2005年06月30日

エーテル/レミオロメン

レビュー1


レミオロメンの待望(?)のNEWアルバム
僕は結構期待をしてなかった作品でした うむ
で、中身を開けてみると「あ〜良いかなぁ?」ぐらいの感想で ははは
聴きたくなる曲ともう聴きたくもない曲の寒暖の差がありすぎて
冷めては燃え冷めては燃え、の
繰り返し、きっと僕の耳が可笑しいのかな?って思ったり
でもやっぱり
モラトリアム、3月9日、南風は強い
いい曲だ
でも、シングルはシングルでもアカシヤはちょっと苦手…
春夏秋冬とか深呼吸、ドッグイヤーは結構好きなんだけど
でも、安心してアルバムを聴けるのはさすが
でも何か足りない感じがします。朝顔はなかなかよかったんだけどなぁ
次作に期待

この記事へのトラックバックURL