻撃)行動も活発で、巣が襲われた場合などは集団で防衛にあたる。

鳴き声は「ギューイギュイギュイ」「ゲー、ギー」などと汚い大声がよく聞かれるが、これは警戒音声であり、繁殖期のつがい同士などでは「チューイ、ピューイ、チュルチュルチュル」など愛らしい声で鳴き交わす様子も観察される。 (http://ja.wikipedia.org/wiki/オナガ)



カラス科に属するというのは初めて知りました。
朝見るといつも「ギューイギュイギュイ」「ゲー、ギー」という警戒音で鳴いているので非常にうるさいです。
目覚まし代わりにはなりますが笑


近くに猛禽類が来ているみたいなので多分それのせいかもしれません 。
ちなみに猛禽類は調べてみると大きさからしてツミだと思います。(もしかしたら違うかもしれませんが…)
ただ、鳩ぐらいの大きさで猛禽類としたらやっぱツミですかね…。
しかし、住宅街のど真ん中に現れるとは…しかも巣作りもしてるっぽいんですよね


IMG_2048
こちらもwiki先生によると



○ツミ

 ツミ(雀鷹、雀鷂、Accipiter gularis)は、動物界脊索動物門鳥綱タカ目タカ科ハイタカ属に分類される鳥。

全長オス27cm、メス30cm。翼開長50-63cm。体重75-160g。漢字表記の雀は「小さい」の意で、和名はスズメタカが変化したメスに対しての呼称に由来する。下面は白い羽毛で覆われる。

眼の周囲は黄色。

幼鳥は上面が暗褐色、下面が淡褐色の羽毛で覆われる。胸部に縦縞、腹部にハート状、体側面に横縞状の暗褐色の斑紋が入る。虹彩は緑褐色。オスの成鳥は上面が青味がかった灰色、胸部から体側面はオレンジ色の羽毛で覆われる。虹彩は赤褐色。メスの成鳥は上面は灰褐色、下面には暗褐色の横縞が入る。虹彩は黄色。

平地から山地の森林に生息する。単独もしくはペアで生活する。

食性は動物食で、主に小形鳥類を食べるが、爬虫類、小形哺乳類昆虫なども食べる。漢字表記の雀はスズメも含めた小型の鳥類を捕食することにも由来し、英名(sparrow=スズメ)と同義。

繁殖形態は卵生。繁殖期には縄張りを形成する。針葉樹の樹上に木の枝を組み合わせた巣を作り、4-6月に1回に2-5個の卵を産む。メスのみが抱卵を行い、抱卵期間は約30日。雛は孵化から約30日で巣立つ。

本来ツミは、巣の半径50m以内に侵入するカラスなどの捕食者に対し防衛行動を行うことから、卵や雛の捕食を避けるためにオナガがツミの巣の周囲で繁殖することが多かった。だが近年ではカラスの個体数が増加し、ツミが防ぎきれなくなったことからカラスに対しあまり防衛行動を行わなくなり、オナガがツミを頼りにすることが減ってきている。(http://ja.wikipedia.org/wiki/ツミ)


ここで注目なのが「
本来ツミは、巣の半径50m以内に侵入するカラスなどの捕食者に対し防衛行動を行うことから、卵や雛の捕食を避けるためにオナガがツミの巣の周囲で繁殖することが多かった。」 
の一文ですね。
ツミが来て巣作りしてるのでオナガもまたそれにつられて近場で巣作りしてるかもしれません。
現に個々最近はカラスを全く見なくなってるのでツミが防衛行動を行っていそうです。

IMG_2018
オナガは数にして数十匹はいました。こうして電線などに止まったりしています。
IMG_2034
上の写真は巣作り中のオナガ

今後も見守って行きたいですね。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2/20の夜から2/21にかけて個人的に人生で一度は行ってみたかった、冬の只見線の撮影に行ってきました。
車を借りて東北自動車道から磐梯自動車道に入り会津坂下で降り、只見川沿いに進み、撮影地に向かいました。
深夜出発したため撮影地付近に到着したのが明け方の午前3時ごろ、かなり冷え込んでいましたが夜空に星が出てたのでついでに星も撮っちゃおうということで撮影した写真がしたになります。
IMG_1753_1
星撮影といっても近くには街灯なども多くまた、残念ながら雲も出ていたの綺麗な星空写真は撮れませんでした…。
この後、星を撮影した後は只見線の始発待ちでそれまでは仮眠を取ろうとしましたが、明け方の冷え込みが凄まじくほぼ寝れない状態になっていました。

しかも、朝起きてあたりを見回すと濃い霧に囲まれていました。霧のせいで始発は撮れず別の場所で同行者のポイントに行ってみたのですが雪のせいで撮影地の方まで歩いて行けないということで雪の影響を受けない所で撮影しました。
その時の写真が下になります。

IMG_1816

IMG_1826

この時期にこんなに快晴になるのが珍しく青空と雪山と只見線をすべて撮影出来たのは非常に幸運でした。(雪の量が若干少ないのが残念ですが…)
RAW現像ではポジプリント調にして現像していますので少し彩度とコントラストが高めにしました。


IMG_1839
渓谷を走る只見線。
見えにくいかもしれませんが左端の方にちょこんといます。
使用したレンズは両方ともEF24-105mmF4LISUSMで画角は58mmぐらいでの撮影しました。
IMG_1915
こちらはEF200mmF1.8LUSMを使用

今回はこの二枚の写真のみ…只見線は一日の本数が非常に少なく、逃してしまうと何時間も待たなければなりませんので仕方ないですが汗

只見線は紅葉の時期に走るSLも撮りに行きたいのでその時にリベンジです!

そして、個人的にはこういった風景×鉄道の写真が好きなので今後も撮影していきたいですね…!



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ