2020年02月13日

越冬トンボ

P2130431
ホソミイトトンボ
/ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, M. ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO.

初夏を思わせるような陽気の中、林縁の小径を歩いていると、ふいにツツイと飛び出したもの。その動きを目で追うと、数m先の垂れ下がった細い枝に止まりました。ホソミイトトンボ。

成虫越冬するイトトンボの一種で、かつてはおもに西日本で見られるトンボでしたが、年々分布を広げ、湘南には2007年ごろに侵入。その後は毎年見られるようになりました。これも温暖化の影響かもしれません。

寒い日にはほとんど動かないので見つけるのは困難ですが、今日のように暖かいと日向に出てきて飛び回っているので、タイミングがあえば複数の個体に出会うことができます。

P2130114
ホソミオツネントンボ
/ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, M. ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

同じ林で見つけたのは、もうひとつの越冬種、ホソミオツネントンボ。神奈川、特に東部では少ないトンボで、湘南における確実な産地をいまだに見つけられずにいます。それでも毎年1~2回は地元で見かけるので、どこかで細々と世代を繋いでいるのでしょう。そろそろちゃんと調べておきたいところです。

2020年2月13日 神奈川県

日本のトンボやヤゴのことなら!


photombo at 22:49│ 湘南 | トンボ
Since July 2007
Archives