きづきくみたて日記

「人はもっと楽しく学べるはず」をテーマに先進的な教育活動や社会につながる教育について探求している気付き組み立てファシリテーター森本康仁の体験と学びのログ。本当に大切なことは、ほかのどこにでもなく、自分の中にあると思っています。

これからの時代を生きていく子供たちを育てるために、まずは自分自身が体験してみようと、9年間勤めた小学校の教員を辞め、2012年の春からセブ島に。2015年3月より東京に戻り、今は社会人教育の会社で働いています。21世紀学習の探求を大きなテーマに、「学習体験のリデザイン」「キャリアデザイン」「STEM教育」「ダイアログ」「TED」「LEGOⓇSERIOUS PLAYⓇ」など興味がある領域で絶賛奮闘中です。 夢は戦争と貧困をなくせる人材を多数生み出して、リアルに無くすことです。

私の初めてのキャリアは小学校の先生でした。そして、去年、東京の民間の教育の会社に転職して、今は研修講師と教育プロデューサーとして働かせて貰っています。ありがたいことに、それこそテレビでCMを見るくらい誰もが知っている大きな企業さんの仕事も何社かさせてもら ...

「あなたの仕事とは何ですか?」誰かにそう聞かれた時に、どれくらいの話ができるかどうかで、その人の仕事の中身がわかると思う。職業名を言う。1日、何をしているのかを言う。ここ最近、どんな人と、どんなことをしているかを言う。ここ数年、どんなことをしていたかを言 ...

先日、後輩と話をしていた時に、「私、自分が好きになれないんですよね」という話をしていた。 私も、自分のことが好きになれない時期がけっこう長かったので、その気持ちがよーくわかった。 その後、後輩がこのように続けていて、たしかにそうかもしれないなあと思いつつ ...

自分の周りには、驚くほど目を輝かせて、教育活動に取り組んでいる人たちというのがたくさんいます。それこそ、私のフェイスブックを開けば、1日に何人もの人が教育という世界に没頭している様子が見てとれます。フェイスブックのフィードは誰と友達になるかで全然違うので ...

ここ最近「今の仕事にやりがいを見出すことが難しいんです。。。」という話を聞く機会が続けて何度かありました。どうも、話を聞く限りでは、決して今の仕事で成果が上がっていないわけではないんだけど、同じことの繰り返しで、だんだんと飽きてきているところがあったり、 ...

キャリアについての研修をさせてもらっていると、よく「自分にはロールモデルがいないんです」という話を聞かせてもらいます。「職場の先輩を見渡していると、仕事でしっかりと責任を果たし、ある程度の成果を上げながら、生き生きと働いている人が見つからないんです。」と ...

最近人の話を聞かせてもらう中で、世の中には、「アクティブにどんどんと行動に移していく人」と、「やりたいことがありはするんだけれど、なかなか行動に移せない人」と「うまくやりたいことを見つけられない人」とがいるのだなということを感じています。そして、「なかな ...

のっけからとんでもなく他責な話で申し訳ないのだが、ふとタイトルにある「なぜ学校はこんなにも学びたがりの私を学びに没頭させられなかったのか?」という疑問が浮かんだ。おそらくだが、私の回りにいる人たちに「私の日々の学習への態度を5段階で評価したらどう評価しま ...

先日、有名なブロガーの方とお話をする機会を得た。私は毎日のようにそのブログを読んでは、日々感銘を受けていたので、お会いする前にどんなことを聞こうと考えを整理した。質問したいことリストを作り、最終的にどのような状態を作れていたらいいだろうかと作戦を立てた上 ...

私からしてみたら、他人の恋愛話なんて、「他人がとやかく言うことではない。本人同士が好きにすれば良い。以上」なのだが、どうも世間の様子を見ているとそうでもないようだ。芸能人の誰かと誰かがくっついたり離れたりすると何かを言いたくなる人というのは数え切れないほ ...

私の場合、それがフェイスブックなのか、ここのブログなのか、自分のノートなのかは別として、ほぼ毎日のようにその日の学びを書き残している。直感的に、それによって得られたものは数え切れないくらいあるなと思うし。もしこれらのものは、文章を書かなかった場合得られて ...

日本全体がどんどんと貧しくなっている中で、これはすごく重要な問いだなと思い、書いてみることにしました。ここの仕組みをわかっている人にきちんと作って貰って、なんだったら国民全体で考える必要があるテーマではないかと思います。なお、このエントリはそのきっかけに ...

高校生の頃のこと。鍛えられた身体にあこがれて、毎日、腕立てを100回するという取り組みをしていました。腕立てを継続して行ったことがある人であればわかると思いますが、だんだんと腕が太くなっていき、筋繊維の密度が上がってきます。しだいに、力を入れたら硬くなり ...

昨日の夜中、フェイスブックを眺めていたら、友人が亡くなったという投稿が流れてきました。44歳での死だったようです。二人の人が、彼との思い出や彼の人がらについて書き綴っていました。ここ最近ずっと、これから人類の寿命はどんどん長くなる、おそらく私たちは100歳前 ...

高校生の頃、丸3年間、ほぼ毎日、日記をつけていました。あの頃は、ノートに手書きでした。ノートには、日々、当時の葛藤を書きなぐっていました。初めてブログを書き始めたのは、社会人になって1年目の頃でした。ちょうどその頃、ウェブ上に日記を書くというサービスが始ま ...

ここ最近、学校教育の周りで「アクティブラーニング」と言う言葉を目にするようになりました。これが何を意味しているかを念のため押さえておくため、確認しておきましょう。「教員による一方向的な講義形式の教育とは異な り、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授 ...

2016年現在では、平均寿命が80年と言われていますが、今から50年後の平均寿命が果たして80年のままなのでしょうか。私はそうは思いません。きっと、少なくとも90年、もしかしたら100年、いやそれ以上生きてもおかしくないなと思っています。現に、さまざまな科学者が ...

日本の企業に転職をして1年が経ち、様々な組織の現状を見て、理解したのは、日本式のマネジメントスタイルというのは、愛人のような仕組みだなということです。    これは、社員を囲って、外の世界をできるだけ見せず、お給料を渡して、文句を言わせないようにするという ...

今の日本社会では、何を見るにつけても 「みんな我慢しているのだからあなたも我慢するべきである」 「みんな苦しんでいるのだから、あなたが楽しんでいてはいけない」  という、いわゆる強烈な同調圧力に支配されていて。  その同調圧力も平均や標準ではなく、最も下 ...

今、学校の組体操が大変なことになっています。このような映像を見た方もいらっしゃることと思います。10段ピラミッドが崩れ、結果的に、土台になっている子達が大きな怪我を負うという事故が起こっています。  昨年秋の中学校での事故で多くの人に知れ渡ったことになっ ...

世界トップ1%の「聞く力」 (中経出版) [Kindle版]牧野 克彦KADOKAWA / 中経出版2013-09-17 「世界トップ1%の聞く力」という本を読み始めました。キンドル版が半額セール中だったので。   人の話を聞くというのは、本当に難しく、また奥の深い作業だなと思います。 ...

セブから日本に帰ってきて1年が経ちました。小学校から、フィリピンに行って、今度は日本の企業に入って教育活動を行わせて貰っています。まだ1年間だけですが、中小企業から、大企業、NPO、官公庁まで、さまざまな組織に入らせて貰い、日本の実態を感じました。組織の ...

世の中には、「椅子の数が決まっているもの」と、「来た人の分だけ椅子があるもの」とがある。  前者で言えば、プロ野球選手や、笑点に出る落語家、有名な楽団のオーケストラ、ジャンプに掲載される漫画家とか、大企業の正社員なんかがそうで、これを仕事に出来るのは○人 ...

幸福についての研究の結果、明らかになった様々なデータが、人間の幸福度には周囲との関係性が多分に影響を与えているということを示しています。 家族との関係性、恋人との関係性、職場での関係性、友人との関係性の状態を見てみれば、その人の幸福度の度合いを感じること ...

1月4日が私の誕生日ということで、いろいろな人に招待メールを送っていたんですが、その流れで後輩からタイトルの質問をもらったので、せっかくだからお答えした内容を紹介しておきます。厳密に言うと、2016年の教育と言うよりも、2016年に私が教育回りで探求して ...

1,「日本で一番研修実施回数の多い研修会社の企画担当であり、海外事業担当」 2,「日本の中高生を対象とした企業と連携したワークショップを運営している人たちとの交流イベントがライフワーク」    3,東南アジアを中心とした海外の教育回りで奮闘している友人たちと ...

ミッションステートメントという言葉がある。一昔前に、ずいぶんと良く目にした記憶があるが、ここ最近はほとんど見なくなっていたような印象があった。そんな中、たまたま今読んでいる本の中にミッションステートメントについての文があり、そう言えばそんな言葉があった、 ...

↑このページのトップヘ