カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:桜

山梨県での桜撮影の一週間後に長野県 勝間薬師堂に天の川と桜の写真を撮りに行きました。
こちらは日本三大桜の高遠城址公園の近くにあるしだれ桜で天の川とセットで撮影出来る場所としても有名な所です。

仕事が終わった金曜日にすぐに家を出発し到着は深夜23:30頃でした。
丁度日本列島は高気圧で覆われており現地では快晴の星空を見る事が出来ました。

勝間薬師堂は桜の時期には臨時駐車場が用意されていて、臨時駐車場からは徒歩で10分もかからない場所にしだれ桜があります。

到着した時には同業者の人はほとんどいませんでしたが、天の川が登り始める1時近くになると10人以上の撮影家が集まっていました。
IMG_6018-2
「春の夜の撮影会」
桜と天の川を撮る人達で賑わっています。 
IMG_6038
「北斗七星としだれ桜」
IMG_6014
「登りくる夏の天の川と勝間薬師堂のしだれ桜」
やっと美しい夏の天の川と桜を撮影出来ました…。 
一応今年初の夏の天の川ということで撮影している時はかなりテンション高めでした。
ほんとここまで好条件なのは近頃なかったので運が味方してくれました。
ただ、この場所もワニ塚と同様に電線が入り込んでしまうので電線がなければいいポイントなんですよね…。
また、勝間薬師堂のしだれ桜は町灯りで照らされているのでライトで照らす等の必要性はあまりないと思います。
IMG_6069
「夜空と桜を見上げて」
久しぶりに円周魚眼での星空を。
円周魚眼を使うと星がどうしても小さな印象になってしまうためソフトフィルターを使って強調しています。

ともあれ念願の「天の川と桜」を撮影することが出来ましたので今回の撮影は非常に満足いくものでした。
今年は桜の開花時期が早く他の場所も巡ろうと思っていましたが既に散っている事が多かったため来年にまたリベンジしようと思っています。
来年は2カ所ほど行きたい場所が決まっているので来年の天気次第ですね。



使用機材
EOS 5DMarkⅢ
EF8-15mmF4LUSM
タムロン15-30mmF2.8
LEEソフトフィルターNo.3


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

初めに熊本地震、大分地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
余震や雨による土砂崩れ等の二次災害もある可能性があるかもしれませんのでどうかお気をつけてください。
そして、関東もいずれ大震災が訪れる可能性があるので地震の対策もしっかりとしなければならないと改めて感じました。

天体写真を初めてもう3年ぐらい経つのですが毎年桜×天体写真を撮影できなくて今回初めて桜×天体写真を撮影することが出来ました。
社会人となり纏まったお金も定期的にある程度入るため週末は出来る限り撮影に出たいと思っています。

さて、今回の撮影時期は4月9日~10日にかけてです。今年の桜は早咲きでして、すでに多くの所で満開を迎え散りつつあるような状態でした。
ただ、あまり遅すぎても月末には満月期になってしまうのでむしろ早咲きでよかったかもしれません。

巡った場所は山梨のワニ塚の桜ともう一カ所山梨県内にあるしだれ桜を撮影してきました。

夜になるまではお昼のワニ塚の桜と夕暮れの桜のライトアップの写真を撮影。
ワニ塚の桜は定番構図が撮影できる撮影場所がきちんと用意されています。しかし、ライトアップギリギリになると多くの撮影者が訪れるので早い時間帯に来て場所をあらかじめ押さえていた方がいいかもしれません。
IMG_5724
定番構図のライトアップされたワニ塚の桜と八ヶ岳。
本来快晴だと青空の中の桜と八ヶ岳が撮影出来ますがあいにく曇りなのでなんだか微妙な写真になりました。そして、この構図ばっかネットで上げられてますが理由があります。
IMG_5731-3
その理由としてはワニ塚の桜の横に送電塔があるためです。
なので、一枚目の切り取り方をしないとどうしても送電塔が入ってしまいます。
この送電塔は出来れば移動して貰いたいですね…。

そう言えば撮影情報を集めている際にワニ塚の桜と天の川の写真も見受けられました。一応ここからでも天の川撮影は出来るみたいですが、方角的に送電塔も映り込むので綺麗な桜×天の川は恐らく撮れないです。(韮崎市内の光害もそれなりにあるので天の川自体は非常に見にくい…)

ワニ塚の桜のライトアップの写真を撮影し終わった後に山梨県にあるしだれ桜の写真を撮影に行きました。

現地到着は21:00ぐらいでしたがまだまだライトアップがされており遅い時間なのか数人しかいませんでし。
IMG_5795
一本のしだれ桜が照らされて闇の中に浮かび上がった姿は幻想的でした。
IMG_5763
小高い丘の上にあるため角度によっては夜桜と夜景も撮影できます。
22時ぐらいにライトアップが終わり星空が広がります。残念ながらこの日は薄曇りで快晴の空は見る事が出来ませんでした…。
IMG_5895
「北斗七星としだれ桜」
狙いの夏の天の川が登ってくるまで待機していました。北の空は薄曇りで何とか桜と星を撮影することが出来ました…。
そこから3時間ほど待って深夜の2時ぐらいに薄らとさそり座が見えてきました。

IMG_5861
しかし、夏の天の川が登ってくる方角だけ曇っていました…しかも町灯りが雲に反射してしまいかなり明るめになってしまいました。
IMG_5896
「しだれ桜に浮かぶ夏の大三角形」
天の川の中心と桜は撮影する事は出来ませんでしたが、しだれ桜の真上に夏の大三角形を置く構図で撮影しました。定番の構図ですがやっと撮影する事ができて本当によかったです…(念願の夢が叶いました)
ただ、この翌週には別の場所できちんと天の川を撮影することが出来ました笑
それでもこのしだれ桜は素晴らしかったので来年晴れている時に再挑戦したいなと思っています。

次回は長野の桜と天の川です。ほんと働き始めると平日は起きて寝ての生活になりますね…。それでもブログは週一更新を目指して頑張りたいと思います。

ではまた来週


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

千鳥ヶ淵の夜桜を撮影してきました。

千鳥ヶ淵での桜の撮影は一昨年の「千鳥ヶ淵 桜」で一度昼間の桜を撮影して以来になります。

ここは、夜桜でも有名なスポットで平日の夜でも仕事帰りの花見客でかなり混雑します。

場所によっては足の踏み場もないくらいに…

しかし、穴場スポットとしては意外と堀の反対側にある武道館側からも桜を見る事が出来ここからは人が少なく撮影もしやすかったです。ただ結構歩いたり暗いので足場は悪かったですね。

20140331-IMG_6089


武道館側からの撮影。
この日は風が強かったため、長時間露光をしていると桜の花がぶれて幻想的な写真になりました。
(一応狙って撮ってます (・ω・ ;))

20140331-IMG_6091

こちらは円周魚眼レンズでの作例。
180°切り取るので三脚の足が写っていますね…。こういったところで使う円周魚眼は何を撮りたいのかわかりにくくなるので扱いに非常に困ります。じゃじゃ馬レンズですねオモシロイですが。
IMG_6106
「東京タワーと桜花」
こちらは東京タワーと桜の写真になります。HDR処理しているので少し色は濃いめに出ていますね。

20140331-IMG_6120
「首都高と桜」
右の奥に写ってるビルが桜の模様になっています!実は何種類か桜の模様があって何分か経つとまた別の模様に変わっていました。

20140331-IMG_6133
個人的にお気に入りの写真。
長時間露光なので風にゆられたボートが動いている雰囲気が好きです。

20140331-IMG_6138
魚眼レンズで桜を撮るのは難しい…どうしても桜という被写体が小さく写ってしまうので

とまあ写真はこんな感じです。学校帰りだったのでそこまで枚数は撮れていませんが個人的に満足なのがちらほらと。

千鳥ヶ淵のライトアップは22時には終わってしまうので注意です!
一瞬で真っ暗になるので足下にも気をつけないといけません…そして人が多いので三脚で撮っている方は倒されないように…。

以上千鳥ヶ淵撮影レポートでした。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

春の嵐が吹き渡る前に都内で有名な桜の名所、目黒川の桜撮影に行ってきました。

今回使用したカメラとレンズは6DとPlanar T* 50mm F1.4 ZEとEF8-15mm F4L USMの二本
元々用事があって下見で目黒川に来たので装備はかなり軽めにしています。


20140329-IMG_2969

 2014年3月29日現在での桜の開花状況は満開とはいかず、だいたい8分咲き位の状態でした。


田園都市線の池尻大橋駅から東横線の中目黒駅までの区間をずっと歩きうながら撮影していましたが桜が河川敷沿いにずーっと並んでいて楽しめましたね。しかし、人が多くて歩きにくかった…(これは仕方ないけど…)

20140329-IMG_3026

20140329-IMG_3045
 Planar T* 50mm F1.4 ZEでの開放f1.4での桜撮影。開放ではピンあまになりやすいので操作は難しいですが写真としては凄い好みな画が出てくるのでこのレンズは未だに売らずに使っている唯一のレンズです笑ボケは芯が残って少し固めですがそれもまた味だと思っています。
20140329-IMG_3059

20140329-IMG_3107
歩いた時間が17時から18時半まで。18時過ぎると徐々にライトアップされて夜桜を見る事が出来ました
露天?見たいなお店も出ていたり河川敷沿いにお店などもあるので飲んだり、食べたりして桜を楽しむことが出来ますがレジャーシートを持って見ることは場所が少ないので厳しそう…。


個人的には池尻大橋駅から中目黒駅、またはその逆でゆっくりと歩きながら桜を楽しむのが良いと思います。
あと休日は避けて平日の夜ちょっと遅めの時間とかの方が人も少なくなると思うのでゆっくり楽しみたい方はそっちの方がいいかも?




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今月,朝日新聞で「珍しいウタツグミ? 相模原に飛来」という記事が公開され、このウタツグミという鳥を見る為に全国から野鳥愛好家が集まったそうです。

そして、今日一応野鳥撮影してる身としてはこの鳥を撮りに行かねばという事でウタツグミがいる「相模川自然の村公園」に行ってきました。

何でもこのウタツグミは全国で4例しか発見されていない鳥です。日本では1989年に横浜市の栄区で確認されてからかれこれ25年ぶり?になるそうです。

ウタツグミは元々ヨーロッパからバイカル湖近辺にかけて分布、繁殖している。北方で繁殖した個体は、冬期は西南アジア、地中海沿岸や北アフリカに渡る鳥なので海外ではわりと普通種にあたるみたいですね。

自宅から電車、バスを乗り継ぎ約1時間半ほど相模川自然の村公園に到着。
バス停から徒歩約5分ほどのところで他の野鳥愛好家が大砲レンズを構えてるのですぐに場所がわかりました。皆さん良いレンズばっか使っていた…。

では、ウタツグミの写真を

20140321-IMG_5681

20140321-IMG_5668

20140321-IMG_5665
お腹に斑模様があるのが特徴的。落ち葉などをひっくり返してその下にいる昆虫やミミズなどを食べて生活をしていました。

もちろん綺麗な鳥ではありません知らない人なら見逃す鳥だと思います(僕も知らなかった)
なのでよく発見してものだなぁと思いました…。というか何故神奈川県に?という疑問も

そして今回使用してレンズとカメラはいつもの5D3とEF400mmf5.6LUSMで、トリミングあり。
ISOは1250まで上げてるのですがノイズによる画質劣化は本当に感じられないので非情に満足出来る画を出してくれました。フルサイズの弱点焦点距離に関してはトリミングすればいいと考えています。(賛否両論ありますが…)

そんな機材話はどうでもよくてウタツグミは比較的簡単に撮影できたので木陰などで見えなくなった途中に桜とメジロの撮影をしていました。

20140321-IMG_5705

20140321-IMG_5523
 
20140321-IMG_5458

20140321-IMG_5494
 
似たような写真ばかりですが青空そして桜のピンク、メジロの緑の三色を楽しむ事が出来ました。

20140321-IMG_5567

それでは今回はこれで!
そして地元のカワセミポイントでつがいが発見出来たのでそちらの撮影に行く計画を立てていますので次の記事はカワセミかな?



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ