カメラと星景写真の日々

天体写真、野鳥写真を撮っています

タグ:STM

八丈島旅行記の合間に、一つだけレンズのレビュー記事を書きます。

「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」を貸してもらったのでちょっと使ってみました。

実はこのレンズ発売当初から気になってたレンズの一つなんですよ。
え?何でいまさらキットレンズをと思う方もいますが、今手元にあるレンズがすべて重いので日常生活の中ではなかなか持ち出さなくなりました。
そんな中、軽量でコンパクトなキットレンズは、意外と日常スナップに使うレンズとしては便利なんですよ。
特に最近のキットレンズは写りも良く撮れます。
単玉やLレンズには劣りますがそれでも充分なスペック持ちのこのレンズ。

キットレンズは単体で買うと意外としますのでキットバラシで買うのが一番いい方法だと思います。
中古で「kissX7とEF-S18-55mmF3.5-5.6 IS STMのキット」のカメラ本体を売れば一万円ぐらいで購入する事が可能です。

ちなみに今後もっと安くなったら購入してみようかなとも思っているレンズですね。
または、軽量コンパクトなニコンの「J3のミラーレスとパンケーキ」とかも考えてますね。

ここらへんは色々悩みどころ

              ○外観

IMG_4875
新しくなったレンズは旧式「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS Ⅱ」とデザインが変わっており
  


フルタイムマニュアルフォーカス、フィルター枠非回転式など、操作性にも優れています。
とCanonの公式HPにも書かれてる通り非常にフルタイムマニュアルフォーカスが使いやすくなっています。そういえば、旧型はフルタイムマニュアルフォーカス使えなかったみたいですね。それにしてもデザインはかっこ良くなった気がします。

IMG_4877


このレンズには「EF40mmF2.8 STM」にも採用されたSTMにより


静止画撮影においても高速・高精度なAFを可能にしています


 実際に試写してみた所、STMのおかげでAFを合わせる時にする動作音が全くしなかったのが驚きですね。静音なので動画撮影にも優れています。てか最近のkissシリーズは動画に強いカメラっていうイメージが自分にはあります。

音に関しては、ジーコレンズの「EF50mmF1.8」と比べるともう歴然の差でした…。いやはやSTMすごいですね…。まあジーコちゃんはあの「ジーッ」ってAFを合わせる音が可愛いので嫌いではないのですがw

IMG_4876

最大径×長さφ69mm×75.2mmはとなり旧型のφ68.5mm×70mmよりも少し大きめに
重さも実は、
200gから205gと5g増えています。
でここで面白いのがISの手振れ補正効果の違い新型が3.5段分であり旧型が約4段分となっています。
なので手振れ補正効果は少し落ちている?

ちなみに kissX7のキットレンズだけどkissX5に付けてみた。
IMG_4871


いつも5D3を持ってるのでこのレンズとカメラの組み合わせを持つと軽すぎていつでも持ち歩きたくなるぐらい。ようは原点回帰ですねはい。

サブ機としてミラーレスなども考えてましたがこれでもありか…?

IMG_4873
キャップは新型の中をつまむタイプのキャップに

このキャップは便利なので他のレンズのキャップも順序交換して行ってますね。オススメです
まあCanonはこのタイプのキャップを出すのが遅すぎた感がありますけどね…

 
IMG_1886
最大撮影倍率が
0.36倍であり最短撮影距離が
0.25m
(55mmの時の写真)

旧型よりさらに寄れるレンズになり物撮りとかでも使えそう 
IMG_1888
色のりはまあ悪くない解像力も充分である
(広角側18mm)
18mmはAPS-Cだと画角29mmと若干公角側は不足していると感じる。
まあキットレンズ+「EF-S10-22F3.5-4.5」があればレンズシステムとしては攻防としては最強かな。
Lレンズのこだわりが無ければだが…


IMG_1891

逆光耐性は昔に比べよくなったのではないかと思う。

___________________________________________________________________________________
IMG_1892

IMG_1896

さて軽いレビューでしたがCanonさんはキットレンズに関しては何度もリニューアル化を勧めています
そのたびに良いレンズに仕上がって行ってます。

あえての原点復帰としてキットレンズで攻めるのもありかと思います.

 それでは次は八丈島3日目の旅行記を
天体撮影中心の記事になります多分…


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

EF40mmF2.8一回手放してまた手元に戻ったという奇妙なレンズ(また買い戻しただけ (; ^ω^))

やっぱりこのパンケーキは軽くて小さくて便利すぎるし描写力も高い
あんまり語ると今回の趣旨が違うので詳しくはこちらで
EF40mmF2.8のレンズフードを購入してみた

IMG_0595
 ES-52のレンズフード一見レンズフードには見えないが一応フードである。
金属製恐らくアルミ?のフードなのでしっかりしてる

IMG_2566
 こちらはEF50mmに付けるねじ込み型のフード
このタイプだとケラレを起こす可能性があるので今のフードに変更
 ES-52に関してもねじ込み型まあこの大きさなら気にすることも無いだろう
IMG_0602

ちょっと撮り方が悪いがこんな感じこれならパンケーキならではの
小型、軽量を損なわずに使えるフードである。
ネジ切りがされてるのでフードに直接フィルターをかませることも可能
ケラレる可能性もありますが

IMG_0575

IMG_0577

IMG_0578
しかし、フードがあるかないかわからないですけどね笑

にしてもやっぱボケ味などは柔らかい感じがする。
開放からきちんとシャープなので値段のわりにはかなりコスパが高い
自分より腕がいい人がつかったらもっと綺麗に撮れるだろうなぁ
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前回に引き続き今回もレビューの記事になります。

最近はレンズを買いすぎなような気がしますが、、また新たに買ってしまいました (・ω・ ;)
IMG_2568
EF40mmF2.8STM!!

前の記事ではEF50mm F1.8 Ⅱはキヤノンの撒き餌さレンズとも言いましたが

今回紹介するEF40mmF2.8STMもCanonの新たな撒き餌さレンズと呼ばれてるほど低価格になっています。
【価格】 
価格は新品でも17000円ほどそしてゴールドラッシュなどのキャッシュバックキャンペーンの時度では5000円キャッシュバックされるので実質新品が12000円ほどで買う事ができるレンズにもなります。


【仕様や外観】
レンズ構成 :4群6枚 
絞り羽根枚数 7枚(円形絞り) 
最小絞り :22 
最短撮影距離 :0.3m
最大撮影倍率 :0.18倍 
フィルター径 :52mm 
最大径×長さ :φ68.2mm×22.8mm 
質量 :130g 

重さ130g!!
これはEF50mm F1.8と同じ重さになりますので軽い。

そして全長が22.8mmなのでもの凄い薄い事ができます。

ちなみにマウント部はEF50mmF1.8と違い金属マウントを採用してることで強度を確保しています。
ここをプラマウントにしたらもっと軽く出来たのではないかと思われますが実際のところ軽すぎるレンズとカメラのバランスが悪くなる金属マウントでよかったと自分は思っています。 
最短距離はEF50mmF1.8が0.45mに対し
EF40mm F2.8は0.3mこれはよりよれるレンズなので室内の小物撮影に向いていますね 
それと新たに採用されたSTM(スッテッピングモータ)これはUSM並みの静穏性がありますね
使ってみても全然気にならない程度の音でAF合わせをしてくれます。

Canon kissx5に付けたらうんもの凄いコンパクトになります。
ヨドバシカメラなどに行ってkissx7 につけるとこれもう一眼レフって感じになりましたね。 
お散歩レンズや持ち運びには最適です 
 IMG_2571
IMG_2566
これは本来EF50mmF1.8に取り付けるフードフィルター系が同じなので付いてしまうのですww

しかしこのままだとケラレそうですね (; ^ω^)IMG_2562
うーんこれじゃあコンパクトさが…IMG_2569

IMG_9360

 EF50mmF1.8との大きさ比較
こうみるといかにもパンケーキレンズが薄いのかがわかりますね! 

【写りと作例】
パンケーキレンズは小さくて写りも良く無いんじゃないかと思われる方もいますが開放からもシャープで解像力もあります。F値はF2.8となっていますがまあこれくらいあれば充分だと思います。
というよりパンケーキレンズでF2,8より明るく作る事は可能なのか? 
 

IMG_9368
撮影モード マニュアル露出
Tv(シャッター速度) 1/100
Av(絞り数値) 2.8
ISO感度 400
開放もシャープに写っていますね。後ろのボケ味もいい感じです。
パンケーキレンズでここもで写るとは思っても観なかったですね (・ω・ ;)
 
IMG_9370

IMG_9455
APS-C機だと周辺光量の落ち方はあまり気になりませんねフルサイズだとやはり気になる方は気にしてしまうのかな?
個人的には周辺光量あっても逆にいい味が出てると思ってしまいます笑

それにしても参考画像が少ない…ちょっと撮影に出掛けてまた追加しておきますね




【まとめ】
○メリット
○厚さ22.8mmしかないのでレンズキャップ変わりにカメラに取り付けて撮影出来る。
○小さいので女子受けしやすいかも?
○解像力は小さくてもかなりある。良く写るレンズ
○STM(ステッピングモータ)のおかげで駆動音が少なくAFも早い

○デメリット
○MFは非常にしにくいのでほとんどAFでの撮影を
○画角40mmはフルサイズだと少し難しい(個人的な意見) 

Canonのカメラを持ってる方、単焦点を使ってみたいという方にオススメな単焦点レンズです。
EF50mmf1.8とEF40mmf2.8STMで悩みますが前者は明るいレンズが欲しい場合、後者は軽くて毎日持ち歩きたい方に。自分としては使っていて楽しいレンズでした。

追記
EF40F2.8STM専用フードの記事→EF40mmF2.8 STM レンズフード紹介


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ