カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:花

近所のツツジが綺麗に咲いていたので久々にAi AF DC-Nikkor 135mm f/2を持って撮影してきました。
個々最近ズームレンズばっか使っていて単焦点を使わなかったので久々の登場です。


IMG_1930
「赤いツツジ八重桜の花びら」
 EOS 5DMarkⅢ+Ai AF DC-Nikkor 135mm f/2(SS:1/125秒 f/2 ISO 1250 ) 
ツツジとはわかるんですが正式名称が調べてもわからなかったので取り合えず赤いツツジということに
赤いツツジの下には昨日の雨と風で散ってしまった八重桜の花びらが散らばっています。

撮影時間が18時で暗いのでSSを遅めにしたのとMFオンリーということで拡大するとピントズレ、ブレがあります。ともあれ赤とピンクの色の組み合わせはかなり気に入ってる写真です。

IMG_1944
「夕刻に浮かぶ藤の花」
 EOS 5DMarkⅢ+Ai AF DC-Nikkor 135mm f/2(SS:1/125秒 f/2 ISO 1250 ) 
藤の花、そう言えばこれまで撮影したことがなかった気がします。というより花はあまり撮らないので撮り方がいまいちわからないですね。少し撮り方を勉強してみたいと思います。
個人的にはマクロレンズ使っての撮影などが多いなーと印象を受けています。花を被写体に撮って行くのもまた、奥が深くて難しそうです。

IMG_1947
「著莪の花」
 EOS 5DMarkⅢ+
Ai AF DC-Nikkor 135mm f/2(SS:1/125秒 f/2 ISO 1250 ) 
これも初めて見ました。調べてみたら春の花で著莪(シャガ)と読むそうです。
 
今回Ai AF DC-Nikkor 135mm f/2でDC(ボケコントロール)を使わなかったのですがそれでも単焦点の独特のボケを久々に楽しめることが出来ました。ズーム出来ない分構図をしっかり考えるので単焦点レンズはその点において色々と勉強出来るレンズだと思いました。

 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前回からかれこれ一週間更新出来ず仕舞でした。その理由は撮影と研究室と(艦隊コレクション)などなど
やっていたせいです。撮影はここ最近RAWで撮影する事が多くなり(前まではjpeg中心)撮影したあとブログを書こうとしてもRAW現像の方にだいぶ時間が取られました。

では今回の記事

日高市 巾着田 曼珠沙華といえばご存知の方もかなりいらっしゃると思います。
曼珠沙華(マンジュシャゲ)とは、彼岸花とも呼ばれていて9月中旬に咲く花。色はまるで血の様な赤色。しかし赤色以外にも白やピンクなどの品種改良?の彼岸花もまたあるみたいですね。
ちなみに彼岸花は自生したものではなく中国から帰化した花だそうです。 

巾着田は西武池袋線からの直通運転でいく事も可能です。なので都内からのアクセスも優れています。そして駅から徒歩15分程度で到着します。今の9月の旬の時期は人の流れについて行けば目的地に行けます
w

そして現地公園内では300円の入場料を支払って入場になりますが去年は確か200円だったのに100円値上がりしていました。

あ、関係ないですが近くの川でカワセミが出るみたいですね。野鳥撮影してる方は彼岸花撮影の時は超望遠とか合った方がいいかも?

では写真を何枚かup!



20130922-IMG_6789

20130922-IMG_6820

 うっそうとした木々が生い茂る中の撮影なので明るいレンズがオススメです。
昼間なら明るいレンズでも無くて問題ないのですがこの時期から日が落ちるのが早いのであったら無難みたいなかんじですです。

そういえば上の写真は遂に購入したシグマ12-24mmF4.5-5.6 HSMの超広角レンズによる物です。
色収差や周辺流れそして周辺減光具合はまあわりとあると感じました。
このレンズのレビューはおいおいに
20130922-IMG_6843
円周魚眼で彼岸花を撮ると面白かった。EF8-15mmF4L USMは0.15mまで寄れるレンズなのでこのような写真も撮れますが近づけすぎて花粉がついてしまうという事故もまた起こりやすい…
20130922-IMG_6853
 
20130922-IMG_6747
中心に被写体を添える日の丸構図。日の丸構図はある意味もっとも使いやすい。今回は背景の彼岸花を用いて緑と赤を意識しました。
20130922-IMG_6759
赤い中で一輪だけ飛び出してる彼岸花もまた美しく魅惑的です。
20130922-IMG_6778

IMG_7029

上の一枚はプラナー50/1.4のレンズで撮影した物ですがもの凄く立体感があります。お気に入りの一枚ですね。


 ただ少しばかり左が寂しい気がしますのでまだまだ写真の腕は甘い





 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ご無沙汰してますマクロです。
タイトル長いよと思う人多いと思いますが先週鎌倉の紫陽花撮影に行ったら本当に紫陽花より人が多かった。待ち時間60分とか某千葉にある○○ランド並みに混んでましたね。ええ行くなら平日の午前中に行けばよかった…。
そして遂に梅雨時、今回の紫陽花や蛍などこの時期に撮影したい物がたくさんありましたが研究室に閉じこもってたり機材や旅費の為にバイトしたりしてて撮影に行けないと言う本末転倒な事に

写欲がむくむくしてます。夜景やカワセミなども撮りに行きたい

まあそんなわけで今回は鎌倉の紫陽花寺とも言われる長谷寺と明月院に行ってきました。
軽い撮影レポート的な感じで
それにしてもまた記録用の写真を忘れてた… 

最初に訪れたのは長谷寺鎌倉駅から江の電の一日フリーパスを購入して向かいました。休日という事で電車は朝の通勤ラッシュ並みの混雑具合…

IMG_9924
そして長谷寺に到着!
何とあまりの混雑で60分待ちという自体にwここまで多いとは…

一時間ほど待って整理券を渡して入場しました。ここからはひたすら紫陽花というより紫陽花一色に
IMG_0022お気に入り

レンズは望遠レンズ一本縛りでマクロレンズを今持ってないのでマクロ写真は撮れなかったのが少し残念…
IMG_0024お気に入り

IMG_0034

IMG_0029お気に入り
紫陽花で一番好きな色は青色ですね。他の色も好きですが
そういえば地面の酸性アルカリ性で色が変わるそれは本当なのか…色が混じってる所があるので関係ない気がしますが…
IMG_0042お気に入り

IMG_0045お気に入り

IMG_9943

IMG_9947
にしても紫陽花の撮影は意外と難しい。どれも似た様な構図になってしまうのが

前ボケはやはりマクロレンズじゃないと厳しいかな?

IMG_9961
途中蜻蛉もいたので
うーん蜻蛉は早すぎて飛んでる所を撮影出来なかった…

そしてお継ぎは北鎌倉に移動明月院へ
ここはとにかく青い紫陽花が凄かったですね。一面青紫陽花!
IMG_0086

IMG_0091

 
IMG_0058お気に入り

 
IMG_0080

IMG_0097
 写真枚数少ないですけど素晴らしかったです!雨の日に行きたい!
もう1週間前にいったのでピークは過ぎていますが来年も訪れる機会があれば是非こちらも
人が少なくて撮影はしやすいです。しかし三脚でがっちり撮影は禁止されてるみたいなので気をつけてください



そしてこれとは別に気になったニュースを
Σ18-35F1.8のF1.8通しのレンズが遂に発売されますね!今までオリンパスのF2と通しがもっとも明るかったのですがシグマさん凄いです。そして値段も実勢8万ほどなので一応手が届くレベル?

しかしフルサイズで使えないのが少し残念…まあAPS-Cじゃないと値段的に厳しかったんだろうなぁ
お金に余裕があれば購入してみたいかとも思っています。まあまずは天体撮影用の装備を整えなければ

さてブログ最近更新少なくなってきましたがどうにか暇を見つけて更新して行きたいと思います
(書きたい事は山ほどあるので…)

それでは! 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

TAMRON SP AF 180mm F3.5 Di LD [IF] MACROを少しばかり使う機会があったので何となく軽いレビューを


TAMRON SP AF 180mm F3.5 Di LD [IF] MACROは現在キヤノンマウント、ソニーマウント、ニコンマウントの三種類のマウントに対応している。

現在マクロレンズは 
TAMRON SP AF 90mm F2.8 Di LD の方を持っているが90mmだと少し望遠域では心もとない、
そこで180mmの場合はAPS-C機なら35mm版で288mmの望遠レンズとして扱える。
この望遠域なら蜻蛉やらその他の昆虫に近づかなくても遠くからマクロ接写を行なう事が可能である。

また、ほかにもポートレート撮影などにも使用する事が可能だ。180mmだと純正のEF180mmF3.5macroがあるが幾分レンズ設計やコーティングが古く逆光耐性だと他所のこの領域のマクロレンズには負けてしまう。まあ
Lが付くので描写力はいいんだが値段もそのわりには高い…。
中古品でも10万円であつ買えるわけがない…。Canonさんもうちょい値段下げてください。

というわけでTAMRON SP AF 180mm F3.5 Di LD [IF] MACROとなったわけです。シグマの180mmマクロは最新型で素晴らしいはこちらもお値段が高いので一番安いタムロンで
IMG_1132
F3.5とタムキューよりかは暗くなっている(当たり前だが)
なので室内撮影には向いていないので使い分けが必要
屋外の昆虫撮影や野鳥撮影には絞って使えばまあ良い描写が得られる
がタムキューのジャスピンには残念ながら及ばないのでそこを期待してる方は失望してしまうかもしれない
しかし、タムキュー以上では無いがしっかりと解像してくれるので充分である。

IMG_1133
AFについてだがこれは明らかに純正よりかは遅く迷いも多かった…。特に手持ち撮影の際自分自身も動いているのでやはりぶれてしまう。AFとMFの切り替えはタムキュー(TAMRON SP AF 90mm F2.8)と同じであるので操作感は非常に良い。
そして
せっかく三脚座が付いてるので三脚に取り付けてマクロ撮影しブレを無くした方が良いと思った。
重量は885gなので手持ちはやっぱおすすめは出来ない…。
ちなみにフィルター系は72 mm となっている。
真昼でシャッター速度上げて蜻蛉などを撮る時には手持ちでも充分だが
TAMRON SP AF 180mm F3.5とTAMRON SP AF 90mm F2.8の焦点距離の違い(288mmと144mm)
IMG_1138
                        TAMRON SP AF 180mm F3.5
IMG_1140
                         TAMRON SP AF 90mm F2.8
この写真から見るに二倍の画角の違いはかなり大きい
マクロ撮影だと案外TAMRON SP AF 180mm F3.5の方が使い勝手が良さそうだ…。
参考例をとりあえず。
手持ち撮影
Tv(シャッター速度) 1/320
Av(絞り数値) 3.5
ISO感度 200
となっている 
IMG_1145

 
IMG_1153
望遠レンズならではのボケの大きさも楽しむことが出来る
IMG_1157
ボケは柔らかめな感じになっている。
IMG_1162

【まとめ】
タムキューよりかは劣ってしまうが望遠レンズの特性を考えるとむしろ使い勝手が良いかもしれない。
しかしAF速度は遅いので動体撮影などでは多少の苦労しそうである(今回は試していない)
値段はお安いので純正にこだわらないならこちらで充分かと

とまあ簡単なレビューでした。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回は久々にマクロ撮影した写真を貼っていきたいかと思ってます!

それと今更ですがマクロレンズの特徴等の説明等を

マクロレンズとは一般より高い撮影倍率で接写撮影ができるよう設計されたレンズのこと言います。

要するに普通のレンズよりもピントの合う位置が短くこれのおかげで花等のおしべ等が撮影出来るのです(焦点距離が短いため) 
IMG_8279
普段目にしている昆虫等の写真はだいたいがマクロレンズだと思いますがたまに自作などで特殊なレンズを使ってる人等いるので一概には言えないですけどね。

メリットとしてはやっぱり上のような写真を撮れる事ですね。あと普通に街中でのスナップ写真等も撮れるのでそこまで酷いデメリットはないと思います。

自分が使ってるレンズは手ぶれ補正機能がついていないですがマクロ撮影するなら正直あった方がやっぱり良いと思いますし付いてないとSS(シャッタースピード)上げないと行けないので夜間に撮影とかは少しきついです。。。
IMG_8282
 あとこうやってピントを合わすのがなかなか難しいですねまあ三脚使えば良いんですがw
IMG_8297

50mmF1.8で撮影の菜の花
IMG_8270
マクロレンズ使用
IMG_8289
 こうやって普段何気ない花とかも面白い感じに撮影出来ますIMG_8296

IMG_8283
以上こんな感じです!

これからは何かしらのテーマを決めて写真活動に入っていきたいと思ってますのでよろしくお願いします!


 

写真(全般) ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ