カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:日記

livedoorのアクセス数カウンターが8万人を超えました。いつも当ブログを見てくださってありがとうございます。

2013年は様々な事がありました。特にカメラ、レンズの機材増強が進んだことには自分でも驚いています。まさかここまで沼にハマるとは…

では今年買ったカメラ、レンズのIYHリストをまとめると

○EOS 5DMarkⅢ
○EF8-15mmF4L USM
12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM
○EF24-105mmF4L IS USM
Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE 
○EF70-200mmF2.8LIS USM
○EF400mmF5.6LUSM
の合計六本。ただこの他手放したレンズが何本もあるので実質何本買ったのやら。
中古で格安購入やローン組んでの購入など色々ありますがそれでも新品価格に直すと100万は行ってますね…。
 

ただ当初予定してたシステムはほぼ完成したので恐らく2014年はほとんどIYHしないはずです(サンニッパ欲しいサンニッパ欲しいマクロプラナー欲しい) 

写真活動については今年は天体写真そして野鳥写真にハマっていますのでこれからこのジャンルを中心に進めて行こうかなと思っています。
旅行は恐らく研究室などで忙しくなり休みがあまりとれないことを考えると厳しいかも?
そしてブログ更新は出来る限り一週間に2,3回は目指したいですね。

Canonのレンズ、カメラ情報についての発信等も行なうことも考えてます。(ネタが無いときは)


さて今年もあと数時間で終わります。来年もこのブログをよろしくお願い致します。

それでは良いお年を! 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

冬深まる11月もう今年も1年が終わろうとしています。早いですね…

今年は多くのジャンルの写真を撮って行きましたが何となく振り返ってみて

まず今年一番なのは八月の八丈島の天体撮影
20130807-IMG_4536
天の川と八丈島の街並これが一番心に残りました。
そもそも天の川を見たのがこの時初めてだったので、最初は薄雲かと思っていたんですがよーく目を凝らすと天の川でした。
20130531-IMG_9835
そして「EF8-15mmF4L USM」によって表現が広げることができました。元々は上記の円周魚眼を使っての天体撮影を行うために購入したのですが東京駅での撮影のさいに思った以上に面白い物使い方が出来て高い買い物でしたが満足の行くレンズでした。
こういう特殊レンズを使わないと撮影出来ない作風もあると思います。
20130302-IMG_2090展示会用写真 「夕暮れ迫る都市」

20130917-IMG_6555

あとは夕景や夜景撮影にはまっていたりと
去年よりかは腕が上がったと信じたいです。というよりRAWでの現像能力が上がったとも言えるかもしれません (*'ヮ'*)

それと野鳥撮影も
20130224-IMG_0301

20130929-IMG_7105

カワセミ撮影は今後行なって行きたい。青い翼、撮影の難易度の高さ的にも

来年は桜舞う中のカワセミ撮影に行きたいものです。


他にも航空機撮ったりと様々なジャンルを今後も続けて行きたいと思っています。
来年は大学院に進むので撮影時間が今ほど取れなくなりますが、ブログはカメラ情報なども混ぜつつなるべく更新して行く予定です。一週間に一回は更新出来るように頑張ります





 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

少し更新期間が空いてしまいました…、、最近は研究室が忙しく、撮影に出掛けられない状況が続いています。写真撮影が案外ストレス解消になってると感じたこの頃です。

さて写真記事を書きたい所ですが撮影に行けてないので書けませんという事で少しばかり気になった話を

「EF50mmF1.8 IS USM」が来年の第1四半期に発表される噂があるという記事。
もちろんCanonrumorsさんのサイトから
http://www.canonrumors.com/2013/10/a-new-50-coming-soon-cr1/ ) 
以前にエンジニアの嗜みさんの方でEF50mmF1.8 ISの特許について取り合げられていたので恐らくもうそろそろ登場するんではないかという話です。

ただ気になるのが 「EF50mmF1.8 IS USM」のUSMになっている所。ここは恐らくSTMが採用されるのではないかとにらんでいる。

そしてもう一つ価格は幾らになるのか?

EF35mmF2 IS のリニューアルレンズの実売りが今でも6万ほどと単焦点レンズにしては非常に高い。
なので撒き餌さレンズとしてEF50mmF1.8が存在してたのでIS付きでも実売り二万ほどで出して欲しいという部分がある。まあ、恐らく厳しいと思うが…。
 
現在はプラナー50/1.4があるので購入はしないと思うが…。

そして、Canonとのライバル社 Nikonがフルサイズ機D610をD600を発売してから一年ちょっとで出してきましたね。これには驚きです。前々から噂はあると聞いていたのですがD600のセンサーゴミ問題を解決してなおかつまあちょっと改良という事で秒コマ数を6コマにして発売。
これはD600買った人にはあまり面白くない話だと思います…。

今D610買える予算があるのならD800を購入した方が長く使えると思います。それかCanonの6Dをオススメ。というより6DのWI-FIはその場で写真を上げられるので非常に便利。


今月に入ってペンタックスもK-3出したし、Canonも何かしら発表がありそうなので楽しみ!


さて写真の方はというと今月から紅葉撮影に行きたいと考えてるので奥多摩か、日光あたり。そして来月は星撮りを主にやろうと考えてます。

それでは 

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

夏の暑い日々、入道雲の浮かぶ空
今年は暑い夏と呼ばれてますが、個人的には久々に本当の夏が来たなと感じています。

さて近況報告としては、EF40F2.8STMを手放しました。そしてとあるレンズを購入!
そのレンズとは…まだ公開致しませんが画角50mmレンズをIYHしてしまいました。
EF40F2.8STMのLレンズに匹敵するほどの解像力や軽さなどは非常に便利でしたがどうも自分は画角40mmは合わなかったようでここ最近使用頻度が下がっていた。

使わないのはもったいないのでこれを資金にして別の欲しかったレンズを購入しようかなと思い購入。
しかしまあ、EF40F2.8STMは、買っては売って買っては売っての繰り返しなんでお金あれば多分買い戻しそうですがまあ、安いレンズがあればIYHして貯金を減らす性格をどうにかしないと…
 購入したらまたレビューとかもしていきます(反省してない)

さて他のレンズも売ってしまい今あるレンズは5本
50mm単焦点一本から始まり
キヤノン純正レンズは
EF8-15mmF4USM
EF24-105mmF4L IS USM
EF70-200mm F2.8L IS USM
EF400mmF5.6L USM 
のLレンズ四本。
レンズとボディはプロ級、腕は三流なので今後の方針は腕を鍛えて行くこと。
写真はロケーションや時間帯とかをきちんと考えて撮って行かなければならないので奥が深い。

もちろん形から入るのも大事ですが形から入って多くの物を失いました。お金とかお金とか

それと気になってるのがこのレンズシステムだとマクロレンズと広角レンズがない(まだ買うのかというツッコミはなしで…)

実は、マクロレンズは100mmマクロプラナーかEF100mmF2.8Lを候補として考えてます。
マクロプラナーはMFレンズそして値段が阿呆に高いので多分EF100mmF2.8Lになりそうです。
もちろん今年は恐らく買えないので来年あたりに

そして問題なのは広角レンズ…
キヤノンの広角レンズはニコンに比べてどれもぱっとしない例えば

EF-S10-22mmF3.5-4.5USM :青の出方が非常に素晴らしい。解像力もある。昔使っていましたがお気に入りのレンズの一本。しかしフルサイズでは使えないのががが。

EF17-40mmF4L USM:このレンズも実は使った事があります。しかしどうもハズレ玉を引いたのか自分の腕が悪かったのかぱっとした写りが出ず更に周辺流れも酷い…。そして値段もそこそこするので候補からハズレる

EF16-35mmF2.8L USM:大三元の一つ。まず高いそしてどうも写りがニコン14-24f2.8とか遥かに良いという訳でもなく買っても感動が得られないという意見が多かったので候補からは除外


じゃあどうするんだ!
そうだ!35/1.4や18-35/1.8で最近話題になってるシグマさんでいいじゃないか!
シグマさん広角レンズも多種多様に出しておりまあ安いしそこそこシャープなのもある。
というわけで気になったのが12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMです。
レビューを見てみると旧型よりか光学性能がよくなったのと逆光に強くなったみたいですね。
そして外観が新モデルに!かっこいい

12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM
(シグマ:12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM
フルサイズで12mmスタートの超広角レンズそして24mmだと24-105でそのままつなげられる!
広角レンズは、EF8-15mmF4Lを使えば良いじゃないかって話もあるんですがやはり魚眼と広角レンズでは使いどころが違ってきます。夕焼けとかを撮るなら超広角レンズの方が、ダイナミックに撮影できますので。どうも魚眼レンズだと切り取るのが難しい

さて新品はamazonだと
6万円前半になっていますね。中古は多分5万ぐらい?Lレンズに比べるとまあ安く買える。レンズはよっぽどの物じゃなきゃ最新の設計のレンズがいいです。コーティングも日々進化してゴーストやフレアなどが発生しにくくなっています。
シグマさんの最近のレンズはほとんど当たりかつ値段も純正の半額、純正にこだわらないのであればシグマレンズを候補に入れた方が良いかもしれません。


すみませんただの欲しい欲しい病でブログ更新をしてしまいました (・ω・ ;)(; ・ω・)


そして、新レンズで撮影した写真を二枚ほどUPして締めます。


IMG_3626

IMG_3748



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

最近被写体が何もない風景ばっか撮ってるのでこう何か被写体が欲しいと思い購入!
(周りが買っててその写真が良かったから何て言えない…)

ダンボーはそもそもあずまきよひこ原作の「よつばと!」というの第五巻に登場する夏休み工作のダンボール製着ぐるみロボットである。

アマゾンで作られてその可愛さあまりに人気が出て大手フィギュアメーカーの海洋堂から発売されたもの
よくまとめサイトの画像スレ等でもダンボーの写真はまとめられてる。

というわけで早速アマゾンでポチッた。しかし品切れでつい先日入荷してやっと今日届いたばっかり

さてアマゾンの箱を空けると再びアマゾンの箱が!

IMG_6650
 マトリョシカみたいになってるちなみに外箱であるのでこれを空けると
IMG_6652
こんな感じで包装されてる
さて早速だして写真を撮ってみる
IMG_6656

まずは斜めからこの角度がダンボーらしい
大きさは80mmとミニなので小型
通常は130mmあるみたいです。
小型の方が旅行とか写真撮りに行く時持ち運びが楽そうですね
IMG_6657
正面
[●▲●]「のほほーん」
腕や足は「リボルバージョイント」
というものになっていて可動フィギュアになっていますので手足動きます。

実際に鉛筆をダンボーに持ってもらった
IMG_6661
 可愛い!鉛筆置き場にも使えそう?w
ちゃんと足には固定台も付属されてるのでそれをつければ安定して立てる事が可能

そしてダンボーのもう一つのギミックは目の発光!
暗くして顔の左側にあるスイッチを上げると
IMG_6667
[○▲○]「ピカーン」
光ります!ので夜の雰囲気を出せる!
普通に飾ってくだけでもある意味癒される

というわけで明日出掛けられたらダンボー撮影に行ってきます (*´∀`*)


そしてダンボーはアマゾンタイプ以外にも様々な種類が出ています。
アマゾン経由で買うと1000円とお安い
ちなみにアマゾンタイプはアマゾンが発売してる。







 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ