カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:星空

山梨県での桜撮影の一週間後に長野県 勝間薬師堂に天の川と桜の写真を撮りに行きました。
こちらは日本三大桜の高遠城址公園の近くにあるしだれ桜で天の川とセットで撮影出来る場所としても有名な所です。

仕事が終わった金曜日にすぐに家を出発し到着は深夜23:30頃でした。
丁度日本列島は高気圧で覆われており現地では快晴の星空を見る事が出来ました。

勝間薬師堂は桜の時期には臨時駐車場が用意されていて、臨時駐車場からは徒歩で10分もかからない場所にしだれ桜があります。

到着した時には同業者の人はほとんどいませんでしたが、天の川が登り始める1時近くになると10人以上の撮影家が集まっていました。
IMG_6018-2
「春の夜の撮影会」
桜と天の川を撮る人達で賑わっています。 
IMG_6038
「北斗七星としだれ桜」
IMG_6014
「登りくる夏の天の川と勝間薬師堂のしだれ桜」
やっと美しい夏の天の川と桜を撮影出来ました…。 
一応今年初の夏の天の川ということで撮影している時はかなりテンション高めでした。
ほんとここまで好条件なのは近頃なかったので運が味方してくれました。
ただ、この場所もワニ塚と同様に電線が入り込んでしまうので電線がなければいいポイントなんですよね…。
また、勝間薬師堂のしだれ桜は町灯りで照らされているのでライトで照らす等の必要性はあまりないと思います。
IMG_6069
「夜空と桜を見上げて」
久しぶりに円周魚眼での星空を。
円周魚眼を使うと星がどうしても小さな印象になってしまうためソフトフィルターを使って強調しています。

ともあれ念願の「天の川と桜」を撮影することが出来ましたので今回の撮影は非常に満足いくものでした。
今年は桜の開花時期が早く他の場所も巡ろうと思っていましたが既に散っている事が多かったため来年にまたリベンジしようと思っています。
来年は2カ所ほど行きたい場所が決まっているので来年の天気次第ですね。



使用機材
EOS 5DMarkⅢ
EF8-15mmF4LUSM
タムロン15-30mmF2.8
LEEソフトフィルターNo.3


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回の撮影地はいすみ鉄道の第二五之町踏切からの写真になります。

この撮影地に行こうと思いついたのはいつも見ている天体撮影ブログの「星空のある風景写真BLOG~眠りたくない夜がある」でいすみ鉄道の踏切×天体の写真が紹介されおり、その写真が素晴らしく自分も撮影してみたいという事で行ってきました。

後、冬でスタッドレスタイヤを持っていないため長野方面に出かけられないという理由もあります…。

アクアラインを降りてから一般道に入り1時間ほどで第二五之町踏切に到着しました。
「いすみ鉄道•第二五之町踏切」は遮断機、警報機もない畑の中にある踏切で、いすみ線を撮影する鉄道ファンにも有名な撮影地です。

IMG_0667
現地に到着した時は雲の量があったので今日の撮影厳しいかなぁと思いながら夜になるのを待っていたのですがやがて雲が消えていき綺麗な星空が広がってきました。

千葉の星空は前回の【天体写真】 千葉県 外房からの天体写真

とは違い第二五之町踏切比較的町灯りが多い場所でしたがそれでも冬の天の川が見れるぐらいの暗さでした。改めて千葉の星空には感動しました。

IMG_0737-3
「踏切直上に浮かぶ冬の星座」
 
久しぶりに円周魚眼レンズで冬の天の川と星座、そして
第二五之町踏切で左の端に写っている明るい星は木星です。円周魚眼レンズは構図がどうしても似たようになってしまうので扱いずらいですがこういう時に実力を発揮してくれます。
冬の天の川が見えるという事はもしかすると夏の天の川×踏切も撮影できるかも?
IMG_0741
撮影中、オリオン座の中に流星が流れてくれました。
構図的には微妙なので惜しかったです…。
IMG_0712
踏切の上に浮かぶ北斗七星
丁度踏切の真上に北斗七星が来てくれました。
IMG_0748-2
今回の現像ではモノクロ写真風にも現像してみました。
北極星周りに回るカシオペア座と北斗七星、そして踏切
この写真は今回撮影した中でノスタルジーを感じるためかなりお気に入りです。 
あとは踏切に人がいれば完璧だったかもしれません…笑

IMG_0705-2
最後はいすみ鉄道×星空です。
中心に冬の大三角形を配置してその下にいすみ鉄道の光跡を入れてみました。
初めてカメラ内の多重露光を使ってみましたが何とか形にができました。
次は車両を撮影してそれと組み合わせもやってみたいですね。


以上今回撮影した写真でした。




 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最後の更新となります。
 

今年の冬は暖冬でスカッとした冬晴れの日があまりないように感じます。

おかげでふたご座流星群の時は曇りやら冬場の天体撮影に出た時も曇ったりとここ最近は天体写真が全くというほど撮影出来ていないです…。
 

そんなわけで更新も鈍っていてネタがなかったですので今年一年で撮影した天体写真と撮影場所を振り返って紹介していきたいと思います。

まず、最初は今年一番目に訪れた

 伊豆半島のあいあい岬からの天体撮影です。

【写真 2015/3/21】 伊豆半島 あいあい岬からの星空


ここは駐車場にトイレや自動販売機などが近くにあったため非常に快適に過ごせました。
が、海沿いという事で風がかなり吹いており物が飛ばされる危険性がありますので撮影や観測の際には予報を見てどのくらい風が吹いているかを確かめた方がいいかもしれません…。

IMG_0901-3


海の方面からの光害は漁船の光以外無く天の川は綺麗に見る事が出来ました。
春頃の天体撮影は、冬の星座と深夜遅くに上がってくる天の川両方を撮影出来るので個人的には一番好きなん季節です。

2カ所目は
富士山五合目からの天体撮影
次は3月から3ヶ月ほど就活があったので時間が空いて6月末の梅雨の時期に撮影に行っています。
実はこの時撮影した写真は記事としてブログに上げていませんでした…。(すっかり忘れてた…)

IMG_3844

梅雨の時期だったため深夜12時までは五合目付近も雲に包まれていて何も見えていませんでしたがそこから急激に天気が回復し、上の写真のような雲海と天の川そして、月没を撮影することが出来ました。
この写真はフォトコンテストに出した所残念ながら入賞はできませんでしたが入選し、佳作でした。

富士山五合目からの天の川は思った以上に濃く見えていました。


3カ所目は長野県にある御射鹿池です。


【天体写真】 御射鹿池の天体写真

富士山五合目からの天体撮影から2週間後に訪れています。

IMG_4480

御射鹿池は昼に訪れると静かな水面に草木がうつ離婚で幻想的な雰囲気になっています。

また、夜間になると素面に写っていた草木が星空に変わります。

4カ所目は離島からの天体撮影です。
【天体写真】 伊豆諸島 新島からの天体写真

自分の中では伊豆諸島全てで天体撮影計画があります。
一昨年には八丈島からの天体撮影を、今年は式根島、新島に行きました。
あと伊豆大島も訪れていたのですがこちらはあいにくなことに曇り空で撮影は出来ませんでした…。
 

IMG_5364

新島にある羽伏浦展望台からの星景写真

新島からの天体撮影は海沿いの道には比較的街灯が多く撮影には適していないと感じました…。

その一方、羽伏浦展望台付近では右のキャンプ場からの光害が若干気になりますがそれでも他の場所に比べて自転車でも行けるかつ天の川が綺麗に見えました。

ただ、周りは本当に何も無いので夜に一人だと結構怖いです笑
 

同じく5カ所目は離島の式根島からの撮影になります。
 

【天体写真】 伊豆諸島 式根島からの天体写真 

新島から式根島へと渡りこちらからも天体撮影を行いました。


IMG_5505

こちらは神引展望台という式根島で最も高い展望台から撮影しています。
左下の光はトイレにある街灯で夜の21時ぐらいには消灯していました。
丁度この時期にペルセウス座流星群が活動しており時たま空に流れる流星群を観測出来ました。

6カ所目は三重県からの天体撮影
【天体写真】 紀伊半島 南伊勢町からの天体写真 

紀伊半島での撮影は二回目でしたが相変わらず紀伊半島の空はとてつもなく暗く感じます。
自分が撮影に行った中ではかなり上位に入るぐらいの空の暗さだと思います。

IMG_5597
撮影地はベンチなどが備え付けられていて街灯とかもほとんどなく撮影地としては完璧な場所でした。
夏場の撮影でしたが意外と風が冷たく、朝方に外で寝るには辛く車に戻って寝ていました。
ともあれ、この場所は再度訪れてみたい場所の一つです。

7カ所目は千葉県の外房からの天体撮影になります。
【天体写真】 千葉県 外房からの天体写真 

首都圏で光害も多く星があまり見られないと思われがちですが千葉県の外房の方まで行くと光害が少なくなり天の川も綺麗に見えます。
といっても下の写真のように千葉でここまで綺麗な天の川の写真が撮影出来るとは思いませんでした…。 
IMG_5803

8カ所目で今年最後の撮影地 山中湖パノラマ台からの天体撮影です。

【天体写真】 山中湖パノラマ台からの月入り風景

富士の麓にある山中湖パノラマ台は10台ぐらい入れる駐車場とトイレも完備されていてこちらも撮影地としては良かったです。
また、10月末に訪れると手前にはススキ野原が広がっていてとても綺麗でした。
IMG_7346
上の写真は月焼けと星空になります。
月が沈んだ直後でも夜空はかなり明るいです。
まるで、夕日が沈んだ後みたいになります。

今年は合計8カ所で天体撮影をしてきました。
11月,12月も撮影には行ったり行こうとしていたんですが天気が今年は本当に悪くいけませんでした…。

これからも天体撮影を続けていこうと思っていますので来年もどうぞよろしくお願いします。



 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログの方をまたもや一ヶ月も放置してしまったが面倒くさくて放置したという訳ではなく、ただブログネタが特になかったためです。(すいません)

先月のパノラマ台以降は撮影に出ていませんというか週末はほとんど曇りや雨が多くて晴れた日に限って用事があるという事でやっとこさ撮影に出れました。
といっても特にどこに行こうかと考えていなくて久々に夜景写真撮るかーってなってついでに前から気になっていた初都市星景にもちょっと挑戦してみました。

今回の都市星景写真はテストも兼ねての撮影です。

撮影地は東京駅から徒歩5分圏内にある和田倉門です。
東京駅での夜景写真は撮影したことあるんですが和田倉門での夜景写真はまだ撮っていなかったんですよね…。

そんなこんなで冬空快晴に恵まれた11月末に和田倉門へ

到着時間は17時頃
夕景と町灯りを撮影したかったのでちょいと早めに着くようにしました。
現地には何人か撮影者がいましたが休日にしては少ないなという印象を受けましたね。

というわけで撮影した写真を
IMG_7599
丁度イチョウ並木が黄色く色づいていて水面に反射するような写真になり、和田倉門からの町灯りは綺麗でした。
IMG_7627
休日だということでビルの明かりはほんの少し付いてはいますが寂しめな感じになっています。

今回の都市星景はとりあえず一時間撮り続けて比較明合成をしてみました。
露出時間は4秒、ISO感度は640、絞り値はF5.6に設定。
18時から撮り始めて19時に撮影終了。
だいたい800枚を撮影しました。

その後、比較明合成するとこんな感じになりました。
都市星景
凄い街灯+車の明かりがまぶしいのと飛行機の軌跡が凄いことに…。
真っ正面のビルを突っ切っている光跡は東京都内を遊覧飛行している飛行船のものです。
また、池ではイチョウの葉っぱが動いて凄い事になってますね。
正直の所、失敗した感Maxです。ただ、肉眼や一枚の写真の時は見え辛かった星がきちんと写っているので露出時間とかを間違えなければいい感じにはなりそうな気配です。
露出時間は4秒だったのを次は2秒ほどにして挑戦したいですね。(撮影枚数は増えてしまいますが…)
あと、一時間ではなく30分か45分ほどで切り上げても特には問題なさそうです。

ちなみに下の写真は200枚を比較明合成した写真になります。
都市星景3
上よりかは幾分かましにはなっているようには…。でも露光時間はほんとミスしたことを悔やまれる…。

というわけで次回また都市星景にリベンジしようと計画。次はスカイツリーあたりがいいかなと思っています。


そう言えば押上に銭湯があるみたいなので帰りにそこにも寄っていきたいなと。
この前某都内にある銭湯に入ってから嵌ってしまって都内の銭湯巡りでもしてみようかとこちらも計画中
都内の銭湯は結構いいですよ。最近だと若者向けに結構綺麗に改装していて気兼ねなく入りにいけます。
スーパー銭湯みたいに1000円超えたりはしなくて500円ぐらいで済む所も多いので冬の寒い時に銭湯へ入りにいくのもありだと思います。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

10月になり前回(【天体写真】 千葉県 外房からの天体写真)の撮影からはや一ヶ月経ちそろそろ撮影に行かなければ!ということで初めて訪れた山中湖パノラマ台からの天体写真を撮影しました。

今回は天体写真というよりかは月と風景を組み合わせた写真です。ここ最近は月入り(月没星景)写真に嵌っていて狙って撮影に出ています。


元々この日は撮影に出る予定ではなかったのですが月入りが256分と薄明前に月が沈むので月焼が撮影できるかなと思い急いで準備して撮影しに出発しました。


が、高速に乗った後リモートコントローラを忘れてしまい一旦高速から降りて家に撮りに帰るはめに
リモートコントローラなんて忘れることなんてなかったのですが忘れるという失態。
しかも、リモートコントローラは持っていたのですが、何故か財布に現金が入っておらずSAではコンビニでカードを使うという事態に
撮影機材チェックリストなど作ろうと思った次第ですはい




その後、山中湖パノラマ台に到着した時間は22時ごろでした。すでに10台ほど止められる駐車場は満車状態でしたが何とか一台止められるスペースに止めることができました。撮影者も多く富士山と山中湖の夜景とススキの写真を主に狙っていた感じでした。
 

また、あと4日ほどで満月なので月の光がものすごく明るく今回は星景写真を撮影することはできませんでしたが月明かりのおかげでパノラマ台の手前にあるススキが照らされ「富士山と月とススキ 」を撮影することはできました。

天気の方は若干雲が出ていましたがほぼ快晴状態でした。ただ、湿度が高かったので若干もやっとした写真になってしまったのが悔やまれます。

IMG_3782
 「月夜の傘雲富士山とススキ野原」 

IMG_7286

「富士山と月とススキ

最初の方は月入りのみを狙っていたのですが偶然ススキも入れられる構図で撮影。この日の夜は木枯らし一号が吹いておりススキが揺れ幻想的な風景になっていました。

月入りの時間は256分でしたが富士山に沈むのは2時半頃でした。

IMG_7335
「月入りとススキ」

まるで夕日が沈むみたいな風景ですがきちんとした夜です。月からの光が富士山に遮られて陰になっています。

 

IMG_7346

「月焼と星空」

月が沈んだ後は月焼けをバックに冠雪し始めた富士山が綺麗に写り、月明かりで隠されていた星空が徐々に姿を現し始めましたところで帰宅予定時間となり撤収

といっても今回の撮影はかなり収穫があったので非常に充実しました。

山中湖パノラマ台からも天の川を撮影することが出来るみたいなので来年夏の天の川が登り始める3月後半あたりに再チャレンジしたいです。 

使用機材

Canon EOS 5DMark
TAMRON 
SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD [ModelA012] 
EF 8-15mm F4LUSM 

 


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ