カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:5D3



3,4ヶ月ぶりに真夏の暑い中のカワセミ撮影行ってきました。
実際はちょくちょく撮影に出てたんですが、カワセミ自体見つからなくて撮影がほとんど出来ないという事が多かったです…。そして、今年も5,6,7月と忙しくカワセミの子育てシーンを撮影する事が出来ませんでした…(本当に残念)

さて、実は友人からEF300mmF2.8LUSMをかなり安い値段で譲ってもらえるという事でEF400mmF5.6LUSMを手放してサンニッパになりました。

なので今回の写真はEF300mmF2.8LUSMにエクステンダー×1.4Ⅲの組み合わせで撮影しています。

あと、やはりカワセミ写真は難しいですね…なかなかいい写真が撮れません…。

【写真】

IMG_2524

IMG_2542

IMG_2543
 上の写真三枚とも5D3+EF300mmF2.8LUSM+エクステンダーEF1.4×Ⅲで撮影してその後トリミングしています。拡大すると甘ピンになっています。写真の腕はまだまだです…
そして、シャッター速度は1/1250ほどでの撮影しましたが、翼を完全に止めるには1/2000ないと厳しいと感じました。また、AFの食いつきはエクステンダー付けても時々迷う位でしたがだいたいは食いついてくれました。 

IMG_2615

IMG_2645
水面脱出シーン。
IMG_2718
そして、カワセミ二匹のシーン。お腹が黒いので二匹とも子供ですかね…?
複数カワセミがいるシーンは二回目なので撮影出来てよかったです。


ではでは


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

前々から気になってたバッテリーグリップBG-E11を遂に購入しました。(IYHした)
本当は7Dにバッテリーグリップを付けようと考えていましたが思った以上に5D3を購入することが早まって結局こちらに。

まあそんなことで軽くレビューをして行きます。

購入に至った経緯はマップさんのネット中古で良品元箱付きで17800円であったので気づいたら注文していた。(実はキタムラで美品が15000円で昔あったがすでになくなっていた…)
まあ前から欲しかったのと天体撮影やインターバル撮影で長時間撮影する事により電池が切れる可能性があるため購入に至った。あとは縦構図がしやすいという事かな

というわけでお金を振り込んで翌日に早速届きました!
IMG_1534

IMG_1536

 良品のわりには思って以上に綺麗ていうか美品レベル…?

それでは5D3に付けてみましょう
付け方を軽く説明っていっても説明書通りだけど
IMG_1538
まず本体の蓋にあるスイッチを矢印の方向に押し蓋を外す
IMG_1541
そしてバッテリーグリップに蓋を収納する場所があるので説明書通りにはめる!
IMG_1544
であとははめてネジがあるのでそれを締めるだけで完成という非常に簡単な物に
なので軽い撮影の時ははずしガチ撮影の時はすぐに付けられるので便利!
IMG_1545
ちなみにバッテリーグリップ本体にもこのようにシャッターボタン、ダイヤル、M−Fn、AF開始ボタン露出固定ボタン、AFエリア選択ボタン、マルチコントローラーがある。バッテリーを入れる際は
IMG_1562
 
この様に横から差し込む場所がある
IMG_1563
あとはバッテリーを二つ投入して
IMG_1547
差し込むだけである。
ちなみに乾電池に対応してるバッテリーマガジンも予備でついてくるので万が一のために持ち歩くべきかもしれない。

では実際に持ってみて感想は
まず重量がかなり重くなる!310gも増えるので5D3に装着すると1kgを超えてしまい1D系とほぼ同じ重さになってしまうのでよっぽど長時間撮影じゃなければ外しておいた方が良いかもしれない。
実際EF70-200F2.8Lを装着すると首への負担が半端無かった…
しかし天体撮影や野鳥撮影の長時間及び三脚仕様の場合は付けといた方がもちろん吉だ

それと縦構図にするときはバッテリーグリップがある時ない時では全く違うので縦構図好きにはかなり便利である。 

手のフィット感は充分にある。個人的には丁度いいと思っているので満足かな?

というわけでこのバッテリーグリップがあれば長時間撮影が捗りそうなのでこれから天体撮影計画(大袈裟)には最適だと信じてる。
ちなみに天体撮影の為にとあるレンズを注文しましたのでそのレビューもまた後日に

ではでは


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今週は野鳥撮影を地元の里山で合計3日間の撮影をしていました。

フルで3日使った訳ではないのですが。時間が少し空いたので
今回は、新たなカワセミの撮影ポイントの捜索と色々な野鳥撮影を狙って
【1日目】
この日はバイト終わり後,自転車で里山までサイクリングついでに野鳥撮影に

里山をぶらぶらしてると野鳥を撮影してる方と遭遇。
近くでルリビタキという鳥が撮れるみたいなので

それは是非とも撮ってみたいという事でポイントに移動
IMG_2531a
                             Canon EOS 5D Mark III+EF400mm f/5.6L USM (1/1250 F5.6 ISO 4000)
トリミングあり。少し遠目です…
警戒心が強くなかなか近くまでよってこなかった。

雀程度の大きさなので山の中で見つけるのは大変でした
その後ルリビタキを見失ったが近くの薮からコジュケイの家族?が出て来て撮影
IMG_2616
Canon EOS 5D Mark III+EF400mm f/5.6L USM

1日目は家を出た時間も遅くすぐに日が暮れてしまったのでたいした時間も取れず二匹の野鳥しか撮影を行なえなかった。
しかし、この時にカワセミもここらへんの池に飛来してくるという事で二日目にカワセミの捜索活動を
 
【二日目】
この日は探索は午前中のみカワセミ一本のみに絞って捜索
出現ポイント近くで1時間ほど待機
自転車のブレーキ音みたいな鳴き声が聞こえた後,姿を現すがしかし

IMG_2729
このように遠くに確認できたのみその後不明に…
3日目はカワセミを良く撮影してる方にいくつかポイントを教えてもらい1日使って探索へ

【3日目】
まずは自転車で15分ほどの所のポイントに
しかしここで1時間粘っても確認出来ず。神奈川県内で有名なカワセミポイントの公園へ
最初から行けばよかったという話ですが地味に遠かった…。
三脚背負って自転車漕ぐのは厳しい物がある。こういう時に車があれば便利だろうなぁと感じてしまう。
IMG_2743
関係ないけど途中でカイツブリ発見。なにげに可愛いタイプの鳥
素潜りして餌を狙います。

前のポイントから約30分ほどかけて到着!
そして、某公園に着くと早速大砲レンズが!
カワセミ探しは大砲レンズの所に行けばいるのでレンズを目印に探すのがおすすめ笑
IMG_2903
Canon EOS 5D Mark III+EF400mm f/5.6L USM(F5.6 1/800 ISO感度640)
三日間探してようやく…それにしてもあっけない普通にいました。そして10mほどで普通に魚を撮っていました。
ちなみに今回の装備は5DMarkⅢとEF400F5.6LUSMの一本のみで 

野鳥撮影はとりあえずこの装備で充分ですね。EOS7Dもあるのですが画質の問題とISO感度は5D3の方が強いので主に5D3を使用してます。
5D3は6コマという連射速度なので7Dの8コマよりも2コマ分少ないですが実際の所問題なく使えてます。7Dの方がAPS-Cで望遠を稼げるのでは?と思う方もいると思いますが結局トリミングしたときの画質は5D3の方が上なのでどうしても…。IMG_2904お気に入り
水中で捕獲した後そのまま飛翔へ
逆光なのでそこまで良い写真は撮れませんでした…。
にしても400じゃ少しもの足りない…500mmは欲しいですね。
ああ、カワセミ病…
IMG_2934

IMG_2962お気に入り
この二枚目は捕獲後の水浴びシーン青が良く出て非常に綺麗です
IMG_2966

IMG_3032
 池にある止まり木に止まって少し休憩
IMG_3050
そしてまさかのホバリング!初めて見ました!そして露出を何故かこの時の一枚だけミスるという。オーバーなので修正出来ませんでした(泣)
IMG_3069a

IMG_3088お気に入り
 水浴びシーントリミング。
トリミングしてもこのように綺麗な画質を保持したままです。
IMG_3177

IMG_3168お気に入り
首をきょろきょろさせて餌を捜索中

そして飛び込んで捕獲!
IMG_3187

IMG_3308お気に入り

トリミングあり 
 最後は最も近づけたときのカワセミちゃん綺麗です。
 
 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

研究室の帰りに時間が少し合ったのでカワセミ撮影に!
前回はお昼に行ったらいなくてこうショックでしたが調べてみると
夕方や朝に活発的になるみたいですね.


早速現地に着くと鳴き声とともに水飛沫が!
ということでカワセミいました!後ろ姿はまさしく青い宝石
IMG_1624
後ろ向き。青いので良く目立つ!
大きさは雀より一回り大きいぐらいかな?
なので見つけるのに一苦労する事がよくあります…
IMG_1752
5DMarkⅢとEF400F5.6の組み合わせは凄いですね…。
7Dの望遠が必要なくなるほど…
あとレンズの暗さに対応できるほどの高感度性能が
あることでシャッタスピードも上げる事が出来助かってます
ちなみにAFは静止物の時は一点で撮影してます。
動き物に対してはAFサーボで追いかけてます
IMG_1610
飛んでる小さな被写体にピントを合わせるのは難しい (ー_ー;)
IMG_1599a
水の中から離水
ギリギリピントが合いました
 
IMG_1755a
トリミングしてもこのように綺麗に 一応ISO1600位ですがやっぱ違いますね…
IMG_1782
少し露出がアンダー気味…
IMG_1786a
 
 飛び立とうとしてる所

ちなみにカメラの設定は以下のように
1.AIサーボ
2.ISOは2000~(シャッタースピードを上げるため)
3.シャッタースピードは1250~2000
4.連射にて一気に撮影
こんな感じです。

またカワセミについてはこのテリトリーを中心として他の生息地も行ってみたいと思ってます。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ