浦和レッズの応援写真 フォトレッズ

主にホーム埼玉スタジアムでの浦和レッズの写真、 レッズサポーターや対戦チームサポの応援風景、 浦和サポーターによるビジュアルやデカ旗の画像、Lフラ、ゲート旗などを掲げたスタジアム内のフォト

ビジュアル&暗号?浦和レッズvs鹿島アントラーズ

浦和レッズvs鹿島アントラーズ

2008年4月13日埼玉スタジアム2002 曇時々雨 第6節
観衆 54450人 主審:岡田正義 副審:村上孝治、岡野尚士

08年4月13日浦和レッズ×鹿島アントラーズの写真1

都築選手08年4月13日浦和レッズ対鹿島アントラーズ

08年4月13日浦和レッズ対鹿島アントラーズ

最近活躍しそうな選手の選手紹介を撮っておくのに凝ってます。
鹿島戦はなんとなく都築。結果的にかなりシュートを防いでたので当たってたかも?


08年4月13日浦和レッズ対鹿島アントラーズ

ゴール裏ゲート旗08年4月13日浦和レッズ対鹿島アントラーズ

たしか前、なかったけど
南ゴール裏に貼られた立ち見禁止の張り紙。バックの通路には以前からあったような気がしますが?


08年4月13日浦和レッズ対鹿島アントラーズ

鹿島の暗号解読できません

鹿島サポーターがなにやら暗号のようなものを出してきたが何かよくわかりません


暗号08年4月13日浦和レッズ対鹿島アントラーズ08年4月13日浦和レッズ対鹿島アントラーズ

いったいなんと書いてあるのか?浦和の北ゴール裏からは「やりなおせ」コールが、、、

08年4月13日浦和レッズ対鹿島アントラーズ

浦和レッズビジュアル

08年4月13日浦和レッズ対鹿島アントラーズ

それに対して浦和のビジュアルは完璧!URAWAと言う文字に縁取りまでしてあります。



08年4月13日浦和レッズ対鹿島アントラーズ

08年4月13日浦和レッズ対鹿島アントラーズ

円陣を組んで試合開始





浦和スタメン

GK 23 都築龍太
DF 12 堤俊輔
DF 20 堀之内聖
DF 22 阿部勇樹
MF 3 細貝萌
MF 21 ⇒梅崎司70分
MF 4 田中マルクス闘莉王
MF 6 山田暢久
MF 13 鈴木啓太
MF 14 平川忠亮
FW 7 高原直泰
FW 9 ⇒永井雄一郎 45 分
FW 17 エジミウソン
DF 2 ⇒坪井慶介 88分08年4月13日浦和レッズ対鹿島アントラーズ08年4月13日浦和レッズ対鹿島アントラーズ









08年4月13日浦和レッズ対鹿島アントラーズ後半から永井投入。円陣08年4月13日浦和レッズ対鹿島アントラーズ

そして円陣



観客数54,450人

08年4月13日浦和レッズ対鹿島アントラーズ






08年4月13日浦和レッズ対鹿島アントラーズ
浦和
4勝0分け2敗
(勝ち点12)
前半 鹿島
5勝0分け1敗
(勝ち点15)
後半
永井 後4分
永井 後44分
得点者
後1分
鈴木 後35分
警告
前7分 大岩
前7分 岩政

退場
9 SHOOT 15
12 GK 9
0 CK 9
11 DFK 21
4 IFK 0
0 PK 0
37 KEEP% 63

08年4月13日浦和レッズ対鹿島アントラーズ08年4月13日浦和レッズ対鹿島アントラーズ







浦和レッズ対鹿島アントラーズ

札幌、お前はもう死んでいるダンマク

札幌、お前はもう死んでいるダンマク

札幌、お前はもう死んでいるダンマク札幌戦で懐かしの断幕が出ていたのですがすぐ撮れなかったのでしまう寸前の写真です。
知らない人が見たらなんとも過激な文字。
「札幌お前はもう死んでいる」

見ようによっては鹿島の暗号やガンバ大阪の「ガンバ大阪はセパハンを、、」と同レベルなんだけど、事情を知らない人のために2ちゃんにいいのがあったので勝手にコピペ
たぶん清尾氏のコラムから抜粋したんだと思いますが違うかもしれません。(検索したけど発見できなかった)

札幌にとって「屈辱的な」ダンマク。よく見ると、「札幌」の部分は、新しい布を張ってある
そう言えば「札幌」以外の部分はかなり古ぼけて、年季が入っている。
 2000年7月29日厚別競技場でのコンサ−レッズ戦の写真にも、このダンマクが写っている。
名前のところは「洋平」になっている。これはもちろん西部洋平ではなく、札幌のGK佐藤洋平のことだろう。
おっと待った。「by エメルソン」?エメは、この年、札幌にいたんだぞ。
何でレッズサポーターの出すダンマクが「洋平おまえはもう死んでいる byエメルソン」なんだ?

 あのダンマクの「札幌」の布をめくると、そこには「田北」の字があるはずだ。だからオリジナルのフレーズは
「田北おまえはもう死んでいる!byエメルソン」。田北は2001年の前にレッズをやめ、その後現役引退した
GK田北雄気だ。(エメルソンによって、何度となくゴールを割られた浦和GK田北を揶揄したダンマク)
 そう、あのダンマクは2000年のJ2時代に対戦したときに、札幌サポーターが張り出したものなのだ。
6月4日の駒場だったか、7月16日の室蘭だったかは記憶がない。札幌サポーターのそのダンマクを
拾うか奪うか(!)した浦和サポーターは、「田北」の部分を「洋平」、つまり札幌のGK佐藤洋平のことにして、
7月29日の対戦のときに張り出した。以来、浦和サポーターは札幌戦のときに必ずあのダンマクを出しているのだ。
何も今回新しく「お前らはもうJ2行き決定だ」という意味で作った訳ではない。

 このダンマクが、もし新しく浦和サポーターが作ってきたものだとしたら。はっきり言ってヒネリも何にもない、
単なる嫌がらせにすぎない。しかし元は札幌サポーターが作ったものを少し変えただけだということを知っていれば、
かなり面白い。札幌のJ1昇格の原動力+牽引車だったエメルソンによって、札幌がまたJ2に落とされる。
別にエメルソンに落とされる訳ではないが、今季の2試合とも得点して札幌の敗退に「貢献」しているのだから、
因縁は十分感じる。
 あのダンマクにはけっこう奥深いものがあるのだ。


浦議のスレッドも勝手にコピペ

6年ぶりの札幌戦
投稿日:2008/04/29(Tue) 01:31:19 [111.net220148168.t-com.ne.jp] 投稿者:リメンバー・2000
本日は埼スタに札幌を向かえての試合。札幌と言えば8年前、浦和がJ2に落ちた 2000年にレッズの前へ何度も立ちはだかった憎い相手。その年のレッズは後にレッズへ移籍したエメルソン&山瀬のいた札幌に苦杯を舐めさせられ、J2優 勝を譲る結果となる苦い思い出があります。
(結果、レッズは最終節までJ1昇格がもつれる程の苦戦を強いられました。)
しかし時は流れ レッズはその後タイトルを何度も獲得し国内有数のビッククラブへと変貌。一方の札幌は再度J2へ降格し、J2のレギュラークラブとして歩み没落して行きま した。J2時代に争った両クラブですがその後の歩み道は光と影の存在として分かち、対戦する機会すらなくなってゆきました。
しかし、苦難の時代を共にしたサポにすれば札幌は強敵だった。今でこそレッズは充実しつつあるが札幌はレッズにとって倒さなければならない相手、苦しかった2000年にレッズが辛酸を味わった思い出は中々消えるコトはありません。
時代は変わり勝利を味わえるようになっても苦しい思い出は残る。あの札幌に世界クラスへと変貌したレッズを魅せつけてやりましょう!!

辛酸を味わってませんが > 何が何でも勝ち点3掴み取る (2008/04/29(Tue) 01:45:36) [softbank219176033007.bbtec.net]
久しぶりに > デイビッドソン純マーカスが見られます。さいたまダービー以来です。 (2008/04/29(Tue) 02:10:57) [softbank219193094186.bbtec.net]
そう言えば > レッズvsコンサ掲示板なんてのも有りましたね。あの頃は最大のライバルでした。 (2008/04/29(Tue) 03:06:43) [p061198129114.ppp.prin.ne.jp]
銀さん > 確か脚のバンドも札幌にいたよな?あの頃から嫌いだったけど。ウィルもね! (2008/04/29(Tue) 07:54:37) [p2180-ipad208souka.saitama.ocn.ne.jp]
札幌出身の > 埼玉県民です。胸中複雑ですが、今日はスタジアムで観戦します。勿論We are REDSです! (2008/04/29(Tue) 08:23:33) [p3020-ipbf1106souka.saitama.ocn.ne.jp]
当時は > 2000年の時はどんなに頑張っても勝てなかった相手だった。。
もはや遠い思い出(^^)
(2008/04/29(Tue) 08:27:56) [61-21-217-146.rev.home.ne.jp]
皆さん > 格上目線のようですが、同じJ1である以上は対等な関係で土俵に上がるということを忘れずに。しかも相手の指揮官は何度も浦和を苦戦させている三浦氏ですぞ。得点するのが難しい試合になると思う。 (2008/04/29(Tue) 09:13:16) [k059018.ppp.dion.ne.jp]
新参者のサポ > すいません、近年サポになった新参者のサポですが、レッズって8年前の最大のライバルって札幌だったのですか?(今は鹿や脚というイメージがあります が。)ナンか札幌って「J2のクラブ」っていうイメージがあるのでレッズのライバルだったというのが想像できません。2000年の時ってそんなに札幌と激 闘を繰り広げていたのですか? (2008/04/29(Tue) 09:34:55) [126.net220148233.t-com.ne.jp]
激闘以前に > 全く勝てませんでした。四回対戦して一分け三敗。 (2008/04/29(Tue) 09:51:35) [p061198129104.ppp.prin.ne.jp]
埼玉にゆかりのある選手 > 札幌といえば前に大宮を指揮していた三浦俊也、それに以前レッズに在籍していた西谷正也、大宮にいたディビッドソン 純マーカスに高木貴弘。それぐらいだな、知っているのは。ブーイングはしますよ。 (2008/04/29(Tue) 09:51:59) [126.net220148233.t-com.ne.jp]
> 札幌がライバルだったことを知らないとは…時代の流れだな。 (2008/04/29(Tue) 09:53:11) [zd171062.ppp.dion.ne.jp]
↑×3 > 確かにそれは苦い思い出ですね。札幌は倒しましょう。 (2008/04/29(Tue) 09:55:48) [126.net220148233.t-com.ne.jp]
レッズで当時から > 残ってる選手は5人。暢久、ウッチー、啓太、岡野、永井。 (2008/04/29(Tue) 10:28:25) [ntibrk073073.ibrk.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp]
駒場 > J2に落ちたとき,芦別だったか室蘭だったか定かでないが,リードしながらも,エメルソンと山瀬にやられた苦い記憶が蘇ります。本日は,シーズンチケット2枚を友人に贈呈したためTV観戦ですが,必勝を期しましょう。達也が決勝点を入れるかも・・・ (2008/04/29(Tue) 11:04:54) [pl297.nas924.soka.nttpc.ne.jp]
J2で > 一勝も出来なかったんですよね(^^ゞ (2008/04/29(Tue) 11:05:59) [ntsitm217106.sitm.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp]
> 今日はコンササポからいただいた(置いていった)「お前はもう死んでいる」ダンマク見られるのかな? (2008/04/29(Tue) 11:11:14) [zt033235.ppp.dion.ne.jp]
ティンティン > あっ君達J2に落ちた事あるんだっけ。お金って凄いね。少し分けてください。 (2008/04/29(Tue) 11:47:18) [jig114.mobile.ogk.yahoo.co.jp]
from札幌 > コンサなんて弱いですよ。戦力がそもそもアレだしダヴィいないしジャッジはどういうわけかいつも相手寄り。レッズはファウルし放題。良かったね〜^^ (2008/04/29(Tue) 11:52:54) [kd124212085085.ppp-bb.dion.ne.jp]
凄いでしょ > サポが一生懸命チケットやグッズ買ったのでここまで来ました。
君も頑張れよ。
(2008/04/29(Tue) 11:54:58) [p061198140131.ppp.prin.ne.jp]
とりあえずわかったこと > 札幌サポ>>>>>>>>>>>>>鹿サポ (2008/04/29(Tue) 12:07:26) [59-171-104-19.rev.home.ne.jp]
> はげどう (2008/04/29(Tue) 12:15:38) [ntt2-ppp703.saitama.sannet.ne.jp]
パビリオン > ところで、02以来ということは札幌にとっては『初埼スタ』になるのかな? (2008/04/29(Tue) 12:51:33) [219-105-117-7.adachi.ne.jp]
うらーわ > 栗鼠相手に、埼スタを利用したことはあるらしいです。なので、初埼スタ 浦和戦ですね。 (2008/04/29(Tue) 13:35:28) [ssb21f-fw1.ls.pwd.ad.jp]
2000年の記録を > 見返していると、苦い記憶が蘇ってきた。
2000.6.4(駒場) 浦和(H)0-1札幌(A)
※エメルソン退場も1点を追いつけず
2000.7.16(室蘭) 札幌(H)延長1-1浦和(A)
※痛い引き分けで勝ち点差を詰めれず
2000.7.29(厚別) 札幌(H)2-1浦和(A)
※後半の2ゴールで逆転負け。巻き返しの最後のチャンスを逃す。
2000.9.28(駒場) 浦和(H)1-2v札幌(A)
※ビジュのVゴール
J1に復帰してからは01年、02年と3勝1分で圧倒しているが、やはり00年の印象が強い。
(2008/04/29(Tue) 13:37:34) [i220-220-111-214.s04.a013.ap.plala.or.jp]



浦和レッズ×コンサドーレ札幌

08年4月13日浦和レッズ×鹿島アントラーズの写真1

浦和レッズ鹿島アントラーズ


鹿島サポーター08/04/13浦和レッズ対鹿島アントラーズ08年序盤の大一番に埼スタまで駆けつけた鹿島サポーター
08/04/13浦和レッズ対鹿島アントラーズ
急遽レフリーが西村さんから岡田さんに変更になりました。レッズサポーターはいつものように拍手で迎えます。

08/04/13浦和レッズ対鹿島アントラーズ岡田さんもそれにいちいち応えて手をあげます。以前は主審岡田と聞いてブーイングしてましたがここ数年はどんなレフリーが来ても拍手と「岡田さーん」「頼むよー」みたいな掛け声で迎えます。
埼玉スタジアムメインスタンド 08/04/13浦和レッズ対鹿島アントラーズここのところ観客の出足が遅かったけどこの日はまずま08/04/13浦和レッズ対鹿島アントラーズず、一応チケットも完売です。

GKの都築と山岸が試合前練習に登場で埼玉スタジアム北ゴール裏サポはゲート旗を掲爆心地08/04/13浦和レッズ対鹿島アントラーズげて出迎えます。BOYS付近のいわゆる爆心地付近も因縁の相手鹿島だからか気合入ってる感じです。
鹿島サポーター 08/04/13浦和レッズ対鹿島アントラーズ
鹿島サポーターも力入ってるみたいです。去年は試合後に中身の入ったペットボトル投げ込んだりホーム最終戦後のセレモニーもいつまでも居座ってブーイングしたりしてすっかりぶち壊されましたが今年はどうなのか?

鹿島の選手08/04/13浦和レッズ対鹿島アントラーズ鹿島の選手が鹿島サポに挨拶に来てなんか投げてました。サイン入りボールでしょうか?浦和の選手08/04/13浦和レッズ対鹿島アントラーズ

浦和の選手が出てきて挨拶。
初めて埼玉スタジアムに来る人のためにいっておきますが試合開始30分前から練習が08/04/13浦和レッズ対鹿島アントラーズ始まりほとんどの浦和サポーターは臨戦態勢に入りますのでできるだけ30分前には席に戻りましょう。もうここからサポートは始まっています。浦和の選手がいいシュートを打ったら拍手。ほとんどの人が練習も真剣に見て選手一人一人の調子を確かめます。啓太なんかが枠行ったいいシュートを打つと「うぉー!」なんてなります。08/04/13浦和レッズ対鹿島アントラーズ
その間にもGO REDS GOで選手のコメントが紹介されます。08/04/13浦和レッズ対鹿島アントラーズこの時点でま〜だ通路で寝転んでるような人たちはいわゆる宴会組みって奴です。サポーターというより単に飲みに来てるんじゃないかと?




ゴール裏浦和サポーター08/04/13浦和レッズ対鹿島アントラーズ
ゴール裏浦和サポーター
ゴール裏浦和サポーター08/04/13浦和レッズ対鹿島アントラーズ
ゴール裏浦和サポーター
08/04/13浦和レッズ対鹿島アントラーズ

第6節 2008年4月13日(16:00) 埼玉スタジアム2002 曇時々雨
観衆 54450人 主審:岡田正義 副審:村上孝治、岡野尚士


浦和レッズvs鹿島アントラーズ 浦和レッズビジュアルYahoo !ビデオ

浦和レッズ応援サイトRising Redsのブログ: 浦和レッズ対鹿島アントラーズ

05年3月5日浦和レッズ対鹿島アントラーズの写真

05年3月5日浦和レッズ鹿島アントラーズのフォト

3月5日(土) J1 第 1 節 浦和レッズ vs 鹿島アントラーズ
埼玉スタジアム2002 14:00キックオフ
主審:吉田 寿光 天候:晴 気温:7.4℃ 入場者数:52789人

05年3月5日浦和レッズ対鹿島アントラーズ
浦和レッズゴール裏
浦和北ゴール裏05年3月5日浦和レッズ対鹿島アントラーズ
鹿島戦前の
浦和北ゴール裏
鹿島サポーター05年3月5日浦和レッズ対鹿島アントラーズ
埼スタに集まった
鹿島サポーター
浦和ゴール裏05年3月5日浦和レッズ対鹿島アントラーズ
浦和ゴール裏
ゲート旗
ゲート旗05年3月5日浦和レッズ対鹿島アントラーズ
浦和サポーターの
ゲート旗
鹿島のビッグフラッグ05年3月5日浦和レッズ対鹿島アントラーズ
鹿島サポーターも
埼スタにビッグフラッグを
広げます
浦和レッズのデカ旗05年3月5日浦和レッズ対鹿島アントラーズ
浦和レッズのデカ旗
黒のデカ旗05年3月5日浦和レッズ対鹿島アントラーズ
バックスタンドロアー部
にも黒のデカ旗
浦和のエンブレムを入れたデカ旗05年3月5日浦和レッズ対鹿島アントラーズ
浦和のエンブレムを
入れたデカ旗
浦和のデカ旗05年3月5日浦和レッズ対鹿島アントラーズ
埼玉スタジアム
バックスタンドの
浦和のデカ旗
北ゴール裏のデカ旗05年3月5日浦和レッズ対鹿島アントラーズ
北ゴール裏には
浦和のエンブレムを
入れたデカ旗
WE ARE REDSのデカ旗05年3月5日浦和レッズ対鹿島アントラーズ
続いてWE ARE REDS
のデカ旗がゴール裏
に広がる
WE ARE REDSのデカ旗05年3月5日浦和レッズ対鹿島アントラーズ
WE ARE REDS
のデカ旗
05年3月5日浦和レッズ対鹿島アントラーズ WE ARE REDSのデカ旗
浦和ゴール裏に広がった
WE ARE REDSのデカ旗
浦和選手05年3月5日浦和レッズ対鹿島アントラーズ
鹿島劇団にやられてしまい
選手もちょっと、、、
浦和レッズ
0(試合終了)1
鹿島アントラーズ
0 前半 1
0 後半 0
17 シュート数 5
6 コーナーキック数 4
36 フリーキック数 26

得点者 29分鈴木 隆行


浦和レッズ応援サイトRising Redsのブログ: 浦和レッズ対鹿島アントラーズ

浦和レッズ対サンフレッチェ広島 フォト2

浦和レッズサンフレッチェ広島

浦和レッズ対サンフレッチェ広島 写真1

2007年08月01日(水) 19:32
浦和レッズ選手2007年8月1日浦和レッズ対サンフレッチェ広島
後半開始前
円陣を組む
浦和レッズ選手
声を掛け合う浦和レッズ選手2007年8月1日浦和レッズ対サンフレッチェ広島
声を掛け合う
浦和レッズ選手
2007年8月1日浦和レッズ対サンフレッチェ広島
3-1
入場者数発表2007年8月1日浦和レッズ対サンフレッチェ広島
入場者数発表
38,682人
4万は来て欲しいなぁ
2007年8月1日浦和レッズ対サンフレッチェ広島
4-1となりました。
浦和レッズ選手2007年8月1日浦和レッズ対サンフレッチェ広島
勝利の挨拶に来る
浦和レッズ選手
浦和レッズ選手2007年8月1日浦和レッズ対サンフレッチェ広島
浦和レッズ選手。
みんなくたくた。
2007年8月1日浦和レッズ対サンフレッチェ広島
お約束
2007年8月1日浦和レッズ対サンフレッチェ広島
快勝で疲労感も違う?
田中達也選手。2007年8月1日浦和レッズ対サンフレッチェ広島ヒーローインタビューから
ゴール裏に駆けつける
田中達也選手。
広島に専制されながらシュート29本を放ち
4-1と浦和レッズが圧勝しました。
浦和レッズ   サンフレッチェ広島
29 SHOOT 7
6 GK 13
8 CK 7
12 DFK 11
0 IFK 1
1 PK 0
54 KEEP% 46

浦和レッズ対サンフレッチェ広島 写真1

浦和レッズサンフレッチェ広島

2007年08月01日(水) 19:32

Jリーグ ディビジョン1 第14節

埼玉スタジアム 天候:晴れ 気温:28.8度 湿度:70%
観衆:38,682人 主審:松村和彦 副審:山崎裕彦 中込均

浦和レッズスタメン

GK 23 都築 龍太
DF 2 坪井 慶介
DF 4 田中 マルクス闘莉王
DF 22 阿部 勇樹
DF 6 山田 暢久
交代 後半41分
MF 13 鈴木 啓太
MF 17 長谷部 誠
MF 16 相馬 崇人
交代 後半27分
MF 10 ポンテ
FW 11 田中 達也
FW 21 ワシントン
交代 後半38分

ベンチ入り選手

位置 背番号 選手名 交代
GK 1 山岸 範宏
DF 5 ネネ
DF 20 堀之内 聖
MF 14 平川 忠亮
出場 後半27分
MF 19 内舘 秀樹
FW 9 永井 雄一郎
出場 後半38分
FW 30 岡野 雅行
出場 後半41分
2007年8月1日浦和レッズ対サンフレッチェ広島
浦和レッズ対サンフレッチェ広島
2007年8月1日浦和レッズ対サンフレッチェ広島
サンフレッチェ広島
サポーター
2007年8月1日浦和レッズ対サンフレッチェ広島
浦和&広島の
試合前練習
2007年8月1日浦和レッズ対サンフレッチェ広島
埼玉スタジアム浦和ゴール裏
浦和レッズゴール裏ゲート旗2007年8月1日浦和レッズ対サンフレッチェ広島
浦和レッズゴール裏ゲート旗
浦和レッズゴール裏ゲート旗2007年8月1日浦和レッズ対サンフレッチェ広島
浦和レッズゴール裏ゲート旗
埼玉スタジアム記者席2007年8月1日浦和レッズ対サンフレッチェ広島
埼玉スタジアム記者席
埼玉スタジアム記者席2007年8月1日浦和レッズ対サンフレッチェ広島
埼玉スタジアム記者席
2007年8月1日浦和レッズ対サンフレッチェ広島埼玉スタジアム記者席
埼玉スタジアム記者席

記者席に浦和の選手がだれかいないか?


ザスパ草津対浦和レッズのフォト

サテライトリーグ

ザスパ草津浦和レッズの写真

2007年7月28日

群馬県前橋市にある群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場にサテライトリーグの
応援に行ったときの写真。

上州群馬のうどん だんべうどんに寄ってからサッカー・ラグビー場へ行ったのですが
ラッキーな事にすぐ近くの駐車場が1台分だけ空いてました。
草津のサポーターもですが浦和のサポーターもかなり来ていてスタジアムは満席状態でした。
レッズバス07年7月28日ザスパ草津対浦和レッズ
サッカー・ラグビー
場入り口に向かうと
入り口にはレッズバス
レッズバス07年7月28日ザスパ草津対浦和レッズ
スタジアム前の
レッズバス
07年7月28日ザスパ草津対浦和レッズ
球技場入り口と
レッズバスの写真
群馬県立敷島公園07年7月28日ザスパ草津対浦和レッズ
群馬県立敷島公園
サッカー・ラグビー場
のピッチ画像
サッカー・ラグビー場07年7月28日ザスパ草津対浦和レッズ
群馬県立敷島公園
サッカー・ラグビー場
のピッチ画像
堤選手07年7月28日ザスパ草津対浦和レッズ
練習する
堤選手の写真
西澤代志也選手07年7月28日ザスパ草津対浦和レッズ
練習する
西澤代志也選手の写真
浦和の選手07年7月28日ザスパ草津対浦和レッズ
練習する
浦和の選手の写真
赤星選手07年7月28日ザスパ草津対浦和レッズ
練習する
赤星選手の写真
練習する草津の選手07年7月28日ザスパ草津対浦和レッズ
練習する
草津の選手の写真
07年7月28日ザスパ草津対浦和レッズ
試合開始前の
浦和選手集合写真
07年7月28日ザスパ草津対浦和レッズ

草津対浦和の写真

メインスタンド07年7月28日ザスパ草津対浦和レッズ 途中から激しい雷雨になり
試合が中断したまま
かなりの人が諦めて帰る中
頑張って残るメインスタンド
の草津サポと浦和サポ
07年7月28日ザスパ草津対浦和レッズ

結局、中止になったわけですが、帰り道、群馬県内がずっと川のような状態で埼玉に入るまでかなり時間が掛かりました。

浦和レッズレディース vs 伊賀FCくノ一

モックなでしこリーグディビジョン1第9節

浦和レッズレディース vs 伊賀FCくノ一

2007年7月8日(日)13:00キックオフ 会場:熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

入場者数:1,034人

GK 1 山郷 のぞみ
DF 3 笠嶋 由恵
DF 4 森本 麻衣子
DF 22 土橋 優貴
DF 26 矢野 喬子
MF 7 岩倉 三恵
MF 10 安藤 梢
MF 13 庭田 亜樹子
MF 18 柳田 美幸
FW 9 北本 綾子
FW 19 若林 エリ
サブ
GK 27 池田 咲紀子
DF 2 田代 久美子
MF 8 高橋 彩子
FW 21 松田 典子
FW 25 窪田 飛鳥
07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀
浦和レッズレディース
対伊賀
選手入場
試合前の整列07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀
試合前の整列
07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀
浦和レッズ
レディース選手
熊谷スポーツ文化公園07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀
熊谷スポーツ文化公園
陸上競技場
伊賀&レディース選手07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀
伊賀&レディース選手
伊賀&レディース選手07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀
伊賀&レディース選手
熊谷スポーツ文化公園07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀
熊谷スポーツ文化公園
陸上競技場
伊賀の選手07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀
伊賀の選手
07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀試合風景
試合風景
07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀試合風景
試合風景
前半終了で控え室に戻る伊賀&レディース選手07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀
前半終了で
控え室に戻る
伊賀&レディース選手
前半終了で控え室に戻る伊賀&レディース選手07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀
前半終了で
控え室に戻る
伊賀&レディース選手
07年7月8月浦和レッズレディス対伊賀
レディース選手交代
選手交代07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀
レディース選手交代
レディース選手勝利後の挨拶07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀
レディース選手
勝利後の挨拶
勝利監督インタビュー07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀
勝利監督インタビュー
07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀
伊賀選手
レディース選手にヒーローインタビュー07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀
レディース選手に
ヒーローインタビュー
レディース選手にヒーローインタビュー07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀
レディース選手に
ヒーローインタビュー
レディース選手にヒーローインタビュー07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀
レディース選手に
ヒーローインタビュー
喜ぶレッズサポーター07年7月8日浦和レッズレディース対伊賀
喜ぶレッズサポーター

07年7月8月熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
熊谷スポーツ
文化公園
陸上競技場
07年7月8月熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
熊谷スポーツ
文化公園
陸上競技場
07年7月8月熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
熊谷スポーツ
文化公園
陸上競技場

熊谷スポーツ公園の前に並ぶレッズサポーター 試合後熊谷スポーツ文化公園の前に並ぶレッズサポーター

浦和レッズレディース 2-0 伊賀FCくノ一

試合経過 時間 試合経過
得点者 若林 エリ 06分

HT 井坂 美都⇒堤 早希
得点者 北本 綾子 46分
森本 麻衣子⇒窪田 飛鳥
若林 エリ⇒高橋 彩子
71分
北本 綾子⇒松田 典子 85分

レッズレディース弁当

熊谷スポーツ文化公園

ナビスコカップ準々決勝第1戦2007年7月7日浦和対ガンバ大阪

ナビスコカップ準々決勝第1戦

2007年7月7日準々決勝第1戦 18:00 埼玉スタジアム 晴

観衆:44609人 主審:扇谷健司 副審:広嶋禎数、青木隆

浦和レッズガンバ大阪のフォト

浦和レッズスタメン
1  山岸範宏
12 堤俊輔
20 堀之内聖
19 内舘秀樹
6  山田暢久
16 相馬崇人
17 長谷部誠
3  細貝萌
8  小野伸二
10 ポンテ 15
9  永井雄一郎

サブ
23 都築龍太
 7 酒井友之
14 平川忠亮
25 赤星貴文
27 西澤代志也
18 小池純輝
30 岡野雅行

07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
07年7月7日
ナビスコカップ
浦和レッズ対ガンバ大阪

07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪

埼スタメインの記者席も
赤くします。
ガンバ大阪サポ 07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
ガンバ大阪
サポーター
ガンバ大阪サポ 07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
ガンバ大阪
サポーター
ゴール裏ゲート旗07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズ
ゴール裏ゲート旗
07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
試合前練習を始める
浦和選手とレッズゴール裏
07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
ゴール裏のゲート旗
試合前練習07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
試合前練習
試合前練習07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
試合前練習
試合前練習07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
試合前練習
浦和レッズゴール裏07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズゴール裏
07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズゴール裏
ゲート旗
浦和レッズゴール裏ゲート旗 07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズゴール裏
ゲート旗
選手紹介07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
選手紹介
選手紹介永井雄一郎07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
選手紹介永井雄一郎
07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
ナビスコカップ
浦和レッズ対ガンバ大阪
入場者数44.609人07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
入場者数44.609人
浦和山田選手07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
どこか痛めた
浦和山田選手
試合後の浦和レッズ選手07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
試合後の浦和レッズ選手
試合後の浦和レッズ選手07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
試合後の浦和レッズ選手
試合後の浦和レッズ選手07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
試合後の浦和レッズ選手
試合後の浦和レッズ選手07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
試合後の浦和レッズ選手
07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪試合後の浦和レッズ選手
試合後の浦和レッズ選手


浦和
前半 G大阪
後半
小野 前12分
得点者
後42分 山口
前16分
小野 前28分
ポンテ 後44分
警告
前15分 明神
後33分 マグノアウベス
後44分 倉田

退場

浦和レッズ公式ナビスコカップガンバ戦レポート

J'sGOAL2007 ヤマザキナビスコカップ

準々決勝 第1戦 浦和 vs G大阪(埼玉)サマリー

浦和 vs G大阪:ホルガーオジェック監督(浦和)記者会見コメント
●ホルガーオジェック監督(浦和):

「パフォーマンス、内容には満足している。ディシプリンがとれていて、組織立ってボールを奪って攻撃に繋げることができた。初めて先発する選手やいつもはバックアップの選手、90分間は試合に出ていない選手が多かったが、しっかりとチームに溶け込んで一体感があった。いつもは彼らが90分やっていないとは、思えなかったほどだ。
試合終了間際にCKから同点にされてしまったが、G大阪は後半ほとんどチャンスを作っていなかった。唯一のチャンスを決められたことは残念だ。浦和は後半、何度かチャンスがあったが、シュートまで行かなかったり、シュートを打ってもうまくブロックされてCKに逃れられたりした。
もう一度繰り返すが、試合には満足している。後半を大阪に行って戦うことになるが、準々決勝を乗り越えて準決勝に進出するための道が見えてきた」

Q:アウェイゴールを入れられたことで、次の試合の戦い方が変わってくるか?
「予想していた通りの質問をいただきました。
次の試合をどう戦うか。それは今は言えないし、こういう場所では言えない話です。今日はG大阪も普段は試合に出ていない選手が多かったが、しっかりと彼らのパフォーマンスを見ることが出来た。この情報を元にして次の試合をどう戦うか分析していきたい」

浦和 vs G大阪:試合終了後の各選手コメント
●小野伸二選手
「メンバーが大幅に替わったが、やりにくさもなかったし、さほど入り方も悪くなかった。DFがいい守りをしてくれたのに攻撃陣が点を取れず、申し訳なかったと思っている。
得点については、内舘も『あれはパスだ』と言ってくれてるし、自分も来いと思っていた。合わせるだけのラッキーなゴールでした。1−1で終わったがアウェイで勝てばいいだけ。2戦目、点を取るだけです」

●堀之内聖選手
「うちが攻めている時間が長かったので、カウンターとセットプレーだけ気をつけていたが最後にやられてしまった。点を取られた時間帯と、セットプレーから得点されたという事が情けないし、自分の責任です。ただ、2戦目に1点取ればいいだけだし、自分も借りを返したいので頑張ります」

●長谷部誠選手
「メンバーが替わってもいつも通りプレーできたが、2点目3点目が取れなくてこのような結果になってしまった。自分もチャンスがあったので点が取りたかった。ただ、簡単にプレーして、出して走るという事はみんな良くできていたと思う。
若い選手は良くやったと思う。って僕が言うのもなんですけど…。
アウェイゴール方式で1点取られたので厳しいが、次を頑張ります」

●山岸範宏選手
「悔しい、今日はそれだけです。90分通してのプレーが大事だと思うので、最後にああいう失点が悔しいです。
DF3人には『後ろに自分がいるから思い切ってやってくれ』と言いました。よくやってくれたと思います」

●細貝萌選手
「今日のミーティングまで先発が分からなかったけど、堀之内さんが堤と僕に声をかけてくれて失点以外のところは、よく出来ていたと思う。ポストとクロスバーに助けられたところもありましたが…。今後はもっと個人個人がカバーしあっていかなければならない。次は絶対勝てるように頑張ります」

●ポンテ選手(浦和)
「前半は、それほど良いと思わなかった。後半の方が内容が良く、もっと点が取れたと思うが逆に取られてしまって残念。
同点で初戦を終えたが、次の試合は引き分けでも今日より点が取れれば勝てる。頑張ります」

●堤俊輔選手(浦和)
「Jリーグ初出場だったので、試合前のアップでは少し緊張していたが、試合が始まったら落ち着いた。守りについては、相手のトラップしたところを狙っていた。あと、決定的なシーンについては、打ってくると思ったので体を入れていった。やれた部分もあったが、まだ甘い部分もあったので今後の課題がはっきり分かった。
カバーリングは自分のアピールポイントでもあるので頑張ろうと思っていたが、何度か遅れてしまった。もっと、常に集中していかないといけなかった。試合後に、堀さん(堀之内)からもそう言われた。試合後、監督に『ナイスプレー』と言われ嬉しかった。でも同点に追いつかれてしまっては…勝ちたかった」


08年3月8日 横浜F・マリンス対浦和レッズのフォト4枚

横浜F・マリンス対浦和レッズ

08年3月8日 日産スタジアム

2008年3月8日横浜F・マリノス対浦和レッズ
ゴール裏レッズサポーター
2008年3月8日横浜F・マリノス対浦和レッズ
横浜マリノスの演出で
オープニングに花火を上げたため
煙だらけの浦和ゴール裏
2008年3月8日横浜F・マリノス対浦和レッズ
マリノス陣内での攻防
2008年3月8日横浜F・マリノス対浦和レッズ
中沢強い

基本的にここはホームの写真だけ載せる予定なのでとりあえず、4枚だけUP。
というか、まだ去年の夏まで整理が進んでません。

浦和レッズ対横浜F・マリノスのフォト2 07/05/27

浦和レッズ横浜F・マリノスのフォト2

浦和レッズ横浜F・マリノスのフォトからの続き

浦和レッズスターティングメンバー
GK
23都築 龍太
DF 2坪井 慶介
DF20堀之内 聖
DF 5ネネ
DF22阿部 勇樹
MF13鈴木 啓太
MF16相馬 崇人
MF 8小野 伸二
MF 6山田 暢久
FW10ポンテ
FW21ワシントン
小野選手07年5月27日浦和レッズ対横浜F・マリノス
シュート練習する
小野選手
横浜サポーター07年5月27日浦和レッズ対横浜F・マリノス
ビッグフラッグを広げる
横浜サポーター
横浜サポーター07年5月27日浦和レッズ対横浜F・マリノス
横浜サポーター
07年5月27日浦和レッズ対横浜F・マリノス
横浜のゴールに迫る
浦和レッズ
ワシントン 07年5月27日浦和レッズ対横浜F・マリノス
横浜のゴールに迫る
がセットプレーも不発
07年5月27日浦和レッズ対横浜F・マリノス
入場者は51,829人
浦和レッズ選手 07年5月27日浦和レッズ対横浜F・マリノス
なかなか勝ちきれず
選手の足取りも重い
浦和レッズ選手07年5月27日浦和レッズ対横浜F・マリノス
サポーターに挨拶も
当然笑顔なし
浦和レッズ選手.07年5月27日浦和レッズ対横浜F・マリノス
重い足取りで北ゴール裏に
向かう浦和の選手選手
浦和レッズ選手07年5月27日浦和レッズ対横浜F・マリノスゴール裏の
レッズサポーターも
かなりストレス溜まってます

浦和 vs 横浜FM:ホルガーオジェック監督(浦和)記者会見コメント 

●ホルガーオジェック監督(浦和):

「結果をみれば満足できるものではない。試合前には必ず勝つという強い気持ちで臨んだものの、勝ち切れなかった。ただ、選手はやれることを最後までやってくれた。全力を出し最後まで攻撃の姿勢を見せてくれた。
 いまウチのチームはゴール前の最後のところが機能していない。
 一方で、(これまで続いていたリーグとACLの)連戦が今日で、ひとつ区切りを迎えたが、すべての試合で全力を出すことはできたと思う。

Q:最低でもワシントンに3本の大きなチャンスがあったと思うが…。決め切れない要因をどう考えているか?
「ストライカーが点を取れない例は世界的にもいろんな例がある。ストライカーだからこそ、そういう時期があるということ。せっかくいい位置に入っても、少しシュートが外れてしまうということはあるもの。今日2点目が取れなかったのは彼ひとりのせいじゃない」

浦和レッズ選手コメント

●堀之内聖選手(浦和):
「追加点を与えなかったことはよかったが、失点をゼロで終えられなかったこと、先に失点しまったことが悔しい。何とかネネがFKから同点ゴールを決めてくれたが、勝てなく残念」

●山田暢久選手(浦和)
「今季はなかなか納得のいく試合ができていない。勝ち切れない試合が続いている。(原因は?)やはりチャンスに決め切れないからでは…。ゴールが入れば自然と流れはよくなるもの。連戦の疲れはみんなあると思う。(点を取るためにどうすれば?)シュートを決めること。全員がもっと動くしかない」

●阿部勇樹選手(浦和)
「(1対1という結果について)何も言うことはない。(勝ち切れなかったということ?)今までやってきたことをあまり出せずに、チームとして戦うパフォーマンス、一体感が少し欠けていたような…。ただ、中断前の一戦だし、追いついたことには価値があると思う。
(相手をどう崩すかということについて)もっとサイドを使えればよかったし、攻撃時にひとり、ふたりの動きだけでなく、3人目、4人目の動きがでればもっといい戦いができたと思う。
(最近なかなかホームで勝てていないが?)ひとつ勝つことでだいぶ違うと思う。いまは耐えるときだと思うし、決して(気持ちを)切らしてはいけない。しっかりやっていれば、いずれ結果はついてくると思う。このあと中断に入るので、もう一度自分たちのサッカーを見つめ直したい。
(このあとは代表もある。連戦の疲労もあると思うが?)サッカーが職業なので、頑張るところは頑張らなければいけない」

Q:ここ数試合、相馬から長谷部への交代が続いているが、その交代の意図は? 相馬のコンディションを見て、はじめから想定されていたことか?
「ポイントはふたつあります。ひとつは戦術的に、(相馬を下げて)阿部をサイドに出し、長谷部をボランチに入れることで、攻撃的な形になる。また、阿部のサイドでのパフォーマンスついていえば、守備では非常にいいし、さらに攻撃でもいいものを持っている。もちろん、阿部の能力を考えればサイドよりも中央の方がいいということは分かっている。ただ戦術的に何かを変えるときには、何かをやらなければいけないということ。いまボランチは阿部と鈴木のコンビでやっているが、Jリーグでナンバー1だと思っている」

浦和レッズレディース対日テレベレーザ07年6月24日 鴻巣市陸上競技場

07年6月24日 鴻巣市陸上競技場

女のサッカーなんて、と侮ってる人が多いと思いますが、
なでしこリーグは結構おもしろいです。

浦和レッズレディース日テレベレーザ


2007年6月24日(日)13:00キックオフ・鴻巣市立陸上競技場
観客数:1,364人

メンバー
GK山郷
DF田代、西口(HT庭田)、土橋、矢野
MF岩倉、高橋(77分松田)、安藤、柳田
FW北本、窪田(61分若林)
SB笠嶋、森本

鴻巣陸上競技場入り口付近07年6月24日浦和レッズレディス対日テレベレーザ 鴻巣市陸上競技場入り口付近
まず、ここでチケットを買います。
レッズレディースの試合は1,000円です。
鴻巣陸上競技場は周りからタダ見できちゃうのですが
みんなお金出して競技場内に入ります。
サテライトのゲームでメインを開けないときは
遅く行くと座れないので外で見ることもあります(ごめんなさい)
07年6月24日浦和レッズレディス対日テレベレーザ 07年6月24日浦和レッズレディス対日テレベレーザ
レッズサポーター
07年6月24日浦和レッズレディス対日テレベレーザ
鴻巣のバックは芝生席です
07年6月24日浦和レッズレディス対日テレベレーザ
GK山郷大忙し
07年6月24日浦和レッズレディス対日テレベレーザ
山郷の声が
鴻巣陸上競技場に響く
バック席の浦和サポ07年6月24日浦和レッズレディス対日テレベレーザ
バック席の浦和サポ
07年6月24日浦和レッズレディス対日テレベレーザ
浦和レッズレディス
対日テレベレーザ
鴻巣のバック席07年6月24日浦和レッズレディス対日テレベレーザ
鴻巣のバック席
07年6月24日浦和レッズレディス対日テレベレーザ
鴻巣は陸上競技場なので
ピッチはかなり遠い
07年6月24日浦和レッズレディス対日テレベレーザ
試合終了
07年6月24日浦和レッズレディス対日テレベレーザ
レディースのおじぎは90度
浦和レッズレディース07年6月24日浦和レッズレディス対日テレベレーザ
浦和レッズレディース
07年6月24日浦和レッズレディス対日テレベレーザ
浦和レッズレディース
レディースの選手07年6月24日浦和レッズレディス対日テレベレーザ
レディースの選手
07年6月24日浦和レッズレディス対日テレベレーザ
レディースバス?
サテ兼用?
07年6月24日浦和レッズレディス対日テレベレーザ試合終了後はメインスタンド側で選手の
握手会(サイン会?)が行われます。
この日は鴻巣市出身の若林エリ選手の
サインがもらえるということでした。若林エリ

<試合結果>
浦和レッズレディース0−3(前半0−2)日テレ・ベレーザ
得点者:17分澤(日テレ)、36分大野(日テレ)、46分オウンゴール

鴻巣陸上競技場について

以前はサテライトの試合を鴻巣陸上競技場で良くやっていましたがここ数年は少なくなりました。鴻巣の良いところは周りに無料の駐車場が沢山あるのでクルマ で簡単に行けることです。陸上競技場自体の駐車場、市役所の駐車場、鴻巣市民文化センターの駐車場、免許センターの駐車場、そして市民体育館の駐車場とよ りどりみどりです。

浦和レッズ対横浜F・マリノスのフォト

J1公式戦第13節 07年5月27日15時04分 埼玉スタジアム2002 晴れ
観衆:51829人 主審:扇谷健司 副審:相楽亨、岡野尚士

浦和レッズ横浜F・マリノスのフォト

浦和 vs 横浜FM プレビューホームで横浜FMを攻略できるか
勝点2差で首位G大阪を追う、2位の浦和は第13節、ホームに横浜FMを迎える。連戦が続くなか、勝ち切れない試合が続いた浦和としては、準々決勝進出を 決めたACLのいい流れを、リーグにも持ち込みたいところ。リーグでの連勝は、意外にも第5節から第6節にかけての2連勝がひとつあるだけだが、首位G大 阪にプレッシャーをかける意味でも、前節・名古屋戦に続く勝利をねらいたい。


07年5月27日浦和レッズ対横浜F・マリノス
試合開始1時間半前の
埼玉スタジアム
横浜サポーター07年5月27日浦和レッズ対横浜F・マリノス
横浜サポーター
横浜サポーター07年5月27日浦和レッズ対横浜F・マリノス
横浜サポーター
07年5月27日浦和レッズ対横浜F・マリノス
横浜選手の
試合前練習
レッズ選手07年5月27日浦和レッズ対横浜F・マリノス
レッズ選手の登場
レッズ選手07年5月27日浦和レッズ対横浜F・マリノス
レッズ練習開始
07年5月27日浦和レッズ対横浜F・マリノス
練習する選手と
ゴール裏サポーター
ゴール裏サポーター07年5月27日浦和レッズ対横浜F・マリノス
ゴール裏サポーター
ゴール裏ゲート旗07年5月27日浦和レッズ対横浜F・マリノス
ゴール裏ゲート旗

浦和
6勝6分け1敗(勝ち点24)
前半 横浜
5勝2分け6敗(勝ち点17)
後半
ネネ 後21分
得点者
後5分 山瀬功
ワシントン 後7分
ポンテ 後30分
警告
前23分 田中隼
後30分 吉田
後34分 栗原

退場

浦和   横浜
12 SHOOT 15
13 GK 8
6 CK 6
23 DFK 9
3 IFK 5
0 PK 0
53 KEEP% 47

07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪のフォト2

07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪のフォト2

第11節 2007年5月13日(16:00) 埼玉スタジアム 晴

観衆 55258人 主審:西村雄一 副審:名木利幸、唐木田徹

J1:第11節 浦和 vs G大阪 レポート

前線に動きのない浦和に対し、G大阪は2トップのマグノ・アウベス、バレーの献身的な動きに、遠藤、二川らを中心とした小気味好いパス回しで中盤を 圧倒すると、17分には橋本、遠藤とつないだボールを最後はバレーが決めて1対0と先制。4対0と大勝したゼロックス杯の再現をも感じさせた。

  ただ1点取ってやや受けに回ったのか、G大阪のペースダウンに救われ、それまでまったく攻撃の形のなかった浦和にも徐々にチャンスが生まれ始める。すると 36分、ポンテのスルーパスにワシントンが抜け出しゴールネットを揺らしたかに見えたが、判定はノーゴール。スローVTRでは、ワシントンにファウルはな かったように見えたが、レフェリーはシュートの前にワシントンがシジクレイを押したとして、プッシングの判定を下した。

 迎えた後半、G 大阪が1点をリードするなか、猛攻を仕掛けたのは浦和。ACLのペルシク・ケディリ戦に続いて先発した相馬が左サイドで積極的に勝負に出て、好機を窺う。 ただ「後半は満足以上のものだった」(オジェック監督/浦和)という展開も、なかなか得点には結び付かず。63分にはワシントンがエリア内で倒され、自ら 獲得したPKのキッカーを務めたが、シュートはコースが甘く、GK藤ヶ谷のセーブに遭った。

 どうしても1点の欲しい浦和は、72分に「(ケガ明け間もなく)限界だった」相馬に代えて、長谷部を投入すると、これが当たった。ベンチスタートとなった鬱憤を晴らすかのように長谷部が積極的な動きを見せると、得意のドリブル突破が同点弾を呼び込んだ。

浦和
5勝5分け1敗(勝ち点20)
前半 G大阪
6勝4分け1敗(勝ち点22)
後半
ワシントン 後31分
得点者
前17分 バレー
ポンテ 前8分
山田 前41分
ワシントン 後8分
警告
後11分 橋本

退場

試合後のホルガーオジェック監督(浦和)コメント

「Jリーグを代表するチーム同士の非常にレベルの高い試合だった。チームの出来については、後半は満足以上のものだった。選手は休む間もなく点を取りに行きG大阪を押し込むなど、いいパフォーマンスを見せてくれた。
これで厳しい日程がやっと終わった。選手は今日、厳しい状況のなか、自分たちの前にある障害を乗り越えようとすばらしいモラルを見せてくれた。残念ながら勝つことはできなかったが、先ほどロッカールームでは選手を称える言葉をかけた」

Q:選手交代はG大阪の動きを見ての判断か?
「相手の交代を見てということではなく、自分たちの状況を見ての判断。相馬はケガのため長期離脱していたので…。ただ今日、彼が見せてくれたパ フォーマンスは、いまの彼以上のものだった。ネネについては、ケガがあってのこと。ロビー(ポンテ)については、永井をあそこに入れて、前線に新しい風を 入れたかった」

浦和   G大阪
15 SHOOT 11
11 GK 11
5 CK 4
17 DFK 6
1 IFK 3
1 PK 0
48 KEEP% 52
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪試合前練習
試合前練習
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪練習前の浦和選手
練習前の浦和選手
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪で練習する浦和選手
練習する浦和選手
ゴール裏ゲート旗07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
ゴール裏ゲート旗
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
選手紹介
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズゴール裏
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪での浦和ゴール裏サポーター
浦和ゴール裏サポーター
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズ対ガンバ大阪
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪浦和レッズデカユニ
浦和レッズデカユニ
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪浦和レッズデカユニ
浦和レッズデカユニ
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
お祈りするワシントン
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
試合前の円陣
浦和レッズ選手07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズ選手
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズ対ガンバ大阪
PK獲得07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
PK獲得したけど、、、
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
結局痛みわけ
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
勝ちきれなくてガックリ
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和選手の足取りも重い
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
55.258人


浦和 vs G大阪:試合終了後の各選手コメント

●相馬崇人選手(浦和):
「勝負するときとパスするときを、うまく使い分けろということは言われていたが、自分のよさは仕掛けることなの で、いけるときには積極的に勝負しようと思った。相手の中盤、遠藤さん、二川さんがあまり自分についてこなかったので、(右SBの)青木と一対一になるこ とが多かったので、どんどん仕掛けていった。そしたら終盤、足がつってしまい…。自分から交代を伝えた。ただ、下がったことは間違ってながった。阿部がア シストしてくれたので(笑)。
 前半はあまりいい形で仕掛けられる場面がなかったが、後半になってからは阿部や啓太からいい横パスが来て、仕掛けられる場面が増えた。もっと後半みたいな形で前半からできていたらよかった。
(後 半はG大阪の運動量が落ちたように思うが?)確かにそれはあったと思う。前半もあと一歩ずつみんなが寄せていれば、あそこまでガンバに回されることもな かったと思う。プレスは全員が意思統一してかけなければ、なかなか難しいので、その辺は今後もっと突き詰めてやっていきたい」

●小野伸二選手(浦和):
「どっちが勝ってもおかしくない試合だったが、とりあえずは引き分けに持ち込めてよかった。このところ引き分けが続いているので、次は勝ちにいきたい」

●ワシントン選手(浦和):
「前半はG大阪のペースでなかなかいい形が作れなかった。後半はかなりいい形を作れたが、勝てなくて残念。次の試合に切り替えたい」

●長谷部誠選手(浦和)
「(途中出場ということもあったと思うが、思い切りのいいのプレーが目立ったように思うが?)確かに、そういう部分はあったと思うが、ボールを失う場面も多かったので、その辺はよくなかった。
(ピッチに入る前の指示は?)監督からは特になかったが、エンゲルス・コーチから自分の良さを出して、ボールを前に運ぶようにとは言われた。
(同点になったシーンの前では長谷部選手のドリブルがキッカケとなったが?)ああいうのを増やしていければいい。
(ACLのペルシク・ケディリ戦に続いてベンチスタートとなったが?)鹿島戦(第8節)、千葉戦(第9節)で、自分的にも納得したプレーができていなかったので、その辺は仕方ないと思う。冷静に自分のプレーを見直したり、考えたりしてやっていくしかないと思う。
(交代で入ったときには、どんなことを意識してプレーしたか?)後ろから有効なパスが出なければチャンスにならないので、とにかく前にボールを運ぶことを考えた。あとは、なるべくサイドを使って攻撃するように考えた。
(連戦のなか、なかなか勝てない試合が続いているが?)結果から見たら寂しい。負けなかったけど、勝てなかった。やはり勝たなかったという気持ちの方が大きい」

浦和レッズ対シドニーFCのフォト3

浦和レッズ対シドニーFCのフォト3

AFCチャンピオンズリーグ2007・グループE・グループステージ第6節
2007年5月23日(水)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
<試合結果>
浦和レッズ0−0シドニーFC

観客数:44,793人


07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
浦和レッズビジュアル
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
浦和レッズビジュアル
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
浦和レッズ選手
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
練習する浦和の選手
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
試合開始前の円陣
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
試合中の浦和選手
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC ポンテとワシントン07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
ポンテとワシントン
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
シドニーのゴールに迫る 
浦和のデカ旗07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
ハーフタイムの
浦和のデカ旗
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC浦和のデカ旗
ハーフタイムの
浦和のデカ旗
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
試合終了
ゴール裏ゲート旗07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
ゴール裏ゲート旗
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
埼スタ外周も間接照明で
赤くなっています
ライトアップされた埼スタ07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
ライトアップされた埼スタ
おまけ ビジュアル07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
ビジュアル
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFCでのデカ旗
デカ旗

ホルガー・オジェック監督(浦和)記者会見コメント

●ホルガー・オジェック監督(浦和)
「厳しい試合だったが、我々の目標であったグループリーグ突破を果たすことができた。対戦相手のシドニーは強くて、非常に難しい面もあった。ただ、あとになればその内容は語られずに、グループリーグを突破したという事実だけが残ると思う。その意味でも、素直に決勝トーナメント進出を決めたことを喜びたい。そして、次のラウンドに進める喜びをかみ締めたいと思う」

Q:前半を0-0で終え、後半に向けてどんな点を注意したか?
「前半はナーバスになっていたと思う。通常ではありえないミスでボールを失う場面も多かった。ハーフタイムには、落ち着いて戦うように指示を出した」

Q:浦和の監督に就く前はFIFAの技術委員を務めていたということだが、シドニーについてレポートを書くとすればどんなものになるか?
「それは2年前のFIFAクラブ選手権(現FIFAクラブワールドカップ)で書いたレポートを見てもらえれば分かると思う。
改めて書くなら、コンパクトなチームで、優秀な選手が何人かいる…というレポートになると思う。また、もし今日がオフシーズンでなくシーズン中であったならば、もっと強い相手だったと思う」

試合終了後の浦和各選手コメント


●小野伸二選手(浦和):
「最終的に勝てばいちばん良かったが、一応目標の予選突破が出来てよかった。引き分けでOKなんて…ホームだし勝つことしか考えていなかった。3本ほどシュートチャンスがあった。1本目は決めなきゃと思っていたんですが…決勝トーナメントはどこと当たるか分からないけど、自分たちのチームのレベルを上げてがんばりたい」

●都築龍太選手(浦和):
「うちのチームの守備は出来た。相手の攻撃に対しての守りは出来たと思う。予選を2勝4分という結果でよく決勝トーナメントに行けたなと思う。でも結果的に上がれてよかったです」

●ネネ選手(浦和):
「相手の3トップ対処法として、いちばん近くにいる人が、相手の3トップのFWにマークにつくというのを決まりごとにしていた。スピードが速いFWや左利きのFWもいて、とまどったこともあったが、徐々にフィットしていってうまく行ったと思う」

●堀之内聖選手(浦和):
「相手が3トップ気味で来ることは想定していた。もともとラインを高くして、全体的にコンパクトにと思っていたが、それは出来たと思う。いかにディフェンスラインをコンパクトにするかをいつも練習してきたので、それが試合で出来たと思う。向こうはアウェイなのに最初から勢いがあったが、3人でうまくカバーできていて、ミスも出なくてうまく守備が出来たと思う。結果、無失点でよかった。途中で4バックにしたのは試合の流れを見ての判断。阿部がサイドに出てうまく対応してくれた。去年はなかったことだが、阿部が入ってきたことで、その辺は臨機応変に対応できている部分かもしれない」

Q:引き分けでもいいと思って戦っていたか?
「引き分けを考えたのはホントに最後の最後。ねらって引き分けることはできないし、とにかく勝つことしか考えていなかった」

●相馬崇人選手(浦和):
「ディフェンス部分のやりづらさは特になかった。チーム全体としてもっとパスがつなげたらよかった。もう少し前に出て行きたかったが、難しかった。サイドが空いていたので、もっと使ってほしかった。決勝戦のような雰囲気で、これだけホームにサポーターが集まってくれて引き分けでよかったけども、内容には納得できない。早くチームが良くなるようにがんばります」

●阿部勇樹選手(浦和)
「決勝トーナメントに進んだことについてはホッとした。相手は前に人数をかけてきたので、自分が下がってDFが4枚になった方がいいと思った。同じ事をアウェイでもやったし相手もイヤだろうと思ったので…リーグの名古屋戦でやったことを続けてやろうと言っていた。勝てはしなかったけど、決勝トーナメントに進めたのは素直に嬉しい。やっぱりホームなので勝って決めたかったし、残念ですけど負けなかったともいえるし、次のステージにいけることが大事だと思うので、よかったです。これからが大事だと思います」

●鈴木啓太選手(浦和)
「最低限の目標を達成できたのが嬉しいということと、また新しいチャレンジが始まるなという気持ちです。レッズは予選を突破しなければならないチームだと思う。相手はいいゲームの入り方をしてきたと思うし、どっちに転んでもおかしくないゲームだったと思う。引き分けは妥当なのかもしれない。
今日の試合は今シーズン50試合くらいあるなかで一つの山場になると思っていたが、昨年タイトルを取ったという自信もあって、しっかり戦えた。今回アジアのチームと初めて戦ったが、ヨーロッパでは常に他の国と触れ合いながら試合をやっているという点で日本とは違う感じはした。日本はチャンピオンにならないと参加できないので、厳しい思う部分はありますが…(浦和には)海外経験者や代表経験者がたくさんいるから、こういう結果を得られたのかなとも思う。こういう経験をして、海外のクラブと肩を並べる日がいつか来るのかなと思う」

●坪井慶介選手(浦和):
「シドニーFCが、やたらに前線にボールを入れてこなかったので助かった。とにかくカバーリング・カバーリングでミスをしても次の人がフォローできるようにという意識で頑張った。今日に関しては0点に抑えればと思っていたので、集中して出来ました。相手が3トップ気味だったので、(相馬、山田の両サイドが引いてきたときに)後ろで余り過ぎないように意識していた。相手は大きい選手も多かったので、空中戦などでは競ったあとのカバー考えていた。勝って、次にいけることが何よりの収穫。
環境の部分で海外での試合は難しいし、アウェイでの引き分けの大事さを感じました。というより、日本の環境の良さを再認識しました。アウェイは何があるか分からない中で対応できるしたたかさを身につけたと思うし、Jリーグにもこれは生かされると思う。これからはコミュニケーションを取るとかいうよりも、まずコンディションを整えて試合に臨むことがいちばん大事だと思う」

ACL 浦和レッズVSシドニーFC オープニングビジュアル動画

 
浦和レッドダイヤモンズ栄光への軌跡 AFCチャンピオンズリーグ2007/サッカー



最新の浦和レッズフォト
rss
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
QRコード
QRコード
月別写真
  • ライブドアブログ