カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:魚眼レンズ

ちょっと最近忙しくて撮影が出来ない日々が続いてるので過去写真の記事を

この前、 箱崎JCT撮影の前に都庁に行って撮影したのでその記事になります。
今回もお気に入りのEF8-15F4L USMとシグマ12-24/4.5-5.6の二本を使い撮影しました。
普段撮れない世界が撮れるのが特徴的!つまり腕を誤摩化せるレンズ!(なんてね)

まずはシグマ12-24/4.5-5.6の作品
20131122-IMG_1355

神殿みたいにそびえ立つ都庁
歪曲が非常に少ないレンズそして12mmの超広角による写真は非常にオモシロイ
特に建物に対しては超広角レンズのパースを生かした撮影が出来る。
ただ、シグマの広角レンズは逆光に弱いのでそこの所の考慮も必要になってくる

20131122-IMG_1358

 EF8-15mmF4L USM
この上の写真はフィッシュアイレンズを真上に向けて撮影したもの上に向けると周囲180°を撮影出来る。ただ撮影者はしゃがまなければ写ってしまうので要注意
円周魚眼レンズは使いどころが非常に難しいが東京駅や都庁などの建物に使うと結構面白い写真が撮れる。しかし、魚眼レンズは風景にはあまり向いてないかもしれない


何かレンズ紹介みたいな感じになってしまいましたね…。
今後も恐らくこの二本中心に撮影していく予定です。ただ今月はしばらく撮影出来なさそうです (´・ω・`)


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

八丈島に天体撮影に行ってきました。

三日間のうち天体撮影出来たのは最後の日のみですが何とか目標の天の川撮影出来ました!
詳しい記事は明日以降に書く予定ですがとりあえず写真を一枚上げておきます。

なお、Lightroomで現像して宇宙ぽさをだしてるのでそこらへんはご了承を…

 
お気に入りの一枚

20130807-IMG_4536
                    天の川と八丈島


初天の川撮影何とか上手く行きました。一日目、二日目ともに撮影できずにいたので最終日晴れて良かった…。
ちなみに生で天の川も見る事ができ非常に感動しました。星空は美しい!
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

過去記事の新東京駅の夜景撮影に行って来た!の記事を以前書きましたが
この頃の機材はKissX5とEF-S10-22mF3.5-4.5で挑んでましたあれから半年。魚眼レンズ欲しいといていましたがまさかこんな機材になるとは、この頃考えていなかった。フルサイズ5DMarkⅢを持ちそして沼にはまりそしてEF8-15mmF4Lまで購入してしまうという結果になりました。まあ反省はしていません。
少しはレベルアップしたかというと機材の力によって上がった位です。まだまだ機材に振り回されてる写真の日々を送っています。

今回の記事は写真メインに行きたいと思っております。(前の記事での写真も含んでしまいます)

IMG_9834お気に入り


IMG_9896
東京駅街道
IMG_9858
夕暮れ世界に
IMG_9893お気に入り
夕暮れビー玉

IMG_9914
東京駅と光跡
IMG_9919
東京の空を仰いで
IMG_9921お気に入り
ある町の中で

東京駅の魚眼レンズを使った作風は個人的に好きです。魚眼レンズはTS-Eレンズとはまた違った形で建築を切り取る事が出来るので今後も使って行きたいと思っています。

それでは今回の記事は短いですがここらへんで

使用機材
5DMarkⅢ
EF8-15mmF4L
EF70-200mmF2.8LIS
EF24-105mmF4LIS

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今回フルサイズに変えてからずーと欲しかったレンズEF8-15mm F4LフィッシュアイUSMをやっと購入しました!

EF-S10-22mmF3.5-4.5を下取りに、そして三宝カメラさんで新品購入
本当はゴールドラッシュのキャンペーン中に買おうと思っていたんですが軍資金不足によりずるずると…まあ107800円で新品購入できたのでいいかなと。

EF8-15mm F4LフィッシュアイUSMはフルサイズ機で世界初の円周魚眼(180°撮影できる)レンズまた8-15mmという画角は円周から対角の範囲で変える事が出来る。
この一世代前に、前に紹介したEF15mmF2.8フィッシュアイのレンズがあったがそのレンズは対角魚眼レンズの単焦点なので凡用性はやや低い。しかし EF8-15mm F4LフィッシュアイUSMというズームレンズにする事により更なる表現の自由度差がました。

ちなみに中古での旧型と新型の値段の違いは
  • EF15mmF2.8フィッシュアイ:50000円
  • EF8-15mm F4LフィッシュアイUSM:100000円
と二倍ほどの値段の違いがある。
  • 非球面レンズ
  • UDレンズ
  • リングUSM
  • インナーフォーカス
  • フルタイムマニュアルフォーカス
  • 防塵・防滴
  • SWC(Subwavelength Structure Coating)
  • フッ素コーティング


Lらしい贅沢な仕様になっていて10万円ほどはある意味安いかもしれない。
このレンズは2010年発売なのでレンズ設計も新しくまたSWC採用によりフレアやゴーストなどにもかなり強くなっている。
またフッ素コーティングのおかげで指紋などの汚れがついても直ぐに落とす事が可能

重さは530gと非常に軽く持ち運びも楽である。

IMG_8246
というわけで届いて早速箱を空けてみた
IMG_8545
フロントキャップははめ込み式である。しかしはめ込み式なので鞄の中にそのまま津古んで空くと外れてレンズが傷がつくなどの問題点もあるので購入した後はかなり管理を気をつけて行なって行かないとショックな目に合いそうだ…。
IMG_8554
 フィルターを外すとこのような感じに。フードは対角14-15mmの時にだけ使用出来る。
それよりか広角側にしてしまうとフードのせいでけられが発生してしまう。      IMG_8558
 そしてフードを外すともうレンズが思いっきり出ている状態になるつまり出目金状態に…
 魚眼レンズという名称の由来は、魚が水面下から水面上を見上げた場合の歪んだ視点に似ているという事の為に付けられたそうです。
ボディにこの状態で付けているのですが傷を付けそうでかなり怖い

      IMG_8341

      IMG_8559
      そしてサイズはこのような感じになります。右は前に持ってたトキナー10-17で更にダンボー非常にコンパクトです。てかサイズ比較の対象を間違えた感が否めません…

      ではでは簡単な作例を交えての説明

        最近は夜景撮影メインなのでその時の写真を
          奥行きの表現がかなり凄い事に…
            IMG_8274
            魚眼レンズの特徴はまずこの円周魚眼として扱える事!

                IMG_8298お気に入り
                  線路などの線や建物を撮ると非常に面白い
                    対角はこのように周囲にケラレがなくなり対角魚眼としても扱える。
                       次に8-15mmまでの画角の違いについて
                        使用カメラはフルサイズに5D3

                        15mm
                          IMG_9818
                           14mm
                            IMG_9819

                             13mm
                              IMG_9820



                               この辺から周囲が少しケラレ始める
                              12mm
                              IMG_9821
                               11mm
                              IMG_9822

                                 だんだんと円周魚眼に。9-13mmはほとんど使わない中途半端な画角かもしれない
                                10mm
                                IMG_9823
                                 9mm
                                IMG_9824
                                 8mm
                                IMG_9825
                                 8mmで完全な円周魚眼に
                                この写真は新東京駅舎の天井部分
                                  キヤノンの広角レンズといえばあまりいい評判は聞かないがこのフィッシュアイレンズだけは少し違う
                                   写真を見てもらえればわかると思うがかなり解像力が高いのが伺える。
                                  IMG_9903お気に入り
                                    IMG_9914
                                                 
                                               フレア、ゴーストは多少は出ているがキヤノン版ナノクリスタルの「SWC(Sub wavelength Strucuture Coating)」でかなり抑えられているのがわかる。
                                              広角レンズとして使うのは扱いが難しいかもしれないので広角レンズの14-24とかの画角でキヤノンさんに出してもらいたいというのはまた別の話である。
                                                IMG_9919

                                                   
                                                 真上に向けて撮影すると180°切り取れるのでこのような世界観を表現できる。
                                                  では総評を
                                                    ○APS-Cでもフルサイズでも魚眼を楽しめる
                                                      ○静かで早いAF
                                                        ○中央の画質のレベルが高いまた周辺部も良好である
                                                          ○コンパクトで持ち運びが非常に楽
                                                            ○円周魚眼レンズから対角魚眼を楽しめる
                                                              ○ フレア、ゴーストなどに強い
                                                                ○フロントキャップが外れやすい…
                                                                  ○値段が少しお高め?
                                                                    ○出目金なのでレンズが傷つきやすい
                                                                      というわけで個人的にフルサイズ機を持ってる人をまた魚眼レンズが欲しい人にはもの凄くオススメしたいレンズ

                                                                          そんなわけで今回のレビューはここまで
                                                                            それはp.sで
                                                                              また少し書き直しもあるかもしれないので





                                                                                  ___________________________________________________________
                                                                                魚眼レンズ関係のその他の記事

                                                                                AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5を買ってみた


                                                                                Canon EF15mmF2.8 フィッシュアイレンズを買ってみた (レビュー)


                                                                                  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

                                                                                夜景百選に選ばれたとい言う世界貿易センタービルに撮影しに行ってきました。

                                                                                金曜日は工場夜景 土曜は都内で夜景撮影と最近夜景撮影に嵌ってます。
                                                                                夜景撮影は面白いというか夜に変わりゆく町を見れる魅力的な物があります。

                                                                                ではまず世界貿易センタービルの紹介を

                                                                                ○浜松町の浜松駅の近くにあり展望台は152mの高さがあります。360°パノラマで東京タワーから東京スカイツリーまた東京ゲートブリッジなどの各東京名物を見る事が出来ます。

                                                                                高校生•大人は620円小中校生などは360円になっており展望台としてはまあごく平均の入場料なのでオススメです。
                                                                                しかしここの閉まる時間が20時30分までなので注意!夜景撮影に夢中になっていると直ぐに時間が経ってしまいます…。

                                                                                IMG_8377
                                                                                展望台はこのようにガラスと柱で仕切られていてそこから撮影する事が出来ます。
                                                                                一応三脚の使用はokみたいですがあまり邪魔にならないようにとです。

                                                                                 









                                                                                IMG_8362


                                                                                 東京タワーと六本木ヒルズ。前回は六本木ヒルズから東京タワーを撮りましたがこちらの方が雰囲気出ていて好きですね。あと太陽が沈む位置が丁度この方向なので夕暮れ空と東京タワーを撮ることが出来ます。
                                                                                IMG_8391
                                                                                東京タワーライトアップ

                                                                                IMG_8365起き二里位
                                                                                 夕暮れ空と東京タワー

                                                                                IMG_8408お気に入り

                                                                                日が沈むと美しい夜景が広がります。

                                                                                夜景撮影はほとんど魚眼レンズか広角レンズたまに望遠レンズを使ってるだけなので
                                                                                意外と荷物は少なくてすみます

                                                                                IMG_8426
                                                                                ちょっと見にくいですが展望台の通路
                                                                                IMG_8418お気に入り
                                                                                 そして東京タワーの逆方向?に歩いて行くとスカイツリーも見る事が出来ます。
                                                                                このアングルは個人的に気に入っています
                                                                                しかしガラスの写り込みが…写り込みの対策はして行かないと行けないですね (´・ω・`)

                                                                                 まあそんなこんなで夜景を撮っていたらあっという間に20時半に…帰ろうかと思いきや近くにJCTが
                                                                                あったので初ジャンクション(JCT)撮影を!
                                                                                魚眼レンズの真価を!

                                                                                IMG_8446お気に入り
                                                                                 浜崎橋JCT
                                                                                円周魚眼だと面白い絵になります
                                                                                IMG_8451お気に入り
                                                                                こちらは対角魚眼レンズ
                                                                                そして最後にパノラマ?っぽい円周魚眼の写真を!
                                                                                IMG_8464お気に入り
                                                                                真上に向けて撮影ほぼ180°撮れます。

                                                                                夜景撮影面白いです皆さんも是非とも

                                                                                レンズのレビューとかは…うん今週中にはやりたい…

                                                                                  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

                                                                                このページのトップヘ