2010年10月12日

共同購入型クーポン購入サイトPREMINOW(プレミなう)

共同購入型クーポン購入サイトPREMINOW(プレミなう)

グルメ・レジャー・ビューティー・スクール等の割引クーポンを、みんなで共同購入することにより、50%以上の大幅な割引を実現したサービスです。

オススメです!

photoman2006 at 16:35|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年04月07日

「フォト蔵」、写真・動画のアップロード数制限を1万枚から無制限に

ウノウ株式会社は2008年4月7日、写真・動画共有サイト「フォト蔵」で、写真・動画のアップロード数制限をなくし、無制限にアップロードできるようにした、と発表した。

フォト蔵は、無料で利用できる写真・動画の共有サービス。ユーザーは写真・動画をアップロードし、インターネットや友人限定に公開することができる。

今まで、写真・動画は合計1万枚までアップロード可能だったが、今後は無制限にアップロードできるようになる。(ただし、月間でアップロードできる転送容量は1GB まで)


2008年03月25日

無償ソフトで写真共有やオンラインプリントが利用できる「KoffeePhotoJAPAN」

ジェットグラフは、写真共有やオンラインプリントなどを提供する「KoffeePhotoJAPAN」を19日に開始した。専用ソフトは無償ダウンロード可能。プリント価格はLサイズ1枚12円から。

 KoffeePhotoJAPANでは、写真管理ソフト「コフィーフォトソフトウェア」を提供する。Javaで動作するソフトで、 Windows版、Mac版、Linux版を用意。簡単な画像補正機能や、アルバム作成機能を備えるほか、作成したアルバムをKoffeePhoto専用 Webページで公開・共有することも可能だ。

 オンラインプリントの注文は、コフィーフォトソフトウェアもしくはKoffeePhotoJAPANのサイトから行なえる。価格はLサイズと DSCサイズが1枚12円だが、オープンキャンペーンとして、4月19日まではいずれも1枚6円となっている。このほか、LWサイズ1枚15円、はがきサイズ1枚25円、2Lサイズ1枚50円。

 決済は、クレジットカード、コンビニ決済、代金引換から選択できる。なお、送料は、「ゆっくり仕上げ」「特急仕上げ」によって異なり、ゆっくり仕上げの場合、99枚以下で88円、100枚以上は無料。特急仕上げの場合、99枚以下はクレジットかコンビニ決済利用で400円、代金引換で800円。 100枚以上はクレジットかコンビニ決済利用で300円、代金引換で700円となっている。

2008年03月20日

発売前のデジカメで撮影も楽しめる--フォトイメージングエキスポ2008開幕

3月19日、アジア最大の写真・映像産業の総合展示会「フォトイメージングエキスポ2008」が開幕した。22日まで東京ビックサイトで開催中だ。時間は10時〜17時で、入場料は1000円(一般)。昨年よりも出展数が増加し、171社・団体、841ブースとなった(昨年:146社、829ブース)。

 今年の特徴は、発売前の新製品が多数展示されていることだ。本日発表されたばかりのWi-Fi通信機能を搭載したLUMIX DMC-TZ50などをはじめ、フルHDムービーに対応したEXILIM PRO EX-F1やキヤノンのEOS Kiss X2など、すでに発表はされているが未発売の製品がズラリとそろう。

 じっくりと教えてもらえる入れ替え制の体感イベントなども各ブースで開催されている。また、モデルを起用した撮影会仕立てのイベントも行われており、カメラマン気分でモデルの撮影ができる。カメラを持参で見に行きたいイベントだ。

 なお、ブースによっては、ブースが用意したカメラのみ撮影を許可しているところがあるので、撮影前に確認が必要だ。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


2008年03月03日

「BCCKS」と「Texpo」オンラインでBook

BCCKS」は、Webの上に「もうひとつの本の形=BCCKS」を提案するサービス。

BCCKSでは、ブック作成ツールを使い、あらかじめ用意された雑誌、写真集、小説、日記、文庫本などのフォーマットを利用してブックをつくることができる。
これまでに公開されたブックを開くと、実際の本さながらに、見開きで美しい紙面を楽しむことができる。今回募集が始まったオープンテストの会員になると、自分の素材でブックをつくるだけでなく、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの使用許諾範囲内で、写真共有サービス「Flickr」の素材を簡単に検索・使用することもできる。また、自分のお気に入りの「ブック」を登録したり、ブログパーツを使ってそのブックを他の人に紹介することも可能になっている。

ウェブで出版ができる超文系サイト「Texpo
 もうひとつ、気になるWeb出版サービスのプロトタイプバージョンが、2007年12月1日に公開された。未来検索ブラジルが運営する「Texpo」は、章立てされたまとまった量の文章ならなんでもひとまとめにしてウェブ上の「本」をつくることができるサービス。見た目としての本の再現にこだわったBCCKSとくらべると、Texpoに並んでいる本たちはページングされただけのテキストが続くシンプルな印象。しかし、Texpoはデジタルコンテンツの販売にも主眼を置いている点が大きく異なる。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ




photoman2006 at 15:08|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)PhotoBook 

デジカメ・プリントサイト、最安値はここ!

無料写真プリントサービスで話題になった「プリア」だが、月2回、1回に付き30枚まで注文できたのが、「無料デジカメプリントサービス『Priea(プリア)』がサービス内容を変更」 に書いたように1月22日からは月1回10枚までに縮小されている。

DPEショップに比べればネット上のプリントショップは格安だが、最安値のデジカメプリントサイトを価格コムで探してみたところ、DSC/Lサイズ1枚8円で送料が98円のイメージングゲートが最安値のようだ。
200枚以上注文すると送料が無料になる。

また、価格コムには載っていないが「ディーピーワン」というサイトは創業40年という銀塩プリントの老舗でDSC/L/Lワイド【注】が1枚10円とイメージングゲートより2円高いかわりに、5円分のポイント還元があり、実質5円である。
それに初回に限り会員登録者には200円のポイント付与があるので10枚だけなら無料で注文できる事になる。

これが最安値かと思ったら、昨年12月28日から3月27日まで1人100枚限定でL判を1円という驚きの激安価格キャンペーンを行なっているところがあった。それが「Vivipri」。
たまりにたまったパソコン内の写真を一気に注文するチャンスである。

安からには理由があり、プリント紙の品質(写真の仕上がり)を気にする人は慎重に検討しましょう!

写真をプリントして、保存したいと思えば、ある程度品質の良いプリント紙を使っていたほうが良いので。。。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

2008年02月29日

マイクロソフト無料で5GBの保存スペースが利用できるオンラインストレージ サービス

マイクロソフトは、無料で5GBの保存スペースが利用できるオンラインストレージ サービス「Windows Live SkyDrive」の正式版の提供を2月22日開始。

Windows LiveのIDを取得すれば、インターネットに接続したどのPCからでも利用できる。5GBのスペースには画像、動画、音声、楽曲やオフィス文書などさまざまな形式のファイルが保存可能。ただし、1ファイルあたりの上限は50MB。

Windows Live SkyDriveは用途に合わせて、個人用ファイルをオンラインに保存する「個人フォルダ」、特定の相手や仲間とオンラインで共有する「共有フォルダ」、ネット上で広く公開する「公開フォルダ」の3段階で保存、共有できる。Windows Live IDを使ってフォルダごと、共有相手ごとにアクセス許可レベルの設定も可能。送信相手の容量制限を気にすることなく大容量データがやり取りできる。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

2008年02月19日

JOYPIXプリントをやってみた

JOYPIXで写真プリントをしてみた。

結構早く届いて、プリントも綺麗で驚き!!


無料で10枚までプリントが出来るプリアもあるけど、広告が入ってしまうし、紙も安っぽいので綺麗に残したいのであれば、JOYPIXプリントがオススメです。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

2008年02月01日

子供の成長記録お供に保存できるオンラインアルバムサイト

このサービスでは、写真やブログを通じて、子どもたちの成長の様子はもちろん、「はじめてしゃべった」「はじめて歩いた」などの大切な記録や、入園式・こどもの日・クリスマスなどの思い出を残しておくことができます。

子供の成長記録をつけるツールとして、最適だね!!
PICRO

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

2008年01月26日

撮った写真を活用するための写真共有サービス

今回のテーマは「広告」。今までネットでの広告といえば、バナーが主流だった(今でも主流だが)。しかし、ソーシャルメディアの台頭につれて様々な広告も登場してきている。またソーシャルメディアが収入源を広告に頼っていることもあり、相互の関係性の中で発展してきている。

動画や写真、音声、地図、Blog の記事、SNS のアカウント…。あらゆるところに広告は登場する。そんな広告に関するソーシャルメディアをいくつかご紹介する。


まずは通話中の会話を基にした広告を挿入する「Pudding Media」。

しかし、「会話に広告を挿入」するのではなく、「会話から広告を挿入する」点が興味深い。

まず、電話をこのサイト上からかけ、そこでハワイに関する話をしているとする。すると、会話中のキーワードを認識し、サイト上に「ハワイ」の広告を表示させる仕組み。その広告費により、ユーザーは無料で電話することが可能となる。

今後は携帯電話や固定電話もサポートしていくとのこと。現状はまだ招待制だけでセキュリティ面も気になるが新しい広告の可能性を見せてくれる。

また、音声自体による広告を配信するサービスとしては「VoodooVox」がある。つまり耳で広告を理解するという点で、視覚よりも訴求力が高い場合がある。ラジオ局なども実際に導入しているようで、日本でも今後、増えてくるのではないか。

また、地図上に広告を配信することができるサービスとしては「lat49」がある。ここには10以上の地図を使ったサイトが参加。これを使えば、地図上の特定の場所に広告を出すことができる。

変わったものとして Web メッセンジャー上に広告を配信すサービスとして「Userplane」が人気。他にも動画などのダウンロードメディアに広告を挿入する「Kiptroni」、ストリーミング動画に広告を差し込む「ScanScout」など、広告はあらゆるメディアに欠かせないものとなっているようだ。

今度は、独特の広告アイデアを紹介したい。

検索エンジンを使う時に便利なのが「入力補完」。検索窓などにキーワードを入力すると、検索頻度が高いキーワードを自動で表示してくれる。

それを広告にしたのがこの「PredictAd」。Blog の検索窓などに補完機能を付けるブラウザのアドオン。しかし、ユニークなのは補完キーワードの末尾に広告がつくこと。キーワードに沿った広告をダイレクトで表示するのでコンバージョン率も高くなりそうだ。

また嗜好性にあった広告を配信するサービスとして「Adpinion」というものがある。

この広告ではバナーに「好き・嫌い」ボタンが設置されている(親指の上・下マーク)。ユーザはその広告を見て好きか嫌いか投稿する。その嗜好性によって、その後はその人にあった広告を出してくれる。また、初めてのユーザーへは、その「時間や場所」を分析してそれにあった広告を出してくれるそうだ。

また同じく「Veedow」も、ユーザーごとに合った広告を配信する仕組みを準備中。このような「見たい広告だけを見る」という動きも少しずつ始まっている。

最後に広告を活用するためのソーシャルメディアをご紹介する。

まず、こちら。人気の CM をアーカイブした「Firebrand」。ここでは企業ブランド別に CM を検索することができる。たとえば Nike やペプシ、iPod の CM が視聴可能だ。

また「セレブが出ている CM」「スポーツ関連の CM」などのカテゴリからも探すことができる。プレイリストも提供されている。秀逸な広告が集まっており、何かインスピレーションを得たい時に使えるかもしれない。また見ているだけでも十分楽しめる。

また、こちらは広告に特化した検索エンジン「Balihoo」。企業は自分が行いたいキャンペーンからメディアを探すことができる。またそれらの広告のマネージメントも可能。

最後に、こちら「THE AD GENERATOR」を紹介する。これは広告ジェネレーター。自動的に広告を作ってくれるというサービスだ。

Flickr の写真と適当なキーワードを組み合わせて、「広告っぽい」ものを作成する。ジョークではあるが、一見、本物の広告に見えるものもあり、改めて広告というものを考えさせられる。

このように、ソーシャルメディアに広告が欠かせない以上、広告もますますソーシャルメディア化、多様化している。

日本でもこのような広告関連のソーシャルメディアが増加するにつれ、業界もさらに盛り上がるのかもしれない。

http://japan.internet.com/busnews/20080125/9.html?rss

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ