カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:星景

週末天気が良かったので以前から気になっていた天体撮影ポイントの野反湖を訪れてみました。

ただ、平野部は天気がよかったのですが野反湖のある山岳部は雨が降っていて撮影は絶望かと思っていましたが次第に雲が無くなり素晴らしい天の川が姿を現してくれました。

IMG_6079
野反湖は周りが山に囲まれており、草津からの光害を覗けばかなり暗い夜空でした。
この構図で何枚か撮影した後に雲が出て来てしまいしばらくの間撮影ができませんでしたが何も撮れない悲劇は回避出来たのでよかった…。

IMG_6129
もう一枚。前景に木を取り入れた構図です。
近辺は前景に取り入れたら面白い物が結構あったので今度晴れた時に再度訪れたい場所でした。 

さて、これからは梅雨の時期に入り天体撮影はなかなか難しくなってきます。
ちょいとこの時期ならではの撮りたい被写体があるのでそれの撮影をしてブログに上げたいと思っています。(初なのできちんと撮れるか不安ですが…) 

それでは




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

初めに熊本地震、大分地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
余震や雨による土砂崩れ等の二次災害もある可能性があるかもしれませんのでどうかお気をつけてください。
そして、関東もいずれ大震災が訪れる可能性があるので地震の対策もしっかりとしなければならないと改めて感じました。

天体写真を初めてもう3年ぐらい経つのですが毎年桜×天体写真を撮影できなくて今回初めて桜×天体写真を撮影することが出来ました。
社会人となり纏まったお金も定期的にある程度入るため週末は出来る限り撮影に出たいと思っています。

さて、今回の撮影時期は4月9日~10日にかけてです。今年の桜は早咲きでして、すでに多くの所で満開を迎え散りつつあるような状態でした。
ただ、あまり遅すぎても月末には満月期になってしまうのでむしろ早咲きでよかったかもしれません。

巡った場所は山梨のワニ塚の桜ともう一カ所山梨県内にあるしだれ桜を撮影してきました。

夜になるまではお昼のワニ塚の桜と夕暮れの桜のライトアップの写真を撮影。
ワニ塚の桜は定番構図が撮影できる撮影場所がきちんと用意されています。しかし、ライトアップギリギリになると多くの撮影者が訪れるので早い時間帯に来て場所をあらかじめ押さえていた方がいいかもしれません。
IMG_5724
定番構図のライトアップされたワニ塚の桜と八ヶ岳。
本来快晴だと青空の中の桜と八ヶ岳が撮影出来ますがあいにく曇りなのでなんだか微妙な写真になりました。そして、この構図ばっかネットで上げられてますが理由があります。
IMG_5731-3
その理由としてはワニ塚の桜の横に送電塔があるためです。
なので、一枚目の切り取り方をしないとどうしても送電塔が入ってしまいます。
この送電塔は出来れば移動して貰いたいですね…。

そう言えば撮影情報を集めている際にワニ塚の桜と天の川の写真も見受けられました。一応ここからでも天の川撮影は出来るみたいですが、方角的に送電塔も映り込むので綺麗な桜×天の川は恐らく撮れないです。(韮崎市内の光害もそれなりにあるので天の川自体は非常に見にくい…)

ワニ塚の桜のライトアップの写真を撮影し終わった後に山梨県にあるしだれ桜の写真を撮影に行きました。

現地到着は21:00ぐらいでしたがまだまだライトアップがされており遅い時間なのか数人しかいませんでし。
IMG_5795
一本のしだれ桜が照らされて闇の中に浮かび上がった姿は幻想的でした。
IMG_5763
小高い丘の上にあるため角度によっては夜桜と夜景も撮影できます。
22時ぐらいにライトアップが終わり星空が広がります。残念ながらこの日は薄曇りで快晴の空は見る事が出来ませんでした…。
IMG_5895
「北斗七星としだれ桜」
狙いの夏の天の川が登ってくるまで待機していました。北の空は薄曇りで何とか桜と星を撮影することが出来ました…。
そこから3時間ほど待って深夜の2時ぐらいに薄らとさそり座が見えてきました。

IMG_5861
しかし、夏の天の川が登ってくる方角だけ曇っていました…しかも町灯りが雲に反射してしまいかなり明るめになってしまいました。
IMG_5896
「しだれ桜に浮かぶ夏の大三角形」
天の川の中心と桜は撮影する事は出来ませんでしたが、しだれ桜の真上に夏の大三角形を置く構図で撮影しました。定番の構図ですがやっと撮影する事ができて本当によかったです…(念願の夢が叶いました)
ただ、この翌週には別の場所できちんと天の川を撮影することが出来ました笑
それでもこのしだれ桜は素晴らしかったので来年晴れている時に再挑戦したいなと思っています。

次回は長野の桜と天の川です。ほんと働き始めると平日は起きて寝ての生活になりますね…。それでもブログは週一更新を目指して頑張りたいと思います。

ではまた来週


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

伊豆諸島全ての島からの星景写真を撮ることが目標にしお盆休みを使って伊豆諸島 新島、式根島に天体撮影をしてきました。
伊豆諸島での天体撮影は一昨年の八丈島からの天体撮影以来に2回目になります。

新島は東京の浜松町の竹芝桟橋から東海汽船が運用してるフェリーに乗って訪れました。
フェリーは夜中の23時出発し、新島には朝7:30に到着する便になります。
意外とフェリーの料金だと往復1万3千円(2等客席)ほどでいけるので結構お安いです。
(フェリーの他にジェット船がありますがそちらは二時間半ほどで新島に向かう事が出来ます) 

初フェリーということで船酔いなどを心配していましたが大型フェリーだったためそこまで揺れは激しくなく船酔いはしませんでした。

今回の撮影旅行を節約するために羽伏浦キャンプ場というところでテント泊をし、また、移動手段は1日1000円で借りられるレンタサイクルで移動しました。

新島には二泊三日の滞在でしたが一日目は台風14号の影響のせいで雲が多く天体撮影の方は雲の隙間からかろうじて撮影できるような状況でした。

IMG_5188
「都立羽伏浦公園より雲の隙間から夏の天の川」
羽伏浦キャンプ場の前に都立羽伏浦公園がありそこの上空は僅かながらに雲が途切れていましたので、新島での天の川をとりあえずは納めることに成功しました。
都立羽伏浦公園はまわりに街灯などが多く天の川は見えるのですが撮影の際にはこうした街灯などの光害をかなり受けてしまう場所でした。
また、羽伏浦キャンプ場の方でも天体撮影を行ったのですがこちらもキャンプ場に街灯があるのとまた背後に山があり、そこから雲が発生しているため撮影には不適だと感じました。
IMG_5200
「都立羽伏浦公園より雲の隙間から夏の大三角形」

次の日は街灯をなるべく避けるために羽伏浦展望台という所に向かいました。 
IMG_5325
「羽伏浦展望台より羽伏浦海岸を望む」
こちらは南側が開けており丁度夏の天の川が正面に望むことが出来ます。

IMG_5359-2
「羽伏浦展望台から夏の天の川方面」
 (5DMarkⅢ+TAMRON SP 15-30mmF2.8 20mm ISO4000 f/2.8 20秒)
この日も台風14号の影響で天気が心配でしたが何とか晴れてくれました。
天の川の下の雲は台風14号の外側の分厚い雲です。これがもうちょっとこちらに来ていたら危なかった…。
また、右の明かりは羽伏浦キャンプ場、公園そして海岸線の街灯による光害になります。
湿度が高くガスっている状態なので光が拡散していました。
それでも、新島の星空は都会では見られない満点の星空だったと思います。

それでは次回は式根島からの天体写真の記事になります。

続き→【天体写真】 伊豆諸島 式根島からの天体写真
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今年初となる本格的な天体撮影に行ってきました。
伊豆半島を選んだ理由としては、長野などは雪道を走行しなければならない可能性がある、夜寒くて死んでしまう…なので暖かい気候で撮影しやすく以前から気になっていた伊豆半島を選びました。

また、あいあい岬は伊豆半島の先端にあるため光害などの影響が少ないので綺麗な星空が撮影できる場所です。
ただ、春先ということで春霞や雲が発生しやすい状況なので雲の隙間を狙った撮影となりました。

そして今回は、新しく購入したレンズであるタムロン15-30mmF2.8の初投入となります。
タムロン15-30mmF2.8は重たい事を除けば周辺流れも少なく、解像度も高いので星景の撮影に非常に向いているレンズだと今回使ってみて感じました。

IMG_0839
EOS 5DMarkⅢ+タムロン15-30mmF2.8(SS:35秒 f/2.8 ISO 3200 15mm)

夕方の18時くらいに到着したときは海側の方は晴れていたのですが準備を初めて、いざ撮影しようとすると雲が出てきました。まあ、このときは雲は僅かに出てる程度なのでオリオン座や金星の撮影が出来ました。この後は、雲が出て来て夜の0時までは撮影できませんでした…。

ちなみにあいあい岬では、ほぼ180°パノラマでベンチなどが置いてあり過ごしやすい環境が整っています。ただ、海岸の近くということで風が強いので撮影の際には物を飛ばされないように充分に気をつけたほうがいいです…。

IMG_0843
EOS 5DMarkⅢ+タムロン15-30mmF2.8(15mm)(SS:25秒 f/2.8 ISO 4000 15mm)
IMG_0848
「オリオンと航空機の軌跡」
EOS 5DMarkⅢ+タムロン15-30mmF2.8(15mm)(SS:35秒 f/2.8 ISO 3200 15mm)

手前には海原が広がっていて、光を出してるのが夜間の漁に出かけている漁船
IMG_0859
「鐘とふたご座、ぎょしゃ座」
EOS 5DMarkⅢ+タムロン15-30mmF2.8(SS:30秒 f/2.8 ISO 3200 15mm)
岬にある鐘の上にふたご座とぎょしゃ座が浮かんでいます。
深夜1時あたりからは次第に天候が回復し、多少霞は残っているものの綺麗な星空が広がっていました。ちょうど、さそり座も昇ってきて、いよいよ春に撮影できる、夏の天の川の時間帯になってきました。

IMG_0886-2
「地平線から昇ってくる夏の天の川」
EOS 5DMarkⅢ+タムロン15-30mmF2.8+ポラリエ(SS:151秒 f/2.8 ISO 1600 15mm)
地平線近くは霞が出ていたため、本格的な撮影を始めたのが深夜の2時からでした。春先の撮影だと午前4時あたりになると空がうっすらと明るくなってしまうので、撮影時間は2時間半ほどしか撮れないのがこの時期のデメリットですね…。

IMG_0889
EOS 5DMarkⅢ+EF8-15mmF4LUSM(SS:241秒 f/4 ISO 1600 15mm)
対角魚眼レンズでの撮影、夏の天の川と夏の大三角形を見る事が出来ました。
春先の天の川は写真のように横たわった状態で撮影出来ます。

IMG_0892
 「天の川撮影風景」
EOS 5DMarkⅢ+タムロン15-30mmF2.8(SS:181秒 f/2.8 ISO 1600 15mm)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

どうもマクロそしてTwitterの方では星空といいます。

今回は前から予定されて何度も天気で撮影が流れてた富士山と天体写真を撮影に行きました。

最初は山中湖で一晩中撮影する予定でしたが天候が良く無いのと光害があまりにも酷かったためその反対側にある田貫湖に行きました。

実は昔の記事を辿ると去年の8月に田貫湖で朝焼け写真を撮影してました。
富士山 田貫湖からのダイヤモンド富士?撮影
このときも天体撮影に行ってたのですがずーと曇りで撮れなかったため再チャレンジになります笑


天気の方は最初は雲っていたのですが23時頃から徐々に晴れて来て天の川も観測出来る様になってきました。

 
山中湖で撮影という事で山中湖にある紅富士という温泉に行き来ました。
かなり気持ちよかったです (*'-'*)
その後山中湖ほとりで一回機材の準備して撮影したのですが下の写真のように光害が酷く星がほとんど写らなかったために即移動の判断を出しました(この時既に22時でしたが笑)

20140502-IMG_7319
 
田貫湖に着いたのは23時ごろ

田貫湖は自然に出来た湖ではなく農業用の貯水池みたいな感じだそうです。

キャンプ施設などもありトイレやベンチなども設置されていて夜通しの撮影にはかなりいい撮影地でした。


そして今回はポータブル赤道儀ビクセンのポラリエを初投入しました!
【レビュー】ビクセン ポラリエ導入
IMG_7136
これはまだ極軸合わせしてない状態です。のぞき穴があるのでそこに北極星を入れて極軸合わせをします。
ポラリエの作例写真や使い方そして効果はいかほどなものかという記事はまだ次回の方に書きます!

20140502-IMG_7322
EOS 5DMarkⅢ+シグマAF12-24mmF4.5-5.6 ISO2500
露光時間30秒 F4.5 WB蛍光灯 Lightroom5で処理


田貫湖で撮影した一番初めの写真です。
最初はこのように雲がかかっていて怪しい雰囲気の写真になりました。
機材はEOS5DMarkⅢとEOS6Dを使用
5DMarkⅢはタイムラプス(微速度撮影)に6Dはポラリエで星景写真を撮りました。
タイムラプスでの動画作りもまた次回記事にします。

20140503-IMG_3389
EOS 6D+EF8-15mmF4LUSM ISO1250
露光時間120秒 F4.5 WB蛍光灯 Lightroom5で処理
 
円周魚眼レンズ×富士山これが第一目標でしたので撮影出来たのは非常に満足です。
ポラリエの星追尾のおかげでISO感度を1250まで下げて露光時間を長く出来たことにより撮影出来る星の数そしてノイズの少ない写真に仕上がることが出来ました。


また対角魚眼レンズだと
20140503-IMG_3403
EOS 6D+EF8-15mmF4LUSM ISO1250 露光時間120秒
F4.5 WB蛍光灯 Lightroom5で処理

このように富士山の上に虹がかかるような天の川写真を撮影することができました。
風もほとんど吹いておらず湖面が静かなため逆さ富士が出ていたので非常に幻想的な雰囲気でした。

20140503-IMG_3396
EOS 6D+EF8-15mmF4LUSM ISO1250 露光時間120秒
F4.5 WB蛍光灯 Lightroom5で処理
天の川の中心部分。深夜3時ぐらいに撮影。この時期の天の川は深夜の遅い時間帯に天頂に来ます。
そして、撮影途中は寝袋で星を見ながらねっころがたりして天体観測も出来て非常に楽しかったです。
やっぱり星を見て星を撮るのはいいですね。


そして最後にご来光を見て今回の天体撮影を終えました。
20140503-IMG_7689


次もまた天体撮影に行きたいです。乗鞍山や白駒池や山梨からの富士山と天体も撮りたいです。
装備も次からはさらにソフトフィルターや光害カットフィルターなども取り入れて撮影して行きます。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ