カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:EF100-400


【レンズ】EF 100-400mm F4.5-5.6 L IS II USM (購入編)
でご紹介したレンズ「EF 100-400mm F4.5-5.6 L IS II USM」で今回は野鳥メインで撮影してきましたので使ってみた感想を少し書いてみます。

【使用感】
僕は回転ズームはズームリングを100→400にするには95度回さなければならないので直進ズームよりかは広角端から望遠端にズーミングするには時間がかかると感じました。
ただ、野鳥撮影の際には基本400mm固定での撮影になるため特にズーミングで気になる事はなかったです。400mm固定にする際にズームを動かないようにトルク負荷を締め付けると非常に使いやすかったです。また、三脚座はなるべく重量を軽くするために外して行きました。三脚座を外す事によりひっかかりがほとんどなくなるので取り回しも良くなりました。 
IMG_9520
次ぐにフード窓については、知らぬ間にフード窓は開いている!なんて事が多かったですのでC-PL富士ルターを使わない場合には何かテープで固定しといたほうが良いかもしれません。
また、EF400mmF5.6LUSMと違って手振れ補正が強力なのでファインダーを除いても被写体がぶれずに見やすく構図も決めやすかったです。やはり手ぶれ補正はあった方が全然いいと思いました…。

【重さ】
以前持っていたEF400mmF5.6LUSMが1250gでEF100-400mmF4.5-5.6LISⅡUSMが1570gと300gほど重くなりましたが僕は長距離歩いても特に苦にはならない程度の重さだと思います。
手持ちでの撮影も一脚や三脚を使わなくても余裕で出来ますね。やっぱり軽いのは正義です。

【撮影】

あいにく天気は曇りでシャッタースピードを稼ぐためにISO感度を高くしていますので画質などはあまり参考にはならないと思いますが一応…。

カメラはすべての写真でEOS 5DMarkⅢを使っています。
IMG_0077
Tv(シャッター速度) 1/ 640
Av(絞り数値) 5.6
ISO感度 5000
焦点距離 400.0mm

この日は、丁度目線の高さにコゲラが来てくれて撮影が非常にしやすかったです.
背景のボケはぐるぐると渦を巻く様な感じになっています。
IMG_9908
Tv(シャッター速度) 1/ 1600
Av(絞り数値) 5.6
ISO感度 2000
焦点距離 400.0mm

画質はCanonさんがEF70-200mmF2.8LISⅡUSMと同等と言ってるみたいですが実際、僕の個人的な感想になりますが少なくともEF400mmF5.6LUSMに引けは取らないと思います。

IMG_9854
 Tv(シャッター速度) 1/ 500
Av(絞り数値) 5.6
ISO感度 1600
焦点距離 400.0mm

400mmの望遠側開放F5.6だと周辺減光が少し目立つ気がしました。また、F8に絞っても若干 周辺減光は残ります。 

【×1.4エクステンダー】 
IMG_9868

 Tv(シャッター速度) 1/ 1250
Av(絞り数値) 8.0
ISO感度 2500
焦点距離 400.0mm
 
×1.4Ⅲエクステンダーをつけての撮影。
画質はエクステンダー付けると若干は眠い画質にはなりますが、通常で使用するには十分使える範疇だと僕は思っています。エクステンダーを付けると560mmF8と暗くなるので昼間限定ですが…。

【最短撮影距離について】

IMG_0085
Tv(シャッター速度) 1/250
Av(絞り数値) 5.6
ISO感度 3200
焦点距離 400.0mm 
IMG_0087
 Tv(シャッター速度) 1/250
Av(絞り数値) 5.6
ISO感度 3200
焦点距離 400.0mm 

最短撮影距離は、望遠レンズでは他社にはない0.98mで1型の1.8mの半分という謎なスペック…。
ここまで来ると望遠レンズで疑似マクロが楽しめると思います。
最近のCanonさんはEF24-70mmF4やEF-S24mmF2.8STMと寄れるレンズが多いですね。

上の写真を見てもらうとわかりますがボケ味は綺麗な印象を受けました。

IMG_0099
Tv(シャッター速度) 1/160
Av(絞り数値) 5.6
ISO感度 3200
焦点距離 200.0mm 

玉ボケも綺麗に円形を描いていて綺麗でした。


【感想】
まだ、僕が一回しかこのレンズを持ち歩いていませんがそれでも EF 100-400mm F4.5-5.6 L IS II USMは買ってよかったと思っています。
疑似マクロも楽しめるし、超望遠を使っての野鳥撮影も楽しめる万能レンズだと思います。
次は流し撮りなどもこのレンズを使ってやってみたいですね!
 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

どうもお久しぶりです。
かれこれ3週間ぐらい更新が止まっていましたが何とか生きていますが、今年は就職活動なのでブログ更新などは月2,3になると思われます…。


今回はタムロン15-30mmF2.8に続きEF100-400mmF4.5-5.6の2型を購入しました。
なんで15-30mmF2.8買ったのにすぐこんな高いもの買えるんだ!!と思われるかもしれないですがEF200mmF1.8Lやその他使わないレンズをほとんど手放して身の周りをすっきり+前もっての貯金での購入しました。
レンズシステムはタムロン15-30mmF2.8とEF100-400mmF4.5-5.6の2型が発表されてからずっと組みたかった理想のレンズシステムに出来るということで夢をやっとかなえた感じです。
現状のレンズシステムは

○ズームレンズ
EF8-15mmF4LUSM
タムロン15-30mmF2.8
EF24-105mmF4LISUSM
EF100-400mmF4.5-5.6LISⅡUSM
エクステンダー×1.4
で8~560mmまでの範囲をカバーすることが出来ます。
○単焦点レンズ
AFAi135mmF2DC
EF40mmF2.8STM
の二本になっています。
噂されているCanonEF50mmF1.8STMも出たら欲しいと思っています。
あとシグマArt24mmF1.4も星撮りに欲しいんですが早急には必要ないので多分しばらく先になります。

というわけでもう上記のレンズで腰を落ち着かせます。なんだかレンズ購入で迷走しまくっていましたがもう腰を落ち着かせますはい。

さて、前置きがとてつもなく長くなりましたがEF 100-400mm F4.5-5.6 L IS II USMはEF400mmF5.6LUSMの後継機で野鳥写真や飛行機などを目的に撮る為に購入しています。
今回は外観とか気になった点を紹介してきます。
というかレビューはデジカメWatchさんやその他のブロガーの方が凄い記事書いてるので本当に感想ということで…。

○EF 100-400mm F4.5-5.6 L IS II USM
IMG_9504

EF100-400mmF4.5-5.6LISUSMの後継モデルで16年ぶりにリニューアルされたレンズです。というかずっと待望していたレンズがやっとリニューアルされた感じですね。
IMG_9506

1型が直進ズームに対し2型が回転ズームになったところがまず一番の大きな特徴。
人によっては直進ズームの方が素早く画角を変えられるということで回転ズームになったのを惜しむ声もあるみたいだけど個人的には回転角が95°で素早く画角を変えられるから良いかなと。
また、直進ズームだと掃除機みたいに埃を吸い込むなどのデメリットも一応あるので…。
レンズは1,2型とも蛍石を使ってるという贅沢さで「EF70-200mmF2.8LISⅡUSM」と同等の画質というデータもCanonが公表してる。

IMG_9507
EF24-105mmF4LISUSMとEF100-400mmF4.5-5.6LISⅡUSMを並べてみるとだいたいEF24-105mmF4LISUSMの1.5倍以上の大きさがある。
IMG_9508
EF24-105mmF4LISUSMとEF100-400mmF4.5-5.6LISⅡUSMとEF40mmF2.8STMのフードなしだとこんな感じだ。(比較対象間違ってる)
太さはEF24-105mmF4LISUSMより一回り大きい。このおかげで持ちやすさはかなりある
というか白パンの白色はこうして見ると結構明るい白色だ。
IMG_9518
次はクリスタルガイザーとの大きさ比較。
だいたい500mmペットボトルよりちょい大きいぐらいで100mm→400mmに伸ばすと
IMG_9517

 写真下が大きくなっているが気にしないでください…ミスです…。
400mmまで伸ばすと全長はかなり伸びる。クリスタルガイザー二本分近くになる。
IMG_9512
EF100-400mmF4.5-5.6LISUSMでもあった調整リングもEF100-400mmF4.5-5.6LISⅡUSMでは引き継がれていてSMOOTHだとズームのトルク負荷を緩くでき、TIGHTだとトルク負荷をかけることができる。TIGHTにするとレンズをしたにやってもズームが勝手に伸びないようになるので非常に利便性がいい。
 
IMG_9509
IMG_9510
フードもこれまでのCanonではなかった開閉式の操作窓が付いた。
これによりサーキュラーPLフィルターなど回転させて使うフィルターがフードを外したりフードに穴あけ加工を施したりしなくても済むようになった。これは非常に嬉しかった。
なんで、昔からなかったのかなと思うが、多分PENTAXの方で特許を持っていたのでこれまでは取り入れなかったんじゃないかという話がありました。

IMG_9513
三脚座も今回は外せるようになっています。
IMG_9522

IMG_9520
外してみるとこんな感じになります。
ただ、慣れてないのかもしれませんが三脚座を外すのに結構手間取ってしまいだいたい15秒くらいかかっています…。
なので、スピーディーな撮影場所ではむしろデメリットかもしれません…。
あと、他のレビューサイトをみてあまり書いてなかったのですが三脚座を上の方に回転させると
IMG_9514
このようにズームの画角の数字は見えるんですよね。これって前からあったのかな?初めて知りましたが非常に便利な機能ですよね。 

というわけで開封感想はこんな感じ、次回は持ち出してみて撮影してきます。

撮影編→【レンズ】EF 100-400mm F4.5-5.6 L IS II USM (撮影編)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

EF100-400mmF4.5-5.6L IS USMも1998年に発売されはや16年経とうとしていますが未だにリニューアルされていないレンズの一つでもありリニューアルを多くの方が望まれているレンズです。

「エンジニアの嗜み」さんのブログで「Canon 70-400mm F4.5-5.6 ISの特許」の説明がされていました。

今回の特許ではNikonのAF-S80-400f4.5-5.6G ED VRとの差別化を図るために広角側を100mmから70mmの画角にしするものとなっています。
確かに現行のEF100-400mmF4.5-5.6L IS USMの画角のままではつまらないですからね…。

しかしデメリットももちろんあります。
広角端を伸ばすことによりレンズ枚数も増えてしまい重量が増えてしまうこと(エンジニアの嗜みでも現行14群17枚から17群22枚になることで重量の増加が懸念されている話がでてる) 
そして恐らく直進ズームは廃止され回転ズームにはなるだろうがレンズの重さにより回転ズームだと瞬時にその画角に合わせるのが難しくなると考えられます。

個人的には広角端を伸ばすより画角を100-500にしてタムロンが発売した150-600のような望遠ズームレンズの方が望まれますね…。

また、EF100-400mmF4.5-5.6L IS USMは現在蛍石レンズが使われているため
DxOMarkにキヤノンEF100-400mm F4-5.6L IS のスコアが掲載」解像度は意外に高い

そこでUDレンズ1枚と蛍石を2枚使った特許もあるのでこれが実用化されればかなりの解像力を持ったレンズにはなりそうですが
しかし値段は恐らく30万あたりは出さないと買えなさそうですね。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ