2020年11月05日

迷子 その3

ちょっと気にかかる事があったのを思い出した

商店の段差に座って待っていた数分の間に····

家族が目の前を通った 2人の子供とお母さん

子供はそれぞれ風船を持っていたんた どこかの催事で貰ったものだと思う 男の子と女の子は座ってるボクの目線と同じ高さだったからお母さんよりよく見えた それで丁度すれ違う瞬間女の子が握ってた手から離れて風船が紐をブラブラさせて空へ上がり始め 女の子はすぐ気づいて自分の周りをキョロキョロ探してるのだけど上がっていってる事には気づけてなくてその振舞いがいじらしくて何だか不思議な顔を作って通り過ぎる女の子と家族を視界の端で認めながら空を見たら風船はなかった

女の子の手から風船が上がってく瞬間を見て探し始める女の子を見て空に視線を合わせるまで僅か数秒 の間に風船が消えてる

数秒風船を空で探してからまた通りに視線を戻し歩き去った家族を探すのだけど家族も見当たらなかった 

まぁもっと真剣に探せば家族も風船も見つけられた かも知れないし家族も風船も見つけられなくてもそんなに気にすることじゃない とは思う

だがしかし今は事情が違う 一本道の70m先で座って待っていたのに会えなかったのはどー考えてもおかしい 風船も数秒で見えなくなるほど遠くへいかない

神隠しか異次元に飛ばされでもしない限り····

そこでいわゆる一つの並行宇宙にあの瞬間飛ばされたと仮説を立ててみる

夢の中なら並行宇宙に飛んだ経験のあるボクの仮説はこうだ

ウィリアム達がまさに通りかかる直前にボクはそれまでの世界から突然姿を消してある一つの女の子が風船を離す並行宇宙にジャンプした 方法は知らない

数秒間(フワフワ風船が浮かび始め女の子ががキョロキョロ探す間)ジャンプしてまさにウィリアム達が通り過ぎた直後にもとの世界に戻ったから風船も家族も見つけられなくてボクたちも出会えなかった 多分この宇宙のあの女の子は風船のヒモををちゃんと持っていた····個人的には腑に落ちる話だが一般的にはぶっ飛び過ぎでさらにイタい

しばらく歩いて一軒の商店が見えたのて飛び込んだ 夜11時をまわってるというのに開いてるとはありがたい

店内には暇人が4人ほどいて誰一人英語は喋れなかったが食いつきはイイ いつもは暑苦しくスター気分にさせるクルド人でもこの時ばかりは有り難く感じる その内の一人が付いて来いというから安心したら車を走らせてさらにローカルな暗い場所へ向かい一軒の小屋の中へ連れ込んだ

汚い小さな小屋の中には沢山人がいてうるさいくらいの機械の音がしていた 工場ではない ただ機械がガチャガチャ音を立てていた

何だここは
 

つづく

誘拐拉致ではない
 ↓

放浪記ランキング