カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:SIGMA

中古で少し珍しいレンズを見つけたので紹介

それはシグマAF14mmF3.5 というレンズ。中古で見るのは初めてで値段も1万ちょいと随分とお安かったのでついつい触手が伸びてしまった。
14mmという超広角レンズは当時ではNikon、Canonでも発売されていたが当時いや現在でもこの種のレンズは非常に高いなかシグマはわりと手を出しやすい価格で発売していたみたいです。
14mmと言えば画角は約114°とダイナミックさを出せるレンズです。
IMG_1324

IMG_1326
超広角レンズらしい出目金レンズ。正直このレンズのガラスはまるで水晶みたいに美しいとは思うがこの出目金レンズのせいでフレア、ゴーストが桁違いに発生してしまう。
当時のコーティング技術を考えると仕方ないかと思いますね…

シグマは現在では解像度抜群のレンズであるArtレンズを出していますがフィルム時代では写らないレンズとも言われてたと聞きます。

ちなみにこのレンズは,フィルム機専用レンズという形になっている。 
以前こちらのブログで紹介したAF 500mm F7.2 APOと同様にデジタル一眼レフで使用すると開放のみしか扱えないレンズでもあります。
当時シグマがデジタルでも使えるようにしていたみたいですが今はパッチがなくて出来ないみたいですね。こちらのレンズを購入する時はぜひともご注意を…

ともあれ開放のみで扱えるのなら扱ってみようではないかということで今回何枚か撮影してきました。

作例としてはあまりにお粗末ですが…



IMG_7543
左上かなりもやっとしている。曇ってるレンズではなかったのですがここまで酷いとは…。
写真の中心部分は解像はしているは周辺はもうぼろぼろ

IMG_7539
超広角ならではのダイナミックさを出そうとしています。空が青空だったらよかったんですが…。
こちらも周辺部がかなり甘いです。
IMG_7674
このレンズの特徴としては周辺減光がかなりあることです。
開放だとここまで四隅が落ちます。
IMG_1087
実用性あるのかと言われると個人的にはあまり進んでは使いたくはないレンズですね…。
ただ、超広角レンズが1万円ちょい出せば買えることを考えると…

【まとめ】
○超広角レンズを探してる方で開放のみでも問題ないという方おすすめ
○軽いしコンパクト
○フレア、ゴーストは…気にしては駄目です…。



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

バリ島旅行に行く前に中古でシグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC HSMを購入した。
バリ島では高価なカメラやレンズを持っていると盗難に遭いやすいという事で前まで使っていたEOS kissX5を持っていくということになったのがあいにくAPS-C用の広角レンズが無い事に気がつき買ったのがこのレンズになる。

【外観や仕様】
Aps-c機(kissやキヤノンの二桁機など)は35mm判フィルムの36×24mmよりも小さいセンサーを使っている。
そのため画角が例えばCanonの場合は画角×1.6倍、Nikonの場合は画角×1.5倍しないと35mm判のカメラと同等の画角にならない。
今回のレンズだと画角10mmを35mm判のカメラと同等の画角にする場合は
Canonは10mm×1.6倍=16mm
Nikonは10mm×1.5倍=15mmとなる。つまりAps-c機に取っては広角側が弱いというデメリットがある。
そこで今回のシグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC HSMのレンズは35mm判換算(16mm~32mm)となる。
広角レンズの16mmといえばかなり広大な風景を写しとる事ができるので風景撮影などにおいてはこのレンズがあればほとんどカバーは出来るはずだ。
IMG_2777
中古品なのでズームリングとフードが汚れてしまっているのはお許しを笑
フードは花形フードになっている。
外観は最近の金属製のものではなくマットな塗装となっている。中古レンズでこのレンズを買おうとしてる方には注意して欲しいがマットな塗装だとたまにべたつきがあるので実際触ってみて確認してからの購入がオススメ。


仕様は(シグマ:
http://www.sigma-photo.co.jp/lens/wide/10_20_4_56/#/specificationより)
レンズ構成10群14枚
画角(SD1)109.7 - 70.7°
絞り羽根枚数6枚
最小絞り(W端)F22
最短撮影距離24cm
最大倍率1:6.7
フィルター径Ø77mm
最大径 × 全長Ø83.5mm x 81mm
重量465g
全長も81mmとなっておりEF50mmf1.8の二個分の大きさぐらい。重さは465gとわりかし軽い分類に入る。


IMG_2782
【利便性や重さ】
利便性は
kissX5との組み合わせではバランスは取れていて扱いやすかったのと比較的小型軽量なのでいつものフルサイズレンズから比較すると非常に持ち運びはしやすい印象を受けた。
ズーム域は10-20と10mmしかないのでズームはすぐにしやすい
しかしピントリングは重たいのでMF操作になると少し戸惑うかもしれない。なお、フルタイムマニュアル機能がついているのでAFでピントを合わせたあとにもMF操作で細かいピント修正は出来る。
IMG_2779

IMG_2780

【AFについて】 
AFについては撮影中特に遅い等の違和感を持つ事は無かったが純正レンズよりかは遅い。これはもう仕方ない事である。AF迷いなどは自分が使ってるのかではそこまではなかった。(使用状況にもよるけど…)

【描写力と撮影サンプル】
ファインダーを覗くと広大な風景を見れるのが広角レンズの特徴。しかし無駄なものなども入りやすいので構図にかなり気を使わないといけない。夕焼けやこういった風景なら問題ないけど笑
IMG_2530





Tv(シャッター速度) 1/640
Av(絞り数値) 8.0
ISO感度 200
焦点距離 10.0mm
 



 
以前CanonのEF10-22mmf3.5-4.5も使っていたがそれより青の発色はそこまではないように感じられた。
解像力については絞るとシャープで問題なく使えた画質に関しての文句などは特にはない。
色のりについては若干あっさり系かなと思った(個人的な感想)

IMG_2533



Tv(シャッター速度) 1/640
Av(絞り数値) 8.0
ISO感度 200
焦点距離 10.0mm


 




IMG_2534




Tv(シャッター速度) 1/640
Av(絞り数値) 8.0
ISO感度 200
焦点距離 20.0mm

 




10mmから20mmの画角の変化(35mm判換算16-32mm)

広角側での周辺流れはあまりない充分風景写真で使えるレベル
発売が2005年と古いレンズに入るがまだまだ使えるレンズだ

そして逆光耐性について
IMG_2568




Tv(シャッター速度) 1/1000
Av(絞り数値) 8.0
ISO感度 200
焦点距離 10.0mm


 



フレアに関しては太陽に向けるとシャープさはなくなるが特に問題はないだろう。
またゴーストに関しては酷くて使い物にならないという状況はなかった。
広角レンズだとだいたいフレア、ゴーストに悩まされるがこのレンズは 軽減されていると思う。


【価格】
新品価格ではアマゾンで38000円となっているのでかなり安価な分類に入る。
中古ではおおよそ26000円あたりで出ているときがあるので一万円ほどを節約したい場合は中古の購入もありだと思う。

また姉妹レンズとして10-20mm F3.5 EX DC HSMとf値が通しで尚かつ明るいレンズもあるがこちらは58000円ほどとお高いのでなるべく安く広角レンズが欲しいと思っている人は10-20mm F4-5.6 EX DC HSMで充分だと思う。

純正
EF-S10-22mm F3.5-4.5 USMもあるがこちらは74000円と高い…
一応以前レビューした記事もありますので比較参考したい場合はこちらで
http://blog.livedoor.jp/photo1050/archives/9917384.html) 
ちなみに昔のレビュー記事なのでかなり適当ですが…。

【まとめ】
メリット
○価格が安い
○軽量小型で扱いやすい
○ゴースト、フレアにまあまあ強い

デメリット
○ピントリングが重たい


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昔のSIGMAの評判をご存知であろうか?昔のシグマは超甘々ばっかりのSIGMAが出す最近のレンズのように解像度の高いものがあまりなかったと言われている。
なので昔から写真をやっている方でも今なおシグマのレンズは写らないと思われている。

そこで今回は偶然安く手に入った(中古相場では元々安いけど…)500mmの超望遠単焦点レンズ SIGMA AF 500mm F7.2 APOの紹介をしたいと思います。

 【利便性や大きさ】
利便性や大きさなどはこの写真を見てもらえればわかります。
IMG_1948


EF400mmF5.6LUSMより小型!500mmだから大きいものだと思っていたんですが最初見たときは驚きました。
そしてF値はF7.2と非常に暗いレンズ。もはや500mmのミラーレンズじゃないVerと考えても良いかもしれません。

IMG_1953

IMG_1952
 
フードは内蔵式。これはEF400mmF5.6LUSMと変わりないですね。
外観は中古なのに美品の分類に入ると思います。このころのシグマのレンズはべたつきんどが多いですがこのレンズはありませんでしたのでいい買い物になったと思います。

ああそういえば言い忘れていましたこのレンズ実は…



デジタル非対応

なんですよね。フィルム時代のレンズです。いやはや驚きですそんなレンズを買おうなんて。
しかしこのレンズは開放つまりF7.2のみならErr01が出ずに使えます。
5D3に装着しましたたらこのように
IMG_1954
最小F値はF5.6になります。F7.2だと認識されていない?
ちなみにF9とかにすると
IMG_1958
カメラとレンズの通信不良のErr01ですね。レンズ接点を清掃しても意味がありません…

いくつか検索すると
レンズ接点部分をテープなどで塞ぐと使えるようになるとかならないとか…
詳しい記事はこちらにあります→
百姓とデジタル非対応シグマレンズは絞れるだけ絞れw
デジタル非対応なんで本当にお遊びで買ったレンズにでも等しいです。
フィルム買えって?f値暗すぎるのでISO800のフィルム買わないと行けないので…ISO上げられるデジタルじゃないとやっぱりきつい…。

あとはミラーレンズではないシグマ1000mmF8とかあるみたいですがこれはいつかは持ってみたい。中古では見た事無いですが欲しいですね。

AFについてですがジーコレンズ並みの迷いがあります。これはもう仕方ないですね…動くだけましです


【描写力】
さて問題の描写力についてです

IMG_2380

あれ意外といい?見れないわけではないですね。
まあ拡大してみましょ
20140117-IMG_2380
(ISO 400 500mm f/7.2 SS800)
確かに甘いですね。でももしかするとSS800なのでブレのせいもある?ただ思ってたよりかは甘くない?
使えなくはないかもしれないですね。

では次にEF400mmF5.6LUSMと
SIGMA AF 500mm F7.2 APOとの比較を

20140117-IMG_2394
SIGMA AF 500mm F7.2 APO
 
(ISO1000 f/7.2 SS1/1600 )
20140117-IMG_2392
 EF400mmF5.6LUSM(ISO640 f/5.6 SS1/1600)
上がSIGMA AF 500mm F7.2 APO下が EF400mmF5.6LUSM
はっきりと違いがわかりますね。SSは1/1600なので手ぶれなどの影響はほとんど受けないはずです。
甘さが本当に違います。こうしてみるとトリミングしてもなお解像力がいいとわかるEF400mmF5.6USMの描写力も普通にすごいですけど。

【価格について】
僕が買った価格は一万円をしたまわっています。中古市場では時たまでるレンズですが一応美品レベルは希少なのであったら買うのも手かもしれません。

【まとめ】
○超望遠欲しくて開放からのあまい画でも500mmがあればいいやという方にオススメ。
○軽い機動性はいい

【最後に】このCanonもEF500mmf/5.6とかのお求めやすいレンズを出して欲しいと思っています。500mm以上になると純正は白い大砲しかなくなるので是非一般用に…



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

シグマがSIGMA 50mm F1.4 DG HSMを発表しましたね。
遂3ヶ月前にシグマ24-105mmF4のArtラインを発表していたのでこの更新スペースはもの凄い物だと思います。

 元々シグマは、2008年にデジタル用大口径標準レンズとして50mm F1.4 EX DG HSMを発売しています。このレンズは以前から評価が高く人気なサードパーティ性のレンズとして有名です。

その後継レンズとなるのがArtラインで高評価な
SIGMA 35mm F1.4 DG HSMと同じシリーズなのでかなり期待しています。

では今回発表された特徴を

主な特徴】
1. 高水準の芸術的表現を叶えるArtライン
シグマの交換レンズは、それぞれ明確なコンセプトを持ったContemporary、Art、Sportsの3つのプロダクトラインに分類されます。その中でArtラインは、あらゆる設計要素を最高の光学性能と豊かな表現力に集中して開発、高水準の芸術的表現を叶えます。高度な要求水準を満たす圧倒的な描写性能で、風景、ポートレート、静物、接写、スナップをはじめ、作家性を活かした写真づくりに適しています。作品世界をつくり込むスタジオ撮影や、建築、天体などあらゆるジャンルでの表現にも応えます。


シグマのArtラインでは上の通り最高の光学性能と表現力に基づいての設計がされているので非常に質が高いと感じます。

2. 圧倒的な描写性能を実現
これまでの開発で蓄積したノウハウと最新の設計技術を駆使し、収差を徹底的に補正。画面周辺部に至るまで、解像度の高い圧倒的な描写性能を実現しています。

解像力は個人的に前回のSIGMA 35mm F1.4 DG HSMなみのカリカリ感が出る事を期待していますね

●高解像度とボケ味を両立
ピントの合ったところの解像度を追求しながら、その前後のボケについては柔らかい描写を保つように配慮しました。高い解像度を実現するためにサジタルコマフレアや色収差等、画質に影響する収差を徹底的に補正。絞り開放からにじみのない高精細な描写を実現しています。また、口径食をできる限り少なくしながら、フォーカス前後の色のにじみを徹底的に抑え、自然なボケ味も追求しています。
●サジタルコマフレアを良好に補正
大口径標準レンズでは、開放から画面全域で高い描写性能を発揮するのが理想です。例えば点光源の像が一点に集まらず、尾を引いたような形になるサジタルコマフレアには、後群にグラスモールド非球面レンズを配置し、徹底的に補正。画面周辺部の点光源のにじみも少なく、天体やイルミネーションの撮影に威力を発揮します。また、ポートレートや室内での撮影など、美しいボケを活かした表現にも威力を発揮します。

で、今回注目なのがこの上の二つNikonのAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gの設計思想に近いです。サジタルコマフレアの補正により夜景やイルミネーション撮影で上記の通り点像になり綺麗な写真が撮れます。
ただボケに関してはAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gの方が上だと信じたいです…

●軸上色収差を補正
画像の処理でも補正が困難な軸上色収差を補正するため、SLD(Special Low Dispersion:特殊低分散)ガラスを採用、すべての撮影域で高画質を実現。シャープでコントラストの高い描写が得られます。

●ディストーションを徹底的に補正
まっすぐな線が歪んでしまうディストーションはレンズを絞り込んでも改善されないため、レンズの設計段階から補正が必要です。50mm F1.4 DG HSMは、各レンズが前後で対称なパワー配置を取るよう設計を行い、画面の周辺に至るまでディストーションを徹底的に補正しました。

●豊富な周辺光量
大口径レンズで低下しやすい周辺光量も十分に確保しました。前群レンズを大口径化し、開口効率を向上。画面周辺の減光を最小限に抑え、全画面域で均一な描写が得られます。青空など、開放付近での撮影でも光量不足を気にする事なく、開放のボケを楽しむ事ができます。

周辺光量ですがここはかなりの減光があると予想しています。現に35mmも相当あったので…

●フレア・ゴーストに配慮した設計
レンズ設計の初期段階からフレア、ゴースト対策を徹底し、逆光のような強い入射光に対しても影響を受けにくい設計を行っています。さらにスーパーマルチレイヤーコートを採用する事で、フレア、ゴーストの発生を低減、逆光時の撮影においてもコントラストの高い描写を実現しています。

●最短撮影距離40cmを実現
光学系内部のいくつかのレンズ群を、それぞれ異なる繰り出し量でフォーカシングするフローティングシステムの採用により、最短撮影距離40cm、最大倍率1:5.6を実現。撮影距離による収差変動を抑え、全撮影距離で高い描写性能を発揮します。
注目すべき点は最短撮影距離が40cmになったこと。Canon純正だと50mm画角では45cmと寄れなかったが40cmで多少なりとも寄れるので室内での撮影が楽になるかもしれない。



http://www.sigma-photo.co.jp/new/new_topic.php?id=610
そして外観は見る限り大きい。
以前よりもデザインは洗練されているが大きく尚かつ重たいので持ち運びなどには苦労しそうだ。 

自分は現在プラナー50/1.4というレンズを持っているがもしこのレンズが素晴らしく使いたいものであれば乗り換えも考えるかもしれない


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この前「」の記事を書いて、買いましたやっほーいという報告をしたのですが今回はこのレンズを手放し旧型の「12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM」に変えました。
理由としては新型が悪いのでということではなく単なるアップルのiPad miniの購入資金にするためです。
他にもありますが後ほど語ります。


さてまず新型と旧型の外観紹介
IMG_1256

IMG_1258
(新型はこの後に手放してます現在はありません)
さて、外観は新型モデルの方が細長くかっこいい。だが旧型もデザインは悪くなく金ラインが輝いてるのでいい。そして新型よりもコンパクトになっている。人の好みによって変わってくる外観だと思う
IMG_1260
新型コーティングは緑色
これの影響かゴーストは緑色になる 
IMG_1261
 一方旧型に関しては紫色のコーティング
まだ、旧型の野外撮影は行なっていないがレビューを見る限りフレア、ゴーストの影響はかなり大きくなりそうだ。なので逆光下では使えないかもしれない

次に問題になってくる新型、旧型の歪曲と解像力について

まず歪曲について

○旧型:12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM
20131118-IMG_1263
○新型:シグマ 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM
20131118-IMG_1264
 もう見てもらえるとわかるが圧倒的にわいきょくについては旧型の方が補正されている。
建築物撮影では新型より旧型を選んだ方が間違いなく良いだろう。

次に解像力についてF4.5の開放とF8についてみてみた。
トリミング統一してなかった…。

F4.5開放
旧型:12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM

20131118-IMG_1263-2

新型:シグマ 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM
20131118-IMG_1264-2

 あれ?旧型と新型ほとんど変わらない…?あとSSが1/30なのでもしかすると手ぶれしてる?あくまで参考程度でも…。

ただそこまで解像力に差はないとのレビューも出てるので何とも言えませんね

旧型:12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM
20131118-IMG_1274
新型:シグマ 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM
20131118-IMG_1275
絞ると新型が有利?ただ個人的に超広角レンズなので解像力はあまり気にしてないですね。
12mmの画角を使っての撮影になるのでフィッシュアイみたいな特殊撮影レンズだと思っています。

ただ、今回の結果を見る限りだと中古価格が3万円代の旧型の方がコスパは大きそうですね。
新型も解像力やフレア、ゴーストなどの改善はされているのと修理可能なので安心感を得る為だと新型の方をお勧めします。

では次は、旧型を使っての撮影記事を書きたいと思っています

それでは

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ