2020年02月11日

限定

P21100532
枯葉団子
/ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, M. ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro.

すっかり葉の落ちたイロハモミジの細枝に、そこだけ枯葉の固まった、団子のような部分が。明らかに不自然!

P2110030
反対側
/ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, M. ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro. マクロフラッシュ STF-8.

そこで反対側から見てみると網目になった構造物が・・・あ、そういうことか!というわけで、クスサンの繭(スカシダワラ)でした。幼虫が繭を作る時に、周辺の葉を集めてくっつけたのでしょう。


P2110037
クスサンの殻繭(スカシダワラ)
/ OLYMPUS TG-5 Tough, FIT 魚露目8号.

もっともクスサンは秋に成虫が出る種なので、この時期の繭は蛹の抜け殻が入っているだけ。周囲の葉が落ちた真冬だからこの繭があることに気づいたものの、葉の茂った夏〜秋には絶対に見つけることができなかったでしょう。季節限定の見事なカモフラージュ。

繭ハンドブックが面白い


2020年2月11日 静岡県

TGで魚露目を使うのに必要なもの一式


TGシリーズ最新機種のTG-6


photombo at 22:12│ チョウ・ガ 
Since July 2007
Archives