カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:旅行


またもや一週間以上更新が止まってしまった…どうもです。
ここ最近は大学の方や外部の活動でなかなかこのブログの更新をする事が出来なかったです (´・ω・`)


旅行記事は久しぶりになりますね、今回は和歌山県にある那智滝に行きました。

那智滝は総合落差では133mmもあり、日本で12番目に落差がある滝になりますが,一段で終わる滝としては国内で一番落差があります。

那智滝の行き方は車で行くか、また「紀伊勝浦駅」から熊野交通路線バス「那智山行き」で,約30分乗り,「那智の滝前」でバス停車するのでそこから徒歩5分ほどかかります。



IMG_4294

IMG_4293

ここから徒歩5分以内に那智滝に到着します。
IMG_4305
那智滝は参入料として大人300円、子供100円かかります。

IMG_2657
冬場なので少し殺風景で寂しい感じでした。
IMG_4309
日光の華厳の滝などに比べてかなり近くにいけるので見応えはありますね。
そもそもこの滝自体ご神体にあたるみたいです。
IMG_2672
よくある定番構図として青岸渡寺の三重の塔と那智の滝

IMG_4338
山桜ですかね?やっと長い冬も終わり春を感じられるようになってきました。

IMG_4356
こちらは桜とヒヨドリ。背景の色合いが気に入っています。

IMG_4351
そしてヒヨドリと言えばイソヒヨドリを初めて見る事が出来ました。
イソヒヨドリはヒヨドリ科ではないんですけどね。雄の羽の色合いそして鳴き声がとても美しい鳥です。いやはや良かった…

今回の記事も短めで終わってしまいました…。ブログ書き始めてもう二年経ちますが未だに長い文章や上手い文章を書く能力は身に付いてないですね。でも昔の記事を見返したらだいぶましになってるのかな?と思いますが笑


さて、もう三月の後半そろそろ桜の季節ということなので時間が許す限り夜桜,桜×野鳥,桜風景を狙っていきたいと思います。

それでは

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

8/5日-8/8日の三泊四日で計画していた八丈島旅行計画

八丈島は東京都にある離島であり伊豆諸島の中に含まれており沖縄より近く南国気分を味わえる場所なので人気がある島
また、ダイビングなども盛んでここでダイビングの免許を取ったり体験ダイビングも出来る島でもある。

交通手段は、航空便とフェリーによる定期運行が行なわれている。

今回はANAの朝一番の便にて八丈島へと向かった。
丁度オンシーズンだったこともあり朝の一便でもほぼ満席
IMG_4027


 機体はボーイング社ではなくエアバス320でした。八丈島の滑走路的に小型機系じゃないと厳しいみたいですね。

さて7:30の便に乗って離陸したのが7:45分頃そこから40分位のフライトで八丈島へ。
ベルト着用サインが 消えてる時間が僅か10分程度しかなかったのが驚きです。いやはやあっという間に…

あ、航空料金についてなのですが早めに予約すると片道13000円ほどで行けるので本当にお手軽です!

IMG_4032
八丈島空港!
気温は暑いと思いきや都内のコンクリートジャングルに比べ涼しかったです。
潮風?が心地よく歩いたら汗が出るのは当たり前ですが都内みたいなまとわりつく様な暑さではなかったです。
ただ日差しは強かったので長時間外にいると熱射病などになる事があるので充分注意を

IMG_4033
                                      ハイビスカス 

IMG_4051

IMG_4056
まさに常夏の島という感じ

実は到着した直後レンタカーを予約してない事に気づいてすぐに電話を掛けるがどこも満杯に…
何とかモービルレンタカーというところで空きがあったので軽自動車を借りていざ出発

※免許を持ってる方はレンタカーを借りた方がいいです…お一人なら原付を借りるのもあり!
思ってた以上に島は広かったです (・ω・ ;)(; ・ω・) 

八丈島には八丈富士と三原山という二つの山があります。どちらも1000mに満たない山です。
一日目は三原山方面を午前中、午後は八丈富士のほうをまわりました。

とりあえずまず三原山方面を一周してみようということになり樫立、中之郷、末吉らへんをまわりつつ(ここら辺は3日目に温泉巡りで再度まわったので紹介はあとに…)

そのまま三原山周辺を一周まわりつつ登龍峠に到着。ここで写真を撮ってる方がいたので一緒に風景写真を

IMG_4078

目の前に見えるのが八丈富士
左側にちょこんと見えるのが八丈小島になります。
IMG_4093

 ここでしか出番がなかったダンボー何やかんだで出すのが面倒かった←

IMG_4098
登竜峠の場所は八丈島全体を見通せて非常に良い場所でした。ここはオススメです。トイレもあるので休憩もできます。

そしてこの後はいったん宿にチェックインして少し休憩してからのお出かけになります。

目指すは上野山の八丈富士を!

八丈富士には牧場がいくつかありそこでソフトクリームや牛乳などを食べたり飲んだりして休憩出来ます.
IMG_4125

八丈富士からの眺めも非常に良く八丈島の町全体を見渡す事が出来る!
なのでアイスクリーム食べながらのんびりと過ごすのもありだと!

IMG_4137


 登ってる最中に丁度A320が着陸態勢に入ってたので俯瞰撮影。
IMG_4152

IMG_4159
(5D3+EF400mmF5.6L)

 400mmあっても足りない…

IMG_4173
関東ではもう枯れてしまってる紫陽花が何故か八丈島では今が旬でした。青空と紫陽花なかなか良い組み合わせです! 

IMG_4188
登る事一時間ちょっと頂上付近に到着
一時間で登れるのですが何ぶん急勾配になっていて足ががが

IMG_4213

山はカルデラ状になっていてお鉢巡り出来るのですが夏という事で草がぼうぼうと生えていまして全く道が封じられている状況でした。

IMG_4263
 お鉢巡りは50分
そして、ここから頂上までは15分ほどみたいです。 

少し開けた場所より山の上から撮影 

IMG_4197

IMG_4228

IMG_4243

離島の空は関東よりも透明度?霞がなく綺麗な青空に
都内は霞というよりも光化学スモッグのせいで視界が悪いのか…

まあともあれ八丈富士からの眺めは絶景でした (・∀・)

そしてお次は前の方で出てた登竜峠からの夕焼け撮影
八丈島の3日間スコールみたいな雨が降ったりと天候が安定してないなかの夕焼け撮影は、あまり良いのが撮れなく非常に残念な結果に。

ちょうど自分がいた3日間だけ天候が安定してなかったのでやはり雨男疑惑がw

 
20130805-IMG_4281

IMG_4277

IMG_4285


丁度太陽が落ちる方向に雲があるみたいで綺麗に焼けた空にはならなかった残念…

魚眼レンズを風景写真で用いたがどうだろう対角魚眼ならそれなりに面白い画は撮れるが円周だと少しみにくくなる。
うーんやはり普通の超広角レンズが欲しくなる…

というわけで一日目はこうして終了と

この日は夜から曇りで天体撮影は出来ませんでした (´・ω・`)

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

冬もそろそろ空けそうな春の陽気に誘われて先の大戦時も使用された猿島を訪れてみました。

 地元の駅から横浜経由で猿島へ向かう桟橋の最寄り駅横須賀中央へ
IMG_2284
 京急線。横浜新橋などから一本で行くことが出来るので非常にアクセスが楽でした。
駅から10分ほど歩くと三笠桟橋へと着きます。

 三笠桟橋の近くには,戦艦「三笠」 があります。
IMG_2287
この左側の青い車が止まってる所を進むと券を買えます。
大人1200円
子供600円
1時間に一本のペースで運行してる

そしてここで問題が…

 (o^ω^o)「本日は風が強くなってるので次の便は欠航するかもしれませんので1時間しかいられ
ないですがいいですか?」

 「え!?」Σ( ̄□ ̄;)

というわけでまさかの時間制限付きに…確かに今日は風が強かったそして花粉のせいで目がかゆい…

IMG_2289
とりあえずまあ1時間あればどうにかなるだろうと船に乗る
船内はこんな感じでした
そして出航!
IMG_2295
 
猿島に着くまではおおよそ10分ほど
IMG_2305
船着き場にて、砂浜は夏のキャンプには最適そう
これは夏に行きたい!
ちなみに上陸したのは自分一人でした…誰もいない…
まあ平日だからしかたないか
IMG_2433
島全体の地図
1時間あれば何とか回れそうかな?
とりあえず切り通しと有名なフランス式煉瓦後に!
IMG_2323

  「雰囲気が出てなかなかいい」(・ω・o)!
時が止まったような所でした…
IMG_2321

IMG_2324
 レンガはフランス積みの煉瓦建造物になっていますいやぁ組み方が綺麗
IMG_2326
 

さらにこの道をあるイ行くと
IMG_2329

IMG_2331

弾薬庫がありました。
ちなみに猿島は要塞後でしたが本土決戦など行なわれていないので
実際はほとんど使われてなかったそうです。

IMG_2327

IMG_2334
 
 そしてそのまま歩いて行くと
!トンネル!
ここのトンネルは日本で二番目に古い歴史を持つ
フランス積みレンガのアーチ造り様式トンネル
IMG_2336
IMG_2341

 カップルが暗いトンネルの中手をつなぐのので愛のトンネルと呼ばれてる
もちろん自分は一人でくぐりました
でも一人はやっぱ怖いですね。風も通り抜けていて音が ((((; ゚Д゚)))ガクブル

IMG_2342

IMG_2385
漏れ日とトンネルのマッチングがいい…
ここがかつての戦争で使われていたとは考えられないほどでした
IMG_2343
ここでいくらかの分かれ道
IMG_2350
 そのまま進んで行くと
IMG_2353
弥生人が住居お墓としていた洞窟が

他にも砲台後等ありましたが写真枚数が多くて割愛です (・ω・ ;)
個人的には夏場に訪れた方が雰囲気が良さそうな気がしました!
キャンプなども出来るので是非とも訪れてみてください

IMG_2404
 
___________________________________________________________________________________________
参考→http://matomattaare.blog.fc2.com/blog-entry-442.html 

参考→http://www.tryangle-web.co.jp/
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今回珍しく二日連続続いて写真の記事ですいや記事じゃなくて撮影日記かな

千葉に行ってきましたもちろん撮影会です。いやー千葉サバイバルゲームではよく行くんですが写真は鳥には行ったこと無いので初体験()

何故行かないのかというと地元からのアクセスが大変なのと時間がかかるのとお金がかかるのが原因ですはい

ちなみにレンタカー借りて行きました、レンタカーは便利すぎる (; ^ω^)
大人数で借りれば割り勘でお金もかからない今までどうして使わなかったのだろう(←運転がこわいから) 

ぺーぺのペーパーが運転してきましたよ何とか事故らずにすんだのが幸いかな笑 

新横浜でレンタカーを借りて千葉までニ時間ほどして休憩にここで撮影に
IMG_0136

広大な景色が素晴らしかった。左下に富士山がありますねーにしてもこの日は空気が冴え渡っていて美しかった。

IMG_0139
三脚に固定のまま レンズの向こうに引きで撮れば良かった 

途中でEF100-400+エクステンダー×Ⅱ装着して1280mmの世界で遊んでみた
でもさMFなのでピントが合わせずらい重いとなかなか大変でしたよはい


IMG_3893
IMG_3894
IMG_3891
IMG_3960
そして昼飯(マグロのカツカレー)を食べて
お次はかづさおおくぼ駅へ
この駅は鉄道写真家の方などが多く被写体として使用しているみたいです。
流石に夜は人気がなかったですね。近くに小学校があるんですが下校時刻になると小学生と駅と電車を被写体にして撮る構図もあるそうです。

IMG_0155
駅舎と星空


IMG_0176お気に入り

IMG_0179お気に入り
何か出そうな雰囲気ですね…あと望遠はぶれますね
ちなみにカメラ持ってない時に限って電車が来ると言う (; ^ω^)
しかし一時間に一本のなので見れて良かった
IMG_0160

 千葉は星空が綺麗!うん流星群撮影とかしたいなぁ寒いだろうけど…防寒対策しっかりしないと多分大変なことになる

IMG_0182お気に入り
最後に残った時間で大黒ふ頭行っておしまい!

今回は写真はあまり撮らなかったですね。車の運転メインでしたそれでも楽しかったですが

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

前回の高山に続いての今回の旅行のもう一つの目的1995年にユネスコの世界遺産に登録されている白川郷に行ってきました。実は世界遺産白川郷だけではなく近くの五箇山も含まれているんですね知らなかった (; ^ω^)


場所は岐阜県高山市荘川町にあり
アクセスは車で行く場合なら
  • 東海北陸自動車道 白川郷インターチェンジからすぐ。
  • 国道156号で岐阜市から約3時間、高岡市から約2時間。
  • 白山スーパー林道 
 の三つの方法があります。高速道路で行くのが一番アクセス的に楽だと思います

車が無い場合は路線バスの利用して行くことも可能
  • 名鉄バスセンターより岐阜バス高速白川郷線が1日に1往復している(冬期は土日祝のみ運行)。
  • 高岡駅砺波駅城端駅より加越能鉄道のバスが1日に4往復運行しているのでこれらによって向かう
 他のアクセスは自転車で行くとかもありだと(笑)タクシーとかだと高いですからね…

では写真 

今回使用してるレンズは広角レンズ
IMG_2335


美術館

IMG_2336


お土産や

IMG_2465

駐車場から白川郷に行く場合はこの橋を渡って行く
下の川はものすごい透明で綺麗です

IMG_2346
こういったのどかな田舎で夏を過ごしてみたいですね
IMG_2347

IMG_2365
青空が広がり天気もよくて最高でした
IMG_2383

IMG_2386

IMG_2426


家の中にも入る事も出来ますのんびりと縁側でするもありかもしれませんね
IMG_2392
 ( ^ω^) サンショウ魚も 普通にいる
IMG_2413
展望台より展望台は車で行くことも歩いて行く事も出来ます!
ここはよくポスター等に利用されて構図ですね
IMG_2463
観光客がいない裏通り




おすすめサイト
______________________________________________________________
白川郷付近の地図→http://maps.loco.yahoo.co.jp/maps?ei=UTF-8&type=scroll&mode=map&lon=136.9015886&lat=36.2790319&p=白川郷&z=15&uid=eba230239a8d4f18967610b7d1b8c45f4dc5d6f8&fa=ids

白川郷観光協会→http://www.shirakawa-go.gr.jp/


白川郷wiki→http://ja.wikipedia.org/wiki/白川郷




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ