カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:EF50mmF1.8

◉EF50mmF1.8STM

25年ぶりにCanonの撒き餌さレンズと呼ばれていたEF50mmF1.8Ⅱの後継レンズが遂に発売されました。光学部分は前レンズのEF50mmF1.8Ⅱを引き継いでおりますが、マウントがプラマウントから金属マウントに変わったりSTM(ステッピングモータ)なども導入され非常に贅沢なお手軽単焦点レンズになりました。

値段はEF50mmF1.8Ⅱの生産終了前価格だと9000円でEF50mmF1.8STMは16500円前後と7500円ほど値段が上がりましたが、金属マウントやSTMなど付いたと考えると妥当な価格ではないかと思っています。(実際はもう少し値段が上がるかと思っていました。)

◉EF50mmF1.8STMと過去レンズとの比較
撒き餌さレンズの兄貴分 EF50mmF1.8 1型を購入しました。
おもちゃレンズ「EF50mm F1.8 II」レビュー

実は以前EF50mmF1.8の1型と2型両方を持っていた時期がありました。
現在残念ながらそれぞれ手放しており手元に無い状態ですが新EF50mmF1.8STMとの軽い比較を指定校かなと思っています。

まず、初めにCanonEF50mmF1.8の1型と2型とSTMは

(1型→2型→STMの順)
マウント:金属マウント→プラマウント→金属マウント

とマウント部の違いがあります。EF50mmF1.8はプラマウントにすることによってかなり価格を抑え新品1万円を切るぐらいのレンズで爆発的に売れました。
しかし、プラマウントだと使っていくうちにプラの部分が削れたりしたりして壊れやすいレンズとしても有名なレンズでした。(一応強度設計上はプラマウントでも問題ないみたいですが…)
そんなわけで値段が多少高くなっても金属マウントにして欲しいという意見がCanonの方に寄せられて新EF50mmF1.8STMは金属マウントになったかもしれません。

ちなみにCanonEF50mmF1.8の1型と2型とSTMの重さの違いと全長の違いそして、フィルター枠の違いは

(1型→2型→STMの順)
重さ:190g→130g→160g
全長:42.5 mm→41 mm→39.3 mm
フィルター枠:52 mm→52 mm→49 mm


と2型のプラマウントより30g増,1型の金属マウントより30gとなっている。
全長の方は一型からSTMまでどんどん短くなっている。
全長と重さは1型が発売されたのが1987年頃なので25年も経ってれば新素材で軽く出来たのとギアモータがSTMになり小型化しているからだと思う。
そして、実際に購入して持ってみるとEF40mmF2.8STMのパンケーキレンズみたいな印象だった。
フィルター枠に関しては新型のSTMで小さくなった。
個人的にはフィルター枠は52mmのままにしてフィルターを新たに買わないようにして欲しかった…。

あと、最短撮影距離と最大撮影倍率の違いは

(1型→2型→STMの順)
最短撮影距離:0.45 m~∞m→0.45 m~∞m→0.35 m~∞ m
最大撮影倍率:0.15倍→0.15倍→0.21倍

ここで注目して欲しいのが最短撮影距離と最大撮影倍率。
EF50mmF1.8STMは1型,2型に比べて10cmも寄れるレンズになっている。
ここが新レンズEF50mmF1.8STMの大きな特徴でありメリットです。
寄れるレンズだと被写体によって背景をぼかしやすくもなるし、狭い所でも近寄って撮れるので普段の撮影だと非常に使い勝手が良くなる。
そして、他者の50mmレンズはだいたいが最短撮影距離が0.45mほどなので差別化も出来ている。
ここら辺はCanonは非常に上手くセールスをしてきたなと感じた。
変わりに光学系は2型のをそのまま引き継いでいる状態だけど…(まあ、有名なガウスタイプの構成なのでわざわざ変更しなくてもいい気はするが…)

さて、そんなわけで過去レンズの写真もないまま文章のみで適当に書いてしまったけど次は箱出しに移ります。

◉EF50mmF1.8STM購入箱空けand外観
ポンッ
IMG_2505

いらなくなったレンズを一つ下取りに出して16000円で購入しました。
恐らく中古はすぐに出てくるでしょうが14000円ぐらいと勝手に予測してそれならそこまでしないし新品を買おう!となって買いました。

そういえばここ最近は中古の難有品でEF-S18-55mmF3.5-5.6ISSTMのバルサム切れ個体をよく見ますし、KissX8iでも製造不良が見つかっているのでCanonの製造体制になんらかの問題が生じているかなと勝手に思っています。なので今回みたいな初期型は少しばかり危ない橋を渡っています。
だいたい一年ぐらいすると問題に対策されたレンズになっていくとは思いますが…。

話がズレてしまいました。
さて、箱から空けると
IMG_2507
IMG_2511

可愛い感じのレンズが出てきました。
持ってみた所160gでも充分軽いです。
外観のデザインも2型に比べて非常にかっこよくなった気がします。
IMG_2547
金属マウントもしっかりしていて壊れにくそうな印象を受けました。

IMG_2515

IMG_2516
早速5DMarkⅢに付けてみた所、うん悪くない。
2型に比べて安っぽさをあまり感じず充分付けてても違和感を感じなかったです。

EF50mmF1.8STM用フード
IMG_2519
今回はフードもまとめて購入しました。
値段は1840円と少しお高め(いつも中古で買っちゃうので高く感じてるだけ)
EF50mmF1.8STMでは前レンズのEF50mmF1.8Ⅱからフードを取り付ける部分が新搭載されたのでアダプターなどを買わずにフードが取り付けられます。

IMG_3759

IMG_3761


フードを取り付けると倍ぐらいの長さになります。
フードは逆さまにして取り付け可能です。持ち運ぶ時などしたの写真のようにコンパクトにして持ち歩くのがベストですね。
ただ、この状態だとMFなどは出来ませんが…。
IMG_3762



EF50mmF1.8STMと他レンズの大きさ比較

IMG_2534

左からEF-M22mmF2,EF40mmF2.8,EF50mmF1.8STMとなってます。
EF40mmF2.8よりかだいたい1.5倍ほどの大きさですがそれでも充分小さく感じます。
あと白いEF40mmF2.8みたいに白いEF50mmF1.8STMも出して欲しい気がしなくもないです。
  
EF50mmF1.8STMでちょっと撮影してみた。
IMG_2557
ダンボー撮影してみました。
最短撮影距離での撮影なのでかなり寄れています。ちなみに絞りはF1.8開放での撮影です。
数枚撮ってみたのですが2型に比べ写りはほとんど変わらないかなぁと思いました。

フレア、ゴースト耐性についてや他の作例写真は次の記事でアップしていきます。


◉作例続き(ゴーストやフレア耐性について)
IMG_2826
真逆光での撮影条件下でも特に気になるゴーストやフレアは出ておらず最新のコーティングの凄さが伺えます。前のEF50mmF1.8Ⅱだと逆光下ではわりと盛大なゴーストやフレアが出ていましたからね…。ただ作品としてゴーストやフレアを生かした写真を撮影するならばEF50mmF1.8Ⅱの方がいいかもしれません。
IMG_2838

最短撮影距離が0.35mなので,寄って背後をぼかすしやすくなったと思います。
IMG_2834


ここまでになります。
最後にこのレンズはこんな人にオススメです。

EF50mmF1.8STMはこんな人にオススメ 

○まだ、ズームレンズしか使った事が無い人
○kissシリーズや70Dシリーズなどでこれからポートレートなどを撮ってみたい人
(kissや70DだとAps-Cというセンサーサイズだとポートレート撮影の画角とも言われてる80mm付近の焦点距離になるため)
○ とにかく安い単焦点レンズが欲しい人
○フルサイズの6Dを購入した人
○F値が明るいレンズが欲しい人

などなどです!
以上

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2型のEF50mmF1.8は撒き餌さレンズとして良く売れている。
自分のブログでもアクセスが多いのは「おもちゃレンズ「EF50mm F1.8 II」レビュー」でブログから買ってくれているレンズとしてももっとも売れている。

さて1型の話に戻るが EF50mmF1.8 1型は1987年 3月から1990年まで発売されたレンズだ。
当時はそこまで人気が無かったが現在ではEF50mmF1.8 2型の写り以外のコストダウン(すべてプラスチック)が嫌な人などに人気が出ているレンズでもある。

しかし、発売されてた年数が3年数が少ないためプレミアム価格みたいなのが付いてしまってる。
なので、現在の中古相場がだいたい2万円前後。2型が新品価格の最安値で9000円なので倍以上違う。


○1型と2型の外観の違い
IMG_3232

IMG_3238

というわけで1型と2型の比較です。
まずは、2型は1型の時にあった距離計がなくなっています。そしてマニュアルリングがシンプルになっていますね。1型のマニュアルリングはEF28mmF2.8のジーコレンズと同じデザイン。マニュアルはもちろん1型の方がしやすいです。

比較画像見るとわかりますが2型はオールプラスチックに対して1型は金属で出来ている。
IMG_3235
もちろんマウントはプラではなく金属である。
その分、重さは1型は190g、2型は130gと60g違う。

軽さを求めるなら間違いなく130gの2型を買った方がいいかもしれない。

写りに関しては人によっては1型の方がいいという人もいるが自分は特にそこまでの違いは感じられなかった…。本当は写りの比較をしてみたいが残念ながらこの前2型はジャンクとなってしまったので出来ない。



参考画像はまた別の記事でアップします。
自分はEF50mmF1.81型のデザインは好きだしAFも結構早いので気に入っているレンズですね!

 

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

少し更新期間が空いてしまいました…、、最近は研究室が忙しく、撮影に出掛けられない状況が続いています。写真撮影が案外ストレス解消になってると感じたこの頃です。

さて写真記事を書きたい所ですが撮影に行けてないので書けませんという事で少しばかり気になった話を

「EF50mmF1.8 IS USM」が来年の第1四半期に発表される噂があるという記事。
もちろんCanonrumorsさんのサイトから
http://www.canonrumors.com/2013/10/a-new-50-coming-soon-cr1/ ) 
以前にエンジニアの嗜みさんの方でEF50mmF1.8 ISの特許について取り合げられていたので恐らくもうそろそろ登場するんではないかという話です。

ただ気になるのが 「EF50mmF1.8 IS USM」のUSMになっている所。ここは恐らくSTMが採用されるのではないかとにらんでいる。

そしてもう一つ価格は幾らになるのか?

EF35mmF2 IS のリニューアルレンズの実売りが今でも6万ほどと単焦点レンズにしては非常に高い。
なので撒き餌さレンズとしてEF50mmF1.8が存在してたのでIS付きでも実売り二万ほどで出して欲しいという部分がある。まあ、恐らく厳しいと思うが…。
 
現在はプラナー50/1.4があるので購入はしないと思うが…。

そして、Canonとのライバル社 Nikonがフルサイズ機D610をD600を発売してから一年ちょっとで出してきましたね。これには驚きです。前々から噂はあると聞いていたのですがD600のセンサーゴミ問題を解決してなおかつまあちょっと改良という事で秒コマ数を6コマにして発売。
これはD600買った人にはあまり面白くない話だと思います…。

今D610買える予算があるのならD800を購入した方が長く使えると思います。それかCanonの6Dをオススメ。というより6DのWI-FIはその場で写真を上げられるので非常に便利。


今月に入ってペンタックスもK-3出したし、Canonも何かしら発表がありそうなので楽しみ!


さて写真の方はというと今月から紅葉撮影に行きたいと考えてるので奥多摩か、日光あたり。そして来月は星撮りを主にやろうと考えてます。

それでは 

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

少し気になった話。深夜のテンションのまま綴る

噂とかではなく特許に関係する。
Canon 50mm F1.8 ISの特許が出ている情報があったので気になっていた
エンジニアの嗜みさんという所で出てた特許公開は以下のURL内に詳しく載っているので
エンジニアの嗜みさん:http://egami.blog.so-net.ne.jp/2013-07-24 
 
 さてEF50mmF1.8についてはCanonの撒き餌さレンズ、沼への入り口などとあだ名が非常に多いレンズである。値段が相当チープなわりにはしっかり写る良いレンズでもある.フルサイズにも対応尚かつ軽いのでkissなどのエントリー機との組み合わせも良く合うレンズだ.


価格コムでも売り筋ランキングとしてはかなり高い。
しかし発売年が2003年9月とかれこれ10年は経ってるのでそろそろリニューアルされる時期かもしれない。
Canonの戦略としては現在最新の単焦点35/2や28/2.8などにはすべてISを付けている。なのでEF50F1.8にIS(手ぶれ補正機能)がついても何らおかしくないだろう。
しかし、問題としては価格の高騰最新のレンズは光学性能や手ぶれ補正性能は非常に優秀であるがコストパフォーマンスなどを考えるとレンズが安いシグマなどのサードパーティー製でもいいんじゃないかというコスト面の問題がある。

仮に発売されたとしても実勢で安くて4万ほどになるだろう。なので現行のEF50mm F1.8 はそのまま併売される差別化は行なわれると個人的に勝手に思っている.

そして新EF50mmF1.8ISに手ぶれ補正も付けるのもいいが今の50mmが最短撮影距離が0.45mと寄れるレンズとは言えないので寄れるレンズを作って欲しいと切に願う。
まあそれなら、EF50mmF2.8マクロを買えばいいじゃないかと言われそうだが…

また、現行はプラマウントなので金属マウントに変更なども行なわれるだろう。
EF50mmF1.8の一型は金属マウントだったが、プラでも強度が確保出来るためコストを抑える為にプラマウントになったという話だ.

何やかんだ言っても出たら出たで楽しみなレンズの一つでもある

そしてEF50mmF1.4ISはいつ出るのかな?Canonさん


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

タイトル長いですが今回はEF40mmF2.8STMにES-62フードをフルサイズに装着するとケラれか否かを試してみました。
まずES-62フードは本来EF50mmF1.8専用のフードですがフィルターはめ込み式なので径が52mmのレンズであれば何でもつきます。しかしフレアやゴーストの防止効果があるとは言えないですけどね(笑)
前回の記事(パンケーキレンズ EF40mmF2.8 STMのレビュー) ではAPS-C機でES-62フードを取り付けた写真を載せましたが今回は5DMarkⅢのフルサイズ機によるEF40mmF2.8STMをつけた際の写真を載せます。 

IMG_1518


IMG_1520
5DMarkⅢに装着してみると少しくらいですがこのように5Dだとコンパクトさはなくなるけれども
レンズの圧迫感は少なくなりますね。
ではまずフードなしでの作例を
IMG_6547

IMG_6573
開放で撮ると少しながらですが周辺減光がある気がします。
絞れば改善するので特に気にせず使えると
フルサイズだとAPS-C機みたいなごまかしが効かないのでEF40mmF2.8STMでも
なかなか良い一枚が撮れない…(腕がないだけ)

ではタイトル通りの本題!
ES-62を付けてみた
IMG_6595
 ケラレルかと思いきや…?
ケラレない!普通にフルサイズに装着してもいけます!
F5.6で絞ってるの周辺減光もなくなりました。
というわけでES-62フードでも効果はいかほどかはまだ検証してない(検証し忘れていた)
ですが使えます。まあEF40mmF2.8STM用のフードもいくつかあるんですけどね(笑)
EF50mmF1.8のフードを持ってる方はそのままフルサイズ機でも流用しても問題ないってことが
言いたかったのです!
フードも結構お高いですからね…。


EF40mmF2.8STMは5月5日までキャッシュバックで実勢のお値段が1万ちょいになってるので
買い時です。
写りも良いしレンズキャップの変わりとしても使える新たなる撒き餌さ
まあデメリットとしてはAFが若干遅い位ですかね…。
それ以外は非常に良いレンズだと思います。
パンケーキシリーズはもっと出して欲しいですね




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ