カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:富士山

遅くながら新年、あけましておめでとうございます。
さて、年明け早々に早速天体撮影行ってきました。元々この日に行く予定はなく昼ご飯を食べた後空を見たら快晴でGPV見たところ夜も晴れそうだし新月だしこれは行くしかないじゃない!ってことで突発的に行ってきました。

場所は前回の撮影時にも訪れた山中湖パノラマ台です。

 
前回は月入り狙いで行きましたが今回は富士山の上にオリオン座がある構図がどうしても撮影したくて再度訪れました。

夜の20時以降にパノラマ台に到着したのですが流石に新月期ともあって撮影者が多かったですね。
今年は暖冬で1月になっても雪が積もってない(降っていない)状況なので行きやすいってのもあるかもしれないですね。(自分もそうでした) 

1月だとオリオン座が富士山と一緒に撮影出来たのは夜中の0時過ぎたごろからでした。 

それまでは適当に色々撮っていました。

IMG_0091
「枯れススキとオリオン座」 

あと、カタリナ彗星も丁度上がって来たので赤道儀「ポラリエ」を使って撮影
IMG_0127-2
一応中心に写っているのですが焦点距離が70mmのためやや見にくいです。
青い色をした星がカタリナ彗星です。2016年1月だとだいたい6等星ぐらいになるみたいですね。
2016年1月 カタリナ彗星が6等台

彗星撮影も本格的にやってみたいので装備関係も徐々に揃えながら撮影の勉強も同時進行で進めていかないと…

本題の富士山とオリオン座になります。
今回は冬の星座を目立たせるためにLEE製のソフトフィルターNo.3を噛まして撮影しています。

IMG_0101

IMG_0106
対角魚眼レンズによる「富士山と冬の星座達」

今回の撮影は、10月以来まともに天体写真を撮れたので満足出来ました。

また、今年も当ブログをどうぞよろしくお願いします。
今年一年は全国各地で天体撮影と何かしら新しい事でも始めたいと思っています。



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

10月になり前回(【天体写真】 千葉県 外房からの天体写真)の撮影からはや一ヶ月経ちそろそろ撮影に行かなければ!ということで初めて訪れた山中湖パノラマ台からの天体写真を撮影しました。

今回は天体写真というよりかは月と風景を組み合わせた写真です。ここ最近は月入り(月没星景)写真に嵌っていて狙って撮影に出ています。


元々この日は撮影に出る予定ではなかったのですが月入りが256分と薄明前に月が沈むので月焼が撮影できるかなと思い急いで準備して撮影しに出発しました。


が、高速に乗った後リモートコントローラを忘れてしまい一旦高速から降りて家に撮りに帰るはめに
リモートコントローラなんて忘れることなんてなかったのですが忘れるという失態。
しかも、リモートコントローラは持っていたのですが、何故か財布に現金が入っておらずSAではコンビニでカードを使うという事態に
撮影機材チェックリストなど作ろうと思った次第ですはい




その後、山中湖パノラマ台に到着した時間は22時ごろでした。すでに10台ほど止められる駐車場は満車状態でしたが何とか一台止められるスペースに止めることができました。撮影者も多く富士山と山中湖の夜景とススキの写真を主に狙っていた感じでした。
 

また、あと4日ほどで満月なので月の光がものすごく明るく今回は星景写真を撮影することはできませんでしたが月明かりのおかげでパノラマ台の手前にあるススキが照らされ「富士山と月とススキ 」を撮影することはできました。

天気の方は若干雲が出ていましたがほぼ快晴状態でした。ただ、湿度が高かったので若干もやっとした写真になってしまったのが悔やまれます。

IMG_3782
 「月夜の傘雲富士山とススキ野原」 

IMG_7286

「富士山と月とススキ

最初の方は月入りのみを狙っていたのですが偶然ススキも入れられる構図で撮影。この日の夜は木枯らし一号が吹いておりススキが揺れ幻想的な風景になっていました。

月入りの時間は256分でしたが富士山に沈むのは2時半頃でした。

IMG_7335
「月入りとススキ」

まるで夕日が沈むみたいな風景ですがきちんとした夜です。月からの光が富士山に遮られて陰になっています。

 

IMG_7346

「月焼と星空」

月が沈んだ後は月焼けをバックに冠雪し始めた富士山が綺麗に写り、月明かりで隠されていた星空が徐々に姿を現し始めましたところで帰宅予定時間となり撤収

といっても今回の撮影はかなり収穫があったので非常に充実しました。

山中湖パノラマ台からも天の川を撮影することが出来るみたいなので来年夏の天の川が登り始める3月後半あたりに再チャレンジしたいです。 

使用機材

Canon EOS 5DMark
TAMRON 
SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD [ModelA012] 
EF 8-15mm F4LUSM 

 


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

二週間ぶりのブログ更新となりましたお久しぶりです。
ここ最近は嵌りだしたランニング(体重ヤバいのでダイエット)などをしながら過ごしていたのでめっきり写真の方を撮っていませんでした。

さて、今回は前から行きたかった城ヶ島についてです。バスや電車を乗り継げばいつでも行けるのですがいかんせん時間がかかりすぎるので忌避してしまってた場所です。
この日は車を出してもらい城ヶ島の方へ向かいました。

城ヶ島に入るとき車だと橋を渡る時に100円かかるみたいです。まあ、そこまで高くはないですが小銭は用意しといた方がいいかもしれませんね。

最初は江ノ島あたりでぶらぶらと撮影したあと城ヶ島に向かいました。城ヶ島についたのは夕方の15:30過ぎで、夕景撮影前に遅めの食事を城ヶ島内の食事処で食べました。
IMG_9345
エビ天とマグロのお汁のセットで1400円ほど。結構ボリューム感あって美味しかったです。
お昼を取った後は駐車場に一旦戻りカメラなどを持って出陣し、徒歩3分ほど歩いた場所にこんな風景がありました。
江ノ島などと違って観光客よりか釣り人は多く静かな場所でしたので非常にのんびりとした時間が流れている感じでした。
また、この日は本当に天気が良く空気は澄んでいて富士山がしっかりと見えていました。
IMG_0173

IMG_0182
「釣り人と富士山」
IMG_0200
しばらく歩くと開けた景色が出てきてあたり一面に洗濯岩?の海岸線が広がっています。
この場所からはまだ富士山は見えませんが洗濯岩をしばらく歩いて行くと
(結構でこぼこしてるので転ばないように注意…)

IMG_0210
富士山が見えてきます。
この時の風景は肉眼でもめちゃくちゃ綺麗でした…。
IMG_0227
望遠で富士山を切り取る。
城ヶ島からの夕景と富士山はいっぺん撮ってみたいなぁと思っていた所なので撮影に行けてよかった…。
江ノ島からの富士山も好きだけど城ヶ島からの方が落ち着いて撮影出来るのがええです。
IMG_9365
(EOS M+EF-M 11-22mmF4.5-5.6ISSTM )
城ヶ島を調べてた所どうやらここから夏場の新月期に天の川も撮影出来るという事で下調べも兼ねて行ってきました。
灯台もあり星×灯台も撮る事が出来そうなのであと数ヶ月したらまた星空の方の撮影で行ってみようかなと計画中
IMG_9388
(EOS M+EF-M 11-22mmF4.5-5.6ISSTM )
使用機材
○Canon 5DMarkⅢ
○EF70-200mmF2.8LISUSM
○EF24-105mmF4LISUSM
○EF17-40mmF4LUSM
○EOS M
○EF-M 11-22mmF4.5-5.6ISSTM

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




7月の梅雨明けに富士山の精進湖に天体撮影に行ってきました。
富士山周辺だと以前5月に撮影に行った田貫湖(「写真】田貫湖に天体写真を撮りに行きました」)以来になります。

夜の11時に出発して精進湖についたのは、なんと午前2時…夏の天体撮影で不利なのが日の出までの時間が非常に早いこと、朝の4時には明るくなるので、撮影出来る時間までには僅かに2時間ぐらいしかありませんでした。準備に手間取り結局撮影開始したのは2時半でした。

精進湖周辺の光害は結構あるように感じましたがかろうじて肉眼で天の川を見ることは出来ました。

また、湖ということもあって湿度が非常に高く撮影の際に毎度おなじみ結露に相当注意を払いました。
それでもヒータなどが無いのでだんだん結露してきましたね…。

IMG_1601

IMG_1608-2
富士山と天の川。ちょっと高感度上げすぎたせいでノイズが多くなっちゃいました。
IMG_4829
赤道儀「ポラリエ」を使用。
星景モードではないので地面が流れています。

IMG_4871
赤富士とは言えないですがうっすらと赤い感じに染まった富士山を見ることが出来ました。

しかし、夏は空気が霞んであまり綺麗には見えませんね…。
IMG_1738
精進湖ではカヌーでの競技の練習に使われているみたいです。


ではでは






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

三つ峠山は、河口湖近くにある標高1785mの山で標高が比較的低い方で登山道が整備されていることから初心者でも登れる山となっています。
また、最近ではアニメ「ヤマノススメ」の二期で登場している山ですね。


【アクセス】

登山コースとしては富士急行大月線「三つ峠駅」からのルート
こちらは「ヤマノススメ」での登山ルート

また、河口湖側からのルートなどがあります。

詳しいルートの説明はこちらの公式HPに載っていますので是非
(http://www.kachikachiyama-ropeway.com/contents/mitsutoge/

 
【自分が登ったルート】
徹夜での天体撮影後でしたので一番頂上まで時間が掛からないコースを使いました。
(あと近くに天下茶屋があるためそこからの富士山撮影も含めて…)

そのルートとは、三つ峠登山口バス亭から登山するルートです。 
もちろん車ですので近くにある駐車場から出発しました。

【登山記録】
自分の登山記録を合わせて記事にしていく形にします。

26
赤丸が今回の登山ルートへの入り口のおおよその駐車場の位置になります。上記の地図を見てもらうとわかります天下茶屋から車でおよそ5分ほど進んだ所にあります。
駐車場はそれなりの台数が止まれるスペースがありました。

車から降りて準備をして早速登山です!(装備は軽い感じに)
IMG_4948

IMG_4951

朝方は、晴れていたのですが午後からは残念ながら曇ってきました…山の天気は本当に変わりやすい

最初の山道は少し急な坂になっていましたが、道幅が広く歩きやすい方でした。

IMG_5046

だいたい30分ほど登ると休憩出来る石のベンチがあるのでここで軽い休憩を取るのがおすすめです。
ただ、周りにハエやアブなどが多かったので虫除けスプレー的な何かは必要でしたね…。

さて、このベンチで休憩して20分ほど登ると
IMG_4959
少し開けた所に出て青空が見えてきます。ここの道は途中の山道ほどでこぼこしてなく歩きやすかったです。両隣には山の花なども見る事が出来楽しみながらのハイキングが出来ます。
IMG_4956
ちなみに道中こんな花を見つけたのですがこれは一体何の花なのか?

ここで少し歩くと
IMG_4962
道が二つに分かれます。

自分らはこのまま四季楽園富士見荘の道へ向かいました。
おそらくどちらからでも三つ峠山には行けると思います。

ここからまた、20分ぐらいかけて登っていくと
IMG_4992
山小屋が見えてきます。

山小屋は宿泊も出来るみたいですが、付いたときは鍵がしまっていましたね…。
IMG_4994
ちなみに100円払うとこちらのベンチで休憩できます。
ここのベンチからの眺めは下の写真のように広大な風景が見られます!

IMG_4969
左手に見えるのが屏風岩になって入りその下にある道が三つ峠駅からの登山道になっています。
(こちらがヤマノススメの正規ルート)
IMG_4970
屏風岩は有名なロッククライミングスポットになっていて、上の写真だとわかりにくいのですが人が登っている所が写っています。

ちなみにベンチ近くに小高い丘?があるのでそこを登ると
IMG_4976
このような風景が見られます。
左のアンテナ、レーダーがある場所が三ツ峠山の山頂になります。もう、あと少しの所です。

IMG_4986

さて、休憩が終わり山頂まで行きます。
IMG_4999
NHkのアンテナなどがある横の道を登っていきます。
ここは結構滑りやすいので転ばないように注意してください

IMG_5001
そして10分ほどかけて登ると三つ峠山山頂です!
いやぁ仮眠取った後とは半徹夜の中での登山は疲れました…。
IMG_5010
残念ながら頂上に登ったときにはもう雲が結構出ていて奇麗な風景を見る事は出来なかったです。
まあ、こうして無事に登れたので達成感はありました笑

IMG_5006
12mmの広角で山頂から富士山を
小さくですが左の方の雲の中に山頂が見えます。本当に見にくいですが…

山頂までは途中撮影しながらなので2時間ほどかかりましたが、コースの案内によると1時間15分ほどで山頂までは登れるそうです。

ちなみに山頂から駐車場までの下山はわずか50分ほどでした。急な下り坂なので転ばないように歩くのが大変でしたね。案外登りより下りの方が筋肉使うよう気がしました。

【使用撮影機材】
今回の撮影機材は以下のものに

○EOS 6D
○EF8-15mmF4LUSM
○EF24-105mmF4LISUSM
○シグマ12-24mmF4.5-5.61型
○EF70-200mmF2.8LISUSM

望遠レンズのEF70-200mmF2.8LISUSMは重すぎたので軽い望遠レンズを新調したくなりましたね…。


以上登山記録になります。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ