カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:望遠レンズ


【レンズ】EF 100-400mm F4.5-5.6 L IS II USM (購入編)
でご紹介したレンズ「EF 100-400mm F4.5-5.6 L IS II USM」で今回は野鳥メインで撮影してきましたので使ってみた感想を少し書いてみます。

【使用感】
僕は回転ズームはズームリングを100→400にするには95度回さなければならないので直進ズームよりかは広角端から望遠端にズーミングするには時間がかかると感じました。
ただ、野鳥撮影の際には基本400mm固定での撮影になるため特にズーミングで気になる事はなかったです。400mm固定にする際にズームを動かないようにトルク負荷を締め付けると非常に使いやすかったです。また、三脚座はなるべく重量を軽くするために外して行きました。三脚座を外す事によりひっかかりがほとんどなくなるので取り回しも良くなりました。 
IMG_9520
次ぐにフード窓については、知らぬ間にフード窓は開いている!なんて事が多かったですのでC-PL富士ルターを使わない場合には何かテープで固定しといたほうが良いかもしれません。
また、EF400mmF5.6LUSMと違って手振れ補正が強力なのでファインダーを除いても被写体がぶれずに見やすく構図も決めやすかったです。やはり手ぶれ補正はあった方が全然いいと思いました…。

【重さ】
以前持っていたEF400mmF5.6LUSMが1250gでEF100-400mmF4.5-5.6LISⅡUSMが1570gと300gほど重くなりましたが僕は長距離歩いても特に苦にはならない程度の重さだと思います。
手持ちでの撮影も一脚や三脚を使わなくても余裕で出来ますね。やっぱり軽いのは正義です。

【撮影】

あいにく天気は曇りでシャッタースピードを稼ぐためにISO感度を高くしていますので画質などはあまり参考にはならないと思いますが一応…。

カメラはすべての写真でEOS 5DMarkⅢを使っています。
IMG_0077
Tv(シャッター速度) 1/ 640
Av(絞り数値) 5.6
ISO感度 5000
焦点距離 400.0mm

この日は、丁度目線の高さにコゲラが来てくれて撮影が非常にしやすかったです.
背景のボケはぐるぐると渦を巻く様な感じになっています。
IMG_9908
Tv(シャッター速度) 1/ 1600
Av(絞り数値) 5.6
ISO感度 2000
焦点距離 400.0mm

画質はCanonさんがEF70-200mmF2.8LISⅡUSMと同等と言ってるみたいですが実際、僕の個人的な感想になりますが少なくともEF400mmF5.6LUSMに引けは取らないと思います。

IMG_9854
 Tv(シャッター速度) 1/ 500
Av(絞り数値) 5.6
ISO感度 1600
焦点距離 400.0mm

400mmの望遠側開放F5.6だと周辺減光が少し目立つ気がしました。また、F8に絞っても若干 周辺減光は残ります。 

【×1.4エクステンダー】 
IMG_9868

 Tv(シャッター速度) 1/ 1250
Av(絞り数値) 8.0
ISO感度 2500
焦点距離 400.0mm
 
×1.4Ⅲエクステンダーをつけての撮影。
画質はエクステンダー付けると若干は眠い画質にはなりますが、通常で使用するには十分使える範疇だと僕は思っています。エクステンダーを付けると560mmF8と暗くなるので昼間限定ですが…。

【最短撮影距離について】

IMG_0085
Tv(シャッター速度) 1/250
Av(絞り数値) 5.6
ISO感度 3200
焦点距離 400.0mm 
IMG_0087
 Tv(シャッター速度) 1/250
Av(絞り数値) 5.6
ISO感度 3200
焦点距離 400.0mm 

最短撮影距離は、望遠レンズでは他社にはない0.98mで1型の1.8mの半分という謎なスペック…。
ここまで来ると望遠レンズで疑似マクロが楽しめると思います。
最近のCanonさんはEF24-70mmF4やEF-S24mmF2.8STMと寄れるレンズが多いですね。

上の写真を見てもらうとわかりますがボケ味は綺麗な印象を受けました。

IMG_0099
Tv(シャッター速度) 1/160
Av(絞り数値) 5.6
ISO感度 3200
焦点距離 200.0mm 

玉ボケも綺麗に円形を描いていて綺麗でした。


【感想】
まだ、僕が一回しかこのレンズを持ち歩いていませんがそれでも EF 100-400mm F4.5-5.6 L IS II USMは買ってよかったと思っています。
疑似マクロも楽しめるし、超望遠を使っての野鳥撮影も楽しめる万能レンズだと思います。
次は流し撮りなどもこのレンズを使ってやってみたいですね!
 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (Model A005)を新年早々に購入しました。
はい購入理由としては中古でかなり安かったので…。
そして純正殺しと名付けられたこのレンズが以前から気になっていて使ってみたかったてのも本音です。
Canonだと70-300の画角は EF70-300mm F4-5.6 IS USMEF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM EF 70-300mm F4-5.6L IS USM と三種類あるので悩む方もいます。EF70-300mm F4-5.6 IS USMは個人的にはオススメしません古すぎます…。EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USMも一部の方やレンズをコンパクトにしたい方にとっては良いレンズだと思いますが解像力が若干お値段の割に合わない部分もあります。
 EF 70-300mm F4-5.6L IS USM は最新設計なので解像力は満足いけるものですがはいお高いです。

そこでコスパがもっともいいと言われてるこのTAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD はかなりオススメです。ただデメリットももちろんありますのでそれ含めてのレビューをしていきたいかと



まずは外観や機能について
IMG_2147
ここ最近のタムロンのレンズはシグマほどではないが昔に比べるとデザインも良くなっておりかなり好感がもてます。
VC(手振れ補正)機能がついているのでファインダー覗いたときのブレはほとんどなく撮影しやすかったです。
IMG_2165
そして300mmまで伸ばすとこのくらいの長さになります。花形フードを取り付けるとそこそこ長くなりますので機動性は若干落ちるかもしれません

IMG_2162
ただEF70-200mmF2.8LISと比較すると流石に小さく軽い。正直スナップ撮影や旅行先での撮影を考えるとTAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USDの方がいいと感じてしまう。
なお、 
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USDの重量は765gほどです。
ちなみに 
EF70-300mm F4-5.6 IS USMは630g
EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USMは720g
EF 70-300mm F4-5.6L IS USM は1050g
となっており3番目に軽い。
まあ軽さを選ぶなら純正
EF70-300mm F4-5.6 IS USM、コンパクトさならEF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USMですね。 TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USDは画質に拘るならオススメです。


○撮影に使ってみての感想

野鳥撮影に使った所まずAFの食いつきははっきり言うと遅いです。なので動体物に使うべきではないレンズだと感じました。やはりAFスピードを求めるなら純正です。

ただ風景などで用いる場合は開放からでも個人的には問題なく使えると思いました。
なので登山などで荷物を軽くそしてなお解像力のある望遠写真を撮るのならこのレンズは良いです。

そういえばこのレンズは意外と故障の話をよく聞くので気をつけてください。かなり良いレンズですがやはりデメリットも伴うレンズでもあるかもしれません…。





 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

EF70-200F2.8Lを購入して以来思った事が手ぶれ補正ISなしだとやっぱブレる…そして航空機撮影の際に手ぶれ補正モード2が合って欲しい!そんな思いで今回IS付きのEF70-200F2.8LISに鞍替えしました。

EF70-200F2.8Lを買ってまだ半年しか立ってないのにもう鞍替え?ってツッコミはしないでくださいこう衝動買いです(嘘です)

2型が欲しかったんですけど流石にもう7万とか出せない無理…バイト代全部突っ込んでもむり食費削って結構工面しても無理…しかし2型の評判はかなりいいのでいずれ欲しいですね(笑)

IMG_8143
というわけでこちらがレンズ全体像。
中古購入なのでスレ等はありますが、レンズ内が清掃済みと合ったのでまあいいかなと。
それにしてもIS(手ぶれ補正)がついた事によって重くなってしまいました。
EF70-200F4LISも軽く取り回しが聞きやすいしシャープな画が得られると聞いてますが
明るさのF2.8はやはり大は小をかねるでどうしてもこちらになりますよね…できれば両方あるのが一番良いというのが本音?
結局は己自身の問題なので腕を鍛えると思って気にしないように(笑)
色は白レンズと言うよりかクリーム色なのでクリームレンズ?
IMG_8140
IS付きは流し撮りに対応したモード2の手ぶれ補正を搭載
これは横方向にブレを検知して補正する機能だったはずです(うるおぼえ)
IMG_8141
フードはET-86,前回のレンズフードはフードに穴空け加工が合ったのですが
今回はきちんとした正常品に変わりました。
相変わらず赤いラインがかっこいい…
さて次は作例?を交えつつ紹介して行きます。
IMG_8183お気に入り
開放F2.8Lで撮ると大三元なのに甘い甘いと言われたこのレンズ
個人的には悪くはないと思う。人を撮るときとかはびしっとしたシャープさより
少し柔らかめな描写が合ったほうがいいかな?
2型はシャープになってるみたいだけどここは人の好み次第になりそうですね

主役はダンボーISがあるおかげでブレも軽減されてます。
IMG_8194お気に入り
あと最短距離が1.5m→1.4mと僅かに短くなっています
2型は1.2mかな?
そういえば2型の違いはあと蛍石レンズが用いられているか否かかな?
1型も蛍石レンズが用いられていると思いきや普通のUDレンズだったのは驚き
そこにIS機能挟んでるから画質が若干落ちているのはまあ仕方ないか

ISなしとISあり一応両方使った経験上
やはりISなしの方が少しばかり写りはいい気はしたがそこまで大差ははっきりとないので
気にする人は気にするだろうけど…

次はF値事の描写

絞り値F2.8開放時の描写
IMG_8200

少しばかり甘い?と思うがそうでもないかな?

絞り値F4.0
IMG_8201
絞り値F5.6
IMG_8202
一応各絞り値による写真比較
色のりもLレンズらしいし悪くない
IMG_8206
線は少し太いのか?そこらへんは気にしないので今回は置いておきます


IMG_8216
撮り方の問題なのか柔らかいボケのような感じですね


悪くないレンズむしろ自分の腕が悪い可能性が
そして流し撮りなどで今後も使って行きたいと思います。
では今回のレビューは短いですがここらへんで

それでは

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ご無沙汰しております。やっと大学院の入試も終わり残す所は研究発表となりました。といってもそんなにやってないですが… (; ^ω^)

ここ最近は写真を全く撮れてない日々が続きこう「うわぁぁあ」ってなっていました。

そしてそんなストレス解消の為にカメラとレンズが新しく増えました。新しく新調したのは
EOS 5DMarkⅢEF400F/5.6Lです 。

え?そんな高級な物をなんでっていう質問もあると思いますがレンズ売ったのとこれまでのバイト代をすべて費やした結果ですはい…。もうお金がない…ぐはぁ

 残金一万円切ったよ!春休みの旅費はどうなる (´・ω・`)

まあそんなことで早速カメラとレンズを使いたくて月島へ

ちなみに中二病的な「夕焼け•夜景プロジェクト」 なるものを勝手に一人で立てたのでこうして夜景撮影に

と、その前に2/25日まで銀座でやってる中古カメラ市に
IMG_9991

掘り出し物ないかなと探したのですが特になかったです…。ペンタックスやライカ系は詳しくないので特には確認してないですはい。そういえばサイレントオークションなるものをやっていましてEF400F/2.8が15万で出てましたね。まあ値段は上がると思うんですが笑

カメラ市寄った後は築地経由で月島へ。今日は東京マラソンがあって人がえげつなく多かったです…

IMG_0044

IMG_0059

築地商店街?
特にこれといったものはなかったのでそのまま月島へ

IMG_0060
と、途中で猫を!
月島猫を探したんですがいなくてこの猫一匹のみしか今回は見つけられませんでした…

そして月島へ
IMG_0156

IMG_0161

なかなか面白い裏路地がと適当にぱしゃぱしゃっとにしても切り取り方が下手すぎる…腕がカメラに付いて行ってない (´・ω・`)

IMG_0238


途中で面白い物を!橋の間にスカイツリー!まあ一緒に撮影してたひとが見つけたんですけどね (・ω・ ;)

にしても案外面白いものありますね

さてここから夜景撮影までEF400F/5.6の縛りスナップ撮影になった。
案外超望遠スナップもいけるっ!笑

IMG_0183

IMG_0191
 フルサイズで使うとやばぁい。解像力抜けも単焦点らしさが出てる素晴らしい…望遠レンズの圧縮効果もそのまま出ていまいした。

それとEF400F/5.6Lのレビュー(レポートは次回やってみたいかと)をしないと
IMG_0255
望遠らしく野鳥撮影を
IMG_0307

IMG_0301
 そして夜景撮影に!
風がものすごい吹いていて三脚が揺れる揺れる結局ぶれた写真が (・ω・ ;)

IMG_0361
ちなみに撮影場所は夜景で有名な中之島公園とその付近で撮りました。
 
IMG_0358
これは夕方でしたがf22まで絞って露出時間を稼ぎました。(中之島公園より)
 
IMG_0363
丁度人がいなくなった所を見計らって長時間露光

IMG_0364

IMG_0371

IMG_0375

IMG_0378a
ただひたすら寒かった…。長時間露光だと
夜はひたすら待ち続けるから寒い

でもそのおかげでこうやって屋形船の航跡の写真が撮れました。

タイマリモートコントローラーのTC-80N3も購入したのでそれのレポートも。
これでやっと念願のインターバル撮影が出来ます!


そういえばCanonさんゴールデン何とかイベントで
キャッシュバックキャンペーンやり始めてみたいですね

EF40F2.8STMのキャッシュバックが5千円だからamazonで買ったら11800円ぐらい?
中古並みの値段ww安すぎる…
これを機会に買うのはありだと思います!かなり良いレンズですよ!

キャッシュバック利用するなら魚眼レンズが欲しいですけどねぇ
しばらくお金がないのでそれは無理という (ノ_-;)ハア… 
ちなみに今回の装備は 
  1. EOS5DMarkⅢ
  2. EF24-105ISF/4L
  3. EF400F/5.6L
  4.  EF50F1.4USM
  5. EF40F2.8STM
で行ってきました。

ではまた次回 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

そういえばこのレンズのレビューをやっていなかった

望遠レンズを新しく新調!
 
EF70-3004.5-5.6L
EF70-200F4LIS 
のどちらかで最初迷っていたがあれISなしのF2.8通しの大三元安くない?と急遽変更して
Canon EF70-200F2.8
を購入。
まあ中古ですけど (・ω・ ;)
 IS(手ぶれ補正機能なし)なしのレンズです。このレンズはフィルム時代からあるレンズで
かなり歴史のあるレンズですが今も製造されています。描写力に関してもかなりありますが流石に最新の二型には敵いませんが

それでも1型よりかは描写力があるとされてます、
どうしてもIS組み込むと僅かに解像力が落ちてしまうみたいなのでそれなら安いこちらをと
IMG_9751
 F2.8通し赤いラインがカッチョええです
購買欲煽るCanonさんの策略に見事にはまってしまった笑

ちなみに重量は1310g
重たい…!三脚座は普通の撮影の時には外さないと腕がぷるぷるする。
女性の方等はEF70-200F4の方が良いと思います

IMG_9752
レンズはUDレンズを4枚 使用され色収差などを抑えてます
 EF70-200F4Lや2型などは蛍石レンズが使われていますがUDレンズ二枚で蛍石一枚分になるみたいなので光学性能上問題ないと 

IMG_9749
重さに耐えられるようなマウント無理して使うと折れそうですが
IMG_9761
フード搭載じ全長
比較はEF85F1.8 と
やっぱり長い…フード付けるとさらに
そして7Dに装着すると
IMG_9755
かっちょええけど、しかし合計重量が860+1310=2170gになるから首からぶら下げると
いためる…EF70-200F4買っとけば良かったとも思いましたよはいw
しかしF2.8通しがなければエクステンダー×2が使えないんですよ
IMG_9756
 花形フードはお気に入りフードで一番好きなのは花形かな
フードを白色にするのもありですけど黒もなかなか

IMG_9758
 三脚座につけてみた

カメラ本体を三脚に取り付けてしまうとバランスが
悪くなり倒れてしまうのでこういう状況になっています

ちなみにAPS-C換算では112-320相当の望遠になります。

というわけで早速撮影に参考例を 

IMG_4028
メジロに関してはエクスレンダー使用
IMG_3330

IMG_3359
使ってみてわかるのですがやはりシャープなのと色乗りがキットレンズとは違いますね
しかし色の出し方や線の出し方はEF85F1.8が好きですはい
IMG_3401

IMG_3440

IMG_3501

IMG_3639お気に入り

IMG_3692

IMG_3728日常

IMG_3264

個人的にはEF70-200F2.8Ⅱを買えないけどそれなりのが欲しいという方におすすめです
手ぶれはあった方がいいかもしれませんが一番お安く買えるのはこのレンズですね
色乗りもよし画像もシャープにうつるお値段も安い?(安くはない)
まあデメリットは重たい位かな?

では今回はここまでで


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ